ブログ水族館/中村 元

次回『中村元の超水族館ナイト』は2019年2月24日(日)の開催。前売り発売は1/24です

全体表示

[ リスト ]

新年度ですな。
ホントはね、4月になったら怒濤のブログアップしたろやないか!て意気込みだけはあったんやけど、なんか、本業はまったくしてないのに忙しいだけは忙しくって…。

しまね海洋館アクアス、忘れないうちに続けます。
今日は、アクアスの無脊椎動物たち。

ケヤリムシお目覚め。

イメージ 1

おはようございます。
こんなへろっとしたケヤリムシ、あんまり見たことない。
ていうか、これ、ホントにケヤリムシなのか?
また、間違えていたら、遠慮無くどなたさまでもご指摘を。

そうしていただいた方が、カンチョ、ちゃんと覚えられたりはぜんぜんできないけれど、なんとなく得した気分にはなります。


いかにも眠そうな上のケヤリムシに対して、可憐に手を合わせて、タイ風の挨拶をしてくれた白いケヤリムシ。

イメージ 2

アクアスは、ストロボ撮影が、日本一厳しく禁止されている水族館です。
全ての水槽がストロボ撮影禁止。

ボクはそういうときの接写は、キリッとした美しさは諦めて、ふんわり柔らかな動きが出るシャッタースピードにします。
すると、花のような植物系の美しさだった無脊椎動物が、いかにも動物の表情を見せてくれるようになる。
やっぱりさ、動く生物やから動物なんよねえ。

ただそれにしてもアクアス、あまりにストロボ撮影を目の敵にしすぎる。
別に、禁止というなら禁止でかまわないのやけどさ、館内のいたるところに、解説板よりも巨大なパネルで、しかも黄色に黒字という猛烈な警戒色を使って、『フラッシュ厳禁!』て貼られてるんやもん。禁止やなくて『厳禁!』やからねw。

はいはい、分かりましたから、もう許して下さい…ていう気持ちに30回くらいさせられるw。
過激嫌煙家みたいな人がいらっしゃるんでしょうねw。


こちらは、カミクラゲ。

イメージ 3

クラゲには、やっぱり顔とかないからね、表情があるとはとても考えられないのだけど、じっくりゆっくり見ていると、ふとなんか話しかけられているみたいな気分になる。

クラゲって、ボーッと眺めているといいよねえ。
ところがカンチョは、典型的日本人なものであるから、ゆっくり愛でるよりも、ついつい写真に収めたくなってしまうのである。
でもまあ、それはそれで、裸眼では見つけられにくい発見があったりするのだから、動物にあまり興味がなかったボクにとって、カメラのレンズを通して見る世界は、とても新鮮な新しい宇宙なのだ。

そして、クラゲの顔の中には、もう一つ宇宙がある。

イメージ 4


昔読んだ小松左京さんのSFに、宇宙は実は生命体であるという設定の短編があってね、ボクはクラゲの写真を眺めるたびに、その小説を思い出す。


そんな宇宙を旅する、コウイカ宇宙船団。

イメージ 5

行き先はもちろん、イカスンダル星!







あ、スベリましたか。ごめんなさい。

イメージ 6

スベラなければ、この写真で、「波動砲、発射!」てやりたかったんやけど、コウイカがごめんなさい顔してるようにしか見えんくなってきたです。。。(T_T)

次回は今週中に必ず更新します!

●しまね海洋館アクアスの、これまでの記事と写真のリストはコチラ ⇒山陽山陰の水族館記事リスト

●産経新聞『話の肖像画』インタビュー記事に3日連載で載せてもらいました。
『話の肖像画』水の演出家 水族館プロデューサー・中村元

★トークライブ『中村元の超水族館ナイト11回』公式レポートUSTREAM配信⇒次回は2012年5月13日に決定!

Twitterfacebook始めてみました…。
□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド

閉じる コメント(15)

顔アイコン

アハハ、イカスンダル☆ 宇宙船団の乗組員にしては
ちょっと物足りないかな^^?
ケヤリイカ ちゃうケヤリムシ 、知りませんでした。
クラゲと近いのでしょうか^^? あ、説明が長くなると
申し訳ないので 独り言でした(独り言なら書くなよ〜)
って言われそうですが^^ 美しいです〜 ポチん。

2012/4/5(木) 午後 3:26 maru2e08e8cb03f29202efe5ff4736be

顔アイコン

カンチョさん お疲れ様でございます。僕が水族館へ行くようになって、カミクラゲは春の風物として定着しました。美しいですよねぇ。

ところで、アクアスはストロボ厳禁なんですかぁ。海遊館なんか、フラッシュ焚きまくりのテレビCMを今やってますし(^^;;;実際、一部を除いてストロボ禁止ではありませんもんね…。だいぶ違いますねww

素人考えですが、生き物を撮るのはだめでも、施設内で人を写す場合、ストロボ使ったほうが綺麗に取れると思うのですけど。それもダメなんでしょうね。

美しいカミクラゲとコウイカにポチ!!

2012/4/5(木) 午後 5:54 [ わなげいぬ ]

GWにアクアスに行く予定なのですが…ストロボ厳禁ですか。
他館でもストロボ禁止の水槽はあるので滅多に使いませんが【厳禁】と言われると使いたくなります^^(怒られたくないので使いませんけど!)

こうして見るとコウイカは綺麗ですね〜^m^

2012/4/5(木) 午後 7:51 あざらし2号

maruさん、ケヤリムシはゴカイの仲間なんで、クラゲにもイカにも近くないです。生物の分類では大きなグループとして、骨のある脊椎動物と骨のない無脊椎動物に分けているけど、無脊椎動物はもっとたくさんに分けた方がええんちゃうかというくらい、太古の昔からまったく別の進化をしてきたいろんな大グループがあるのです。
ポチん、ありがとうございました!

2012/4/5(木) 午後 11:06 kapaguy

わなげいぬさん、最近では、葛西臨海水族園や名古屋港水族館などでもストロボ解禁になりましたね。水槽はガラスで反射するので、水中側では気になるほどの光量ではないのです。

たぶん、人を撮すときには何も言われないと思いますよ。
でも、水族館は暗いので、他のお客さんの迷惑にならないように気をつけることは必要ですね。
ポチ!ありがとうございました。

2012/4/5(木) 午後 11:12 kapaguy

海豹さん、ストロボOKな水族館でも、目が大きくて敏感なイカとか、水中ではなくストロボがまともに当たるラッコとかでは、使わない方がいいですね。
実はストロボ禁止が流行りだしたのは、そのラッコの展示が増えたころからです。でも、一部分だけ禁止ではなかなか伝わらないので、だったら全館禁止にしちゃおうというような流れでした。

厳しくやっているところは、規則なんだから守らせなくてはならない、という感じなんだと思います。
まあ、それも水族館の個性だと思えばいいのだけど、コンデジではカメラが勝手に光ってしまう機種も多く、悪気のないその人たちへの注意喚起のためと思われるのだけど、あまりに注意が多いとねw。
ショーの最中にやっぱり悪気のないお客さんのカメラが何度も光ってたのだけど、そのたびにショーのアナウンスを中断してストロボ禁止と言うのには、ちょっと辟易しました(^^;

2012/4/5(木) 午後 11:24 kapaguy

顔アイコン

ストロボ厳禁なんですねぇ〜
水族館としては、バシバシ写真を撮ってもらってバシバシブログやツイッターにUPしてもらうと、いい宣伝になると思うのですが・・・
全ての水族館がストロボ厳禁なら、カメラが上手な飼育係が写真集を出す機会もなくなっちゃいますよね((*´∀`))
まあ、考えた方イロイロですしね(^.^;

2012/4/6(金) 午後 7:07 カミナリとうさん

顔アイコン

イカスンダル・・・最初、「スベッタって何が??」と悩みました。
だってその下のコウイカのごめんなさい顔、腕の色が凄く綺麗でそちらに夢中でしたから(笑)
この淡いエメラルドグリーンの色、心奪われますね〜♪
シャッタースピード、少し遅めでしょうか?

ショーのアナウンスを中断してまでストロボ禁止のアナウンスですか!?Σ( ̄□ ̄;)
コレはまたあまりにも徹底し過ぎてて、凄いと言うか・・・。
私的にはフラッシュよりも水槽をどんどん叩きまくる子供をどうにかして欲しい所です。(笑)

2012/4/6(金) 午後 7:22 [ Elpaso ]

カミナリとうさん、お客さんのブログやツイッターでの写真UP、特に写真が上手な人にはファンも多いので、もう十分に広告媒体ですね。それを利用しない手はないです。

ストロボ禁止の水族館も、スタッフがストロボ使って撮るのはOKな場合が多いのです。つまり、ストロボが生き物に影響ないことも知ってるということよねw。

2012/4/7(土) 午前 0:40 kapaguy

Elpasoさん、コウイカはアオリイカなんかの透き通った美しさにちょっと欠けるなあと思ってたのだけど、腕の部分は美しいですね。
そして、他のイカたちよりも表情があると分かった。NHKに出ていたヒゲジイみたいな顔してる。

シャッタースピードはかなり遅いよ。1/5。
絞りも開放F2.8、ISOは320。
まあこういうのも、動きが柔らかく出るし、ボケが顔を引き立たせるしいいことはいいのです。
それに、イカは本当に光に敏感だから、ボクはこの撮り方しかしないですねえ。

水槽を叩きまくるのは子どもだけじゃなく大人にもいますねw。
動物によってはあれはけっこう痛いかもしれないですね。

2012/4/7(土) 午前 0:54 kapaguy

あ、尚ですね、実はボクはここアクアスでも特別に許可をもらって、ストロボ撮影させてもらったことは何度かあるのです。もちろん水族館ガイドの写真のためで、他の水族館に比べて暗い写真だと損だからです。

そのかわり撮影は一般のお客さんが帰った閉館後でした。
アクアスでは、トビウオとかイカなどいくつものストロボによって影響のある水槽が散在しているための全館禁止で、それを守っているお客さんから、ストロボが光ってしまっているお客さんに対するクレームがあるので、水族館としてどうしてもストロボ厳禁と言わざる得ないような方向になってしまったのだと思います。

水族館の性格の問題ではなく、さまざまな経緯によって結果が違ってくるというようなことなのでしょうね。

2012/4/7(土) 午前 5:36 kapaguy

顔アイコン

3月はバタバタでついご無沙汰しちゃってすみません(^-^;;

無脊椎動物すごくキレイですね〜
この写真みてるとアバターを思い出します。
この前、監督が何かのTV番組で「深海魚好きです」って言ってたよーな・・・
カミクラゲもすっごくキレイです♪

イカスンダルは最初はわからなかったんですが、後からじわっとツボに入ってきました(笑)

2012/4/7(土) 午後 9:24 [ - ]

しろねこさん、お久しぶりです。
アバター、ホントに水中の無脊椎動物みたいなのがいっぱい出てきましたね。特にカンザシ系のが目に焼き付いてます。
空から振ってきた白いのはクラゲみたいやったしねえ。

イカスンダル、そうですか、後からでもじわっと来て貰ってありがたいですぞ。
ボクなんか、自分で書いたそばから、こりゃあかんだわ…と反省してたw。

2012/4/8(日) 午前 3:08 kapaguy

顔アイコン

僭越ながら突っ込みを入れさせていただきます。

一番上の画像は『ハードチューブ』ではないでしょうか?ケヤリムシに近い生物なのは間違いありませんが…。
ttp://www.nettaigyo-zukan.com/010/180/cat250/post-394.html

『ケヤリムシ』と聞くと磯にいるこれを思い出します。
ttp://www.chiba-muse.or.jp/UMIHAKU/shizen/iso/sonota/keyarimusi.htm

余談ですが、御著書のベンケイガニの写真に『アカテガニ』と書いてあるのを見た覚えがあります。

イカが泳ぐ姿は美しいですね。和歌山県の串本でスノーケリングでイカが泳いでいる姿を見た時は感激しました。

2012/4/12(木) 午前 0:02 [ &oh ]

&ohさん、ツッコミというよりも指摘、ありがとうございます。
ハードチューブ=ケヤリムシの仲間。チューブが硬い。という奴なのですね。なるほど、これからは「ケヤリムシの仲間」で誤魔化しますわw。

ベンケイガニを、アカテガニ!そいつも気をつけましょう。
ありがとうございました!

2012/4/12(木) 午前 1:12 kapaguy


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事