ブログ水族館/中村 元

次回『中村元の超水族館ナイト』は2019年2月24日(日)の開催。前売り発売は1/24です

全体表示

[ リスト ]

2ヶ月くらい前に鹿児島県霧島へバリアフリー観光の講演に行ったとき、鹿児島空港から車で1時間くらいの宮崎県小林市の『出の山水族館淡水水族館』に初訪問してきたよ。(出の山は「いでのやま」と読むらしい)
失礼ながら、想像してたよりもちゃんと水族館やったのでちょっとビックリ。
今夜は九州にいるので、こちらをご紹介します。(いつものことながら今回もコンデジ写真でごめんなさい)

宮崎県にある水族館は拙著『中村元の全国水族館ガイド115』では、高千穂淡水水族館すみえファミリー水族館というきわめて小規模な水族館しか紹介してなかったのだけど、こちらもその例にもれなく小規模水族館。
どうやら宮崎県は小規模水族館の聖地らしい。
しかし! この出の山淡水水族館に、宮崎県で最大規模の水槽があった。

イメージ 1

どうやこれ!この水槽、けっこう大きいよなあ。

水槽が大きいだけではなく、展示されてる魚たちもかなり大きい。
レッドテールキャットとコロソマはおそらく九州の水族館で一番大きいし、アリゲーターガーにいたっては、全国でも1位2位を争うくらいの大きさではないかと思う。
かつては、ピラルク-もいたらしいのだけど、あまりに大きくなりすぎてこの水槽ではうまく泳ぎ切れずに死んだのだそうだ。

そこでボクはふと、北の大地の水族館=山の水族館を思い出したわけさ。
「出の山淡水水族館」と「山の水族館」、なんか妙に符号が合うやんか。
規模も小さいし、九州でもぜんぜん知られてない。
しかも、湧水での飼育と、温泉&地下水での飼育。
やっぱり水がいいと魚は大きく育つんではないかな……。

ここの巨大な熱帯魚たちのことは、次回に紹介するとして(はい、次回は今週中に出しまずぜ)、湧水池があまりに美しかったのそちらをまずご紹介。
水族館の裏にある湧水池がこれ。

イメージ 2

なんちゅう美しい光景なのでしょうか。

2ヶ月前に訪れたそのとき、フェイスブックとツイッターで軽く紹介したら、すぐに地元の人から「癒やされる場所です」とのコメントがあったんやけど、きっとそれは出の山淡水水族館だけではなく、この湧水池の風景も込みの話やったんに違いない。
というわけで、もう一枚ね。

イメージ 3

どうよ!この水草の美しさ。
九州には湧水池がいっぱいあって、ボクはけっこう好きなんやけど、この出の山水源の美しさには参った。

そして、美しい水源池には美しい日本の生物が似合う。

アユ
イメージ 4



テナガエビ
イメージ 5


アカメ
イメージ 6

う〜ん、水槽がちょっとなんだかなんやけどねw。
でも、魚体は美しかったよ。

そして、オオサンショウウオも!
イメージ 7

水槽はやっぱりちょっとなんなんやけど、その実、すごくよく見えるというのがポイント。
しかもどうやら3匹くらいいるんよね。

魚体の美しさ、地元の魚たち。これも北の大地の水族館と同じやんね。
かつての山の水族館に似てるかも…とちょっと親近感を覚えたというか、これは応援してあげなくちゃなぁと思ったのでした。

というわけで、このところ更新の頻度が少なかったのを返上して、できるだけ今週中に、次回は出の山淡水水族館ででっかく美しく育った熱帯魚たちの紹介を続けてご紹介したいと思っておるところであります。

それにしても、まだまだ紹介する水族館は増えていくねえ。
『中村元の全国水族館ガイド115』の全てを回ろうとされている水族館マニアのみなさん、全館制覇にはけっこう遠いかもしれませんぞw。

出の山淡水水族館の公式HPはコチラ⇒小林市HP

□最新刊→『水族館に奇跡が起きる7つのヒミツ』
□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
Twitterfacebook始めてみました…。
■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド


閉じる コメント(8)

顔アイコン

水草が実に立派ですね。気持よさそうな空間です

2013/11/6(水) 午前 11:13 [ min*_or*a ]

miniorcaさん、水草ってあるとこにはあるんやね。ボクは最近、日本の川の水草を見るのにちょっとはまってます。
もちろん、いろんなイメージももぞもぞうごめいていますw。

2013/11/6(水) 午後 7:32 kapaguy

本当に大きな水槽ですね。それも、大人気の大型淡水魚がいるのですから、地元の人も嬉しいでしょうね。

それにしても湧水池の綺麗なこと!全国各地に美しい庭園がありますが、やはり自然の美しさにはかないませんね。

二枚目の水草が水流に揺らめいているシーンなんて、なんとかの天然水のCMにそのまま使えそう!

総花的な水族館が多い中、目玉になる大きな水槽と、あとは地元の美しい魚。メリハリがある良い水族館ですね。

銀色の透き通った鮎の姿にほれぼれしました。宮崎は是非行きたい場所なのですがまだ行ったことが無いのですよ。

機会を作ってここも訪ねてみたいと思いました。ポチ☆

2013/11/12(火) 午後 8:57 眼とろん星人

眼とろんさん。今までは日本の川の水草にはあまり感心がないというか、そもそも美しい水草があるということさえほとんど知らなかったのが、このところ水草の美しい風景に魅了されてきました。
ただ、近頃は外国産の水草がかなり繁茂しているらしく、またそちらの方が美しいのだそうで、なんだかちょっと複雑な気分です。
この水源地の水草はおそらく本物の日本産だとは思うけど。

この水族館、運営はかなり厳しいそうで、なんとなく大水槽が暗いような気がして、思い切って館長らしき人に話しかけ、もしかして節約のために照明を落としているのかと聞いたら、そのとおりだそうで、写真を撮るために照明をつけてもらいました。

ここに来て癒やされる地元の人々のためにも、そして、展示されている魚たちのためにも、照明しっかりつけて美しい姿を見せられるようになって欲しいなあと思った次第です。
お客さんが倍に増えれば、問題なくなるのでしょうけどね。

2013/11/13(水) 午後 7:25 kapaguy

顔アイコン

このblog内容と関係ないですが…
本日テレビで深海サメの話題見ました。
生態もよくわからないのに 捕獲してすぐに死なせてしまうっていうのはおかしいと思います。
あのような珍しい魚の命をなんて粗末に扱っているんだろうと憤りを感じます。
詳しい生態やきちんとした設備が整ってから館に迎い入れるべきです!!

2013/11/18(月) 午後 6:40 [ とも ]

顔アイコン

このblog内容と関係ないですが…
本日テレビで深海サメの話題見ました。
生態もよくわからないのに 捕獲してすぐに死なせてしまうっていうのはおかしいと思います。
あのような珍しい魚の命をなんて粗末に扱っているんだろうと憤りを感じます。
詳しい生態やきちんとした設備が整ってから館に迎い入れるべきです!!

2013/11/18(月) 午後 6:40 [ とも ]

ともさん、おっしゃってることはよく理解できます。正直ボクも、同様に感じました。
ただ、水族館には人々のあふれる好奇心を満たす役割と、その好奇心を満たすために生態を研究し、工夫を凝らして展示を成功させるという使命もあります。そして、あのサメの生態を知っている人は未だいないのです。
なので、もしかしたらあの水族館は、くだんの深海ザメの長期飼育の方法を解明して、生態を研究できるようにしようと必死なのかもしれません。
それでもしかしながら、本気にやる気があるのなら、深海船やROV(深海探査ロボット)などを使ってでも、まず生態をなんとか解明すべきではないかとも思いますけどね。
もちろん、そうでなくて単なる話題づくりのために闇雲に展示したのであれば、言語道断だと思いますが。ボクは確かめたわけではないので、どうにもコメントできません。
ともさんからその水族館に直接訪ねてみればいかがでしょう。もしかしたら納得できる答えが、もしかしたらさらに確信を持って批判すべき答えが得られるだろうと思います。

2013/11/19(火) 午前 0:41 kapaguy

ともさん、その2
尚、深海魚の場合、一度捕獲して水面近くまで水揚げされてしまったら、それからいくら放しても生きながらえないという可能性が高いです。
また漁業者が最初から水族館に売るつもりであることも多いのです。

それで、すごくもしかしたらなのですが、水族館はしょうがなく引き取ったという可能性もあり得なくはないのです。
やはり、直接質問をしてみればいかがでしょうか。

2013/11/19(火) 午前 0:42 kapaguy


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事