ブログ水族館/中村 元

『中村元の超水族館ナイト2017夏』6/18(日)開催。チケット発売は5/18の10:00〜です。

全体表示

[ リスト ]

おひさしぶり〜!
このところ、本業はそんなでもないのに、テレビや新聞や出版やと、なんか時間に追われることばかりやらされててな。今週になってやっとそれらのほとんどが片付いて時間ができたんですわ。
それで、その中でカンチョが、一番力を入れてたていうか時間を使ってたテレビ番組をご紹介します。

今週の日曜日 8月17日(日)午後3時〜4時25分
日本テレビ系列『世界に誇れ!ニッポンの水族館〜各地で注目のすごーい展示をどんどん見せちゃいます〜』

この番組、日本テレビ系列の全国放送なんやけど、札幌テレビSTVの制作で、中村元超先生監修ですw。
今年の冬にSTVのディレクターから相談が来たときには、まだ時間枠もそもそも日テレで採用されるかどうかも決まってなかったのだけど、彼といろいろ話をして、「全国的に知られてない、スゴイ展示を開発して人気になっている水族館に絞って紹介しよう」と合意したとき、これこそボクのやりたかった水族館特集、絶対に実現させなあかん!と力入ったわけですよ。

それで、カンチョ、監修もホイホイ受けて、企画書への資料や写真も惜しみなく出して、今までの水族館特集にはなかった、現在の水族館人気の「オレは本当の真実を伝えたいだけなんだ〜!」と頑張った。
うん、『MOZU』の「オレは、本当の真実を知りたいだけなんだ!」みたいなw。

そしたら、なんと1時間半スペシャルで決まった! やった〜!
それでね、番組ではどんな「各地で注目のすごーい展示をどんどん見せちゃいます」なのかを、ここでご紹介しましょう。というわけな久々のブログ水族館です。

まずは、もちろん北海道のSTVが制作だから、ディレクターがこの番組をつくろうというそもそものきっかけとなった、北の大地の水族館(テレビの中では「山の水族館」てしょうかいされちゃうけどT_T)。

イメージ 1

自分で言うのもなんやけど、これこそ世界に誇れるいかにもニッポンらしい水族館よね。
というわけで、ここだけはボクも出演して、サンドウィッチマンのお二人と、小島瑠璃子くん、そしてSTVの八木アナウンサーに誇りまくったったw。⇒こんな感じで

温根湯にこんだけタレントが来てくれたのは初めてのことで、
サンドウィッチマンの伊達さん、すごく水族館好きなんやな〜。とか、
なんかしらんうちに小島瑠璃子くん、えらい人気タレントになってたんやな〜。とか、
八木アナウンサー、アナウンサーとは思えへんバラエティー司会みたいな人やなあ〜。とか、
けっこう楽しい一日やった。

そして、北の大地の水族館スタッフで全国デビューしたのが、山内妹こと一番若い展示スタッフ山内知美。
しかも、衝撃の凍る水槽潜水掃除!

イメージ 2

余裕かましてピースとかしてるけど、水温3℃やからね。(外気温マイナス10℃やしw)
実は、まだ番組は決まってない時期であったにもかかわらず、この番組のために特別に潜水掃除を公開して、札幌からSTVのカメラマンを呼んであったの。
ボクがいかにこの番組を成功させたいと思ってたか、STVのディレクターがいかにこの番組の採用を確信してたかわかるでしょw。


さらに、STVは北海道のテレビ局やからね、旭山動物園は動物園でもなんとか入れたいところ。
でも大丈夫!なんせ、ボクが『中村元の全国水族館ガイド』で「水族館より水族館」って紹介してるんやから。
短縮版 ⇒ Web水族館:旭山動物園

しかも、旭山動物園はまたやってくれた〜!
カバの水中展示。水族館より水族館〜!

イメージ 3

アザラシに続く、動物による浮遊感水塊の第二弾!

ボクのFBとかツイッターとか見てくれてるみなさんは、この春から夏にかけてボクの旭山動物園回数が多いなあと思ってたと思うのだけど、はい、この番組のせいです。

今まで、カバの足が立つ深さでの水中展示はあったけど、そしてボクもそれを水族館の技術でもっと面白くできるのに…とか思ってたけど、まさか、こんな深い水槽で展示とはまったく思いつかなかった。

坂東園長に「こんなに深くてもカバが潜るっていう情報、よく見つけてきたもんやなあ」と褒め称えたら、
「いえ、そんな情報はなかったけど、常識的に溺れるわけないだろうと信じてた見切り発車だったんです」と……。
それを聞いて、ボクは猛烈に感動したよ。
見切り発車っていっても、そうとうに考え考え尽くした末の勝負。アッパレ!
日本の動物園はみんな前例主義。日本初とか言って始めてる展示もたいていアメリカの真似やからさ。
旭山動物園のような勝負を打てる動物園って、なかなかないもんねえ。アッパレ!


さてさて、水族館もわりと前例主義者(常識展示者)がのさばっていて、まぁそのおかげでボクの、常識を覆す展示での水族館プロデューサーという仕事が成り立つ、ありがたい環境なのではあるのだけどw、
そのボクをして、アッパレ!と言わしめる開発をした水族館もやっぱりちゃんとあるんですな。

その一つが、二見シーパラダイスの「ふれあいショー」
ていうか、ボクは「柵なし展示」あるいは「柵なし、ふれあいショー」というのが的を射てると思う。

イメージ 4

とととと…トド! 水族館トレーナーでさえきわめて危険と恐れるトド。
そこのベビーカーのお母さん、のんびり笑ってるばあいやおまへんで!

しかし今は、この写真の当時より、はるかに過激なことになってるのに、カンチョも衝撃を受けたですよ。
その映像は、もちろん17日の放送で〜!

あのね、全国には、セイウチでふれあいショーやってる水族館がすごく増えたけど、それは全てが、ここ二見シーパラダイスの真似っこなのですよ。
ゾウアザラシ、セイウチ、アシカ、など海獣をお客さんの真ん前まで連れてくるショーは、全てこの二見シーパラダイスで、世界で始めて開発されたの。
それを、いつか全国放送で訴えたかったんよね。
この番組でやっと、オレは、本当の真実を知らせることができた。(もちろんMOZU風にw)

そうそう、こちらも最近どこの水族館にもあるカワウソとの握手。
イメージ 5

これも、ここ二見シーパラダイスが発明した展示なんよ。知ってた? 写真もっと見たければ⇒コチラ

二見で開発したこと柵なし展示は、みんなでっかい水族館が真似して、そっちの方が有名になっちゃう。
でも、柵なし展示で今も絶対に他の追随を許さないのが、二見シーパラダイスでもある〜!
セイウチのふれあいなんかもう、さらにぶっ飛んだことやってるから、この番組の二見シーパラダイスを見のがさないで下さい。

ていうかね、この番組を見のがすと、二見シーパラダイスが全国ネットに出るのは、またかなり先のことになってしまうからね。永久保存版にしてもええと思うよw。


世界で初めて!と言えば、名古屋港水族館のマイワシトルネードもそう!

イメージ 6

名古屋港水族館で、シャチだの南極ペンギンだのって紹介するんではなく、マイワシトルネードこそ「世界に誇る」展示として紹介するのが、この番組の監修者であるカンチョの強い意志の現れ。だって、南極ペンギンもシャチも、アメリカの真似やもんね。
トルネードの写真もっと見たければ⇒コチラ

このマイワシの群を操作する方法も、まぁ関東の巨大水族館とかに瞬く間にパクられてしまったけど、元祖ていうかオリジナルは名古屋港水族館なことを、みなさんに知って欲しい。
そしてさすがオリジナル。その美しさは今も、名古屋港水族館のが群を抜いて美しい!という本当の真実を知って欲しい。
関東のおみゃーさん、一度は名古屋港水族館にいってみりゃー。だがね。


常識破りと言えば、名物館長のクラゲ水族館も、わすでだらあがんべな。んがす、山形ば庄内でがす。
新しい、加茂水族館〜! (すんません、東北各県弁が混じってるみたいでがす)

イメージ 7

見よっ!この常識破りの超巨大クラゲ水塊!
カンドーもんです。はっきり言って、この水槽だけ見に山形県まで行く価値がある!

そして、もちろん加茂水族館に関しては、ただ新しく常識破りの展示というだけでなく、村上館長と副館長の苦難の歴史がどうしても必要なわけ。
もちろん、そのドラマをしっかり紹介しとるからね。
なんせ、そのために、わざわざ開館前の加茂水族館にも出かけたくらいやからね。
地上波全国ネットでは、あまり紹介されてない感動エピソードなので、これもやっぱり永久保存版ではないかと。お見逃しなく!


そして、超常識破りな関東代表水族館!
もちろん、サンシャイン水族館、天空のオアシスですがなw。

イメージ 8

ちょっともう、サンシャイン水族館のことはこのブログで、世界に誇りすぎてるから、
こちら ⇒ サンシャイン水族館記事リストでw。
オレは、本当の真実しか書いてないから……w。


他にも、九十九島水族館海きららのイルカの「ジャンピングキャッチボール」

イメージ 9

こないだの超水族館ナイトでは、大反響やったですね。
関東のみなさんは、映像でもほとんど見たことのないスゴイ大技!
全国放送ではめったにない機会ですぞ。
写真もっと見たければ⇒コチラ


さらに、しものせき海響館の「ペンギン大爆走!」

イメージ 10

こちらは、3Dブルーレイのために撮影された美しい画像がテレビ初公開。
美しくって、ちょっと泣けちゃうよ。

……というわけで、今までカンチョが超水族館ナイトで、スゴイ展示!と紹介してきたお気に入りの展示が目白押しの番組なのが、ちょっと分かっていただけたでしょうか?
この番組はね、マジで今までの水族館番組とは違います。

ニッポンの水族館は、ジンベエザメがいなくてもスゴイ!
ニッポンの水族館は、アクリル技術によって進化してるのではない。
ニッポンの水族館は、新しい時代を切り拓く真の展示スタッフによって進化している。
……という、水族館の本当の真実を、知ることができる番組です。

つってもですな、かなりユル〜く構成されてて、まあ実に笑えますw。
視聴者カスタマーズ起点もバリバリな内容なので、ぜひご家族で楽しんで下さい。

とにかく、夏もそろそろ終盤の17日にこの番組を観て、「よっしゃっ!水族館」と出かけようではないですか。
なんと北見市なんか、北の大地の水族館割引券付チラシまで配付してる勢いやからね。
□最新刊→『水族館に奇跡が起きる7つのヒミツ』
□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
Twitterfacebook始めてみました…。
■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド


この記事に

閉じる コメント(13)

顔アイコン

加茂水族館行きたいです。いいなあ!! クラゲの遊泳観たいです。

2014/8/13(水) 午前 7:18 kt9*jp 返信する

顔アイコン

ご無沙汰しております。よかまさです。
初めて二見に行った時は衝撃でした。ゾウアザラシのこともトドのこともセイウチのことも良く知らないで、鳥羽水族館の帰りにちょっと寄り道のつもりで入ったものの、まずは「怖い」と思ったことを覚えています。何度も通ううちにルールさえ守れば大丈夫であることを知り、動物も種類だけでなく個体によっても性格が違うことも自然と教わりました。今でも愛して止まない大好きな水族館です。

2014/8/13(水) 午後 10:25 [ y10**108* ] 返信する

ktさん、えっ!まだ加茂水に行ってなかったんか?なんかすぐ行くみたいなこと言うてたやん。まあ、今はかなり混雑してるから、夏終盤になったら行ってみてな。温泉もいっぱいあるし、蕎麦も美味しいよ。

2014/8/14(木) 午前 4:13 kapaguy 返信する

よかまささん、おひさしぶり〜!ていうかブログの書き込みをご無沙汰してたんはボクの方で、ごめんなさいね。
二見シーパラダイスはこのところ、鳥羽水のついでにとか間違ってとかでいくとこではなく、単体でこっちの方が好きやっていうファンがめっちゃ多いんよ。
海獣は、海に住んでるにも関わらず、陸上に住んでる哺乳動物よりもはるかに近しい存在なんです。二見シーパラダイス、これからもご贔屓に!

2014/8/14(木) 午前 4:17 kapaguy 返信する

顔アイコン

もうすぐですねぇ 楽しみですねぇ これで、また、水族館のファンが増えるな

2014/8/15(金) 午前 6:09 ○丸ちゃん○ 返信する

丸ちゃん、はい、こうやってボクは水族館文化がさらに大衆的になるようけっこう頑張っとるですよw。
ホントは動物園水族館協会から表彰状もらってもええくらいなんやけどなあ…。逆に、あいつは水族館をかき乱しとるとか言う奴の方が多い(T_T)。いや、それって泣きやなくて(^_^)笑いの方やねw。

2014/8/15(金) 午後 3:38 kapaguy 返信する

顔アイコン

ご無沙汰です。
STVはずいぶん力入ってますね〜
いま明日の特番の番宣を見ましたがぁ30分も使ってますた^。^
全国放送とのこと、Sらしさがあまり感じられない良い作りになっているようですね^^;
明日が楽しみです。

さて、すぞっかんではないですが〜海獣の柵なし展示は結構前からとっかりセンターでもやってたんですよ。。
お客さんのとこにゴマフが出てきて踏みつけて行ってくれる♪的な
おなかとか首とか「ブニブニ」できる的な
記憶が微妙ですが’96年ごろにはやってたように思います。。
まあ、二見のようなダイナミックさはなく地味〜ですけどね。。

2014/8/16(土) 午後 5:17 [ ちまちま ] 返信する

ちまちまさん、番宣番組が30分も!なんとかワイドとかではなくてですか。STVのサンドウィッチマンのレギュラー番組も同時収録してたからw。

とっかりセンターのアザラシね。まあ、アザラシやアシカの大きさの海獣ふれあいはショーの後とかにやってたところはあるし、実は二見シーパラダイスも屋内のアシカショースタジアムには、もうずいぶん前から柵がなかったのです。
そして、ゾウアザラシとセイウチという巨大海獣を、お客さん通路に出してきたというのがやっぱり凄すぎるところですね。ちなみに、これも最近はいろんな動物でやられてる「アッカンベー」も、二見シーパラダイスのゾウアザラシがやり始めたのがオリジナルです。
でも、ゾウアザラシはもういなくなっちゃったんよね……。

2014/8/17(日) 午前 9:56 kapaguy 返信する

番組拝見しました。1時間半の番組が楽しくて、あっという間に終わりました。
STB制作なんですね。全国ロケの渾身の番組でしたね。先生の解説と柳原可奈子さんのナレーションも息が合って、案内者も豪華だったし、先生の企画が無ければありえない番組ですね。

山の上の水族館のイトウのニジマス捕食『いただきますライブ』。大迫力ですね。実物はもっと凄いのでしょうね。
カバの巨大水槽、流石は旭山動物園!
大阪天王寺動物園にもカバさんの水槽がありますが、この深さ広さはすごいですね。しかも最初は溺れかけるとは!独自の創意工夫で展示を進化させるのが旭山の真骨頂ですね。また行きたいな。

2014/8/17(日) 午後 4:59 眼とろん星人 返信する

カバさんは基本的に水棲動物だから、水族館にいても何らおかしくありませんよね。最近の研究で、カバの姉妹群がクジラ類である可能性が出てきて、「鯨偶蹄目」という分類系統が新たにできたとか。カバの足の水かき初めて見ました。

大阪天王寺動物園では、子供が生まれれば、専門家でさえほとんど目にしたことがない、貴重な水中授乳シーンが見られるかもしれないと期待しているようですが、吉報が無いところをみるとまだかな?このままでは、旭山に先を越されるかもしれませんね。

カバの赤ちゃんはとてもかわいいので、私は水中授乳を一度でいいから見てみたいと思っています。
母子カバは仲良しさんですから、

神戸王子動物園のカバの母子の記事をトラバさせてくださいね【王子動物園のカバのお母さんのナミコさんは、奇しくも旭山動物園生まれです】。久しぶりのコメントで長くなってすみません。最後に先生の精力的なお仕事にポチ☆

2014/8/17(日) 午後 5:01 眼とろん星人 返信する

眼とろんさん、番組見てくれてありがとー!『いただきますライブ』は実は、かつて標津サーモン科学館でやってた生き餌やりプログラムからの「いただきましたライブ」なんやけどねw。いつもそう説明するんだけど、テレビではそれを言わせてもらえなくて…。でも、「いただきます」の名前を付けたことで、誰からも残酷と言われなくなったので、そこが展示の面白いとこではないかと思ってます。

旭山動物園の水中カバ、ボクもずっと水族館ですごいカバ展示って思ってたけどあの深さは考えもしてなかった。しかも想像力でつくったというのがボクにも驚きでした。アザラシがあのチューブを抜けると考えたこともこのカバの展示もアッパレです。

2014/8/18(月) 午前 1:59 kapaguy 返信する

顔アイコン

番組噛り付いて拝見しました!
「海きらら」のナミとニーハの「ジャンピングキャッチ」も紹介されていました。併せて長崎バイオパーク生まれの「百吉」が旭山動物園で元気に活躍していることも知ることができて、大変嬉しいです!!!
百吉にもお嫁さんが来たみたいなので、旭山動物園に行ってみたいと思います。

2014/8/28(木) 午前 0:05 kya_night_rider 返信する

こんんちは! えっと、どなたなのかHNが読み取れないのだけど(寄る年波のせいでw。メッセージありがとうございました。
海きららと言い、長崎ペンギン水族館とい言い、今展示でときめいてる水族館が長崎にばかりありますねw。

2014/8/28(木) 午前 0:33 kapaguy 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事