ブログ水族館/中村 元

次回『中村元の超水族館ナイト』は2018年10月21日(日)の開催。前売り発売は9/21です

全体表示

[ リスト ]

むつごろう水族館

イメージ 1

イメージ 2

長崎県には、長崎ペンギン水族館の他に、もう一つ見逃せない水族館がある。
有明海の干潟を中心にした「むつごろう水族館」。諫早ゆうゆうランド干拓の里の中にある。
外観がムツゴロウの格好をしたおちゃめな水族館で、
渓流から有明海の干潟へ至るまでの自然の恵みが展示されている。
川の上流域から中流域、下流域にいたる景観を表した水槽も立派だが、
なんといってもこちらの展示の中心は、展示の中心に置かれた大きな干潟の展示水槽だ。

水槽には、シオマネキとムツゴロウが・・・あれっ、ムツゴロウが見あたらない!
陸にたむろっているのはトビハゼばかり。
どうやらムツゴロウは、かなり臆病なようで、水中から目だけ出している。
人影が動くたびに深いところへと身をひるがえしてしまうのだ。

しばらくそっと覗いていると、エサの時間になり、飼育係員の方がエサを置いていった。
すると、ムツゴロウたちも、エサを目指して体を現してきたではないか。
そして、全身を現したら、なぜだか突然大胆になる。
結局は、エサを食べるでもなくカメラにも納まってくれるようになった。

泥の海に暮らすムツゴロウではあるけれど、体のコバルトブルーの斑点がとても美しい。
おお、これぞ、写真でしか見ることができないムツゴロウの御姿だ。(phpto上)
以前、鹿島市の鹿島市干潟展望館のすごい双眼鏡でムツゴロウを見たことがある。
驚くほど近くに見えたのだけど、コバルトブルーの斑点は見えなかった。
この美しさを間近に見えるだけでも、ここ「むつごろう水族館」は一見の価値ありだ。

そして、おそらくここでしか見ることができないと思われるのがヤマノカミ。(photo下)
有明海と川を行き来する、有明海固有の超珍しい魚だ。
名前の由来は、海の神から山の神への供物だからとのこと。
なぜ供物になったかのいきさつは、ここでは省略。

さっきNHKの日本水中紀行とかってのを見ていたら、このヤマノカミが出てきて驚いた。
ヤマノカミが有明海に下降するのは産卵するためなのだけれど、
産卵をするためのタイラギ貝の貝殻が減少しているので、ヤマノカミも減少しているのだとか。

供物のヤマノカミがいなくなったら、山の神はお怒りになるのだろうなー。
河童に会ったことのあるカンチョとしては、マジで怖くなったのでした。

WEB水族館:Web版 全国水族館ガイド
地球流民の海岸:地球流民(=KAPAGUY)個人HP

この記事に

閉じる コメント(3)

うわぁ〜〜〜、ムツゴロウって、初めて見ました!大きさはどのくらいなんだろうか・・・?間近で見てみたいなぁ〜〜♪

2005/7/23(土) 午後 5:40 [ hsm*p93* ] 返信する

顔アイコン

はじめまして。ムツゴロウってこんな感じなんですね。なんか、かわいいな。

2005/7/23(土) 午後 9:36 [ hid*mi*325* ] 返信する

顔アイコン

ムツゴロウ、けっこう大きくて15cmくらい。大きいのは20cmになるとか。よく水族館で見かけるトビハゼは5〜10cmくらいなので、大きさ全然違いますね。ホントはムツゴロウの背びれが立っていると、2枚の帆張っているみたいに立派で、ジャンプなんかすると格好いいのですけどね。

2005/7/24(日) 午後 11:06 kapaguy 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事