ブログ水族館/中村 元

次回『中村元の超水族館ナイト』は2019年2月24日(日)の開催。前売り発売は1/24です

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
自分でびっくりしたのだけど、今月はまだ一度も記事を書いてなかったんね!
実はちょっともうどうしようもなく時間がない毎日で、いくらかは楽しみにしていただいているみなさんには、本当に申し訳ないです。

そんな時間繰りの厳しい中、昨日は北見市教育委員会の講演会をしてきました。
もちろん山の水族館がらみで話をしてほしいとの依頼で、山の水族館についてはそれこそ山ほど語ることがあるのだけど、ぜったいに入れなくちゃあかんと思ってたのは『いただきますライブ』のこと。

そう、あと1週間後に迫ったトークライブ『中村元の超水族館ナイト秋〜いただきますの気持ち〜』でお話する内容でもあるしね、お台場リハーサルのつもりで熱入ったよw。
(そんで今日はなんか熱が出ちゃったよ……)


そして講演の後は、温根湯へまっしぐら。
なんとかギリギリ、「いただきますライブ」に間に合った!

イメージ 1

土曜日ということもあって、イトウ水槽の前はもうえらいことになっちゃってる!
北海道内とりわけオホーツク管内では、「いただきますライブ」のことはかなりの話題になっているのだ。

右端に大きく写っている人影は、ライブの解説をする佐藤主任。
一生懸命に語っておりますw。

そして20尾のニジマスが水槽へ放たれると、今まで平静を装ってたイトウたちがいっせいに水面へと駆け上った。
観客からは「おお〜〜〜〜!」のどよめき。
1メートル超のイトウが身を躍らせると、それはそれは迫力があるのだ。

(一番後ろからコンデジだったので決定的瞬間は撮れてません、ごめんなさい)
イメージ 2

イトウたちはニジマスがやってくるのを今か今かと待ち構えているのだけど、ニジマスにはあらかじめイトウの水槽に放すからね、とかは伝えてないので,放たれてここはどこ?とうろたえているうちに食べられちゃう子が多い。

でもその一瞬を生き延びたニジマスは、もうなかなか捕まらなくなる。
イトウの巨体が突進してくるのをスルリとかわすのだ。
そしてそれでもイトウは巧みにニジマスを捕らえて食べる。

お客さんの反応は面白い。イトウの側に立って「上、上、そこだ!…よしっ!」とか応援している人もいれば、わずかだけどニジマスの側に立って「危ない!逃げて!あぁ……」と言ってる人もいる。
そしてわりと多くの人がけっこう冷静にどちらの側にも立たずに見ている。

どの見方もいい感じだと思う。
どのような形で興味を持ったとしても、その時の印象や感情そして発見などが様々な思想へと発展するのだ。
それこそ、生きものを展示物とする水族館や動物園が最も大切にすべき特徴である。

イメージ 3

実は、この「いただきますライブ」
山の水族館のオリジナルではなく、標津サーモン科学館でかつて生き餌を与えてイトウの食事タイムとしていたのを知っていたのだ。
サーモン科学館では、生き餌を与えることで究極の行動展示を実施していたのだが、ある市民が「子どもにあんな残酷なシーンをみせるのはやめろ」と市役所にねじ込んだせいで、市から命令でやむなく死んだ魚を与える方法に変更せざる得なかったとの悔しい気持ちを語っておられた。

それを聞いたとき、なんてもったいない!と思い、今回、山の水族館を手がけることになって、この巨大イトウの群で実現したいと考えた。
北見市長に標津の出来事も話した上で、これは本当の意味での食育にもなる非常にいいプログラムなのだから、どんな有力者が止めろといってきても止めないという約束をしてあった。
水族館がオープンしてからは、水族館スタッフたちが完成度の高いプログラムとして実現してくれた。
そして、食育に繋がる名称として考えたのが「いただきますライブ」なのである。

発表がなされてから案の定、止めるべきとの声がすぐに届いたが、説明をしたら納得してくれたそうだ。
そして嬉しいことに、新聞への読者欄に、「このプログラムを見に行きたい。生態系で動物が生存するためには動物の命を奪うことを知り、人間も同じ行為の上に「生」があるということに気づかされる。」というような投書があった。


●命の戦いが終わり再び幽玄の湖に戻る
イメージ 4

水族館を科学系博物館の枠に閉じこめてしまったらもったいない。
ボクが最も水族館で伝えたいと思っていることは、『自然への感謝と畏れの気持ち』であり、その中で『いただきますの気持ち』は、非常に大きな意味を持つ。

つまり、『中村元の超水族館ナイト2012秋〜命と水族館…いただきますの気持ち〜』は、カンチョにとっての水族館の本質みたいなものでもあるのです。

というわけで、今まで来られなかったみなさん、今回こそお台場まで足をお運び下さい!はい、宣伝でしたw。
チケットはこちらから⇒東京カルチャーカルチャー


最後に……。エサでしか登場できなかったニジマスさん。

●北の大地の夕日を背負って
イメージ 5

食べられることなく成長したニジマスはこんなに立派になって、他の魚を食べます。
そして、私たちヒトに食べられちゃうのですね。

いただきます。合掌。

トークライブの日は、1週間後の10月28日夜6時半からです。⇒東京カルチャーカルチャー



●⇒東京カルチャーカルチャーの公式レポート⇒『http://tcc.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/presents2012201.html 中村元の超水族館ナイト春』





Twitterfacebook始めてみました…。
□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド
こちらではすっかり遅くなってしまったけど。
ちょうど1ヵ月前になったのでご案内。

中村元の超水族館ナイト2012年秋 〜命と水族館…いただきますの気持ち〜

イメージ 1

すでに巷に(つっても水族館マニアな人だけの巷にやけど)あふれまくってるポスターですなw。
肝心のこのブログで遅くなって申し訳ありません。

さてさて、数えて13回目となる東京カルチャーカルチャーでのトークライブ。
今回のテーマは『命』そして『いただきますの気持ち』
いつも、水族館は非日常で自分自身を取り戻すために訪れる利用者が多いと言ってるボクやけど、もちろん博物館として提供するべき知的好奇心を起こす何かを伝えることとの両輪の輪によって成り立ってると信じてる。

そしてボクが思う、水族館という博物館が伝えるべき最も大切なことが「命:いのち」であり、「われわれヒトがあらゆる命をいただいている」という真実だと考えてる。
それは、生物学的な情報よりも、はるかに大切で役に立つ情報であり、だからこそ水族館は人々の生きる力にさえ役に立つことのできる、途方もないスケールの施設だと思ってるのだ。

そんなわけで、このブログ水族館には「命をいただきます食堂」という書庫だってある。
…と、えらっそうなこと言う割には長いこと更新してないけどw…そういや、「命をいただきます食堂」の最後の記事は、映画『ザ・コーヴ』と鯨食の話題やった。

                     [紀伊勝浦でいただいた鯨]
イメージ 2

そして今回のトークライブで、第2部のゲストに呼んであるのが、元・南極海調査捕鯨の団長の石川創氏だ。
そう、長年に渡り、海の凶人●ー・●ェパードと南極海で戦ってきた団長だ。

実は石川氏は元・水族館獣医師。
生きものを愛し人々に紹介する仕事をしていた彼だからこそ語ることのできることがある。

とは言うものの、今回は前半後半を通して、いつもよりちょっと緊張感のあるトークになること間違いない。
さらにや! 海の凶人●ー・●ェパードの一味が観客の中に潜んでいて、臭気爆弾とか投げつけられるかもしれない!
う〜〜〜、ますます緊張感高まるなあ。

そんな緊張感いっぱいの会場で、メニューには鯨肉を入れちゃうという大胆さ。
実のところボクはね、海の凶人の乱入なんかよりも、せっかくの超水族館ナイトファンのみなさんから、そっぽを向かれるんではないかとの心配の方が大きい。

でも、そういう可能性のあるみなさんこそ、ぜひお越し下さい。
今まで切れ切れに話してきた、いただきますの気持ちを一気に述べるために、この大冒険テーマとしたのだから。
「命」と「水族館」と「いただきます」の関係が、きっとすっきり繋がるでしょう。
いや、もしかしたら、ますますこんがらがるかもやけど……。

まあ、この大冒険テーマでいったい『中村元の超水族館ナイト』がどうなるのか、それを覗いてみるだけでもオモロイやないですかw。
お楽しみに〜!


★ドヤ顔が出るはずの、テレ東系『たけしのニッポンのミカタ』は今夜(28日)です〜。


■過去の『超水族館ナイト』『水族館ナイト』のカルカル公式レポートはコチラです↓。




Twitterfacebook始めてみました…。
□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド

どうも…、ヒロシです…。 ていう気持ちになるくらいに、ホントに久しぶりのUPです。
なのに、水族館の話題ではなく、ちょこっと告知ていうかPRですんません。

まずは今週、金曜日(28日夜10時00分〜10時54分)に、テレビのご案内。
テレ東系『たけしのニッポンのミカタ! 〜流行る店にはワケがある!?〜 』で、サンシャイン水族館のリニューアルで大集客の秘密が放送されます。
もちろんカンチョもドヤ顔で説明したりしてると思うので、ぜひご覧下さい。

でもさ、たけしさんに「なんだあのプロデューサーて奴のドヤ顔、てめえの顔をリニューアルしろってんだよ」とか言われたらヤやなあ……。
※関東以外の方はコチラで放送日時のご確認を。⇒放送局一覧


そして2つめ。
『サンシャイン水族館 3D/2D 』形式: Blu-ray
                                     (クリックで拡大できます)
イメージ 1

サンシャイン水族館が、ブルーレイの超美しい画像になったのですよ。しかも3D!
3D持ってない? 大丈夫!2Dでも画像の美しさに変わりはないですから。

いや、実はカンチョ、3Dどころかブルーレイも持ってないんやけどね(^^;
でも大丈夫、ちゃんとどちらも何度も見たから、画質の良さは保障します!

イメージ 2

あのね、そもそも画質の良さだけじゃこのブルーレイのいいところは語れないん。

実はこの映像、サンシャイン水族館の展示プロデュースをしたカンチョが監修してるのだ。
もちろんテーマは『天空のオアシス』と『世界一の水塊』
この二つにはこだわったよ〜。
さらに知的好奇心のなんたるかもレクチャーしたり、
水槽撮影の照明方法にいたっては、現場監督しちゃったりしてw。

結局、ダメ出しいっぱいして撮り直しとかしてもらっちゃってね、なんと撮影日数だけで30日間!
メーカーさん、こんなことしてたら儲からへんのっちゃう?
と、文句つけたボクが思わず心配したくらいな力の入れようなのだ。

イメージ 3

そして、この映像のもう一つのポイント。
サンシャイン水族館の中で流れているオリジナルBGMが、場面に合わせて流れているのも大きなウリなのだ。

これはね、なかなかええですぞ。
映像を見ていると、サンシャイン水族館にいた自分とシンクロしてくる。
そしてそのうち、自分用のサンシャイン水族館があるという気分になってしまう不思議な感覚なのだ。

それと、30日間もかけて撮影したから、水槽の水塊にひたるだけでなく、
イカが生きたエビを捕食する瞬間とか、
小魚が群れてざざっと移動するところとか、
生きものたちの行動も随所に入れられて、
オマケ画像のサンシャインラグーン水槽でのダイバーパフォーマンスは舞台を観ているみたいに美しい!

イメージ 4

今すぐデモ映像もご覧になれますぞ。⇒サンシャイン水族館 3D/2D

サンシャイン水族館の売店でも流しているので、まずはサンシャイン水族館で観ていただいてから、お買い求めいただくといいのではないでしょうか。

はい、ボクはもう持ってるけどね、観られない(^^;
それで、ブルーレイのデッキだけでも買いたいと、奥様の肩を揉んだりしてるところです。
ええ、ええ、3Dモニタはまだまだ先の話ですよw。


●サンシャイン水族館の、これまでの記事と写真のリストはコチラ ⇒サンシャイン水族館記事リスト

◎NHK「おはようニッポン」山の水族館のアーカイブ⇒アイデア勝負 水族館リニューアル −北海道 北見市−

●産経新聞『話の肖像画』インタビュー記事に3日連載で載せてもらいました。
『話の肖像画』水の演出家 水族館プロデューサー・中村元


■8月29,30,31日『中村元のサンシャイン水族館ナイト』のアーカイブ。⇒Ustreamサンシャイン水族館イベント中継


■前回の『超水族館ナイト』のカルカル公式レポートはコチラです↓。
 ⇒12回『中村元の超水族館ナイト2012年年春 〜いまどきの水塊に溺れろ!〜』
 ⇒USTREAMでもご覧になれます。⇒USTREAM配信

Twitterfacebook始めてみました…。
□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド

昨夜までの3夜連続で開催させてもらった『中村元のサンシャイン水族館ナイト』、いや〜カンチョにとっては楽しい夏祭りでした。
お越し頂いたみなさんありがとうございました〜! さらにUstreamでご覧いただいたみなさんもありがとうございました〜!
そして、ゲスト出演いただいた年パスホルダーの、Elpasoさん、Munyさん、ミストラルさんには本当に感謝です。
もちろん、イベント企画してくれた東京カルチャーカルチャーとテリー植田さん、そして今年も開催してくれたサンシャイン水族館にもとっても感謝です。

あ、ところで、Ustreamで視聴者プレゼントになっていた非売品のDVD、あれは実は近く販売されるブルーレイ3Dの2D版なのです。
カンチョが監修した3D作品で、下に載せた写真はその撮影の時に撮ったものなので、動画がしっかり入っていたはずです。発売したらまたご報告します(2Dでも見られます)。


さてさて、最終日のゲスト、ミストラルさんの口から飛び出た「水族館なのに陸上の動物が多いのがちょっと…」の延長線でボクが話したペリカンの展示の話題のことおぼえてるでしょうか?

サンシャイン水族館の展示をご覧になってない方も多いと思うので、今日は改めてその話を写真付きで述べましょう。


これが、現在のサンシャイン水族館のペリカン展示。

イメージ 1

はい、ちゃんとペリカンが泳いでおりますぞ。

かつてのサンシャイン国際水族館では、ペリカンを動物園的に陸上で見せて時々行進をさせるくらいだった。
でも新たな展示を開発するに当たって、展示プロデューサーだったボクは、「水族館なんやから水中の様子を見せるようにしなかったら展示はできない」と要請して、現在の水中を見せる展示方法になったのです。
もちろんボクは要請したり文句言ったりするだけで、案を考えてくれたのはスタッフのみなさんやけどね。


上の写真の、泳いでるシーンだけでもいかにも水族館らしさが出るんやけどね。それだけやない。
水面下を見れば、ペリカンのでっかい足が水をかいている様子とさらに…。

イメージ 2

ペリカンの最大の特徴、巨大な袋付きクチバシを水中に差し入れるのが見られる!

ちょっと迫力やと思わへん?…ていうか、かなりの迫力よ。
右奥の方には、別の個体のでっかい足も写ってるよね。

これがペリカンなのだ。
いやまあ、ペリカンは鳥だからして、飛ぶ姿こそがペリカンの一つなのではあるけれど、少なくともこれが水族館で見せるべきペリカンなのだ。


さらに、新しいサンシャイン水族館では水中給餌をしている。

すると、ほれっ! すごいぞ!

イメージ 3

ぎゃい〜ん!
恐竜みたいになった!

首が伸びる伸びる!


そして、クチバシに付いた袋が広がる広がる!

イメージ 4

ペリカンのクチバシの袋は、餌の魚を捕るときに、クチバシの袋をタモアミのように使って、水と一緒にすくい取るという鳥にしてはきわめてユニークな方法を実現するためのもの。
それが、一目でとってもよくわかる。

これこそ、ペリカンを水族館で展示する意味があるというものではないか?
ていうか、水族館なら、そもそもペリカンをこうやって見せるべきではないか?

なのに、なんで全国の水族館は、まるで動物園のようにペリカンを陸上と池で飼育し、決まったようにペリカンの行進で〜す!とかやってるん?
しかもさ、解説板には「ペリカンのクチバシは水中で魚を捕る時に大きくふくらんで…云々」とか書いてある。
そんなこと知ってるんやったら、水族館なら見せたらええやん!

誰でもヘンやと思うそんなバカげたことが常識的に行われてるのは、実のところ水族館が「展示」ということをな〜んも考えてないから。
よその水族館でペリカンの行進が受けてるから、うちもやるか…程度のことしか考えずにペリカンを導入しているという話よね。
それってさ、観覧者にも、なによりもペリカンにもたいへん失礼なことやとボクは思うのだ。

それで昨日のサンシャイン水族館ナイトのときには、Ustreamのカメラに向かって言ってしまった。
「全国の水族館のみなさん、あんたら●●っちゃうん?」
ああ、やっちゃった…(^^;。 けっこうあの時間、酔ってたからなあw。

でも、やっぱりコレやろ、ペリカンの魅力って。

イメージ 5

サンシャイン水族館のペリカンは、今は全国のどの水族館・動物園のペリカンよりも人が集まって、うわー!ぎゃー!って歓声が上がってるよ。

まあさ、みんながいちいちそういう「展示とは?」ていうことを、観覧者の視点から考えへんから、おかげさまで水族館プロデューサーなんてふざけた仕事が成り立つわけで、ボクはまあそれを感謝するべきなんやけどねw。

でもこの程度のことって、水族館やってるんなら別にボクやなくたって考えるべきでしょと思うわけ。
いや、動物園だって、こういう展示をすればええと思うんよ。
旭山動物園の水族館展示が成功したからと言って、各地でホッキョクグマやペンギンの水中展示化ばかり真似してるのにもなんか悲しくなってしまう。

パンダでしか人集めできないと思ってる某上野の方にある動物園とかもね、あんな汚れっぱなしのホッキョクグマの水槽をつくるんやなくて、ペリカンやフラミンゴの水中展示を作ったら、すごくアピールできたと思うんよね。
東京都に税金払ってる都民としては、ボランティアでもいいからアドバイスしてあげたいと思ってるんやけど、どうかしらね?


●水族館ナイトの、これまでの記事と写真のリストはコチラ ⇒超水族館ナイト記事リスト

■8月29,30,31日『中村元のサンシャイン水族館ナイト』のアーカイブ。
Ustreamサンシャイン水族館イベント中継

◎NHK「おはようニッポン」山の水族館のアーカイブ⇒アイデア勝負 水族館リニューアル −北海道 北見市−

●産経新聞『話の肖像画』インタビュー記事に3日連載で載せてもらいました。
『話の肖像画』水の演出家 水族館プロデューサー・中村元

Twitterfacebook始めてみました…。
□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド

昨日はサンシャイン水族館で、今週の『中村元のサンシャイン水族館ナイト』の打ち合わせで、Elpasoさん、munyさん、ミストラルさんと天空ビールをやっていた。
今日はエプソン品川アクアスタジアムでに行ったら、なんとminiorcaさんにバタリと会った。
水族館に出かけるたびに、このブログでコメントいただけるみなさんとオフ会しちゃってる近ごろです。

さてちょっと前のこと、テレビを観て感動し、その2日後に訪れたのが九十九島水族館「海きらら」

その理由はもちろんコレ!

イメージ 1

イルカがジャンプしてボールを投げたー!



そしたら、もう1頭のイルカが………

イメージ 2

捕ったどー!


このバンドウイルカ2頭による、ジャンピングキャッチボール。
テレビで見ると、「シュバッ! ⇒ バシッ!」と、すごく見事に決まってね。
さらに生で見たときにはアナタ、野球見るなら球場で…みたいな迫力と感動。

それを写真でなんとか見せようと頑張ったのが、最初の一枚。
イルカのジャンプがあんまりブレない程度のスローシャッターにして、ボールがビューンって飛んでるようにこれでも頑張ったんです!


でも結局は、動画にはかなわんからさ、まあ自分で楽しんできました。
その夜には嬉野温泉の和多屋別荘さんに泊めていただき、翌朝再び行ったんよw。
※和多屋別荘の社長はお友達で、嬉野バリアフリーツアーセンターの会長なのでPR!
 ⇒美肌の宿「和多屋別荘」 とってもいい旅館です。


写真撮ってても楽しくてね、イルカも楽しそうなんやもん。

イメージ 3

しかし、レンズに水しぶきが……。


2日間何度も見て分かったのだけど、この場所から見るのが、いちばん迫力があります。

イメージ 4

そのかわり、水しぶきも飛びます。
カメラ潮まるけ(T_T)。


キャッチャーの側からがあったら、ピッチャーの側からもね。

ピッチャー、振りかぶって〜!

イメージ 5

すごいのけぞり。
往年の野茂選手を彷彿とさせますな。


投げた〜!

イメージ 6

いい球やね。きっとストライクやね。

いや、そんなことよりも、水族館マニアの方ならもっと違うことに気づくはず。
そう!、投げているのはバンドウイルカではない。
練習中のハナゴンドウなのだ。
よそではちょっとどんくさい風なハナゴンドウだけど、この子はかなりすごくてねえ、オーバーヘッドキックとかもやっちゃう。

そしてキャッチャーやってるのは、さっき投げてたバンドウイルカなんやって。
いつか、三角キャッチボールを完成させることをたくらんでいるのだと、トレーナーのエライ人に聞きました。

トレーナーだけやなくて、イルカたちもそうとうやる気満々なのが、ショーの合間の時間に見られる。

イメージ 7

壁にむかって、黙々と壁キャッチボールをするイルカくん。

時々、お客さんに向けてボールを投げてきたりするから、ファンサービスもバッチリ。

う〜ん、やるなあ、海きららドルフィンズ。
このチームはちょっと注目ですぞ。


九十九島水族館「海きらら」の、これまでの記事と写真のリストはコチラ ⇒九州の水族館記事リスト

■今週、サンシャイン水族館にて8月29,30,31日夜トークライブやります。⇒『中村元のサンシャイン水族館ナイト』 
来てね〜! USTREAMでも配信されます。

■前回の『超水族館ナイト』のカルカル公式レポートはコチラです↓。
 ⇒12回『中村元の超水族館ナイト2012年年春 〜いまどきの水塊に溺れろ!〜』
 ⇒USTREAMでもご覧になれます。⇒USTREAM配信

●産経新聞『話の肖像画』インタビュー記事に3日連載で載せてもらいました。
『話の肖像画』水の演出家 水族館プロデューサー・中村元

Twitterfacebook始めてみました…。
□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事