ブログ水族館/中村 元

次回『中村元の超水族館ナイト』は2019年2月24日(日)の開催。前売り発売は1/24です

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
新設!マリホ水族館その2『輝くサンゴの海』

この記事は、新設!マリホ水族館その1『生きている水塊』からの続きです。

小規模水族館であるマリホ水族館にも、いわゆる大水槽はある。
『輝くサンゴの海』ゾーンの「ラグーン水槽」

イメージ 1

千岼焚爾竜模の小規模水族館でこの大きさの水槽は例がない。
なんせ総水量の2/3がこの水槽に注ぎ込まれてるんやからね、とにかく頑張った。予定してた他の水槽いくつか捨ててでも頑張った。

限られた敷地面積と予算の都合上、マリホ水族館の面積はひたすら小さい。
でも広島のみなさんは、宮島水族館や島根のアクアスといった新しい中大規模水族館をすでにご存知なわけで。
水族館の大きさでは遙かに負けてるにしても、水槽の水中感だけは肩を並べたい…ていうかむしろ、思いっきり勝ったろやんか〜!……くらいの気持ちで臨んだ、意地だけはすごいぞ水槽なのである。

意地と苦労の甲斐あって、この水槽前にやってくると「うわ〜!」と声を発してくれるお客さんが多いのが嬉しい。
もちろん、サンシャイン水族館で磨きをかけた、錯視による奥行きのある水塊づくりのテクニックはいかんなく使った。

格好いい! グルクマの群れ
イメージ 2

そのため、写真だけ見ると、あれ?どっかで見たぞ? サンシャイン水族館のラグーン水槽の妹みたいなもん?とか思われるかもしれない。
いやまぁ、実際にあの水槽に近い効果を上げようとは考えたんやけどね。しかしそれは効果だけの話であって、形も大きさも照明もまったく別の方法による。
サンシャイン水族館のラグーン水槽よりも面積は小さく、深さは深い水槽となり、その形でどこまでも広がるような奥行きのある水塊を実現するため、形を楕円形に変更した上で、照明による色付けも大幅に違う新技を開発したのだ。

そうやってできた水塊だけど、さらにこのラグーン水槽の「水塊」を『生きている水塊』へと進化させているのが、サンゴ礁の小魚たちの群れだ。

イメージ 3

大型魚はほとんど入っていない。捕食圧ぽく装えるトラフザメやナポレオンフィッシュ、そしてグルクマの群れを同居させて、他は全て小さなサンゴ礁魚類の群、群、群。
その群の群れと少ない大型魚類を使って、サンシャイン水族館でも、海の中道でもうまくできなかった、「サンゴの周りに花のように集まって、危険が来るとザーッとサンゴの枝の間に逃げ込む躍動的な生態」を成功させようというのが、このラグーン水槽の『生きている水塊』ミッションなのである。

トラフザメ。マリホ水族館の最大生物w。
イメージ 4

今のところ、それなりにそんないい感じのシーンも見られる。
これは今後、館長はじめスタッフたちが、さらにもっとモノにしてくれそうな感触を掴んでいて、毎月1〜2度訪れるたびに、楽しみにしている。
みなさんも楽しみにしていて欲しい。マリホ水族館は誕生したばかり、まだまだ成長は始まったばかりなのだから。


輝くサンゴの海のゾーンには2つの個別水槽があって、それぞれ小さな水塊を見せている。
そのうちの一つがこちら。
イメージ 5

砂底にはチンアナゴ、中空にはヘコアユという、絶妙な生物選定は館長のセンスだ。

これも予算の都合上(こればっかw)、個水槽のほとんどを全アクリルの箱にしたので、奥行き感を出すのに、いつもとは違う工夫をした。
ボクはまあまあ満足している。
お客さんのほとんどは、人気のチンアナゴばかりに目を奪われているのだけど、それでもその姿を写真に収めてもらったとたん、水塊工夫は活きてくる。

記憶って、美しい方に塗り替えられるものやしね、さらに美しい写真はSNSに投稿されやすい。いわゆるインスタ映えっていうやつ?
これが、最近の水族館プロデューサー的裏技「だれが撮っても美しく撮れてしまう水槽」シリーズの一つなのだ。

ハナミノカサゴ。 背景の青色が水中感を増した。
イメージ 6


ハナヒゲウツボのニョロニョロは、躍動する水塊の一部になっている。
イメージ 7

マリホ水族館のハナヒゲウツボは、なんでかしらんけどよく泳いでいて、その美しさとニョロニョロ感を重いっきりアピールしとるよ。


ところでマリホ水族館の小ささは、水槽の数の少なさにも影響するのだけど、それを一応補ってるのがこれ。
輝くサンゴの海にある小窓水槽。
イメージ 8

本当に小さな、小顔の人でも二人がやっとだし、大顔のボクが覗き込めば水槽が完全に隠れてしまう大きさなのだけど、全部で10個あって、それぞれの水槽に目を近づければ、驚きの生物たちとその生活空間が発見できる。

この渋派手アバンギャルドな目玉くんは、モンハナジャコ
イメージ 9

小さい水槽で、近くで見ようとするからこそ発見する『活きているアート』もしくは『アートした命』。
この不思議な宇宙人的目に気付いたとたん、こんな小さな水槽が、突然なんでもありな宇宙へhと拡がっていくではないか。えっ?そうでもない? いや、そう思うよw。


さて、『輝くサンゴの海』ゾーンの手前には、『たゆたうクラゲのホール』がある。
静かにゆったりと漂うクラゲは、大人の心を癒し、日本人の儚さへの美意識を刺激する、水族館の中でも最も浮遊感にあふれた展示だ。

中でも最も人気があるのがこちら、ミズクラゲ。
イメージ 10

各地の水族館では、美しかったり、大きかったり、触手が長かったり、それはもう多種多様のクラゲの種類が展示されているのだけど、どの水族館でも一番人気のあるクラゲが、不思議なことにこの最も平凡で、ただふわりふわりと漂うミズクラゲだ。
おそらく、みなさんは、クラゲの種類や形や生態を見ようとしているのではなくクラゲを通した水中の浮遊感に惹かれ、さらにはクラゲの生き方そのもの、クラゲの存在そのものなどに見とれているんだろうと、水族館プロデューサー的には考察している。

一方で、もう一つの人気クラゲが、ブルージェリーフィッシュ
イメージ 11

青色(とか白とか紫とか)のタコクラゲの仲間だ。
こちらはクラゲが浮遊でしか移動のできないプランクトン生物であるにも関わらず、えっちらおっちらと自分で泳ぐことができる。その柔らかでありながらぎこちない姿が、クラゲの常識から外れてなんか可愛いのだろう。
クラゲたちは、顔もない生物でありながら、形といい色といい動きといい、なんだかそこはかとなく癒される姿をした非日常な生物なのである。

ところで、ジェリーフィッシュっていうのは、英語で「ゼラチン状の海の生きもの」的な言い方で、英語ではヒトデもスターフィッシュ(星形の海の生きもの)とか呼ばれている。欧米ではつまり、魚だろうが無脊椎生物だろうが全部フィッシュでまとめちゃう大らかさなんよね。

その点、海や川の生物をいただくことで生きてきた日本人は、特に水生生物については、古より見分けにこだわりがある。
クラゲなんか、すでに古事記の一番最初のところで、久羅下という表記で出てるばかりやなくて、なんと天地開闢の前には世界が「久羅下那州多陀用弊流=クラゲのように漂っていた」なんて書かれてるだ!
魚には、出世魚のように、成長具合で別の名前が付けられてる者も数多い。
そもそも、標準和名に対応する生物名のない生物が、世界中には数え切れない程多いのだから、日本人の水生生物好きはただもんではないと思うのよね。

えっと、この当たりのことは、ボクの最新刊『水族館哲学〜人生が変わる30館〜』に詳しく載ってるので、ぜひお買い求め下さいw。…とPRをしつつw、「マリホ水族館オープンその2」はこのあたりでw。
次回は「その3」淡水魚のコーナーに移ります。



●マリホ水族館のWEB水族館紹介記事はコチラ ⇒マリホ水族館|WEB水族館 全国水族館ガイド


●最新刊→『水族館哲学〜人生が変わる30館〜』『いただきますの水族館』
■オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
facebook ■Twitter

開く コメント(2)

こんにちは。久しぶりの告知でないブログ更新です!
今年は、広島に新設のマリホ水族館が6月24日に、サンシャイン水族館の「天空のオアシス第2章」が7月12日にオープンと、水族館プロデューサー史初のダブルオープンとなりました。
今まで手掛けた水族館では、オープン前からブログでチラ見せすることでプロモーションに繋げてたんだけど、2つが同時期に重なったこと、それぞれプロモーションがうまくいったことで取材に追われて余裕もなくなって、今頃になっての発表です。すみません。

さて、まずは広島に新設となったマリホ水族館のことから。
マリホ水族館は、延べ床面積600峩/総水量155tonという小さな水族館。同じ都市型の海遊館と比べると延べ床面積で1/45、水量では1/70というプラモ型かい!という極小さ。まぁ、建設費も25倍の海遊館と比べることがあかんのやけどね。

さらに小さいだけでなく、イルカやアザラシと言った海獣もペンギンもいない。
それどころか、同規模の北の大地の水族館のイトウのようなそこそこ名の通った大物もおらず、北の大地という特殊な地理的特徴もないという、無い無い尽くしな水族館。
でも、正面には大きなクジラのオブジェだけがある(笑)。

イメージ 1

このザトウクジラ、マリーナホップが再生したときのシンボルだったとかなので、今回クジラにもドラえもん色に生まれ変わってもらって、水族館誕生のシンボルになってもらった。

そしてマリホ水族館の展示テーマは『生きている水塊』。
水族館プロデューサー中村元の信念「多くの利用者は水族館に『水塊』を求めてやってくる」……をさらに進化させて、躍動する水中世界を展示のテーマにしようと考えた。
水塊が美しければ、観覧者のみなさんの水中世界を見る時間は格段に長くなり、そこに住む魚や顔のない無脊椎動物のそれぞれの特徴を発見したり、好奇心を持ったりしてもらえる。水族館の果たす社会教育においても必須なのが『水塊』なのだ。

さてしかし、生きている水塊、躍動する水中世界……。そんなもん水族館の水槽で作れるんか?

その最初の答えが、こちら『波の向こうのエントランス』の波の向こうへ水槽。
イメージ 2

シーンは、サンゴ礁のリーフの端。こっから先はどこまでも青い大海原という場所設定にした。
空からは燦々と太陽の光。白いサンゴ砂が輝いている。
外海からリーフに打ち付ける波が複雑に干渉し合って、水中に白い気泡の渦が巻き起こっている。
渦と共にリーフ内入ってくるうねりに、ソフトコーラルたちがたなびきながら育ち、サンゴ礁魚類たちが波に翻弄されながらも活き活きと暮らす。

海も生物も常に動いている、そんな本当の海の世界の景観を水塊にして持ってきた、それが『生きている水塊』。
もちろん世界初の水槽ですぞ! 実験を繰り返し、実地検証を繰り返し、やっと生まれた世界初の展示方法。
左右の擬岩の高さと幅、そして、特殊ポンプ「ハイドロウィザード」の贅沢2本使いがミソ。
さらに、ボクの常用得意技の奥行きのある背景づくりでも、もう一歩進化させたホリゾント効果を開発した。
そして、波の音の効果音と、観覧通路に落とす青い揺らめきの光にもこだわった。

実は今はまだ、ポンプの出力をかなりセーブしてる。
ホントはね、こんなくらいの渦が数秒ごとに現れるようにできるの。↓
イメージ 3

すごいっす!開発した本人が驚くほどの躍動感と迫力ある美しさ。

設備完成から開業までの時間がほとんどない状況で開業したため、水質や生物の体調がなかなか落ち着かず、ソフトコーラルが岩から剥がれて転げていってしまったり、魚の体力を奪ったりするため現在のところはやむなくギリギリの出力で運転中。
でも、これからだんだん豪快な光景、生きている水塊と、活き活きと動き回る生物たちをご覧いただけるようになる。


さて、エントランスから最初のゾーンは、『あふれる瀬戸内の命』のゾーン。
広島なんじゃけえ、瀬戸内海をまず展示せなあかんわいのお。…みたいな。
展示生物にはできる限り、広島の人たちがふだん「美味しい!」といただいている海の命の、生きている姿に会っていただくことを意識した。
『水塊』と共に、水中世界の生物たちに興味を持ち、発見や好奇心を誘発する展示は、ふだんの生活の延長線上にある展示だからだ。とりわけ「食」との関連は、日本人にはとてもポイントの高い興味を起こすきっかけとなる。

もちろん、広島県民(というか山陽のみなさん)おなじみの美味しい海の幸、蛸(マダコ)と穴子(マアナゴ)は常駐。
イメージ 4

イメージ 5


そして中でも、このゾーンの「生きている水塊」となる砂地と岩礁の水槽が大人気だ。
ここで水塊を躍動させているのは、小鰯(カタクチイワシ)の群れ。水中感たっぷりの立体的な造形がキラキラと美しい。
さらに、小鰯の群を複雑に躍動させているのが、捕食圧となってる鯛(マダイ)と高級魚あこう(キジハタ)。

カタクチイワシ(小鰯)の群とマダイ
イメージ 6


キジハタ(あこう)は、岩礁の岩穴から出たり入ったり。
イメージ 7

魚の群の変化と、大型魚の動きは、視覚に躍動感をもたらして、水槽を立体的な水塊にしてくれる。
マリホ水族館では、水そのものによる躍動感だけでなく、群れによる躍動感を重視することで「生きている水塊」を感じていただけるように計画した。
まあ、ボクは計画しただけで、それをきっちり実現してくれたのは館長やけど……。

ふだんは美味しくいただいている海の幸=海の命たちの、活き活きと泳いでいる美しい姿を目に焼き付けてもらえると、明日からの食事で命に「いただきます」と感謝する気持ちが必ずや生まれることと信じている。


……と、マリホ水族館の展示紹介の第1部はここまで。
ここで、全国初となるオープンモールでの小規模水族館の計画が、どのように形になったかをご紹介したい。

実はマリホ水族館、ボクの水族館プロデューサー史上で初めてとなる新設水族館だった。
そのため、規模を想定するところから、基本計画、館長探しなど、設計に至までのことまで全部考えて提案しなくちゃならんという超一大事ミッション。

でも、クライアントから与えられたミッションの目的がとてもはっきりしていたのが、迷い無い指針になった。
その目的とは、『再生した商業施設(モール)マリーナホップを、水族館でさらに発展させること』
現在のマリーナホップは、過去に破綻したアウトレットモールを、地元の経済人たちが買い取って再生にこぎ着けた商業施設だ。それをさらに発展させるアイテムとして水族館に白羽の矢が立ち、ボクに依頼が来たというわけ。
そこでまず、個人消費が中心の商業施設にコミュニティー集客の得意な水族館を設置することで、新たなマーケットを獲得するというストーリーをつくった。

そして、水族館は海のイメージに繋がりやすい施設の代表格なのだ。
マリーナホップの目の前には、その名の通りとても立派なマリーナ(広島観音マリーナ)が目の前にあり、その向こうには瀬戸内海の多島美が望めた。
その光景は、ちょっとだけ妄想を膨らませれば「これって、モナコの港と一緒やん!」。さすが妄想力ハンパない水族館プロデューサー。

小さくとも魅力的な水塊のある水族館ができれば、マリーナホップの臨む美しい海と連動して、立地そのものがアーバンリゾート地になる!というのがボクの戦略だった。
広島市民県民にとって「ちょっと海にでもいこか!」と思えば「海ちゅうたらやっぱりマリーナホップじゃの」という場所にできると考えたのだ。
「海ちゅうたらやっぱりマリーナホップじゃの」の核となる水族館であれば、みなさんに末永く愛される水族館となり、マリーナホップ全体のまちづくりによって集客力も永続するだろう。その理念を柱にして、全ての計画を発進させたのだった。

おかげさまで、オープン1ヶ月目には入館者数10万人目を達成。ボクは自信満々な水族館プロデューサーとして常に大口叩きな予想をして、今回は年間50万人を超えるかも……とか言ってたのだけど、その大口をも超えたスタートダッシュに、本人もちょっとオタオタしとるという状況です。



●マリホ水族館のWEB水族館紹介記事はコチラ ⇒マリホ水族館|WEB水族館 全国水族館ガイド

●最新刊→『水族館哲学〜人生が変わる30館〜』『いただきますの水族館』
■オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
facebook ■Twitter


開く コメント(0)

水族館の夏がやってきました。そして今年の水族館は『水塊』が熱い! いや、水塊は清涼感なんで熱くてはあかんのやけど、リニューアルやら新設やらで最新の『水塊』展示が目白押し!という熱さなのです。

そこで、27回目の開催となるワタクシメのトークライブ『中村元の超水族館ナイト2017夏』(6月18日(日)夜開催、於:東京カルチャーカルチャー)のお題は「最新水塊のレシピ」

※写真は本日から公開解禁となったサンシャイン水族館の新展示「天空のペンギン」
イメージ 1


実は今年は、ボクにとって、ちょっとお祭り騒ぎの年なのです。
○4月にリニューアルオープンしたマリンワールド海の中道は、基本計画までの2年間をプロデュースさせてもらった水族館。

○6月24日に広島に誕生する新水族館、マリホ水族館は、基本構想から設計、建築そしてプロモーションまで総合プロデュースしてる水族館。

○7月12日にリニューアルオープンするサンシャイン水族館の天空のオアシス第2章は今回も展示プロデュースをやらせてもらってる。

そんなわけで、この3つの水族館にはもちろん自信ありな水塊が、しかも今までにない新次元の水塊が、新たに誕生しているというわけです。
今回の超水族館ナイトでは、そんな最新水塊の魅力はもちろん、それら水塊ができるまでのストーリーなどをドラマティックにお話ししようかと予定しとります。
なのでなんと!このところトークのみがウリだった超水族館ナイトに、水族館の水槽画像がいっぱい登場する予定です。

そんな画像の中から、それぞれの水族館の水塊をチラッとお見せします。
まずは、オープンしてから大人気となってるマリンワールド海の中道「玄界灘水槽」

イメージ 2

素敵です!
水塊にとって何が大切といって、水の存在そのものが視覚的に分かることが最重要。それによって海や川の景観を切り取ってきたかのような水中感が生まれます。
その方法は、色で水中の奥行きを見せたり、浮遊感のある生物を入れたり、射し込む光などで水中の立体感を見せたりと、色々あるのだけど、この水槽は波の気泡と射し込む光で、実に躍動感のある立体的な水塊を見せてくれています。


お次は、超水族館ナイトの一週間後にグランドオープンになるコンパクトなアーバンリゾート水族館、広島マリホ水族館。
実は、この記事を書いてる時点ではまだどの水槽も完成してません(笑)。どへ〜!大丈夫なのか?マリホ水族館オープン! 超水ナイトなんかやってる場合なのか?オデ!。
いえ、大丈夫!(たぶん)。現在、スタッフたちと新次元水塊の誕生へと鋭意試行錯誤の毎日なのです。

そんな試行錯誤の実験写真がコチラ。「うねる渓流の水槽」
イメージ 3


北の大地の水族館で、急流の川を再現した世界初「四季の水槽」を特殊ポンプを使って実現したのだけど、その急流を超越したさらに世界初「うねる渓流の断面」を再現。
龍神のごとくうねる水流、美しく暴れる真っ白な気泡が、清涼感はもちろん躍動感たっぷりの水塊となって迫ります。見てればなんか力が湧いてくること間違いなし!
数ある日本の川の水槽の中でも、最も飽きない水槽になると思うんや。

マリホ水族館には、他にも美しいラグーン水槽や、世界初の波の打ち寄せるリーフの水槽など、水塊水槽がいっぱい!
きっと超水ナイト当日までには、それぞれの魅力をバリバリ語れる映像もお見せできるでしょう。ていうかできなかったらオープンがヤバイ!


そして最後は、サンシャイン水族館。6年前に「天空のオアシス」のコンセプトで最強の水塊力を持つ水族館へと生まれ変わったサンシャイン水族館が、今年さらに新次元の水塊を生み出す「天空のオアシス第二章」へと。
今日からやっと「天空のペンギン」の水槽の写真だけが公開解禁になったよ〜! もうさ、ボク、みんなに見せたくて見せたくてしょうがなかったん。

「天空のペンギン」 どうじゃ〜!
イメージ 4

これは……、なんということでしょう。
海の奥行き感を、色でも照明でもなく、なんと匠は空の青色を使って創り出したのです。
屋上からどこまでも続く海が広がっているではありませんか。

もういっちょう!
イメージ 5

そして……、なんということでしょう。
ペンギンたちが空を飛ぶかのように泳ぎ回るさまは、ペンギンたちの天空のオアシスそのもの。
ペンギンも思わず顔を向けて、驚きの表情です。


今回の第二部ゲストは、そのサンシャイン水族館の丸山克志館長。
もちろん当日は、天空のペンギンだけでなく、様々な画像もいち早く紹介できるように頑張ります。

イメージ 6


今回のトークの目的は、心にびびびっとくる水塊水槽を紹介することに増して、そのような水槽をどんな発想から初めて、スタッフと共にどうやって実現していくのか?というモノ創りの原点を探ることにあります。
いつものことながら、別に水族館なんか行きたくもないや…という方にもオススメの内容。初めての方もぜひ一度足を運んでみて下さい。

5月18日の10:00〜チケット発売開始!
チケット情報はコチラ⇒東京カルチャーカルチャー公式告知

サンシャイン水族館「天空のオアシス第二章」についてはコチラ⇒マリンガーデンリニューアル特別サイト


■過去の『超水族館ナイト』のテーマ↓。リンクが付いているのはカルカル公式ライブレポートがあります。
26回中村元の超水族館ナイト2017春「日本の世界観を誇れ!」2017/2/5
増館号中村元の超水族館ナイト「増館号:超水族館ナイトは地球を救う!のか?」2016/12/19
25回中村元の超水族館ナイト2016秋「命のリアルを伝えたい!」2016/10/2
24回中村元の超水族館ナイト2016夏「遺伝子は発情する!」(特別ゲスト内田春菊)2016/6/19
23回中村元の超水族館ナイト2016春「水族館、だれのため なんのため」2016/2/20
22回中村元の超水族館ナイト2015秋「水族館はブームを越えた!」2015/10/4
21回中村元の超水族館ナイト2015夏「水族館で未来をつくる」2015/6/7
20回中村元の超水族館ナイト2015春 「常識はずして生き残れ」(特別ゲスト松島トモ子)2015/2/21
18回中村元の超水族館ナイト2014夏 「人生は海獣から学んだ」2014.06.24
15回中村元の超水族館ナイト2013夏「小さな水族館の爆発力を学べ!」2013/6/15
14回中村元の超水族館ナイト2013冬「珍にあふれた水族館」2013/2/24
13回中村元の超水族館ナイト2012秋「命と水族館…いただきますの気持ち」2012/12/11
12回中村元の超水族館ナイト2012春「いまどきの水塊に溺れろ!」
11回中村元の超水族館ナイト2012冬「水族館・特ネタ大爆発!その3」
10回中村元の超水族館ナイト2011秋「10回記念は深海でアゲアゲナイト!」2011/10/23
9回中村元の超水族館ナイト2011夏「水族館・特ネタ大爆発!その2」2011/6/11
8回中村元の超水族館ナイト2011冬「ペンギンから人生を学べ!その2」2011/2/5
7回中村元の超水族館ナイト2010秋「水族館・特ネタ大爆発!」2010/2/21
6回中村元の超水族館ナイト2010夏「ペンギンから人生を学べ!」2010/6/19
5回中村元の超水族館ナイト2010「イルカを知れば人間がわかる…かも」2010/2/21
4回中村元の水族館ナイト4「水族館に宿る魂」(特別ゲスト荒俣宏)2009/10/25
3回中村元の水族館ナイト3「水族館、やっぱり個性でしょ!」2009/10/6
2回中村元の水族館ナイト2「水族館から宇宙が見える」2009/3/14
1回水族館ナイト「水族館は日本の文化になる!」2008/10/25

開く コメント(0)

中村元の超水族館ナイト、またまた定期開催からのスピンオフ企画をやります!
前回の「vol.26 2017春〜日本の世界観を誇れ!」でゲストにお呼びした八木景子監督の映画作品『ビハインド・ザ・コーヴ』のチャリティー上映です。
場所は渋谷の東京カルチャーカルチャー。もちろん上映会の後は、八木監督をメインにしたトークライブももれなく付いてくる〜!

イメージ 1


カルカル会場で映画上映って、カルカルの歴史で初となるすごい企画!
ていう、さすが超水族館ナイトプレゼンツやったんやけど、ところがさっ、カルカルの大大大チョンボで、この企画が決まった後に、真似企画な映画上映の方が先に開催されることになってしもたって……。おぉお〜い!何しとんや〜〜〜テリ〜!
でもまぁ起きてしもたチョンボはしょうがない、カルカルの歴史で初めて計画発表された、超水族館ナイトプレゼンツ『ビハインド・ザ・コーヴ』の上映会ていうことにしとこか。優しいオレ様。

そしてそんなカルカル初イベントかどうかってことよりも、すでに公開が終了してた東京で、今また上映されるってことの方が大大大大ニュースなんやからね。

日本捕鯨叩き&イルカショー叩きの映画、あの『ザ・コーヴ』に対抗するために、八木監督が大和撫子魂で制作した『ビハインド・ザ・コーヴ』。
この上映は、それを捕鯨反対の本場アメリカで上映するためのクラウドファンディングに、ボクがドネーションしたことで、そのリターンに付いてきた上映権を使って開催することにしたのです。

そんなわけで、今回の売上げは、八木監督と『ビハインド・ザ・コーヴ』の活動のために参加されるみなさんからのドネーションとなります。
『ビハインド・ザ・コーヴ』公式サイト

2月の超水族館ナイトで、日本の命に対する世界観を誇る意味と、八木監督の超大和撫子魂っぷりを目の当たりにしたみなさんは、もちろん全員参加されるでしょうが〜w。
その時に参加できなかったみなさんも、こんなチャンスはまたとないですよ。
東京では長らく上映されていなかった映画を観ることができるだけでなく、八木監督中心なトークライブも開催されるんやからね。

水族館のイルカショーが好きなあなた、鯨肉食べないと死んじゃうっていうあなた、理不尽なことは許せないあなた!そしてイルカトレーナーとかしてるっていう稀なあなたも!これはもう来るっきゃないイベントですぞ!

尚、ボクは今回はホストとしてご挨拶する他、司会のテリーちゃんと共に、八木監督のトークのお相手をします。

発売開始は、3月13日(月)10:00。コチラ『Behind THE COVE ビハインド・ザ・コーヴ』上映会のサイトで前売り券をお求め下さい。

うひょ!もう明後日やんね。

開く コメント(0)

明けましておめでとうございます。
お正月もすでに3日になってしまいましたが、実は昨年11月あたりから12月末まで、土日もほとんど出かけなくちゃならんようなまさしく師走状態が続き、なかなか取りかかれない「年賀状をやらなくちゃ」と考える度に心臓がバクバクするというきわめて心身症的な精神状態になってしまっとったんです。
それで、人生初の「年賀状は諦める!」という決定をしてですね、穏やかに大晦日と元旦を迎えたんはいいんやけど、なんせ今までどんなに忙しくても苦しくても一年の締めくくりに年賀状だけはやらなくちゃあかん!と考えてた人が諦めたわけなんで、今度は年賀状を出すのを諦めたことへの罪悪感がふつふつと……。
元旦になってみれば、こっちは出さなかったのに届く年賀状の束を一枚一枚めくるにつけて、またしても心臓がバクバクしてくるという、なんていうかとにかく年賀状怖い心身症になってました。
そのせいで、元旦から今日にかけて、フェイスブックでもツイッターでも、まだ自らの「明けましておめでとう!」記事を書けてえへんのですよ。

今もですね、そういうこと書き始めただけで、またもや心臓バクバクがやってきたくらいなんやけど、みなさんにはお年賀中にお知らせしなくちゃあかんことがあって、頑張ってとりあえず「明けましておめでとうございます」を言ったような次第です。

さて、そのお知らせとは? はい!『中村元の超水族館ナイト2017春』の告知です。
定例開催26回目となる次回の開催は、2月5日(日)。
つまり、今週1月5日にはチケット発売となるのです。3日後、いやすでにほぼ2日後ですね。

イメージ 1

今回のテーマは、『日本の世界観を誇れ!』です。
常々、日本の水族館には自然科学情報を展示するだけやなくて、日本人の世界観とか価値観を情報として展示する使命があると申しておるボクですが、取り立ててそれをテーマにしたというのには理由があります。
それは、第二部のゲストに映画『ビハインド・ザ・コーヴ』の監督、八木景子さんにお越し頂くことになったからです。

6年前に、日本の捕鯨とイルカ漁を激しく抗議した映画『ザ・コーヴ』の試写会に行き、衝撃を受けるとともに悔しい思いをしつつブログUPをしたことがありました。
ザ・コーヴ その1衝撃のプロパガンダ映画
ザ・コーヴ その2わんぱくフリッパー

この一方的な映画に対して、日本の水族館はすぐになんらかの行動を起こさなくちゃあかん!とそれなりに色々働きかけたものの、結局ボクの力不足でそういう動きはないままに、それどころかなんと世界動物園水族館協会(WAZA)からの圧力で、イルカを展示している日本の水族館は大きな方向転換を強いられることとなりました。
これもなんだか本当に悔しかったなあ……。

そんなときに捕鯨にも水族館にも関係ないのにも関わらず、たった一人立ち上がっていた大和撫子がいらっしゃったのです。それが八木景子さん。
映画関係のお仕事をされていたものの、映画の制作にはまったくの素人、それでも一人で監督に撮影、編集までこなして『ザ・コーヴ』に対して映像に映像で返す映画『ビハインド・ザ・コーヴ』を自費で制作され、各地で自主上映会を始められました。
そしてついに昨年、アメリカでの映画配給をクラウドファンディングで集めたお金を元に成し遂げられたのです。大和撫子の心意気や天晴れ!

八木景子監督と
イメージ 2

『ビハインド・ザ・コーヴ』の上映会で八木監督に会うことができたボクは、それから微力ながら映画のPRやクラウドファンディングなど、自分にできる限りの応援をしてきたのだけど、今回のアメリカ配給には本当に感動して、八木監督のアメリカからの帰国を待ってゲストにお願いした次第です。
『ビハインド・ザ・コーヴ』公式サイト

イメージ 3

みなさんにはぜひとも映画をご覧いただきたいけれど、我が『超水族館ナイト』ではトークライブらしく八木監督ご自身の思いを語っていただきたいと思っています。
そして実は密かにボクは、渋谷に移って大画面になった東京カルチャーカルチャーで、ボク主催の上映会も今年中に開催できればいいなあと企んでます。(これはここだけの秘密にしといてな、シーシェ¶−⊥″の妨害とか怖いからw)
そんなわけで、今回は第一部よりも第二部の方が重要な超水族館ナイト。
1月5日の10:00〜チケット発売開始! シーシェ¶−⊥″の買い占めに合う前に、みなさんチケットのゲットをお願いしま〜す!
チケット情報はコチラ⇒東京カルチャーカルチャー公式告知

新しく渋谷に移ったカルカルでの、中村元の超水族館ナイト初の定期開催で、みなさんとお会いできるのを楽しみにしています!

■過去の『超水族館ナイト』のテーマ↓。リンクが付いているのはカルカル公式ライブレポートがあります。
25回中村元の超水族館ナイト2016秋「命のリアルを伝えたい!」(ゲスト海洋堂宮脇センム)2016/10/2
24回中村元の超水族館ナイト2016夏「遺伝子は発情する!」(特別ゲスト内田春菊)2016/6/19
23回中村元の超水族館ナイト2016春「水族館、だれのため なんのため」2016/2/20
22回中村元の超水族館ナイト2015秋「水族館はブームを越えた!」2015/10/4
21回中村元の超水族館ナイト2015夏「水族館で未来をつくる」2015/6/7
20回中村元の超水族館ナイト2015春 「常識はずして生き残れ」(特別ゲスト松島トモ子)2015/2/21
18回中村元の超水族館ナイト2014夏 「人生は海獣から学んだ」2014.06.24
15回中村元の超水族館ナイト2013夏「小さな水族館の爆発力を学べ!」2013/6/15
14回中村元の超水族館ナイト2013冬「珍にあふれた水族館」2013/2/24
13回中村元の超水族館ナイト2012秋「命と水族館…いただきますの気持ち」2012/12/11
12回中村元の超水族館ナイト2012春「いまどきの水塊に溺れろ!」
11回中村元の超水族館ナイト2012冬「水族館・特ネタ大爆発!その3」
10回中村元の超水族館ナイト2011秋「10回記念は深海でアゲアゲナイト!」2011/10/23
9回中村元の超水族館ナイト2011夏「水族館・特ネタ大爆発!その2」2011/6/11
8回中村元の超水族館ナイト2011冬「ペンギンから人生を学べ!その2」2011/2/5
7回中村元の超水族館ナイト2010秋「水族館・特ネタ大爆発!」2010/2/21
6回中村元の超水族館ナイト2010夏「ペンギンから人生を学べ!」2010/6/19
5回中村元の超水族館ナイト2010「イルカを知れば人間がわかる…かも」2010/2/21
4回中村元の水族館ナイト4「水族館に宿る魂」(特別ゲスト荒俣宏)2009/10/25
3回中村元の水族館ナイト3「水族館、やっぱり個性でしょ!」2009/10/6
2回中村元の水族館ナイト2「水族館から宇宙が見える」2009/3/14
1回水族館ナイト「水族館は日本の文化になる!」2008/10/25

開く コメント(2)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事