ブログ水族館/中村 元

次回『中村元の超水族館ナイト』は2019年2月24日(日)の開催。前売り発売は1/24です

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

北海道ですよ。
冬の北海道ですよ。
いっぱいの仕事をおっぽり出して、冬の北海道にやってきたのですよ!

でも、期待してたほど寒くない。。。
せっかく、オーロラ観測OKのノースフェイス靴まで履いてきたのに(T_T)。
足が暑い〜!w。


でもね、久々に千歳サケのふるさと館を尋ねてきた。
そして、新しい展示をゲット!

カイツブリ。
サケのふるさと館の学芸員さんが、特別に生き餌を入れてくれた。

ロックオン!
イメージ 1

カイツブリ、魚を狙って超高速で潜水開始。

ところでね、日本淡水魚にも詳しい方ならわかるだろうけど、
右の魚、これイワナでっせ! どひゃ〜!


そして、見事にイワナ、ゲッート!
イメージ 2

もちろん、上の写真との連続ではない。

だって、ホントにめちゃくちゃ速いんやもん。
左手にカメラ、右手にストロボとレリーズを持ち、
さらに、冬の北海道のために着ぶくれして汗だくで、
そのうえ、近頃めっきり視力の落ちてきたカンチョ。

フレームに収まり、顔にピントも合わせられたのは、わずか5分の1の確率でした。
はぁ、歳はくいたくないもんやなあ。。。


それでも、はい! またまたゲット!

イメージ 3

一緒に見てた、親子連れのお客さんたちも、カイツブリの勇士に大はしゃぎ。
一人の子どもは、目の前でカイツブリがイワナを仕留めるたびに、ウッ!という感じで目を背けていたけれど、これが生きる者たちの本当の姿。
人間かって、こうして生き物を殺して食べてるんやで、と心の中で教えてあげる。

これぞ、食べる方も食べられる方も、それぞれの生き様を知ることのできるホンマモンの行動展示。
たぶん、目を背けていた女の子は、イワナの方に立ってこの行動展示を見てたのだと思うんよね。
それはそれでいい。
これを目撃したことが、生きることの大変さ、命の糧となる命への感謝の気持ちが生まれてくるきっかけになったと思うのだ。

やっぱりすごいぞ、水族館!
こういうことを伝えることができたときに、理科を教えるつもりしかなかった古くて偏狭な水族館の体質を超えて、水族館は社会に必要な文化施設となるのである。


…とか考えながら、千歳を後にして一路小樽へ。
実は今、札幌の雪まつりの真っ最中。
でも、まあ、それっぽいのは明日に旭川で「冬まつり」があるしさ、行かなくたってええんよ。とパスw。

そして、小樽にだって、コレがある!
「雪灯り」イベント。

イメージ 4

運河に、雪で作った雪灯籠が並び、小樽の風情にマッチしたけっこうシックな美しさ。
港町情緒の漂うイベントなのでありました。

雪というのは白く輝く物質だから、ロウソクの灯りがちょうどいい。
さらに、雪を固めると半透明な氷になるんね。
この雪灯籠を考えた人、なかなかのセンスやと思う。

で、聞いた話では、これは小樽の小学校で始まったのらしい。
いいねえ、冬の小樽の風物詩を子どもたちがつくったってさ。


ホテルをバックに、写メに夢中の相棒。

イメージ 5

この後、潜水馬鹿くん夫婦に拉致られ、
カミナリとうさんや川太郎さんをはじめとする、おたる水族館の若いスタッフのみなさんの待つ居酒屋へ。
『超水族館ナイトin小樽』を繰り広げたのでありましたw。

楽しかったです。
みなさん、ごちそうさまでした〜!

明日はいよいよ、今回の旅の一番目的。
おたる水族館、雪の海獣公園です。


●千歳サケのふるさと館の、これまでの記事と写真はコチラ ⇒北海道の水族館記事リスト

■カンチョのトークライブ『中村元の超水族館ナイト2011冬』USTREAMで配信中⇒USTREAM超水族館ナイト
 自分で言うのもなんやけど、かなり面白い2時間です。

そして…来た〜!抱腹絶倒⇒アピストくんの「半漁人の行動記録」


恥ずかしながらTwitter始めてみました…。
□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事