ブログ水族館/中村 元

次回『中村元の超水族館ナイト』は2019年2月24日(日)の開催。前売り発売は1/24です

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イガグリホンヤドカリ/カルイシヤドカリ/ツノガイヤドカリ&ニセゴイシウツボさん

今日は新しいサンシャイン水族館の水槽づくり最終工程で、冷や汗が吹き出るほど「で〜〜〜!」なことが2つもあったが、どちらもうまく対処できてちょっと気持ちいいなうなのである。
そう!大震災があっても、サンシャイン水族館のリニューアルは粛々としかし着々と進んでおりますぞ。


とはいえまずは、先にできちゃった竹島水族館の新深海展示なのである。
はいはい、アピストくんのリクエストどおり、ついに5連チャンやっちゃうよ。

今日は、深海のヘンなもん借りてるヤドカリたちの巻。


あんたら、いったい何貝借りてるん?

イメージ 1

ツノガイの一種を借りてる、ヤドカリの一種。
貝が細長くまっすぐですね。こんなもん借りてるヤドカリ見るのも初めてかもしれないけれど、それ以前にこんな貝を見るのが初めてな人もいるかも。
こういう貝をたぶんツノガイというのですよ。 出た!カンチョ得意の「たぶん」。

しかし、こんなまっすぐな貝を引っぱって歩くのはかなり難儀そう。
(子どもの頃工作で作った、糸巻きと割り箸と輪ゴムで作った動く一輪車に似てる)

ただ、歩くのは大変そうやけど、寝るのはノビっと楽そうではないか。
あ、なんでもツノガイに入ってるのは、ツノガイヤドカリといういわゆるヤドカリとはちょっと違う仲間で、お腹が巻いてずに、まっすぐ伸びてるらしいのだ。


ちっちゃいけれど、顔もなかなかイケメンである。

イメージ 2

鮮やかな青の触角が、インドの王子様風。

しかし、このヤドカリには魚名板が見つからず、単に「深海のヤドカリ」となっていたw。

さらに、その下の解説にはなんと『ヤドカリは名前がわからん!』というリードが、堂々とうたわれているではないか。
水族館が『名前がわからん!』ってねえw。なんちゅう無防備な解説。

いやしかし、このリードによって、お客さんは「いったい何が言いたいの?」とか思いつつ、ついつい解説文まで飲んでくれたりするのだ。
だから、解説の書き方は侮れないのである。


ところで、竹島水族館のあまりに無防備な解説はこんなところにも!

イメージ 3

これ、どこに貼ってあるか、わかりますねw。

名古屋ツインタワービルのトイレみたいに、美しく広く改装された男子トイレ。
その、全ての小便器上に貼ってあったのでした。
ご丁寧に、絵はそれぞれ種類を変えてね。

「ウツボさん」って…w。
しかも「立派な」って…w。

はいはい、わかりましたよ。
カンチョはボクの立派な"ニセゴイシウツボ"さんを、しっかり便器に押し込んだのでした〜。


はいっ!次行きましょう!

イガグリホンヤドカリさん。

イメージ 4

見たまんま、イガグリですな。
しかしこのイガグリ、よく見てみると栗のイガみたいな、バリバリの針の山ではない。
実は、イガグリホンヤドカリが借りてる宿は、貝殻ではなくウミヒドラ。
しかも、普通なら死んで空になった貝殻を借りているのに、このウミヒドラは生きている!

なんか貝殻に入っている普通のヤドカリに比べると、手拭いをいなせに巻いている感じなのだけど、さらによく見てみれば……?
このヒドラ、体を貝殻みたいに螺旋巻きしてるなあ。
もしかして、もともと巻き貝にくっついていたのを、ヤドカリが外してきたのか? よくわからん。

ヒドラが生きているということは、成長したり増えたりするということでもある。
なので、イガグリホンヤドカリは、一度いい宿を見つけると、ずっと宿替えをせずにいいのだそうだ。
尚、この写真のイガグリガイヒドラが一匹なのか、複数でこんな形になっているのか、それもカンチョにはわからんです。
はい、ボクも無防備な解説です。


さて最後は……。

アンタ、何もそんなもんを借りなくてもー!

イメージ 5

カルイシヤドカリ。

なななんと! このヤドカリは、軽石を借りてる。
ていうか、軽石は誰のもんでもないから、厳密には借りてるわけではない。
他人に借りを作るのが嫌いな三河商人気質のヤドカリなのだ。

しかし、だからと言ってねえ。
軽石つっても石ですよ。しかもまた、これちょっとでかくない?

写真撮りながら、「おいおい、それじゃ重くて歩けんやろ」とボソボソ話しかけたら、アピストくんが後ろから「いえ、夜になったら石引きずって歩いてますよ」と。

ほほう、歩くんや。
こいつらが、このでっかい軽石ひきずって歩くところ見るだけで、ナイトアクアリウムに参加する価値があるなあと思ったのでした。


あの…ところで。ニセゴイシウツボさんはこんな立派な暴れん坊です⇒ニセゴイシウツボうねうね〜!
はいっ!妄想ぴょん!しつれいしました〜!


●竹島水族館の、これまでの記事と写真のリストはコチラ ⇒東海地区の水族館記事リスト


恥ずかしながらTwitter始めてみました…。
□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事