ブログ水族館/中村 元

次回『中村元の超水族館ナイト』は2019年2月24日(日)の開催。前売り発売は1/24です

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

沼津港深海水族館

おんねゆ温泉・山の水族館は、ついになんと1日5千人もの入館者を記録した!
たぶんさ、単位面積当たりで日本一の収容人数なのは間違いないと思うよw。

だから、山の水族館その3を書かなくちゃ…と思いつつ、そういやうっかり忘れてる水族館がいくつもあるなあと思い出した。
突然ながら、山の反対は深海! というわけで……。

沼津港深海水族館

イメージ 1


このヘンな子は、沼津港深海水族館の目玉でもあるメンダコ。
他の水族館でも時々展示されるのだけど、短期しか生きないので、ほぼ会えることはない。
しかしここは深海水族館。

沼津港は、日本最深の湾である駿河湾の深海漁業の基地でもあるから、次々にメンダコが上がってくる。
そのため、メンダコと会える率が、非常に高いのだ。
この時も、2匹のメンダコがちゃんと生きて待っていてくれた。


そんなわけで、もう1匹のメンダコ。

イメージ 2

ホントはメンダコの水槽は、撮影も禁止になってるんやけど、『中村元の全国水族館ガイド115』に載せるからってことで、特別に撮影許可をもらったのだ。

そうそう、さらにさ『中村元の超水族館ナイト2012春』でもレポートしたので、ガイドの原稿書いたのとそれとで、すっかりブログにも載せた気持ちでいたんや。
メンダコさん、せっかく撮影までさせてもらったのに、失礼してました〜。


こちらは、ヒメカンテンナマコというらしい。

イメージ 3

この水族館、水塊度はほとんど無いに等しいのだが、さすがに深海系の生き物たちは、なかなか見応えがある。
まあどちらかと言えば、さかなクンとかのタイプな生き物マニアのみなさんには、かなりグッとくる展示やろね。


こっちのは、オキナエビ。

イメージ 4

沖縄エビやなくて、翁エビね。

背中が曲がってるから翁というのではない。そんならエビはみんなオキナエビや。
たぶん、全身が白髪みたいなのに覆われているからやないかしら。

あと、目もなんか見えないっぽい。
ていうか、目は無いみたいやぞ!
これは相当深いところに棲んでるんやろなあ。

ほらさ、ゴエモンコシオリエビとかが、身体に生えた毛の中にバクテリアを養殖していて、それを食べているとかって話をしたことがあったよね、このオキナエビの白髪もそんなことなんかもしれん。
ただし、そういった解説はぜんぜんないw。


ダイオウグソクムシも、わさわさいる。

イメージ 5

まあ、ダイオウグソクムシは相模湾で獲れたりはしないはずなんやけどね。

殻がぐにょぐにょとなってるのは、水槽のガラスの表面に水が流されているからだ。
これは、深海は水温が低いので、深海生物の水槽は温度差によって結露しちゃうため、どうやらその結露を防ぐためになされている工夫らしい。
水滴を流し落としちゃうという大胆な手やねw。
確かに、写真を撮るのでなければ、そんなに気にならないかもしれない。


さて、こちらは、沼津港内を再現した水槽のようである。

イメージ 6


壊れた自転車や車のタイヤとかが放棄されててね、港の海底はかなり汚いらしいぞ…ていうか、沼津市民これはあかんやろ!…みたいな(^^;
実はこの水槽が、沼津港深海水族館で最も大きな水槽なのである。
この水族館、市民への環境問題の警鐘に関しては、もしかしてかなり頑張ってるのかもしれないなあと感じたのだった。

深海生物だけでなく、他にもわりと面白い生物が展示されてるんやけど、とりあえず今日のところはこのくらいで。
また気が向いたらその2を書くけど、まあそれよりですな、とりあえず『中村元の全国水族館ガイド115』を買って読んどきましょうぜ。
ちゃんと載ってるからw。


■サンシャイン水族館にて8月29,30,31日夜トークライブやります。⇒『中村元のサンシャイン水族館ナイト』

●産経新聞『話の肖像画』インタビュー記事に3日連載で載せてもらいました。
『話の肖像画』水の演出家 水族館プロデューサー・中村元


■前回の『超水族館ナイト』のカルカル公式レポートはコチラです↓。
 ⇒12回『中村元の超水族館ナイト2012年年春 〜いまどきの水塊に溺れろ!〜』
 ⇒USTREAMでもご覧になれます。⇒USTREAM配信

Twitterfacebook始めてみました…。
□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事