ブログ水族館/中村 元

次回『中村元の超水族館ナイト』は2019年2月24日(日)の開催。前売り発売は1/24です

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

ごめんなさい!
2ヵ月以上、ブログの更新をしていませんでした。
2月〜3月はもうめちゃくちゃ忙しくて、なんもできなかったというのは事実です。
でも4月はホントはけっこう暇やったのに、それまでの反動で長い春休みをしてたというのが実情です。
こういうのって、クセのもんやから、再動しはじめたらちゃんとやってけると思うよ。目指せ1週間に1本!

そんなわけで、2ヵ月連続UPゼロはさすがにあかんやろ!と4月30日の悪あがきです。

今回は、九州で最大規模の水族館マリンワールド海の中道
今まで、マリンワールド海の中道は大水槽のサメや海獣たちといった大物を紹介してばっかやったのやけど、今回は目立たないけど実はマリンワールド海の中道の特徴とも言える展示をご紹介。

まずは冷たい海系。

サクラダイ
マリンワールド海の中道のサクラダイの水槽は大きくはないけれど美しいよ。

イメージ 1

サクラダイは日本の水族館のわりと定番な魚なのと色が鮮やかなので、観覧者からは近海のどこにでもいる魚だと勘違いされやすい。しかも、キサンゴ系のサンゴと一緒に入っていることが多いから、魚に詳しくない人にはサンゴ礁の魚だと思われたりする。
そんな勘違いあるわけないやろ!と思ってるのは、水族館スタッフとマニアな人くらいやからね。
一般的にはそういうもんなん。だってボクが水族館に入って2年くらいは、サンゴ礁の魚って勘違いしてたんやから。にゃははw。

そして、ボクと同じくらい魚に素人なみなさんのために説明しておくと、サクラダイは近海のちょっと深い海に住んでいてそのせいで水温もかなり低いのが好みなの。(例えば16℃以内とか言われてたりする…らしいw。)
それで、展示する側ではそのことを表そうと、水槽を深海風に暗くする傾向にある。
ただまあ、それがわりと失敗で、一般的に暗い水槽は観てもらえない。これが問題。

でも、見つけたらこんなに綺麗な魚もなかなかいないんよね。
ボクは、赤い色もさることながら、目の緑色が好き。特に写真を撮るとそれが引き立つ。
写真ではこんな風に撮れるんやから、展示も光をうまく使えば、こんな風に見えるようにはできるかもしれない……とか常に考えてしまう水族館プロデューサーの性なのである。

ところで、サクラダイていうのは日本近海〜ちょっと南までしかいないらしい。
それを知っていて「桜」といういかにも日本らしい名前が付けられたのか、偶然そうやったのかわからんけれど、この美しさに対してなかなかいい符丁やと思う。


サクラダイ水槽の向かい側にも、いくぶん暗い水槽がある。
これは多分、ハシキンメ?(としておく。間違いの場合はご指摘ありがたく受けつけますw)
 ⇒担当者よりホウセキキントキとの答え。かわ太郎さんの指摘が正解!

この子も赤い。

イメージ 2

もしハシキンメやなかったとしても、まあ深海に住んでる魚ってことが分かる色と風貌やね。
赤色というのは、太陽の光が届かない場所にいくと黒くなる。そして赤色の方が黒色よりも闇に溶け込んで見えなくなるらしい。
目がデカイのも深海系魚類の特徴で、わずかな光りを感知するためだ。明るいレンズが大口径になるのと同じことだやね。
ボクの好物な金目鯛も赤くて目がデカイ。ていうことはハシキンメも美味しいのか?


このコーナーをさらに進むと、深海系というよりも冷水系。北の生きものたちのコーナーに移る。
日本はどこもかしこも、黒潮と対馬海流の暖流に洗われて、さらに急深になった海中深くに寒流が流れ込んでいるから、どこの海を切り取ってもただいたい同じ生物を展示することになるのだけど、北海道の生物だけはずいぶん違う。

そして、そんな違いの分かる生きものたちの中でもボクが一番好きなのが、ダンゴウオの仲間だ。

ナメダンゴ(やと思うw)

イメージ 3

こいつは可愛いよ〜!
ぜんぜん動かへんけどな、それでもこの顔観てたら癒されるわ〜。
なんでこんなにひょうきんな顔なんやろか?
なんでこんなに泳ぎにくそうな体つきなんやろか?
なんでこんなに目立った色なんやろか?

北の生物では、流氷の妖精クリオネ(ハダカカメガイ)も一時期ちょっとバブルな人気があったけど、小さすぎて見のがしてしまうクリオネよりも、ボクはこの子たちナメダンゴの方がキュートでキャラも立って勝ちやと思う。


さて、このマリンワールド海の中道には、もう一ヶ所、マジな深海系の生物展示がされているところがある。パノラマ大水槽の裏だ。
ここに立ち寄る人は実はあんがい少ないのが残念だけど、穴場と言えば穴場でもある。


これはオキノテヅルモヅルか、ただのテヅルモヅルか、まあそんなところ。

イメージ 4

ゼンマイやワラビの仲間とかではない。これでクモヒトデの仲間なのだ。
この写真の姿は横から見たところで、なんとなく手足を踏ん張った複数足歩行動物が岩場をノシノシと歩いて登っていく姿に見えなくもない。
実際には登ってるのではなく、ただくっついて踏ん張ってるんやけどね。

上から見るとこんな感じ。

イメージ 5

まるで、根を張り巡らせた木の中央に花が咲いてるみたいに美しい。
これでもヒトデの仲間なんでね、ぐちゃぐちゃにいっぱいあるように見える足も、実は根本は5本しかない。(写真では7本くらいありそうなんやけどな)
それこそ木の根のように、枝分かれしてるのだ。

下方には、深海サンゴのセンスガイっぽい姿も2つ見える。
(※これも、センスガイではないかもしれんけど)


そんな深海コーナーで見つけたこのカニは、すくっと立って、とても美しく気品があった。
ツノハリセンボンと言うらしい。もっと気品ある名前付けたってくれよ〜!

イメージ 6

解説には、水深300メートルの深海からやってきたと書かれていた。
深海の暗闇に、すくっと立つ貴公子カニなのである。

太陽光の届かない深海はひどく暗いというわけで、ここ深海コーナーの水槽はかなり暗いのだけど、そもそも通路からしてとても暗いので、水槽そのものはボーッと浮き上がって興味を持たせてくれる。
この暗い深海コーナーには、スターウォーズの帝国軍兵士ストーム・トルーバー、オオグソクムシもおるよ。こいつらね⇒もののけ系…海の中道

暗い通路を、カップルでワー!キャー!言いながら見て回るのにも、深海の世界に想像たくましく一人歩くのにも、混み合ってるGW中には穴場中の穴場。
マリンワールド海の中道に訪れた際には、ぜひパノラマ大水槽の裏にも回ってきただきたい。


ところで、今日の記事をもって改心モードに入ったボクは、必ず1週間以内に、次の記事を書くからね!
長いこと、チェックをあきらめてたみなさん、今後は再度のご来店をお待ちしております。

●マリンワールド海の中道の、これまでの記事と写真のリストはコチラ ⇒九州沖縄の水族館記事リスト

◎NHK「おはようニッポン」山の水族館のアーカイブ⇒アイデア勝負 水族館リニューアル −北海道 北見市−

Twitterfacebook始めてみました…。
□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事