ブログ水族館/中村 元

次回『中村元の超水族館ナイト』は2019年2月24日(日)の開催。前売り発売は1/24です

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

この記事はマリンピア日本海のリニューアル#1の続きです。

マリンピア日本海のリニューアルをそこそこ観察しながら、リニューアルの対象にはなっていなかったけれど、気になった場所はやっぱり日本海コーナー。

そこで大歓迎してくれたのがこの可愛い子。
たぶん、イサゴビクニン?(例によって、お魚博士のみなさん教えて!)

イメージ 1

最初チラっと目が合ったので写真を撮り始めたら、ずんずんこっちへ近寄ってきてくれた。
なんかね、「キタ〜!やっと注目された〜!」みたいな感じw。

そのうち「ドヤ顔も撮って!」「全身撮って!」「腹ビレの吸盤撮って!」と泳ぎ回り、ポーズをとってくれた。


ドヤ顔撮って〜!
イメージ 2



胸ビレの吸盤撮って〜!(吸盤ていうより髭男爵の胸当てみたい)
イメージ 3


魚が、ワンコのようにじゃれてくる、こういうことは時々あるのだけど、これだけの大物の魚にされると正直言って嬉しいですw。

そして思うのでした、この子たちをフィーチャーできるような展示を開発できないか???

深海は、ダイオウイカの初撮影成功で最近すごくフィーチャーされているのだけど、一方で水族館の展示はたいてい"暗い"、"小さい"、"動きがない"、でめちゃくちゃ地味。
お客さんもなかなかちゃんと観てくれてないんよね。


こちらは、わりとどこの水族館にもいる深海系魚オオクチイシナギ

イメージ 4

この子なんかも、けっこうな大物で、しかもタカアシガニなんかとは違って、ちゃんと泳いでいてくれる。
1.5mクラスのが2〜3尾泳いで、時々口をグワっとか開いてくれたら、もうチビッコは泣いちゃうくらい迫力あると思うんよ。


そんなに深海やないけれど、シキシマハナダイとかアズマハナダイはめちゃ美しい。

アズマハナダイ (スネ夫顔です)
イメージ 5

伊豆三津シーパラダイスでは、サクラダイ中心のけっこう美しい展示があるけど、他ではあんまり見ない。
ハナダイの仲間を見るたびに、この美しい魚たちを引き立てて、お客さんに興味をもってもらえるような展示ができないもんやろか……といつも思うのである。


暖流系やけど、ハナハゼ。

イメージ 6

この子たちもまためちゃキレイなんよね。まるで天女みたい。
水族館で働くようになるまで知らなかった魚なんだけど、初めて漁港に魚を調達に行って海を覗いたらいっぱいいた。
その時から、天女みたいや!と思って今にいたってる。

イメージ 7

当時は、これを見たとき「きれいやからすくってきましょう」と上司に言ったら、「スレて死んでしまうからあかん」と言われたけど、それが今ではちゃんと展示できてる。
そんなんやったら、あの初めて見たときの感動をなんとか観覧者に共有してもらえる水槽ができないか……と、やはりいつも思うのである。

深海の魚とか、こういう地味に展示されてる美しい魚たち、みんな上のイサゴビクニン?みたいに、ホントは注目されたくてされたくてしかたがないにちがいない。
だって、たくさんの人たちから見てもらうために、嫌々水族館なんかに連れてこられてるんやもん。

そして……。
日本海って、大きめの湖みたいなのに急深の深海があって(最深部3,742mもあるらしいよ)、かと思えば対馬暖流が北海道まで達してたりして、ちょっとミステリアスな海やないですか。

それで、その日本海のミステリアスな魅力を、観覧者にどひゃー!と言わせるほどに見せてくれてる展示ってつくることができるんやないかなあと、マリンピア日本海に行ったおかげで真剣に思い始めてるところです。
ていうことで、どっか、日本海側で、ボクに展示プロデュースさせてくれる水族館ないですか〜?(^^)にひひ。




□最新刊→『水族館に奇跡が起きる7つのヒミツ』
□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
Twitterfacebook始めてみました…。
■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド


全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事