ブログ水族館/中村 元

次回『中村元の超水族館ナイト』は2019年2月24日(日)の開催。前売り発売は1/24です

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

2ヶ月くらい前に鹿児島県霧島へバリアフリー観光の講演に行ったとき、鹿児島空港から車で1時間くらいの宮崎県小林市の『出の山水族館淡水水族館』に初訪問してきたよ。(出の山は「いでのやま」と読むらしい)
失礼ながら、想像してたよりもちゃんと水族館やったのでちょっとビックリ。
今夜は九州にいるので、こちらをご紹介します。(いつものことながら今回もコンデジ写真でごめんなさい)

宮崎県にある水族館は拙著『中村元の全国水族館ガイド115』では、高千穂淡水水族館すみえファミリー水族館というきわめて小規模な水族館しか紹介してなかったのだけど、こちらもその例にもれなく小規模水族館。
どうやら宮崎県は小規模水族館の聖地らしい。
しかし! この出の山淡水水族館に、宮崎県で最大規模の水槽があった。

イメージ 1

どうやこれ!この水槽、けっこう大きいよなあ。

水槽が大きいだけではなく、展示されてる魚たちもかなり大きい。
レッドテールキャットとコロソマはおそらく九州の水族館で一番大きいし、アリゲーターガーにいたっては、全国でも1位2位を争うくらいの大きさではないかと思う。
かつては、ピラルク-もいたらしいのだけど、あまりに大きくなりすぎてこの水槽ではうまく泳ぎ切れずに死んだのだそうだ。

そこでボクはふと、北の大地の水族館=山の水族館を思い出したわけさ。
「出の山淡水水族館」と「山の水族館」、なんか妙に符号が合うやんか。
規模も小さいし、九州でもぜんぜん知られてない。
しかも、湧水での飼育と、温泉&地下水での飼育。
やっぱり水がいいと魚は大きく育つんではないかな……。

ここの巨大な熱帯魚たちのことは、次回に紹介するとして(はい、次回は今週中に出しまずぜ)、湧水池があまりに美しかったのそちらをまずご紹介。
水族館の裏にある湧水池がこれ。

イメージ 2

なんちゅう美しい光景なのでしょうか。

2ヶ月前に訪れたそのとき、フェイスブックとツイッターで軽く紹介したら、すぐに地元の人から「癒やされる場所です」とのコメントがあったんやけど、きっとそれは出の山淡水水族館だけではなく、この湧水池の風景も込みの話やったんに違いない。
というわけで、もう一枚ね。

イメージ 3

どうよ!この水草の美しさ。
九州には湧水池がいっぱいあって、ボクはけっこう好きなんやけど、この出の山水源の美しさには参った。

そして、美しい水源池には美しい日本の生物が似合う。

アユ
イメージ 4



テナガエビ
イメージ 5


アカメ
イメージ 6

う〜ん、水槽がちょっとなんだかなんやけどねw。
でも、魚体は美しかったよ。

そして、オオサンショウウオも!
イメージ 7

水槽はやっぱりちょっとなんなんやけど、その実、すごくよく見えるというのがポイント。
しかもどうやら3匹くらいいるんよね。

魚体の美しさ、地元の魚たち。これも北の大地の水族館と同じやんね。
かつての山の水族館に似てるかも…とちょっと親近感を覚えたというか、これは応援してあげなくちゃなぁと思ったのでした。

というわけで、このところ更新の頻度が少なかったのを返上して、できるだけ今週中に、次回は出の山淡水水族館ででっかく美しく育った熱帯魚たちの紹介を続けてご紹介したいと思っておるところであります。

それにしても、まだまだ紹介する水族館は増えていくねえ。
『中村元の全国水族館ガイド115』の全てを回ろうとされている水族館マニアのみなさん、全館制覇にはけっこう遠いかもしれませんぞw。

出の山淡水水族館の公式HPはコチラ⇒小林市HP

□最新刊→『水族館に奇跡が起きる7つのヒミツ』
□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
Twitterfacebook始めてみました…。
■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド


全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事