ブログ水族館/中村 元

次回『中村元の超水族館ナイト』は2019年2月24日(日)の開催。前売り発売は1/24です

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]


さて、ついに今日は新しい加茂水族館のグランドオープン。
一昨日の『加茂水族館、奇跡のグランドオープン6月1日』では、村上館長の偉業を、クラゲ写真ばかりで紹介したので、今回はクラゲ以外の展示についてさらりとご紹介。

旧加茂水族館では、3階の階段の踊り場のようなところに、こっそりと置かれてた感じの「庄内の淡水魚」の展示が、新水族館では一番最初に来てる。

イメージ 1

村上館長の釣り好きは有名で、水族館の魚はだいたい自分で釣ってるなどと豪語されるほどなのだけど、海釣りだけでなく渓流釣りも大得意。
確か渓流の魚こそ、全て趣味で釣ってきた魚で、そのために旧水族館内には無理矢理コーナーを作ったとか聞いたことがあるのだが、新水族館では堂々のトップバッターとなった。

イワナもなんだか誇らしげだ。…つっても、まあ館長に釣られちゃった人生なんやけどねw。


日本海の展示「庄内の海水魚」も立派な水槽が出迎えてくれる。

イメージ 2

特別大きな水槽ではないのだが、ちょっと暗めの水中に太陽光が差し込んでいるような演出がなかなかの水塊。
良い形と色のマダイが目を引く。
東北の山形県で、なんでマダイ?とか思う方もいらっしゃるだろうけど、日本海側は寒流の影響が少ないため対馬暖流がとても強くて、青森県まで行ったって暖流系の魚は獲れるのだ。
ほら、大間のクロマグロなんか下北半島の津軽海峡やもんね。

しかしながら日本海、そして東北、寒流系の生物たちもたくさんいる。

シロザケの若いのがいっぱい。
イメージ 3



ベニズワイガニ
イメージ 4



鱈場の水槽には、タラ。
イメージ 5

これはきっとマダラやと思うんやけど、マダラでいいんよね?


オオクチイシナギ…やと思うw。
イメージ 6

すんませんねえ、いつもいつも自信なさげで。
水族館プロデューサーの知識、こんなもんです。さかなクンやないからね。


いかにも深海っぽいイソギンチャク。
イメージ 7

なんだか名前のわからないイソギンチャクなんだそうだ。

とまあ、生物名がちゃんと分からないような程度の知識でも、やっぱり日本海しかも東北に来たわけだから、こういう土地柄のあふれた生物との出会いこそが、水族館巡りの楽しみの一つとしてかかせない。

加茂水族館の面白いところは、だいたいこの規模の水族館にならあるはずの、「サンゴ礁の海」やら「淡水熱帯魚」やらの展示がないところ。さらに日本人が大好きなペンギンさえもおらんもんね。

世界一のクラゲ水族館だからパラオや地中海のクラゲはしょうがないとして、クラゲ以外の展示で日本の海や川には絶対にいない生物は、アシカショーのアシカたちだけ!という超こだわり。
まあ、超こだわりというよりも、そんな余裕もないという潔さかもしれないけれど、その潔さがボクは好きなんやな〜。


外に出ると、ゴマフアザラシのプールが立派になっていた。

イメージ 8

水中から人を見るのが初めてだからなのか、水中の窓から手を振るとこっちにやってきてくれる。
この子はカメラのレンズはあまり好きじゃないようで、カメラを向けられると目をそらす。なかなかシャイですな。

さあ、あと1時間ほどで、加茂水族館のグランドオープン。
きっとたいへんな賑わいになることだろうと思う。
すでに東京でも、何度もメディア紹介されているから、それが続けば年間50万人を超えて100万人だって夢ではないと思う。
クラゲドリーム館は、訪れる人たちに夢を見させてくれるだけでなく、村上館長をはじめ加茂水族館スタッフの夢をかなえる水族館にも、きっとなるんだと期待している。

※この記事は新・加茂水族館の後編です。クラゲのことは前編を読んで下さい⇒加茂水族館、奇跡のグランドオープン6月1日【村上館長とクラゲ編】

●WEB水族館の内容も差し替えました ⇒鶴岡市立加茂水族館 クラゲドリーム館

●加茂水族館の、これまでの記事と写真のリストはコチラ ⇒東北の水族館記事リスト



□最新刊→『水族館に奇跡が起きる7つのヒミツ』
□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
Twitterfacebook始めてみました…。
■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド


全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事