ブログ水族館/中村 元

次回『中村元の超水族館ナイト』は2019年2月24日(日)の開催。前売り発売は1/24です

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

新設!マリホ水族館その2『輝くサンゴの海』

この記事は、新設!マリホ水族館その1『生きている水塊』からの続きです。

小規模水族館であるマリホ水族館にも、いわゆる大水槽はある。
『輝くサンゴの海』ゾーンの「ラグーン水槽」

イメージ 1

千岼焚爾竜模の小規模水族館でこの大きさの水槽は例がない。
なんせ総水量の2/3がこの水槽に注ぎ込まれてるんやからね、とにかく頑張った。予定してた他の水槽いくつか捨ててでも頑張った。

限られた敷地面積と予算の都合上、マリホ水族館の面積はひたすら小さい。
でも広島のみなさんは、宮島水族館や島根のアクアスといった新しい中大規模水族館をすでにご存知なわけで。
水族館の大きさでは遙かに負けてるにしても、水槽の水中感だけは肩を並べたい…ていうかむしろ、思いっきり勝ったろやんか〜!……くらいの気持ちで臨んだ、意地だけはすごいぞ水槽なのである。

意地と苦労の甲斐あって、この水槽前にやってくると「うわ〜!」と声を発してくれるお客さんが多いのが嬉しい。
もちろん、サンシャイン水族館で磨きをかけた、錯視による奥行きのある水塊づくりのテクニックはいかんなく使った。

格好いい! グルクマの群れ
イメージ 2

そのため、写真だけ見ると、あれ?どっかで見たぞ? サンシャイン水族館のラグーン水槽の妹みたいなもん?とか思われるかもしれない。
いやまぁ、実際にあの水槽に近い効果を上げようとは考えたんやけどね。しかしそれは効果だけの話であって、形も大きさも照明もまったく別の方法による。
サンシャイン水族館のラグーン水槽よりも面積は小さく、深さは深い水槽となり、その形でどこまでも広がるような奥行きのある水塊を実現するため、形を楕円形に変更した上で、照明による色付けも大幅に違う新技を開発したのだ。

そうやってできた水塊だけど、さらにこのラグーン水槽の「水塊」を『生きている水塊』へと進化させているのが、サンゴ礁の小魚たちの群れだ。

イメージ 3

大型魚はほとんど入っていない。捕食圧ぽく装えるトラフザメやナポレオンフィッシュ、そしてグルクマの群れを同居させて、他は全て小さなサンゴ礁魚類の群、群、群。
その群の群れと少ない大型魚類を使って、サンシャイン水族館でも、海の中道でもうまくできなかった、「サンゴの周りに花のように集まって、危険が来るとザーッとサンゴの枝の間に逃げ込む躍動的な生態」を成功させようというのが、このラグーン水槽の『生きている水塊』ミッションなのである。

トラフザメ。マリホ水族館の最大生物w。
イメージ 4

今のところ、それなりにそんないい感じのシーンも見られる。
これは今後、館長はじめスタッフたちが、さらにもっとモノにしてくれそうな感触を掴んでいて、毎月1〜2度訪れるたびに、楽しみにしている。
みなさんも楽しみにしていて欲しい。マリホ水族館は誕生したばかり、まだまだ成長は始まったばかりなのだから。


輝くサンゴの海のゾーンには2つの個別水槽があって、それぞれ小さな水塊を見せている。
そのうちの一つがこちら。
イメージ 5

砂底にはチンアナゴ、中空にはヘコアユという、絶妙な生物選定は館長のセンスだ。

これも予算の都合上(こればっかw)、個水槽のほとんどを全アクリルの箱にしたので、奥行き感を出すのに、いつもとは違う工夫をした。
ボクはまあまあ満足している。
お客さんのほとんどは、人気のチンアナゴばかりに目を奪われているのだけど、それでもその姿を写真に収めてもらったとたん、水塊工夫は活きてくる。

記憶って、美しい方に塗り替えられるものやしね、さらに美しい写真はSNSに投稿されやすい。いわゆるインスタ映えっていうやつ?
これが、最近の水族館プロデューサー的裏技「だれが撮っても美しく撮れてしまう水槽」シリーズの一つなのだ。

ハナミノカサゴ。 背景の青色が水中感を増した。
イメージ 6


ハナヒゲウツボのニョロニョロは、躍動する水塊の一部になっている。
イメージ 7

マリホ水族館のハナヒゲウツボは、なんでかしらんけどよく泳いでいて、その美しさとニョロニョロ感を重いっきりアピールしとるよ。


ところでマリホ水族館の小ささは、水槽の数の少なさにも影響するのだけど、それを一応補ってるのがこれ。
輝くサンゴの海にある小窓水槽。
イメージ 8

本当に小さな、小顔の人でも二人がやっとだし、大顔のボクが覗き込めば水槽が完全に隠れてしまう大きさなのだけど、全部で10個あって、それぞれの水槽に目を近づければ、驚きの生物たちとその生活空間が発見できる。

この渋派手アバンギャルドな目玉くんは、モンハナジャコ
イメージ 9

小さい水槽で、近くで見ようとするからこそ発見する『活きているアート』もしくは『アートした命』。
この不思議な宇宙人的目に気付いたとたん、こんな小さな水槽が、突然なんでもありな宇宙へhと拡がっていくではないか。えっ?そうでもない? いや、そう思うよw。


さて、『輝くサンゴの海』ゾーンの手前には、『たゆたうクラゲのホール』がある。
静かにゆったりと漂うクラゲは、大人の心を癒し、日本人の儚さへの美意識を刺激する、水族館の中でも最も浮遊感にあふれた展示だ。

中でも最も人気があるのがこちら、ミズクラゲ。
イメージ 10

各地の水族館では、美しかったり、大きかったり、触手が長かったり、それはもう多種多様のクラゲの種類が展示されているのだけど、どの水族館でも一番人気のあるクラゲが、不思議なことにこの最も平凡で、ただふわりふわりと漂うミズクラゲだ。
おそらく、みなさんは、クラゲの種類や形や生態を見ようとしているのではなくクラゲを通した水中の浮遊感に惹かれ、さらにはクラゲの生き方そのもの、クラゲの存在そのものなどに見とれているんだろうと、水族館プロデューサー的には考察している。

一方で、もう一つの人気クラゲが、ブルージェリーフィッシュ
イメージ 11

青色(とか白とか紫とか)のタコクラゲの仲間だ。
こちらはクラゲが浮遊でしか移動のできないプランクトン生物であるにも関わらず、えっちらおっちらと自分で泳ぐことができる。その柔らかでありながらぎこちない姿が、クラゲの常識から外れてなんか可愛いのだろう。
クラゲたちは、顔もない生物でありながら、形といい色といい動きといい、なんだかそこはかとなく癒される姿をした非日常な生物なのである。

ところで、ジェリーフィッシュっていうのは、英語で「ゼラチン状の海の生きもの」的な言い方で、英語ではヒトデもスターフィッシュ(星形の海の生きもの)とか呼ばれている。欧米ではつまり、魚だろうが無脊椎生物だろうが全部フィッシュでまとめちゃう大らかさなんよね。

その点、海や川の生物をいただくことで生きてきた日本人は、特に水生生物については、古より見分けにこだわりがある。
クラゲなんか、すでに古事記の一番最初のところで、久羅下という表記で出てるばかりやなくて、なんと天地開闢の前には世界が「久羅下那州多陀用弊流=クラゲのように漂っていた」なんて書かれてるだ!
魚には、出世魚のように、成長具合で別の名前が付けられてる者も数多い。
そもそも、標準和名に対応する生物名のない生物が、世界中には数え切れない程多いのだから、日本人の水生生物好きはただもんではないと思うのよね。

えっと、この当たりのことは、ボクの最新刊『水族館哲学〜人生が変わる30館〜』に詳しく載ってるので、ぜひお買い求め下さいw。…とPRをしつつw、「マリホ水族館オープンその2」はこのあたりでw。
次回は「その3」淡水魚のコーナーに移ります。



●マリホ水族館のWEB水族館紹介記事はコチラ ⇒マリホ水族館|WEB水族館 全国水族館ガイド


●最新刊→『水族館哲学〜人生が変わる30館〜』『いただきますの水族館』
■オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
facebook ■Twitter

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事