ブログ水族館/中村 元

次回『中村元の超水族館ナイト』は10/5(日)の開催。前売り発売は9/15です

カンチョ雑記

[ リスト | 詳細 ]

中村元の独り言
記事検索
検索

全40ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

元旦に決心したとおり、みなさんにお会いできる機会をつくるために、バリアフリー観光の講演やセミナーに関してもこちらで告知することにしました。

このところ、バリアフリー観光の伝道者として、各地に講演に出かけているのですが、昨年は10月〜12月の間に、バリアフリー観光の講演だけで10回とほぼ毎週秋田から奄美までの全国各地に招いていただきました。その続きとして、1月にも4カ所でのセミナーに招かれています。

いずれも、福祉のユニバーサルデザインではなく、
・観光地および観光事業者には、奇跡の増客を果たすためのバリアフリー対応。
・旅行者のためには、生活の質向上の話。
・地元市民のためには、将来の住みよいまちづくりの話。
…と、ノーマライゼーション社会を経済社会で支える話なので、観光に関係のない商工業のみなさんにも、一般市民のみなさんにも、超オススメです。(と自分で宣言しちゃうほどの内容ですw。)
お近くの方は、ぜひお越し下さい。

まずは、もう明後日ですが、大分県大分市でのセミナー

●第2回バリアフリー観光セミナーin大分
日時=1月19日(月)14:00〜16:00(開場 13:30)
会場=ホルトホール大分 大会議室
イメージ 1

第2回とあるように、昨年暮れには別府で第1回を行い、今回が2回目です。
主催は、http://jil-oita.sakura.ne.jp/777/ 自立支援センターおおいた(別府・大分バリアフリー観光センター)



続いて、その次の日も九州ロードですこちらは佐賀県。

●佐賀ユニバーサルデザイン講演会
日時=1月20日(火曜日)13:00〜16:00(開場12:30)
会場=グランデはがくれ ハーモニーホール
イメージ 2

こちらは、佐賀県ユニバーサルデザイン推進グループの主催で、宿泊施設のバリアフリー化推進を目的にしたものですが、一般の方の参加もできます。



次の週には、広島県宮島にて行います。

●広島 第2回バリアフリー観光セミナー
日時=1月26日(月)14:30〜16:00(開場14:00)
場所=廿日市市宮島商工会館 廿日市市宮島町527番1(宮島島内)
イメージ 3

主催は、一般社団法人広島まちづくり推進協議会(広島バリアフリーツアーセンター)
こちらも第2回、第1回は広島市内のマリーナホップにおいて開催し、150人もの参加者がありました。



この週は、石川県小松市にも訪れます。

●第3回おもてなし講座「バリアフリー観光セミナー」
日時=1月29日 木曜日 14:00〜16:00
場所=小松市公会堂4階大会議室
イメージ 4

主催は、小松市、石川バリアフリーツアーセンターの運営です。
石川バリアフリーツアーセンターからは、もう何回か分からないほど招かれていますが、小松市はこれでなんと2回目!
問い合わせなど詳しくはコチラ


◎関東のみなさんには、3月12日に東京にて観光庁主催による、ユニバーサルツーリズムシンポジウムがあり、こちらでも私が基調講演および、トークセッションのアンカーマンをします。
こちらはまた詳しいことが決まったらお知らせします。

みなさんのお越しを心よりお待ちしています。

尚、私が理事長を務める、日本バリアフリー観光推進機構と、伊勢志摩バリアフリーツアーセンターのHPはコチラです。
日本バリアフリー観光推進機構 提供「全国バリアフリー旅行情報」
伊勢志摩バリアフリーツアーセンター]


●朝日新聞土曜版be『フロントランナー』で紹介してもらいました。 ⇒

「水塊」をつくる水族館再生人
●最新刊→『常識はずれの増客術』
■オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
facebook ■Twitter

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(1)

清流年

明けましておめでとうございます。

イメージ 1

昨年中は、みなさまにたいへんお世話になりました。
にもかかわらず、ブログの更新が長く途絶えていて申し訳ありません。

今年は心を入れ替えて、ちょっと頑張ろうと思っています。
いやまあ去年も一昨年もそんなこと書いてたように思うんやけどw、今年はなんかお知らせする告知が多くなりそうで、告知ばっかではPRボードみたいになっちゃうので、ちゃんと面白い記事も書かなくちゃあかんよな、というけっこう本気なモードです。

さっそくながら明朝には、2月21日に開催の『中村元の超水族館ナイト2015春』の告知をさせていただくことになるでしょう。

私の現状を簡単にお知らせしておきますと、
本業では、水族館のリニューアルで2館をプロデュース中と数館の新規開発の相談を受けつつ、
観光集客3倍増のプロデュースを、小豆島土庄町において5年間携わることになりました。

まちづくり道楽では、日本バリアフリー観光推進機構の活動が活発化し、観光庁のアドバイザーとして全国各地に赴き、バリアフリー観光地開発の指導をさせていただいています。
伊勢志摩バリアフリーツアーセンターの方も、三重県とのコラボにより「日本一のバリアフリー観光県」を実現維持する事業を進めています。

また、昨年出版社の倒産により絶版となってしまった『中村元の全国水族館ガイド』が、今夏に改訂版として別の出版社から復刻されます。
このためにも、全国の水族館をできるかぎり再取材しに回りたいと思っています。

そんなわけで、各地に出かける機会が今まで以上に増えそうなので、全国のみなさんと直接お会いできるかもしれないと楽しみにしているしだいです。
(昨年は、10月〜12月に講演だけでも十数回ありながら、あまりの時間のなさに、このブログでお知らせすることもできませんでしたが、今年はできる限り事前にお知らせします)

最後になりましたが、年賀状の写真は北の大地の水族館「北の大地の四季」水槽。
川の魚たちがみんな上流を向いているのは、遡るためというよりも、今居る場所を維持するためです。
そのくらいの努力しかできない私なのだけど、
今年もよろしくお願いいたします。


●朝日新聞土曜版be『フロントランナー』で紹介してもらいました。 ⇒ 「水塊」をつくる水族館再生人
●最新刊→『常識はずれの増客術』
■オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
facebook ■Twitter

この記事に

開く コメント(4)

お年賀です!w

あけまして、おめでうございます。

氷の向こうの青空は春の知らせ、
氷の下の温もりは今のしあわせ。
未来への時間はつながってます。

今年の年賀状は、北の大地の水族館の世界初、凍る四季の水槽の写真です。
イメージ 1

水族館は、生物学の教育施設としてよりも、わたしたちが生き人生を歩むことに大切なさまざまなことを気づかせてくれる施設としてさらに進化できるはずす。
そしてそれを実現するのが自分の天命だと信じている、水族館プロデューサー中村 元なわけですw。

そんなことを主張してきたボクは、水族館業界の中では長らく異端と評されてきました。
ところが、近年手掛けさせていただいた水族館が、それぞれ利用者のみなさんの大いなる支持を得たことで、昨年から突然プロデュースやアドバイスのオファーが急増したのです。
現在は、九州、北海道、韓国にてリニューアルのプロデュースを進行中で、今年はさらに数件の準備段階に入ります。(実は、いくつかお断りしたところもありました)

このような状況のそれもこれも、このブログに訪れていただいた水族館利用者であるみなさんが、共感してくれ、励ましてくれ、他の利用者の方々にボクの思想を広めていただいたおかげです。
昨年の暮れにそのことを思い、猛烈に感謝をしていました。ありがとうございます。

ついては、みなさんのご期待に応えるためにも、さらに精進の上、水族館の新たな未来を創造していきたいと、あらためて決意をする新年です。

そんなわけで、昨年は忙しさにかまけて更新を怠っていたこの「ブログ水族館」ですが、水族館の未来の新たな青空のために、そして私の哲学の新たな進化のためにも、ブログを始めた頃の初心に戻り、みなさんとの交流が密になるよう発信を再燃させたいと思っています。

本年も今まで同様によろしくお願い申し上げます。


□最新刊→『水族館に奇跡が起きる7つのヒミツ』
□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
Twitterfacebook始めてみました…。
■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド

この記事に

開く コメント(22)

今年もよろしく〜♪

明けましておめでとうございます。

おっとその前に、年越しそば。

イメージ 1

大好きな焼酎「山ねこ」といっしょにいただきました。
よっ!ニッポン人!
でも今は、グレンリベット&シンケンとレーズンです。あれっ?(^^;

一夜明けたら、ちゃんとおせちに日本酒「天狗舞」。
猿田彦大神がボクの氏神さんなので、鼻が大きかった猿田彦がオリジナルと言われてる天狗が好きなの。
…というわけで、今年も思いっきり天狗になろかと思ってるよ〜。


はいさて、おめでとうございます。

イメージ 2

※これは、最初に作った年賀状で、実際にはぜんぜん違うドヤ顔年賀状になってますw。

この文面でも分かるように、ボクははっきり言って、一般の人よりもかなり弱点の多い人間だし、なんかしら危ない状況に追い込まれる悪運があります。
だから、受ける仕事もほぼ弱点だらけで厳しい環境の仕事ばっかり。
だけどそのおかげで、なんとか生きて来たし、どっちかと言えばかなり楽しく波瀾万丈を楽しんでいます。
こういう人生って「生きてる!」感があって充実してるんよねえw。

おかげで今年は、首も腰も回らなんくらい忙しくなりそうです。
本業の水族館プロデューサーの仕事は南と北で2館と、アドバイス業務をいくつか。
道楽のまちづくり活動では、バリアフリー観光全国会議を6月21日に伊勢市で開催。
なんかしら講演とかも増えて、近々には東京カルカルでのトークライブ『中村元の超水族館ナイト2013冬』が2月24日にありますぞ!

…というわけで、みなさんお台場でお待ちしておりますよ〜w。
今年もよろしく〜♪


●北の大地の水族館:おんねゆ温泉・山の水族館の、NHKアーカイブ
http://cgi4.nhk.or.jp/eco-channel/jp/movie/play.cgi?movie=j_ohayou_20120707_1963

●産経新聞『話の肖像画』インタビュー記事に3日連載で載せてもらいました。
『話の肖像画』水の演出家 水族館プロデューサー・中村元


Twitterfacebook始めてみました…。
□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド

この記事に

開く コメント(26)

開く トラックバック(1)

昨日、おんねゆ温泉・山の水族館へ行ってきました。

北の大地の四季水槽は、すっかり雪化粧。
でも、まだ凍ってはいなかった…。凍ってるのを狙って計画してたのに残念(T_T)。

イメージ 1


さて、いろいろお知らせがあります。

●お知らせその1 『凍る北の水族館ツアー』

※羽田からの参加者が20名に達しましたので、12月24日をもって締め切らせていただきました。
 たくさんのご参加とお問い合わせ、ありがとうございました〜!

凍った北の大地の四季水槽を見に行く東京からのツアーを、めでたく遂行できる人数が集まりました!
現在のところ、羽田発17名のみなさん+道内の数人による参加が決まり、おかげで料金もかなりお安くなりました。
特に2泊3日コースに関しては、当初の最低催行時の金額よりも1万円ほど安くなりそうです。
ただ、1泊2日コースの方は、飛行機の団体旅行割引の適用が難しい人数となったたため、逆に少々割高になってしまいました。1泊2日のみなさんにはごめんなさいです。

現時点でのおおよその旅行代金は
⇒1泊2日コース(1月19,20日:おんねゆ温泉山の水族館、旭山動物園)
 2人部屋:57,500円前後
 1人部屋:59,500円前後

⇒2泊3日コース(1月19,20,21日:おんね温泉山の水族館、旭山動物園、おたる水族館、千歳サケのふるさと館)
 2人部屋:62,000円前後
 1人部屋:69,000円前後


※上記料金には、1泊目の夕食朝食、2泊目の朝食のみ含まれています。入館料、昼食などは含まれていません。

飛行機の座席と宿の部屋、バスの乗員数のいずれかが満杯になるまでは募集しますので、参加希望の方は下記にご連絡下さい。
kapa*web-aquarium.net  *を小文字の@に入れ替えて、以下要項をお送り下さい。

・お名前+フリガナ
・性別、年齢 (すみません、予約の時に必要なので)
・住所
・電話番号

北海道内から参加のみなさんも、そろそろ、上記の内容をお送り下さい。
⇒北海道内の方の参加は、2泊3日コースで3万円以内になるはずです。

1泊目は、ボクのトークライブ付き、山の水族館スタッフも交えて宴会、
さらに、冬の間は公開してないイトウの「いただきますライブ」も、特別にやってもらうよう交渉しましょう。

イメージ 2

昨日、閉館後にイトウの食事風景を撮影。
冬になって動きがすこし緩慢になっているものの、やっぱり豪快です。


●お知らせその2 超水族館ナイトの公式ライブレポートが掲載されました。
東京カルチャーカルチャー「ライブレポート」

10月28日に開催された『中村元の超水族館ナイト2012年秋 〜命と水族館…いただきますの気持ち〜』のライブレポートです。
今回のテーマ『命と水族館…いただきますの気持ち』の要所を、実に真摯にレポートいただいています。
ボクの、水族館と命に関する大きなこだわりの一つを、しっかりまとめてもらったようなレポートなので、ぜひご覧下さい。


●お知らせその3 今夜(15日土曜23:00〜23:30)※終了したので最後のお知らせにしました。
日テレ系『心ゆさぶれ!先輩ROCK YOU』で。再現ドラマによる山の水族館紹介です。

番組情報より抜粋】
⇒水族館、お好きですか?イルカやアシカのショーや、水中大トンネル、色とりどりの世界中の魚たち…今夜は、そんな数々の華やかな水族館をプロデュースしてきた中村元さんが主人公。名うての水族館プロデューサーにかかってきた一本の電話は、北海道の一人の青年からでした。「リニューアルを助けてほしい」…正直足りない、予算や人材。でも、情熱と伝えたい想いがあれば…地元の特色が生きた、まったく新しい水族館が誕生します。

尚、再現ドラマなのでドヤ顔は出ません。
いちおうボク役には、木村拓哉か福山雅治を使ってくれと申し入れてありますけどw。

※さきほどその再現ドラマを見て、ちょっと残念なところが……。役者がヘンっていうことやなくね。
ボクは絶対に「無理」という言葉は使わないようにしています。なのに、「無理」って言ってた。
それと、引き受けた理由も違います。それはまた別のところで書きましょう。


以上、本日は久々の更新ながらお知らせばかりで失礼します。

イメージ 3




◎NHK「おはようニッポン」山の水族館のアーカイブ⇒アイデア勝負 水族館リニューアル −北海道 北見市−

●山の水族館の、これまでの記事と写真のリストはコチラ ⇒おんねゆ温泉・山の水族館記事リスト

●本サイトWEB水族館おんねゆ温泉・山の水族館

●産経新聞『話の肖像画』インタビュー記事に3日連載で載せてもらいました。
『話の肖像画』水の演出家 水族館プロデューサー・中村元

Twitterfacebook始めてみました…。
□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド

この記事に

開く コメント(12)

全40ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事