ブログ水族館/中村 元

次回『中村元の超水族館ナイト』は2019年2月24日(日)の開催。前売り発売は1/24です

裏版!!全国水族館ガイド

[ リスト | 詳細 ]

全国水族館の最新情報と最新写真。全国水族館ガイドのブログ版
記事検索
検索

全71ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

新設!マリホ水族館その3『うねる渓流の森』

この記事は、新設!マリホ水族館その2『輝くサンゴの海』からの続きです。

さて、マリホ水族館の紹介もこちらで最終章でクライマックス、日テレ『真相報道バンキシャ!』の水族館プロデューサー密着でしっかり登場した『うねる渓流』。


マリホ水族館のコンセプト『生きている水塊』を最も強く表していて、テレビなどにも最もたくさん紹介されたのが、こちら『うねる渓流の森』の水槽だ。
イメージ 1

暴れる龍のごとくうねる渓流を再現する世界初の展示によって、「生きている水塊=躍動する水塊」を最も分かりやすく表していることもさることながら、ここに泳ぐイワナが、広島県の天然記念物であるゴギという特別な魚であることにも、広島のマスコミのみなさんから食いついてもらえたからだ。

しかし本来、水族館で最も不人気なのが日本の淡水魚の展示だ。各地の水族館で様々な展示がなされるが、観覧される時間は短い。そもそも立ち止まる人さえも少ないのが日本の淡水魚なのだ。
水族館に詳しい人なら、そんな日本の淡水魚をよくマリホ水族館の主砲的あるいは横綱的水槽にしたものだと思われるに違いない。

でもそこが狙いだった。規模も予算も小さなマリホ水族館では、他の水族館に勝てるような展示はなかなかできない。それならば、他館でうまくいかない分野で一番になればいい。つまり横綱をはれそうな土俵が日本の淡水魚だった。
今までのところ、日本の淡水魚という土俵での横綱は、自分で考案した北の大地の水族館の「滝壺水槽」だけ。それと同等か良い勝負をする水槽をつくって、滝壺を東の横綱に、マリホ水族館に西の横綱をつくればいいと考えた。

しかもそうすることで、日本の淡水魚水槽という土俵が以前よりも盛りあがるはず。一人横綱よりもやっぱり東と西の横綱がおらんとね。(実は相撲のことはよう知らんのやけど…w)
で、滝壺とオショロコマに対抗するのが、このうねる渓流とゴギだったというわけだ。

これがゴギ。(ショージキ言うて、ボクには普通のイワナとの違いがまだよく分からんのやけど…)
イメージ 2

日本の淡水魚の展示が人気がない理由は、多様で美しく巨大な海水魚や熱帯淡水魚に比べて地味だ…というのが大方の意見だ。
でもボクの分析はちょっと違う。おそらく日本に川と橋が多く、しかも水が透明なために、河原からでも橋の上からでもいくらでも水中が見渡せるからだと思う。いつでも無料で、川の中の魚影はもちろん川底まで見ることができるのに、入館料の必要な水族館なんだから、見たことのない海中や大河の魚や光景を見る方が大切だという意識が働いてしまうのではないか。

だからたとえ日本の川の展示でも、みんなが「見たことないけど、見てみたい」と思うような水景を展示することができれば、行けるに決まってると考え実践してきた。
北の大地の「滝壺を下から眺める光景+オショロコマの群が輝く」や「凍る川を横から見る+じっと春を待つ魚たち」、「幻想的な北海道の湖の中+巨大なイワナが生きた小魚を追う」など、いずれも確かな手応えがあった。

しかし、その手応えと同じ効果を作るには、とにかく激流を作らねばならない。
そのために、実験は飽きるほど繰り返した。実はその実験のために、個人的にハイドロウィザードを2基購入した(正直けっこう高い買い物やったよw)。マリーナホップには、実験用の水槽を発注してもらった。その水槽がマリホ水族館所有の初の水槽になった。

まず、自分所有の小型のハイドロウィザードで実験。
イメージ 3


そして、大型ハイドロウィザードの試用機を借りて実験。
イメージ 4

館長になる前の宇井くんの顔が見えとるねw。

自分で描いた絵と、それを元にして作った模型。
イメージ 5


擬岩工場には何度も足を運んで、納得いくまでやり直しを繰り返し、
擬岩を設置してからは、ハイドロウィザードの取付位置と角度をまた納得いくまで微調整。
イメージ 6

この微調整作業で、新卒社員くんはいきなり胴長の中が水浸し(笑)。さすが宇井館長は胴長ベテランなところを見せつけた。

最終的に、ボクがテープで貼ったこの位置に水流の中心がぶつかるところまでこぎ着けて完成!
イメージ 7

ここまで来るのに、相当な時間がかかったよ。

でもほら、超いい感じになった!
日本の川土俵での西の横綱の誕生や〜!(あくまでも当社評価です)

イメージ 8

さて、この迫力のある怒濤のうねる水流は、オープン当初はこうでもなかった。
実は天然記念物のゴギが簡単に採集できるわけもなく、ここで飼育展示しているゴギは食用として養殖されているゴギなのだ。
養殖は流れのほとんどないところで行われ、餌も簡単に食べられるため、宇井館長によればたいへんなモヤシッ子ゴギだったのだとか。モヤシッ子の魚の特徴は泳ぐための筋肉が付いていないので、この激流に耐えきれずハイドロウィザードに巻き込まれたりするおそれがあるため、彼らの筋肉が付くまで、弱い水流からだんだん強くして、野生のゴギになるように鍛えていたのだ。
そんなわけで秋になってやっと、うねる渓流も最大の激流になって流れ始めているところ。
オープン直後にしか来られてないという方は、ぜひ今のシーズンに再度お越しいただきたい。

ところで、このうねる渓流には、『生きている水塊』の主砲だけでなく、もう一つの役割がある。
それは、全体的にギャラリーを暗く押さえてある館内の中で唯一、空を借景にした明るい展示にして、狭い館内を広々と見せることだ。
そのため、実はこの写真を撮った当日は曇りだったのだけど、パンフレットの写真とかは青空に置き換えたことを正直に告白します……(^^;。


『うねる渓流』の後は、熱帯淡水魚のコーナーで締めくくられている。
ゾーンとしてはマリホ水族館の1/3近くが淡水ゾーンということになる。

水草の水槽。
イメージ 9

なぜだか水草がばんばん生長して、訪れるたびに緑が増えている。
水槽背面には、新たに開発した水塊シートを貼ってるから、いつもそろそろ水草を剪定してくれって言おうかな…とも思うのだけど、いやいや水草の勢いがすごい水槽っていうのも面白いかもだし…とも思う。まぁここはスタッフたちに任せるのが一番よね。


こちらは、現在グングン成長中のバラムンディの水槽。
イメージ 10

この水槽が半水面になってるのには理由がある!
宇井館長に「熱帯淡水魚は任せるから、とにかく魚をジャンプさせてくれ!」とのメチャ振りをしたら、しっかり実現してくれましたがな。
水面上に延びた枝や垂れ下がる蔓草にコオロギを放す。
そのコオロギを目がけてバラムンディが大ジャンプするのだ!

そのジャンプの勇姿は、まだ写真に撮れてないのだけど、水槽横のモニターにはジャンプの瞬間が繰り返し流れているからご覧になって欲しい。
そして、蔓草の上の方に肥掬いがニュッと出てきたときには超チャンス。スタッフが新しいコオロギを枝に乗せてるときなのだ。
コオロギも樹上生活に慣れてないし、よもやその下に天敵がいるとは思ってないから、狙われやすいところに平気で出るし、バラムンディも今がチャンスとばかりに興奮してるみたいで、この時には次々にジャンプをする。

そしてこの水槽には、あとヒトリ人気者がいる。
ジーベンロックナガクビカメ
イメージ 11

まだ小さいけれど、これがなかなかいい味出してるんよね。
なんと言っても、マリホ水族館唯一の一生肺呼吸な生物。なんせ海獣もペンギンもおらへん水族館やからね、この子の次にヒトに近いのが、うねる渓流の前に展示された両生類のサンショウウオという世界では、カメはもしかしてヒトと心が通じ合うんやないの?とか思ってしまうくらいに愛らしい。


この最後のゾーンでは、他にもナマズとか特集展示とかあり、それを観終わったら、そのままエントランスの生きている水塊「波の向こうへ」の水槽に繋がってるので、再度気に入った場所を重点的に観てもらうのが、マリホ水族館をお得に満足度高く楽しんでいただける隠し技だ。

そして、充分楽しんで出口に行っても、広島人ならまだまだ気を抜いてはならない!
イメージ 12

そう!カープ鯉がいるからね。(えっとつまり、コイコイなんやけど、鯉の丹頂模様を赤ヘルとして見立ててるw)
これってちょっとした広島県民度テストいやカープ命度テストみたいなもんになってる。
カープファンはだいたいカープ鯉(あるいはその文字)に気付いて、バリバリ写真撮ってるもんね。
実際、広島県民のカープへの愛情…ていうか食いつき度ていうかには、未だに驚くことばかりです(笑)。これはもう広島のトップ大衆文化ですな……。




●マリホ水族館のWEB水族館紹介記事はコチラ ⇒マリホ水族館|WEB水族館 全国水族館ガイド


●最新刊→『水族館哲学〜人生が変わる30館〜』『いただきますの水族館』
■オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
facebook ■Twitter


開く コメント(0)

新設!マリホ水族館その2『輝くサンゴの海』

この記事は、新設!マリホ水族館その1『生きている水塊』からの続きです。

小規模水族館であるマリホ水族館にも、いわゆる大水槽はある。
『輝くサンゴの海』ゾーンの「ラグーン水槽」

イメージ 1

千岼焚爾竜模の小規模水族館でこの大きさの水槽は例がない。
なんせ総水量の2/3がこの水槽に注ぎ込まれてるんやからね、とにかく頑張った。予定してた他の水槽いくつか捨ててでも頑張った。

限られた敷地面積と予算の都合上、マリホ水族館の面積はひたすら小さい。
でも広島のみなさんは、宮島水族館や島根のアクアスといった新しい中大規模水族館をすでにご存知なわけで。
水族館の大きさでは遙かに負けてるにしても、水槽の水中感だけは肩を並べたい…ていうかむしろ、思いっきり勝ったろやんか〜!……くらいの気持ちで臨んだ、意地だけはすごいぞ水槽なのである。

意地と苦労の甲斐あって、この水槽前にやってくると「うわ〜!」と声を発してくれるお客さんが多いのが嬉しい。
もちろん、サンシャイン水族館で磨きをかけた、錯視による奥行きのある水塊づくりのテクニックはいかんなく使った。

格好いい! グルクマの群れ
イメージ 2

そのため、写真だけ見ると、あれ?どっかで見たぞ? サンシャイン水族館のラグーン水槽の妹みたいなもん?とか思われるかもしれない。
いやまぁ、実際にあの水槽に近い効果を上げようとは考えたんやけどね。しかしそれは効果だけの話であって、形も大きさも照明もまったく別の方法による。
サンシャイン水族館のラグーン水槽よりも面積は小さく、深さは深い水槽となり、その形でどこまでも広がるような奥行きのある水塊を実現するため、形を楕円形に変更した上で、照明による色付けも大幅に違う新技を開発したのだ。

そうやってできた水塊だけど、さらにこのラグーン水槽の「水塊」を『生きている水塊』へと進化させているのが、サンゴ礁の小魚たちの群れだ。

イメージ 3

大型魚はほとんど入っていない。捕食圧ぽく装えるトラフザメやナポレオンフィッシュ、そしてグルクマの群れを同居させて、他は全て小さなサンゴ礁魚類の群、群、群。
その群の群れと少ない大型魚類を使って、サンシャイン水族館でも、海の中道でもうまくできなかった、「サンゴの周りに花のように集まって、危険が来るとザーッとサンゴの枝の間に逃げ込む躍動的な生態」を成功させようというのが、このラグーン水槽の『生きている水塊』ミッションなのである。

トラフザメ。マリホ水族館の最大生物w。
イメージ 4

今のところ、それなりにそんないい感じのシーンも見られる。
これは今後、館長はじめスタッフたちが、さらにもっとモノにしてくれそうな感触を掴んでいて、毎月1〜2度訪れるたびに、楽しみにしている。
みなさんも楽しみにしていて欲しい。マリホ水族館は誕生したばかり、まだまだ成長は始まったばかりなのだから。


輝くサンゴの海のゾーンには2つの個別水槽があって、それぞれ小さな水塊を見せている。
そのうちの一つがこちら。
イメージ 5

砂底にはチンアナゴ、中空にはヘコアユという、絶妙な生物選定は館長のセンスだ。

これも予算の都合上(こればっかw)、個水槽のほとんどを全アクリルの箱にしたので、奥行き感を出すのに、いつもとは違う工夫をした。
ボクはまあまあ満足している。
お客さんのほとんどは、人気のチンアナゴばかりに目を奪われているのだけど、それでもその姿を写真に収めてもらったとたん、水塊工夫は活きてくる。

記憶って、美しい方に塗り替えられるものやしね、さらに美しい写真はSNSに投稿されやすい。いわゆるインスタ映えっていうやつ?
これが、最近の水族館プロデューサー的裏技「だれが撮っても美しく撮れてしまう水槽」シリーズの一つなのだ。

ハナミノカサゴ。 背景の青色が水中感を増した。
イメージ 6


ハナヒゲウツボのニョロニョロは、躍動する水塊の一部になっている。
イメージ 7

マリホ水族館のハナヒゲウツボは、なんでかしらんけどよく泳いでいて、その美しさとニョロニョロ感を重いっきりアピールしとるよ。


ところでマリホ水族館の小ささは、水槽の数の少なさにも影響するのだけど、それを一応補ってるのがこれ。
輝くサンゴの海にある小窓水槽。
イメージ 8

本当に小さな、小顔の人でも二人がやっとだし、大顔のボクが覗き込めば水槽が完全に隠れてしまう大きさなのだけど、全部で10個あって、それぞれの水槽に目を近づければ、驚きの生物たちとその生活空間が発見できる。

この渋派手アバンギャルドな目玉くんは、モンハナジャコ
イメージ 9

小さい水槽で、近くで見ようとするからこそ発見する『活きているアート』もしくは『アートした命』。
この不思議な宇宙人的目に気付いたとたん、こんな小さな水槽が、突然なんでもありな宇宙へhと拡がっていくではないか。えっ?そうでもない? いや、そう思うよw。


さて、『輝くサンゴの海』ゾーンの手前には、『たゆたうクラゲのホール』がある。
静かにゆったりと漂うクラゲは、大人の心を癒し、日本人の儚さへの美意識を刺激する、水族館の中でも最も浮遊感にあふれた展示だ。

中でも最も人気があるのがこちら、ミズクラゲ。
イメージ 10

各地の水族館では、美しかったり、大きかったり、触手が長かったり、それはもう多種多様のクラゲの種類が展示されているのだけど、どの水族館でも一番人気のあるクラゲが、不思議なことにこの最も平凡で、ただふわりふわりと漂うミズクラゲだ。
おそらく、みなさんは、クラゲの種類や形や生態を見ようとしているのではなくクラゲを通した水中の浮遊感に惹かれ、さらにはクラゲの生き方そのもの、クラゲの存在そのものなどに見とれているんだろうと、水族館プロデューサー的には考察している。

一方で、もう一つの人気クラゲが、ブルージェリーフィッシュ
イメージ 11

青色(とか白とか紫とか)のタコクラゲの仲間だ。
こちらはクラゲが浮遊でしか移動のできないプランクトン生物であるにも関わらず、えっちらおっちらと自分で泳ぐことができる。その柔らかでありながらぎこちない姿が、クラゲの常識から外れてなんか可愛いのだろう。
クラゲたちは、顔もない生物でありながら、形といい色といい動きといい、なんだかそこはかとなく癒される姿をした非日常な生物なのである。

ところで、ジェリーフィッシュっていうのは、英語で「ゼラチン状の海の生きもの」的な言い方で、英語ではヒトデもスターフィッシュ(星形の海の生きもの)とか呼ばれている。欧米ではつまり、魚だろうが無脊椎生物だろうが全部フィッシュでまとめちゃう大らかさなんよね。

その点、海や川の生物をいただくことで生きてきた日本人は、特に水生生物については、古より見分けにこだわりがある。
クラゲなんか、すでに古事記の一番最初のところで、久羅下という表記で出てるばかりやなくて、なんと天地開闢の前には世界が「久羅下那州多陀用弊流=クラゲのように漂っていた」なんて書かれてるだ!
魚には、出世魚のように、成長具合で別の名前が付けられてる者も数多い。
そもそも、標準和名に対応する生物名のない生物が、世界中には数え切れない程多いのだから、日本人の水生生物好きはただもんではないと思うのよね。

えっと、この当たりのことは、ボクの最新刊『水族館哲学〜人生が変わる30館〜』に詳しく載ってるので、ぜひお買い求め下さいw。…とPRをしつつw、「マリホ水族館オープンその2」はこのあたりでw。
次回は「その3」淡水魚のコーナーに移ります。



●マリホ水族館のWEB水族館紹介記事はコチラ ⇒マリホ水族館|WEB水族館 全国水族館ガイド


●最新刊→『水族館哲学〜人生が変わる30館〜』『いただきますの水族館』
■オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
facebook ■Twitter

開く コメント(2)

こんにちは。久しぶりの告知でないブログ更新です!
今年は、広島に新設のマリホ水族館が6月24日に、サンシャイン水族館の「天空のオアシス第2章」が7月12日にオープンと、水族館プロデューサー史初のダブルオープンとなりました。
今まで手掛けた水族館では、オープン前からブログでチラ見せすることでプロモーションに繋げてたんだけど、2つが同時期に重なったこと、それぞれプロモーションがうまくいったことで取材に追われて余裕もなくなって、今頃になっての発表です。すみません。

さて、まずは広島に新設となったマリホ水族館のことから。
マリホ水族館は、延べ床面積600峩/総水量155tonという小さな水族館。同じ都市型の海遊館と比べると延べ床面積で1/45、水量では1/70というプラモ型かい!という極小さ。まぁ、建設費も25倍の海遊館と比べることがあかんのやけどね。

さらに小さいだけでなく、イルカやアザラシと言った海獣もペンギンもいない。
それどころか、同規模の北の大地の水族館のイトウのようなそこそこ名の通った大物もおらず、北の大地という特殊な地理的特徴もないという、無い無い尽くしな水族館。
でも、正面には大きなクジラのオブジェだけがある(笑)。

イメージ 1

このザトウクジラ、マリーナホップが再生したときのシンボルだったとかなので、今回クジラにもドラえもん色に生まれ変わってもらって、水族館誕生のシンボルになってもらった。

そしてマリホ水族館の展示テーマは『生きている水塊』。
水族館プロデューサー中村元の信念「多くの利用者は水族館に『水塊』を求めてやってくる」……をさらに進化させて、躍動する水中世界を展示のテーマにしようと考えた。
水塊が美しければ、観覧者のみなさんの水中世界を見る時間は格段に長くなり、そこに住む魚や顔のない無脊椎動物のそれぞれの特徴を発見したり、好奇心を持ったりしてもらえる。水族館の果たす社会教育においても必須なのが『水塊』なのだ。

さてしかし、生きている水塊、躍動する水中世界……。そんなもん水族館の水槽で作れるんか?

その最初の答えが、こちら『波の向こうのエントランス』の波の向こうへ水槽。
イメージ 2

シーンは、サンゴ礁のリーフの端。こっから先はどこまでも青い大海原という場所設定にした。
空からは燦々と太陽の光。白いサンゴ砂が輝いている。
外海からリーフに打ち付ける波が複雑に干渉し合って、水中に白い気泡の渦が巻き起こっている。
渦と共にリーフ内入ってくるうねりに、ソフトコーラルたちがたなびきながら育ち、サンゴ礁魚類たちが波に翻弄されながらも活き活きと暮らす。

海も生物も常に動いている、そんな本当の海の世界の景観を水塊にして持ってきた、それが『生きている水塊』。
もちろん世界初の水槽ですぞ! 実験を繰り返し、実地検証を繰り返し、やっと生まれた世界初の展示方法。
左右の擬岩の高さと幅、そして、特殊ポンプ「ハイドロウィザード」の贅沢2本使いがミソ。
さらに、ボクの常用得意技の奥行きのある背景づくりでも、もう一歩進化させたホリゾント効果を開発した。
そして、波の音の効果音と、観覧通路に落とす青い揺らめきの光にもこだわった。

実は今はまだ、ポンプの出力をかなりセーブしてる。
ホントはね、こんなくらいの渦が数秒ごとに現れるようにできるの。↓
イメージ 3

すごいっす!開発した本人が驚くほどの躍動感と迫力ある美しさ。

設備完成から開業までの時間がほとんどない状況で開業したため、水質や生物の体調がなかなか落ち着かず、ソフトコーラルが岩から剥がれて転げていってしまったり、魚の体力を奪ったりするため現在のところはやむなくギリギリの出力で運転中。
でも、これからだんだん豪快な光景、生きている水塊と、活き活きと動き回る生物たちをご覧いただけるようになる。


さて、エントランスから最初のゾーンは、『あふれる瀬戸内の命』のゾーン。
広島なんじゃけえ、瀬戸内海をまず展示せなあかんわいのお。…みたいな。
展示生物にはできる限り、広島の人たちがふだん「美味しい!」といただいている海の命の、生きている姿に会っていただくことを意識した。
『水塊』と共に、水中世界の生物たちに興味を持ち、発見や好奇心を誘発する展示は、ふだんの生活の延長線上にある展示だからだ。とりわけ「食」との関連は、日本人にはとてもポイントの高い興味を起こすきっかけとなる。

もちろん、広島県民(というか山陽のみなさん)おなじみの美味しい海の幸、蛸(マダコ)と穴子(マアナゴ)は常駐。
イメージ 4

イメージ 5


そして中でも、このゾーンの「生きている水塊」となる砂地と岩礁の水槽が大人気だ。
ここで水塊を躍動させているのは、小鰯(カタクチイワシ)の群れ。水中感たっぷりの立体的な造形がキラキラと美しい。
さらに、小鰯の群を複雑に躍動させているのが、捕食圧となってる鯛(マダイ)と高級魚あこう(キジハタ)。

カタクチイワシ(小鰯)の群とマダイ
イメージ 6


キジハタ(あこう)は、岩礁の岩穴から出たり入ったり。
イメージ 7

魚の群の変化と、大型魚の動きは、視覚に躍動感をもたらして、水槽を立体的な水塊にしてくれる。
マリホ水族館では、水そのものによる躍動感だけでなく、群れによる躍動感を重視することで「生きている水塊」を感じていただけるように計画した。
まあ、ボクは計画しただけで、それをきっちり実現してくれたのは館長やけど……。

ふだんは美味しくいただいている海の幸=海の命たちの、活き活きと泳いでいる美しい姿を目に焼き付けてもらえると、明日からの食事で命に「いただきます」と感謝する気持ちが必ずや生まれることと信じている。


……と、マリホ水族館の展示紹介の第1部はここまで。
ここで、全国初となるオープンモールでの小規模水族館の計画が、どのように形になったかをご紹介したい。

実はマリホ水族館、ボクの水族館プロデューサー史上で初めてとなる新設水族館だった。
そのため、規模を想定するところから、基本計画、館長探しなど、設計に至までのことまで全部考えて提案しなくちゃならんという超一大事ミッション。

でも、クライアントから与えられたミッションの目的がとてもはっきりしていたのが、迷い無い指針になった。
その目的とは、『再生した商業施設(モール)マリーナホップを、水族館でさらに発展させること』
現在のマリーナホップは、過去に破綻したアウトレットモールを、地元の経済人たちが買い取って再生にこぎ着けた商業施設だ。それをさらに発展させるアイテムとして水族館に白羽の矢が立ち、ボクに依頼が来たというわけ。
そこでまず、個人消費が中心の商業施設にコミュニティー集客の得意な水族館を設置することで、新たなマーケットを獲得するというストーリーをつくった。

そして、水族館は海のイメージに繋がりやすい施設の代表格なのだ。
マリーナホップの目の前には、その名の通りとても立派なマリーナ(広島観音マリーナ)が目の前にあり、その向こうには瀬戸内海の多島美が望めた。
その光景は、ちょっとだけ妄想を膨らませれば「これって、モナコの港と一緒やん!」。さすが妄想力ハンパない水族館プロデューサー。

小さくとも魅力的な水塊のある水族館ができれば、マリーナホップの臨む美しい海と連動して、立地そのものがアーバンリゾート地になる!というのがボクの戦略だった。
広島市民県民にとって「ちょっと海にでもいこか!」と思えば「海ちゅうたらやっぱりマリーナホップじゃの」という場所にできると考えたのだ。
「海ちゅうたらやっぱりマリーナホップじゃの」の核となる水族館であれば、みなさんに末永く愛される水族館となり、マリーナホップ全体のまちづくりによって集客力も永続するだろう。その理念を柱にして、全ての計画を発進させたのだった。

おかげさまで、オープン1ヶ月目には入館者数10万人目を達成。ボクは自信満々な水族館プロデューサーとして常に大口叩きな予想をして、今回は年間50万人を超えるかも……とか言ってたのだけど、その大口をも超えたスタートダッシュに、本人もちょっとオタオタしとるという状況です。



●マリホ水族館のWEB水族館紹介記事はコチラ ⇒マリホ水族館|WEB水族館 全国水族館ガイド

●最新刊→『水族館哲学〜人生が変わる30館〜』『いただきますの水族館』
■オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
facebook ■Twitter


開く コメント(0)


さて、ついに今日は新しい加茂水族館のグランドオープン。
一昨日の『加茂水族館、奇跡のグランドオープン6月1日』では、村上館長の偉業を、クラゲ写真ばかりで紹介したので、今回はクラゲ以外の展示についてさらりとご紹介。

旧加茂水族館では、3階の階段の踊り場のようなところに、こっそりと置かれてた感じの「庄内の淡水魚」の展示が、新水族館では一番最初に来てる。

イメージ 1

村上館長の釣り好きは有名で、水族館の魚はだいたい自分で釣ってるなどと豪語されるほどなのだけど、海釣りだけでなく渓流釣りも大得意。
確か渓流の魚こそ、全て趣味で釣ってきた魚で、そのために旧水族館内には無理矢理コーナーを作ったとか聞いたことがあるのだが、新水族館では堂々のトップバッターとなった。

イワナもなんだか誇らしげだ。…つっても、まあ館長に釣られちゃった人生なんやけどねw。


日本海の展示「庄内の海水魚」も立派な水槽が出迎えてくれる。

イメージ 2

特別大きな水槽ではないのだが、ちょっと暗めの水中に太陽光が差し込んでいるような演出がなかなかの水塊。
良い形と色のマダイが目を引く。
東北の山形県で、なんでマダイ?とか思う方もいらっしゃるだろうけど、日本海側は寒流の影響が少ないため対馬暖流がとても強くて、青森県まで行ったって暖流系の魚は獲れるのだ。
ほら、大間のクロマグロなんか下北半島の津軽海峡やもんね。

しかしながら日本海、そして東北、寒流系の生物たちもたくさんいる。

シロザケの若いのがいっぱい。
イメージ 3



ベニズワイガニ
イメージ 4



鱈場の水槽には、タラ。
イメージ 5

これはきっとマダラやと思うんやけど、マダラでいいんよね?


オオクチイシナギ…やと思うw。
イメージ 6

すんませんねえ、いつもいつも自信なさげで。
水族館プロデューサーの知識、こんなもんです。さかなクンやないからね。


いかにも深海っぽいイソギンチャク。
イメージ 7

なんだか名前のわからないイソギンチャクなんだそうだ。

とまあ、生物名がちゃんと分からないような程度の知識でも、やっぱり日本海しかも東北に来たわけだから、こういう土地柄のあふれた生物との出会いこそが、水族館巡りの楽しみの一つとしてかかせない。

加茂水族館の面白いところは、だいたいこの規模の水族館にならあるはずの、「サンゴ礁の海」やら「淡水熱帯魚」やらの展示がないところ。さらに日本人が大好きなペンギンさえもおらんもんね。

世界一のクラゲ水族館だからパラオや地中海のクラゲはしょうがないとして、クラゲ以外の展示で日本の海や川には絶対にいない生物は、アシカショーのアシカたちだけ!という超こだわり。
まあ、超こだわりというよりも、そんな余裕もないという潔さかもしれないけれど、その潔さがボクは好きなんやな〜。


外に出ると、ゴマフアザラシのプールが立派になっていた。

イメージ 8

水中から人を見るのが初めてだからなのか、水中の窓から手を振るとこっちにやってきてくれる。
この子はカメラのレンズはあまり好きじゃないようで、カメラを向けられると目をそらす。なかなかシャイですな。

さあ、あと1時間ほどで、加茂水族館のグランドオープン。
きっとたいへんな賑わいになることだろうと思う。
すでに東京でも、何度もメディア紹介されているから、それが続けば年間50万人を超えて100万人だって夢ではないと思う。
クラゲドリーム館は、訪れる人たちに夢を見させてくれるだけでなく、村上館長をはじめ加茂水族館スタッフの夢をかなえる水族館にも、きっとなるんだと期待している。

※この記事は新・加茂水族館の後編です。クラゲのことは前編を読んで下さい⇒加茂水族館、奇跡のグランドオープン6月1日【村上館長とクラゲ編】

●WEB水族館の内容も差し替えました ⇒鶴岡市立加茂水族館 クラゲドリーム館

●加茂水族館の、これまでの記事と写真のリストはコチラ ⇒東北の水族館記事リスト



□最新刊→『水族館に奇跡が起きる7つのヒミツ』
□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
Twitterfacebook始めてみました…。
■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド


開く コメント(4)

加茂水族館「クラゲドリーム館」グランドオープンまであと2日!
6月1日に、あのクラゲ水族館「加茂水族館」が奇跡のグランドオープンを果たす。

長いこと、ほったらかしにしていたブログ水族館だけど、不屈の精神の大先輩である村上龍男館長の夢が叶おうとしている時だから、なんとしてでも書かなくちゃあかん!
そんなわけで、とにかく応援ブログを書かねばと、先日はオープン前の内覧会に出かけていったのです。

じゃーん!

イメージ 1

順番違うけど、この世界最大クラゲ水槽からいっちゃおう!
ていうか、いかずにいられないこの水槽。

う〜ん、ミズクラゲの浮遊感が天界まで届くような浮遊感。
すごい! すごいのだ!
新館が誕生したばかりだというのに申し訳ないのだけど、もうこの水槽だけ見ることができれば、他は全て付け足しみたいなくらいにすごいのだ。

1ヵ月ほど前に、テレビのロケハンで訪れたときに、村上館長は『クラゲプラネット水槽』ていう名前にしよと思ってるとおっしゃってた。
うん、ええやんそれ! クラゲの地球や!クラゲの宇宙や!

イメージ 2


水槽の前に立てば、クラゲしか見えなくなる。

イメージ 3

クラゲで立ち直った水族館だから、だれも考えたことのない世界一のクラゲ水槽をつくる!
ただただ、そんな少年みたいな情熱で、直径5メートル以上もあるクラゲ水槽をつくってしまった。

村上館長のその情熱と、それを可能にさせた奥泉副館長の情熱がこの水槽からほとばしっている。
ずっと観てるとね、なんか涙が出てきそうになっちゃうんよ。ボクは。

イメージ 4

加茂水族館は、すでに誰もがご存知のとおり、廃館になる寸前からクラゲで立ち直った水族館だ。
その廃館になる寸前に、ボクは訪れたことがある。
そして、その頃連載していた『旅の手帖』に書いちゃったのだ。
『日本海の荒波にさらわれてしまうかのような、小さくて古い水族館があった……』と。ひどい!

そしてなんと、村上館長はそのエッセイを読んだらしい。
それが、館長とボクとの最初の接点だった。
いやはや、村上館長はそのことを今でもネタにして、「中村元がなくてもいい水族館と書いた」とか思いっきり盛って、その頃の水族館がダメな水族館だったと話されている。
そのためにテレビや新聞から、旧水族館をこき下ろした張本人ということで、ひどいコメントをくれという取材がいくつもあったくらいw。

イメージ 5

ボクは村上館長が、そのエッセイを読んだってことはずっと知らずにいたのだけど、その後全国水族館ガイドを書くようになってから、あの本当に日本海に流されてしまいそうだった加茂水族館が、クラゲ世界一を目指し、クラゲアイスを食べさせているという情報を知って、がぜん興味を持った。

そして、これは面白い!と思い、週間朝日のグラビアや、テレビのベストハウス123で、「有名じゃないけれどすごく面白い水族館」として紹介したのだ。
全国ネットの媒体に載ったことでお客さんが増えたとかで、村上館長はたいへん喜んでくれて、それから仲良く付き合わせていただいているのだけど、くだんの旅の手帖のエッセイのことを聞いたのは、それからかなり後、なんと超水族館ナイトに村上館長をゲストでお招きしたときのことだった。

ゲスト登場でいきなり、村上館長はその話をされましてね。
超水族館ナイトでボクのドヤ顔が引きつり固まったのは、あれが最初で最後の出来事ではないかとw。

イメージ 6

さて、荒波に流されるがごとく印象以上に、加茂水族館の窮乏は、それはもうハンパじゃなかった。
起死回生を狙って入れた高額なラッコの借金や、当時の親会社から背負わされた負債などを抱え、村上館長は自分の家を抵当に入れてまで資金繰りをしていたのだ。

旭山動物園が閉園の危機にあったとか、そんな甘いレベルではないよ。
スタッフに来月支払う給料をどうするか?動物の餌代をどうするか?借金がかさむばかり。
しかし、水族館を廃館にしたら、抵当に入っている館長の家は銀行に取られてしまう。
崖っぷちギリギリというか、すでに崖から落ちてますよね?それ。というような状況だったのだ。

そんな状況から、クラゲを始めた。

イメージ 7

最初はクラゲの種類日本一を目指し、そして世界一を目指し…。

でも、クラゲの種類が日本一になっても、誰も興味ないよね。
案の定、日本一になった年は、前年比割れの入館者だったらしい。

でも、そこからが、村上館長の奇跡の物語の始まりなのだ。

イメージ 8

村上館長が取り組んだのは、クラゲと食を繋げる話題づくり。
「クラゲを食べる会」を主催して、クラゲのヘンテコ料理をつくらせたり、みんなに食べさせたり。
そんな中から、あの有名なクラゲアイスが発明され、ボクはそれにつられてまんまと取材に行っちゃったというわけ。

ところが、クラゲアイスってさ、アイスクリームにクラゲをぶつ切りにして混ぜるだけやったからねw。
まあしかし、それがまた面白いわけでw。

イメージ 9

いや、なんにせよ、展示生物だけに頼らず、展示生物に関わる話題を自ら作り、マスメディアに注目させて集客に繋げるのは、ボクの水族館プロデュースにおける、集客成功への道ヒミツ作戦その一なのだ。
そんなヒミツ技を、失礼ながらボクより一回り以上ものお歳の、さらに失礼ながらあの田舎の水族館の館長が、次々と成し遂げてこられたのはそれこそ奇跡的な才能を持った方だと思うのだ。

そんな村上館長のハチャメチャな努力が実を結び、加茂水族館は奇跡のV字復活を遂げた。
そしてついに、念願の新水族館グランドオープンである。

ボクは思う。
加茂水族館がクラゲで復活したのではない。
村上龍男館長の不屈の闘志が、加茂水族館を復活させたのだと。

でももちろん、一人でそれが成し遂げられるわけではない。
難しいクラゲの飼育と展示を、知識も機材もない中で実現させた奥泉副館長という相棒がいた。

村上館長の少年のような情熱と、巧みなパブリシティ術。
その情熱を、飼育と展示の技術を開発することで可能にする、奥泉副館長のやっぱり強い情熱。
その二つの情熱が実を結び、今、新しい加茂水族館はグランドオープンを迎えようとしている。


ドヤ顔で立つ村上館長と奥泉副館長。  (ボクまでドヤ顔する必要あったんかw)
イメージ 10

このクラゲプラネット水槽の前に立つと、村上館長と加茂水スタッフの不屈の情熱が伝わってくるのです。
みなさんも、その魂を受け取って欲しいと願っています。

ところでね、そんな自分の身体と人生を張って加茂水族館に奇跡を起こした村上館長が、なんと鶴岡市から退任勧告を受けているというではないですか。 え〜!そんなアホな!
鶴岡市のみなさん! そんな全国に恥をまき散らすようなことにはならないようにして下さい。

そもそも、新しい水族館ができた直後には集客は簡単でも、あの不便な場所にいつまでも人を呼ぶことができるのは、村上館長なくして誰にもできません。
なによりも村上館長は、鶴岡市の宝であり、山形県の宝であり、そして日本の水族館界の宝なのです。
鶴岡市民のみなさんが立ち上がってくれることを心より期待しています。

※この記事の後編はこちら⇒新・加茂水族館、本日オープン【後編】

●加茂水族館の、これまでの記事と写真のリストはコチラ ⇒東北の水族館記事リスト


□最新刊→『水族館に奇跡が起きる7つのヒミツ』
□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
Twitterfacebook始めてみました…。
■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド

開く コメント(16)

開く トラックバック(1)

全71ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事