ブログ水族館/中村 元

次回『中村元の超水族館ナイト』は2019年2月24日(日)の開催。前売り発売は1/24です

裏版!!全国水族館ガイド

[ リスト | 詳細 ]

全国水族館の最新情報と最新写真。全国水族館ガイドのブログ版
記事検索
検索

さてさて、竹島水族館と言えば深海、深海と言えばアカザエビ! はい、いただきました。
いや、それはもう忘れよや。 美味しかったけど。

そうやなくって。
コレでしょ!

タカアシガニ。
イメージ 1

日本の水族館業界が世界に誇る世界最大のカニ。
成長すると、両のハサミ脚を広げた長さが3mを超える世界最大の甲殻類でもある。

水族館の水槽では3m越えはお目にかかれないが(展示されたことはある)、剥製ならば、水族館・博物館を問わず、けっこう所有している。
確か『ゴードン・スミスのニッポン仰天日記』(荒俣宏訳)だったと思うのだが、鳥羽市答志島で男性の島民が、自らの背よりもはるかに長いタカアシガニのハサミ脚を持っている写真は衝撃的だった。
いくら昔の日本人の背丈が低いといってもさ、ハサミ脚の方が長いなんてねえ。

そして、このタカアシガニの全国の水族館への一大供給源とも言えるのが、ここ竹島水族館なのだ。


タカアシガニは、世界最大種というだけでなく、日本近海の深海にしか生息しないので、海外の水族館ではすごく欲しがっている。
タカアシガニと交換ならば、ペンギンだって出すぜ〜!な勢いで欲しがっているから、珍しい海外モノを手に入れたい水族館は、とりあえず竹島水族館の欲しそうなものとタカアシガニを交換し、そのタカアシガニで海外の珍しいものと交換したりする。

まるで大航海時代のヨーロッパが行く先々で、望遠鏡一本と、金やら香辛料やらを交換してきて莫大な富を築いたのと同じような後ろめたさを感じるが、実は大水族館時代のカンチョもやったことがある。
すんませんでした…(^^;


タカアシガニのめちゃくちゃ長いハサミ脚に対して、こちらは、全身で数センチな上に、アンバランスなほどハサミ脚がちいちゃいカニ。
手のバランスだけ見ればティラノサウルスっぽい。
イメージ 2

たぶんコブケアシガニ。(ホントに「たぶん」です)
以前に、こんな感じのやつで小さな白いカニの名前を、アピストくんに問い合わせたらコブケアシガニだったのだが、色がついてるので、ちょっと心配。

でもさっき、検索してみたら、なんとpomuさんのブログに、どうやらコイツらしい写真と、前に見た白いやつが両方載ってて、コブケアシガニと書いてあったから、きっとコブケアシガニなんやろと思う。

pomuさんが聞いたところでは、白い色のがいるんやなくて、水槽で飼ってると脱色して白くなるんやそうな。
そう言えば、ボクもそんなこと聞いたような記憶がある。
やっぱり、こいつは正真正銘、コブケアシガニなんや!

ただ、pomuさん、最後に。
「いまや、このカニが本当にコブケアシガニなのかすらあやしく思えてきました」とか書いてるので、やっぱり心配ではある。
pomu.巣さんのコブケアシガニ


さあさあそして、竹島水族館の自慢のカニがコレだ!

インドエンコウガニ。
イメージ 3

インド援交ガニではない。

背中に白い縁取りの赤丸模様がある。
インドの通貨ルピーのコインには、赤銅の縁を白金で巻いたコインがあり、それで「ルピー=インド円」の甲羅のカニで、印度円甲蟹となったのである。
というのは、それこそ真っ赤な嘘なので、ぜったいに信用しないようにw。

さて、このカニがなぜ竹島水族館自慢のカニなのかというと、
実はこのカニ、めちゃくちゃ希少種で、ここ100余年の間に、なんと12匹しか見つかっていないというのだ。
その12匹目が、生きて竹島水族館に来たのだから、奇跡の縁のカニなのである。

ただやっぱり深海性のカニなので、見つかってないだけで、深海のどこかにはウジャウジャ暮らしている場所があるのかもしれない。


まあしかし、希少種かどうかは別にして、背中の白縁紅丸模様がなんとも美しいではないか。
インドの通貨ルピーのコインには、赤銅の縁を白金で巻いたコインがあり…。もうええって!w


竹島水族館はこんな具合に、以前に比べて深海生物はかなり充実していて、水槽は深海のルツボと化していた。


もちろん、深海性の魚類だっている。

ベニテグリ。(たぶんw)
イメージ 4

顔はネズミ顔なんやけどね、この子のレースのような背びれには、参ってしまいましたぞ。
この美しさ。カンチョ、感激!

ところで、竹島水族館のある蒲郡は、浅い三河湾に面しているのに、なんで深海生物がいるのだろう?
実は蒲郡には古くから、三河湾から沖合に出て、遠州灘や熊野灘の深海で漁をする漁師さんたちがいるかららしい。

つまり、アカザエビもタカアシガニも、蒲郡特産ではあるけれど、蒲郡っ子というわけではないのだ。

また、漁で言う深海であって、深海調査船による深海生物採集ではないから、水深は200m前後の海底。
おかげで、ちょっとなじみがありそうな顔なのが、いい案配に親しみを感じる。


なじみがありそうで、ちょっと違ったりするのもまたいい。

コチラは、カイエビス。
イメージ 5

エビスダイのようで、イットウダイのようで、実はカイエビスなのだ。
というわけで、わりと浅いところにだっているとは思うのだが、水深100mあたりまではいるらしく、水族館ではこういう系はだいたい深海魚として扱っている。

まあ、そんな細かいことはカンチョはあまり気にしない。
フォトジェニックでさえあればOK牧場な、マジで魚の素人さんなのだ。

その点では、この子は、発色のいい色といい、蠱惑的な黒い瞳といい、カメラに向かってすくっと立つ居住まいのよさといい、今回の竹島では最高ランクのモデルさんだった。

竹島水族館、気合いの弾切れコンデジ撮影は、彼女のためにストロボを数回焚き、一気にバッテリー残量が低下したので終了したのだった。
でも、とっても満足やったよ、カイエビスちゃん。



●竹島水族館の、これまでの記事と写真のリストはコチラ ⇒東海の水族館記事リスト

●カンチョの水族館トークライブ第9弾『中村元の超水族館ナイト2011新春〜ペンギンナイト2〜』2/5(土)開催決定〜! 売り切れ必至につき、チケット販売開始の情報をいち早くゲットのために、12月中旬からこのサイトを毎日チェックして下さい。


恥ずかしながらTwitter始めてみました…。
□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド

久しぶりの竹島水族館

三重県からの帰り、金曜日の夜に蒲郡着。
竹島水族館のアピストくんが同僚のTくんとともに、水族館出入りの漁師さんからせしめたという、捕りたてのアカザエビとウチワエビを大量に持って迎えに来てくれた。
アカザエビは蒲郡イチオシの超高級エビ。
もちろん、居酒屋に持ち込むのである。

はい、それをツイッターに書いたら、展示用のエビたちをカンチョが食っちゃったと、大ひんしゅくなリツーイートな嵐でしたw。⇒いただいたエビたちの一部


というわけで、翌日土曜日の朝から、久々の竹島水族館へ!
今回は、コンデジしか持ってきていない気楽な訪問だったのだけど、
それがさ、水槽の生き物たちは、撮って!撮って!と、ボクに猛アピールしてくるんよねえ〜。

アフリカの肺魚。プロトプテルス・エチオピクス(たぶん)
イメージ 1

カンチョが水槽の前に行ったら、コイツ突然泳ぎまくり始めるんやもん。
もう、カンペキ「撮って、撮って!」コールなのだ。
しょーがないから、撮りましたがな。

一眼レフを使ってる人はわかると思うのだけど、水槽の生き物をコンデジで撮影するのは一眼の5倍難しい。
コンデジは携帯には楽チンだけど、撮影には一眼の方がはるかに楽チンなのだ。
今回は楽しよと思ってたカンチョ、結局そらもう、真剣勝負です。


ところで昨夜の食事会、その後、なんとTくんの親友が、「水族館ふり−く」の運営者「かんちょ」なのだとかで、かんちょ氏登場!
かんちょとカンチョ。あちらは平仮名「かんちょ」で、ボクはカタカナ「カンチョ」
いずれにしても、語尾に「−」を付けては、絶対にあきませんぞw。


コチラは、アピストくんが『大発明』と言い張るアマモ水槽のゴンズイ。

イメージ 2

何が大発明なのかと言うとですな…。
このアマモは、園芸用の自在テープを加工して作ったお手製擬草なのである。
ホンマモンを育てるのは、とても大変だし、擬岩屋さんで買うとめちゃくちゃ高価。
それを、ほとんどタダ同然で作ってしまえるところが、大・発・明!

いや、大発明かどうかは知らんけど、大工夫であることは間違いない。
実際のところ、水族館プロデューサーの目をもって見ても、まあまあアリかな…という程度の出来映えなのである。
しかも、いかにも波に揺れるがごとく曲げられているのがたいへん素晴らしい。
アマモを手製で作るだけでなく、アマモ場をよく観察しているからこそ完成させることができた一品。

アピストくんは、水族館スタッフの研究というのが、展示のための研究であることをよく理解しているのである。
なので、アピストくんの大工夫を称えるため、
グルグル泳ぎ回るゴンズイの群は、コンデジの最も不得意とする被写体なのだけど、必殺技『コンデジ逆さ持ちフラッシュ撮影』の技を使って撮影したのだ。


アシカショー

イメージ 3

アイちゃんやったっけ?

とても残念なことに、アシカはとっても調子がよく、今回はあの「謝罪ショー」は見ることができなかったw。
でも、調子のいいときにはこんななんやで〜!というところを初めて見ることができたw。

トレーナーのお兄ちゃんが、他の水族館では「上手にできた」と言うところを、常に「うまいことできた」と言うのが、いかにも愛知県らしい。
本来の三河弁では、「うみゃ〜こと、やっとらした」とか言うのだろう。


ジーベンロックナガクビガメ

イメージ 4

恐竜みたいに、うみゃ〜こと撮れたw。


今回、前夜からアピストくんの世話になったのには、竹島水族館が新たな展示を作ることになり、その展示を開発するのが彼らとなったからなのだ。
そんじゃボランティアで、新展示開発のアドバイスでもしてあげるよ〜と、ノコノコやってきたのである。
そしてもちろん大宴会ば、新しい展示の内容のこととか、展示技術の話ばかりに終始した。
だからね、アカザエビとウチワエビでの宴会は、十分正しい接待なのだ。なのだ、なのだ!


さてさて、竹島水族館の写真はこれだけではない。
竹島ならではの展示もこれまた苦労して撮ってきたので、それらはまた後日に……。
続話⇒竹島水族館と言えば深海生物!

うおっ!もう朝やん!
寝ようっと。おやすみなさ〜い。

●竹島水族館の、これまでの記事と写真のリストはコチラ ⇒東海の水族館記事リスト

●カンチョの水族館トークライブ第9弾『中村元の超水族館ナイト2011新春〜ペンギンナイト2〜』2/5(土)開催決定〜! 売り切れ必至につき、チケット販売開始の情報をいち早くゲットのために、12月中旬からこのサイトを毎日チェックして下さい。


恥ずかしながらTwitter始めてみました…。
□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド

ついこないだまで、うるさいほどに鳴いていたセミ。
夏物の服をクリーニングに出すのと同時に、ぱたりと聞こえなくなった。
セミもクリーニングされにいっちゃったのか!
と、カンチョは一瞬ファンタジーな世界の人になったのでしたよ。


しかし、セミはクリーニング店には行ってなかったん。

実はなんと、油壺マリンパークに行ってた〜!

ミ〜ン、ミ〜ン、ミ〜ン!

イメージ 1

アブラツボゼミ。

いえ、違います。セミエビです。
はい、だれが見ても、セミエビです(^^;
しかし、だれが見てもコイツ、確かにセミ的エビです。

セミエビって、こういう足がかりがあれば、登ってセミみたいに止まるもんなんやねえ。
不肖カンチョ、初めて知ったですよ。
たいていセミエビやウチワエビは、イセエビと一緒になって、水槽の底をウロウロしてるから…。


近くで見ると、セミの羽根の部分(セミエビの頭の部分)は、紅をさしたような縁取りが美しい。

イメージ 2

ちなみに、セミエビの味はイセエビに匹敵するらしい。

同じような形をしたゾウリエビは、海辺の安い宿に泊まると出てきたりするので、きっとセミエビの方が美味しくて高いのだろう。


ところで、夏なんて、もう過去の話。
こんなに寒くなった今頃では、時期はずれもいいところ!と思われてることだろう。

しかし、この水槽は今だからこその光景でもあるのだ!

イメージ 3


クリスマスツリーw。

ほら、よーく見てごらんなさいよ。
ツリーの上の方には、ちゃんとお星さまが3つ!


うん? しかしてっぺんには、なんとカニ?
(たぶん、アカマンジュウガニかホシマンジュウガニ)
さらに、ウミウシっぽいのもいるぞ。

それはね、蟹座と牡牛座なのですw。


●油壺マリンパークの、これまでの記事と写真のリストはコチラ ⇒神奈川県の水族館記事リスト

●カンチョの水族館トークライブ第9弾『中村元の超水族館ナイト2011新春〜ペンギンナイト2〜』2/5(土)開催決定〜! 売り切れ必至につき、チケット販売開始の情報をいち早くゲットのために、12月中旬からこのサイトを毎日チェックして下さい。


恥ずかしながらTwitter始めてみました…。
□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド

う〜。長い寝不足からの脱出です。6時間寝た〜〜〜〜!
3時間〜4時間半睡眠が3日続いていたところでのまさかの完徹。
完徹空けに、さらに4時間半睡眠。
やっぱり、4日目の完徹が厳しかったなあ。今日一日まだ眠気がとれんかったわ…(T_T)

でも、今回の忙しさはNPO道楽ではなく、全部仕事ですぞ! えっへん!
つってもはい、NPO道楽で道楽仕事にうつつを抜かしていたからです。えっへん!は撤回。

さてさて、そんな時にも関わらず、ミーサンが神戸から家出をしてきたというので、エプソン品川アクアスタジアムで飯を食わせてあげた、援助オヤジすれすれのカンチョなのでしたw。

水族館にも入れてもらっちゃったので、エプソン初めてミーサンの驚きの目線で。


東京にも、マンタがいる!っと驚く。
イメージ 1

マンタや!マンタ!
関西人は、マンタとジンベエザメは、「美ら海水族館以外では、海遊館だけ!」と思いこんでいる。

へへっ、そりゃ大間違いってもんですぜ、ダンナ。
江戸っ子、なめてちゃあ、あきまへんで。 あれっ?江戸っ子弁がおかしいぞ…。



あまりにでっかいノコギリエイにめちゃ驚く。
イメージ 2

※これ、合成とかではありません。カンチョの技と賢いコンデジLUMIX-LX3の結晶ですぞ。

ドワーフソーフィッシュなんか、グリーンソーフィッシュの方なんかわからんけど、おそらくドワーフソーフィッシュ。
…ではなく、ミストラルさんによれば、グリーンソードフィッシュやそうです。

とにかくエプソン品川のノコギリエイは、日本一でっかいのだ。
もしかしたら、世界で一番でっかいんちゃうかなあ……。



ナイトショーに興奮。
イメージ 3

神戸の人は、イルカショーちゅうたら須磨水やろー!とか思ってる。

まあミーサンは水族館好きやから、兵庫県のもう一つの水族館、城之崎マリンワールドのショーアップされたショーもちゃんと知ってるけどね。

そうはいっても、時間は、最後のナイトショー。
暗く青く演出されたシスタジアムに、イルカがバンバンジャンプする。

しかもそれが、新幹線も停まる品川駅前やもんねえ。
神戸人ミーサン、びっくりなのである。



大ジャンプに、めちゃ興奮。
イメージ 4

ハイジャ〜ンプ〜!
ミーサン、須磨水ではこんなに高いジャンプを見たことないのか、激しく興奮。
そして、イルカの背に乗るトレーナーがイケメンだったことに、さらに激しく興奮!

神戸からの大きな荷物をまだ抱えたままのマジで家出娘風なミーサン。
上京直後に、いかにも東京らしい水族館で、驚きと興奮のるつぼだったのであった。


今回は、コンデジしか持っていなかったけど、けっこうキレイに撮れるもんやねえ。
こちらも我ながらビックリなのでしたw。



●エプソ品川の、これまでの記事と写真のリストはコチラ ⇒東京の水族館記事リスト

●カンチョの水族館トークライブ第9弾『中村元の超水族館ナイト2011新春〜ペンギンナイト2〜』2/5(土)開催決定〜! 売り切れ必至につき、チケット販売開始の情報をいち早くゲットのために、12月中旬からこのサイトを毎日チェックして下さい。


恥ずかしながらTwitter始めてみました…。
□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド

標津サーモン科学館にて、もう一つのホットな話題。


うぎゃっ!

イメージ 1

学芸員さんに言われるまま、水槽上に指を差し出したとたん、その指を狙って、謎の怪魚が襲いかかってきたのだ!

激しい動きと、水面から白く突き出した三角頭。
雰囲気、まるでジョーズです。



そして……

バコンッ!

イメージ 2

ゆ、指が! 指がサメに食われてしまった!……。


はい、水族館好きのみなさんなら、もうおわかりよね?

口の上にあるヒゲ。
アヒル唇な口。

この怪魚は、サメはサメでもチョウザメ。

さらにチョウザメは、サメの仲間ですらない。
形がサメっぽくて、体にチョウチョウの形の模様があるから「蝶鮫」
けっこういいかげんな命名ですな。


コチラが、指に食らいついていたチョウザメの水中姿。

イメージ 3

見た感じはベステル(チョウザメの交配種の種名)みたいだが、『ベスカル』という。オスカルではない。
日本での展示が少ないダウリアチョウザメと、養殖が盛んなベステルを交配したものだ。
たぶん、ダウリアチョウザメがロシア名で「カルーガ」というので、ベス+カルでベスカルになったんやと思うのやけど、聞くのを忘れたので、本当のところはわからない。


で、別に種名のことなんぞは、このさいどうでもいい。
それよりも、このチョウザメ『ベスカル』が、なぜ指を食べようとするのか?…である。
学芸員さんに言わせれば、これは、わざわざ調教したのだそうだ。
調教の目的は、「チョウザメの口の中には、咬むための歯も、何かを潰すための硬い咽骨も無い」ということを体験的に知ってもらうためである。

これこそ、『チョウザメに指を食べられてみよう』というプログラムなのだ。
なんて脱力系のプログラム名…(~~;

しかし、名称が脱力系にもかかわらず、指を出すのはけっこう勇気がいる。
ホントにジョーズっぽくバクバクとやってくるし、そもそもどの程度の衝撃なのか予想もつかないから、めちゃ怖いのだ。


しかも、顔がこんなやもんなあ……。
イメージ 4

いくら、指が食いちぎられることはない、とか言われたってねえ。
いざ指を出そうという時になって、できなくて泣いちゃっうちびっ子は数知れず、ヤンキーな兄ちゃんや、家族連れのお父ちゃんだけができなかったりとか、なかなか面白いらしい。

カンチョ的にも、プログラムの本当の目的以上に、生き物としての原始的な恐怖感を味わえる面白さがあって、すごくオススメのプログラムなのである。
この意義深いプログラムに比べれば、ネコザメとかの背中を触って「ざらざらや〜」とか言ってるタッチングプールなんぞ、ただのお触り体験でしかない。


さて、この「チョウザメに指を食べられてみよう」体験プログラム、だれでも参加のできるのだけど、
まず隣に設置されているガチャマシーンで餌を買い、水面にばらまかないとチョウザメたちも集まってこない。

餌を蒔いたとたん、
イメージ 5

ほ〜ら、餌の周りに、うようようじゃうじゃ集まってきたねえ。

チョウザメは本来、川底で餌を探す魚なので、こんな風にイルカみたいな立ち泳ぎはしないのだけど、そこが学芸委員さんが「調教」と言った意味。
魚も、餌のためなら、新たな食べ方を発明し、しかもそれをちゃんと記憶するんですなあ。

餌を買うのがもったいないと言う人は、床を探せば餌がけっこう落ちているし、後から来たお客さんに、「チョウザメの給餌体験、面白いからぜひやってみなさいよ」とそそのかすという手もあるが、たった百円やしさ、一生懸命にこれを覚えたベスカルくんたちのためにも、ここはちゃんと買ってあげようよ。ねw。

尚、「正しい指の食べられ方」というか、上手な食べられ方は、サーモン科学館の学芸員さんのブログに載っています。⇒「チョウザメに指を食べられてみよう」



●標津サーモン科学館の、これまでの記事と写真のリストはコチラ ⇒北海道の水族館記事リスト

●カンチョの水族館トークライブ第9弾『中村元の超水族館ナイト2011新春〜ペンギンナイト2〜』2/5(土)開催決定〜! 売り切れ必至につき、チケット販売開始の情報をいち早くゲットのために、12月中旬からこのサイトを毎日チェックして下さい。


恥ずかしながらTwitter始めてみました…。
□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド

開く トラックバック(2)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事