ブログ水族館/中村 元

次回『中村元の超水族館ナイト』は2019年2月24日(日)の開催。前売り発売は1/24です

裏版!!全国水族館ガイド

[ リスト | 詳細 ]

全国水族館の最新情報と最新写真。全国水族館ガイドのブログ版
記事検索
検索
コメントまで読んでくれてる人と、ツイートしてくれてる人はご存じのことだろうけど、先週末は、そろそろシバレる北海道に行っていた。
北見市からちょっとした相談を受けて、いくばくかのお力になろうと、今年3度目の北見市なのだ。

で、ちょうどサケの遡上時期でもあるので、今回は標津サーモン科学館に寄ろうと、1泊して足を伸ばした。
そしてさらに、せっかくだから北海道の自然満喫ドライブにしようと、裏摩周を覗く山の方に遠回りをすることにした。

イメージ 1

北海道の山道を走ると、こんな光景がよくみられるよねえ。
熊や鹿が、こういうところをバシャバシャと歩くのだろうなあと想像するだけで、なんか北海道な気持ちになる。

さてしかし、遠回りの目的はこの光景ではない。

目的地はコチラ『神の子池』。
イメージ 2

コバルトブルーの水は、寒さを忘れて美しい。
案内看板によれば、この水は摩周湖からの伏流水で、1日1万2千トンも湧き出ているのだそうだ。
摩周湖はアイヌ語で「神の湖」なので、その子どもだから「神の子」なんやって。

この美しい水には、オショロコマがたくさん住んでると書いてあったが、標津サーモンパークの学芸員さんによれば、サクラマスも産卵に来てるのだとか。

サクラマスっていうのは、ヤマメの降海型。
ていうことは?
なんと、最初の写真の小さな細い川を上ってここまでやってくるのである。
すると、熊はバシャバシャと歩くだけでなく、さっきの川でサクラマス狩りなんかもバシバシとするのかもしれない。

美しさも北海道やけど、自然の営みもまた、なんやしらん北海道なんやな〜。


さてさて、その遡上してきたサクラマスの子が、標津サーモン科学館では孵化してましたぞ〜!

ウジャウジャ、ニョロニョロ。
イメージ 3

サケ科の魚は、みんな卵の一粒一粒が大きいから(つまりイクラの大きさね)、稚魚も小さめのオタマジャクシくらい大きくて、サケを展示してる水族館の多くでは、こんな風に稚魚も展示している。

こういうのを見ていると、
生まれたばかりの命は、希望と活力がみなぎってるなあ……とか
頑張れよ、健気でちっちゃな命たち……とか
サケの身は赤いけど、稚魚も全身で赤いんやねえ……とか
このまま食べたらけっこう美味しいかも……とか それはアカンやろ!

まあ、いろんなことを考えて、なかなかよいものです。

ところで、魚は、卵→稚魚→幼魚→若魚→成魚の順なのだけど、
カンチョには、稚魚と幼魚の境目がどうにも分からない。
ついでに、稚魚→幼魚の順と「幼稚」という言葉の順が逆なのも、なんだか不思議だ。
そもそも、なんとな〜く、「幼」の方が「稚」より小さいような気がするんやけどなあ……。

それと、ヤマメは陸封型、サクラマスは降海型のはずなのだが、サクラマスの中には降海しない残留型もいるのだそうで、それはヤマメと言わないのがどうにも分からない。
サケっていうのは、とにかくとても難しいのである。


そして、標津サーモン科学館のこの時期のハイライト!
「魚道水槽」だ。
イメージ 4


標津サーモン科学館は、この「魚道水槽」抜きには語れない。
サケの水揚げ量日本一を誇る標津町を流れる標津川には、毎年大量のサケが遡上してくるのだが、その標津川から支流のように引かれたのがこの水槽への魚道なのだ。
この魚道生まれのサケは、必ずここに戻ってくる。

この水槽には、さらにまた上流がある。
ここから、堰をもう一段飛び上がるのだ。
そして、その終着点には、サケを捕獲するための水車があり、一網打尽というわけだ。

コレがその水車⇒ サケの捕獲水車
一生懸命帰ってきたのに、なんかちょっと可愛そうですな、サケ。


イメージ 5

今回は、その最後のジャンプを試みるサケの姿を、バッチリカメラに収めようと意気込んで、半日の滞在のおよそ2/3の時間を、この水槽手前で粘ったのだけど、それがほとんどジャンプしてくれなかったのですよ(T_T)。

しょうがないので、「森に還えってきたサケ」にテーマを変えて、この2枚の写真になってしまったというワケです。
残念やけど、ジャンプは彼らの勝手なので、ボクがいくら撮りたいと言ってもどうにもならない。

次のチャンスは、来年のまた今頃か……。
ちょっと悔しいぞ!


でも、みなさんもこの水槽でサケがジャンプしてるの見たいだろうから、5年前に撮影した、魚道方向へではないけれど、ジャンプしたサケの写真を載せておきます。(撮影もカメラもイマイチ)

イメージ 6


……というワケで、標津サーモン科学館に行くのなら、今この時期か、来年の9月〜11月中旬あたりまで待つのがお勧めです。
ちょうど今日あたりからは、この魚道水槽に砂利が入っているはずで、目の前で、そこに産卵&放精をする産卵行動がリアルに見られます。


そしてこの時期には、裏を流れる標津川も壮観のサケの大群。見逃さないように!

以前の記事で川の写真⇒2枚目の写真
こんなことだってある⇒川岸に乗り上げるサケ


●標津サーモン科学館の、これまでの記事と写真はコチラ ⇒「北海道の水族館」記事リスト

●カンチョの水族館トークライブ第9弾『中村元の超水族館ナイト2011新春〜ペンギンナイト2〜』2/5(土)開催決定〜! 売り切れ必至につき、チケット販売開始の情報をいち早くゲットのために、12月中旬からこのサイトを毎日チェックして下さい。


恥ずかしながらTwitter始めてみました…。
□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド

開く トラックバック(1)

いやはや、長きにわたりアップできずご無沙汰でした。

サンシャインの仕事がどさっと動き出したり、風邪をひいちゃったりということもあったけど、なんと言っても、全国バリアフリー旅行システムの推進がすごくたいへん。
国との交渉のあれこれや、先行して進める研修会、そして、各地での打ち合わせなど。
先週の急きょの沖縄行きももちろん、このための打ち合わせ。
一昨日昨日には鳥羽で、おそらく日本で過去最大と思われる、バリアフリー観光の研修会を開催。

これはねえ、観光業界に、革命が起こりますぞ。
10年後、各地の観光地で車椅子の数が当然のように増えたとき、その時代の始まりが今年であったと、みなさん覚えておいて下さいな。

そんなワケで…

あ、そらっ! バンザーイ!
イメージ 1

と、美ら海水族館のアカウミガメ。

さてさて、ウミガメの水槽は外の無料エリアにある。
美ら海水族館の無料エリアはこれがまた無視できない内容でね。

すべての水槽があまりに大きいから、そのありがたさに気づかないのだけど、
この水槽も、ウミガメの水槽としてはたぶん日本一の大きさなのである。

多くの人たちは「なんやウミガメの池か〜」と、あまり興味持たずに帰っちゃうのだが、ぜひとも地下へ潜ってみたい。
直射日光のキラキラと差し込む明るい水中に、うじゃうじゃスイスイと泳ぐウミガメたちは、ジンベエの大きさとはまた違った大物の存在感がある。

ほら、うじゃうじゃスイスイ。
イメージ 2

向こうの方にも、ウミガメだらけですな
この水槽は広いから、ウミガメの泳ぎがいかに速いかも実感できるだろう。

この日は、九州からの修学旅行らしき女子高校生がいて。
とても近くにやってくるウミガメにはしゃぎ回っていたら、窓の向こうから、ウミガメにバシバシと前ビレではたかれ。

「怒っとー!こん人、怒っとーよ!」
「なんで、こん人、怒っとっと?」
と、心配しておったのでした。

別に、カメは怒ってるわけやなかったのですけどねw。
それと、この人ではなく、カメさんですw。


タイマイもバンザーイ!
イメージ 3

上のウミガメプールにも、タイマイとかは入っているのだけど、この水族館で繁殖した個体についてはその向かいのプールにいる。

左がタイマイの繁殖個体水槽で、右奥に見えるのが、最初のプールの一部分。
イメージ 4

タイマイ、ちょっと格好よろしいですな。

なんとなく、鷹とかの猛禽類っぽい。
それに対して、ずんぐりむっくりのアカウミガメはガチョウとかていう雰囲気やもんねえ。


さて、ところで、
一昨日夜の、バリアフリー旅行の会議での宴会の時間のこと。
全国からのいろんな障がい者の仲間も参加のため、普段はボクのまわりにはいない全盲のメンバーもいた。
そのうち、全盲の可愛い子ちゃんが、「代表の顔を触りたい」と言うので、『ボクの顔はね、まあSMAP系やね』とウソ解説を加えたら、触り終えてから『ぜんぜん違う!』と断言するのである。
いや、そりゃまあウソ解説やけどな、「ぜんぜん」はないやろ!
思わず「じゃあオマエ、SMAPの顔触ったことあんのか?ええ〜!」と年端もいかない可愛い子ちゃんにゴロをまいてしまった大人げないカンチョなのでしたw。


しかし、たぶん、アカウミガメとタイマイは、目をふさいで触っても、きっとぜんぜん違うことが分かるはず。
はい、もちろんカンチョがアカウミガメ、SMAPはタイマイです……。



●美ら海水族館の、これまでの記事と写真はコチラ ⇒九州沖縄の水族館記事リスト

●カンチョの水族館トークライブ第8弾『中村元の超水族館ナイト2010秋〜特ネタ大爆発!〜』10/24開催!チケット販売中⇒東京カルカル


●中村元の超水族館ナイト2010夏ライブレポート⇒W杯日本VSオランダ戦の真っ最中にペンギン好きで超満員!キュン死続出!

恥ずかしながらTwitter始めてみました…。
□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド

美ら海のマンタは5頭

マンタです。

美ら海水族館の写真と言えば、なんでもかんでもジンベエザメ。
というのがどうも嫌で、(…と言いながら、新しいガイドの表紙にはジンベエきちゃったんやけど)
世界で唯一繁殖もしているマンタ(オニイトマキエイ)の、格好いい写真を撮りたかった。


ガイドブックのために、カンチョが最初から決めていた撮影場所と構図がコレ。

イメージ 1

いろいろ考えた結果、この場所が、マンタの巨大さとか、覆い被さるような雰囲気とかを出せる場所。

他の場所では、やっぱり黒潮大水槽は大きすぎる。
ジンベエザメだけがしっくりくる水槽なんやなあ…。

ここではけっこう粘って、まあまあ思ったように撮れたので、これを、『中村元の全国水族館ガイド112』では、美ら海水族館のTOP写真に使ったのですよ。
……と、さりげなく、本のPRしちゃったりしてるカンチョのいじましさw。


でもねえ、難しい!
美ら海のあのでっかい水槽では、マンタの格好いいシーンが、他にはぜんぜん浮かんで来ないんよねえ。

美ら海のマンタは、他の水族館のに比べて、めちゃくちゃでっかいんよ。
でも、ジンベエザメの方も、他にくらべて、はるかにめちゃくちゃでっかいし、
さらに水槽の大きさといったら、そのはるかめちゃでかジンベエが小さく見えるほど、超デカなんやから、どーにもならん。


それで、格好良く撮ることは諦めて、マンタいっぱいを目指すことにした。
というのは、美ら海の広報の女性が言うには、マンタが5頭入っていて、全5頭が全て収まった写真を狙っているのだけど、なかなかそのチャンスがない、とのことだったから。

そうか!よっしゃあ、オレさまの出番じゃあ!
と、なったわけ。 単純w。

まず、マンタ2頭
イメージ 2

2頭はけっこう簡単。
2頭でいること多いからね。

これは、どうやら、オスとメス?
後ろの白マンタには、交接器らしきものが見えてるからなのだけど、もしかしたら前の斑マンタもまだ成長してないオスなのかどうかは、さかなクンでないボクにはわからない。

でも、白マンタが異常にしつこかったから、きっとオスとメスなんでしょう。
そういうことにしとく。


つづいて、マンタ3頭

イメージ 3


こんな光景、いくらでもあると思うでしょ。
そう、光景は、なんぼでもあるの。
ところが、これをちゃんとした写真にするというのがけっこう難しい。

水槽の奥の方なら、3頭どころか5頭だって並んでるのだけど、色が水の青色に溶け込んでべたーっとした写真になるし、それだとマンタなのかマダラトビエイなのかわからんし、感動的でもないわけで…。

それに、奥の方にいるマンタ撮ったら、マンタとカメラの間に、魚がいっぱいで邪魔になってしょうがない。
もちろんでっかいジンベエザメも容赦なく邪魔しにくる。

なので、近くに来るのを待つのだけど、近くにくるとこれが、けっこうそれぞれ離れてるんよね〜。
この写真、18mmのかなり広角で撮っていることになってるのだけど、それでも3頭ギリギリやもんね。


こういう残念な3頭も…

イメージ 4

これは縦位置写真なのだけど、上の方は壁で真っ黒だったので、トリミングした。

まあ、それはいいとして、後ろの2頭目3頭目を台無しにしてる泡々のバブルの塔。
もー、やめて下さいー(T_T)。



で、カンチョの最多記録は、マンタ4頭。
輪になって回る。

イメージ 5

…ていうか3頭半ですな(T_T)

1頭半分で切っちゃうなんて、なんちゅうオバカさん! と思うでしょ。
でも、この右にはもう水槽の切れ目があるの。
さらに、もう1頭は上にいるはずなんだけど、ドームアクリルとのつなぎ目で死角になって見えない。

あ〜、悔しい〜。カンチョはめちゃ悔しいぞ!
マンタ5頭は、マジで難しい。


みなさんも、ぜひ、マンタ5頭に挑戦してみて下さい。
そして、カンチョの悔しくてしょうがない気持ちを味わってみて下さい。にゃは!

来月、那覇に行く用事があるから、ついでに行って、もう一回挑戦してこようかなあ……。


●美ら海水族館の、これまでの記事と写真はコチラ ⇒九州沖縄の水族館記事リスト


恥ずかしながらTwitter始めてみました…。
□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド


みなさ〜ん、すみません。更新がめちゃくちゃ久々です。
その理由は、のちほど…。

amazonのカスタマーレビューに、新水族館ガイドの★★★★★レビューを書いてくださった、どなたかお2人さま。
ありがとうございました! 感激です!
それにしても、再び在庫切れが続いているとは、いったいなんなんよっ!amazon!
で、レビューは、★★★★★口座のみ、まだまだ受け付けておりますよ〜w。


さて、そろそろおたる水族館からの写真もネタ切れになってきちゃった。
最後は、北の海の可愛い子たちです。

近頃の冷水系の人気者といえば、もちろんこの子。
フウセンウオ
イメージ 1

ナメダンゴも可愛いけど、やっぱりフウセンウオは格別ですな。

いまだに、新しいPCと格闘中のカンチョ。
おかげでこのところずっと、古いPCと、新しいDELLのPCと、それにノートPCの3台を、エアコンのない仕事部屋でつけっぱなし。
PC3台分の熱量って、掛け流し温泉の熱量くらいあるんよ。
しかもよ!
なんと新しいPC、まったく使ってないのに、再インストールまでやらされるって、いったいなんなんよっ!DELL!

まあねえ、vaioノートのスペックの5倍くらいの性能を詰め込みながら、値段は1/2なんやから、そういう面倒なこともあるのでしょうが、それにしてもいきなり再インストールってさ、ちょっとあんありやと思います〜う。
この2週間の青春を返せ〜〜〜〜DELL!


はいっ!もういっちょうフセンウオ。
イメージ 2

おたる水族館のフウセンウオ水槽には、風船出っ張りがついていて、そこにポヨンと入ってるのが可愛い!

しかし、北海道も暑いからね〜。冷たい水温のために水滴がいっぱい。
その水滴を、さっと拭いてさっと撮ったのだけど、水滴落としのためにグリスが塗ってあったんやなー。
逆に拭き跡が、浮き上がってしまいましたです。


オホーツク海の水深90〜150mに生息と書いてあったからね、なんかもう、めちゃくちゃ冷たい海なんでしょうな。
まあ、そう考えるだけで、涼しい気持ちにはなれる。
でも、カンチョの仕事部屋は暑い……。


こちらは、カンチョ的にけっこう好きな魚。
ガジ
イメージ 3

北海道と東北の水族館では、わりとよく見かける魚。
目の上のバッテンが、なんか好きなんよね。


それにカンチョ、子どもの頃に、ガッチてあだ名やったから、ガジの名前にもちょっと惹かれる。
頭でっかち⇒ガッチ。とほほ。
こないだのNHKでも、名倉さんの顔があんまりにも細いので、カンチョの大顔がさらに強調されておりました。
ガジさんは、頭小さいです。

カンチョ、顔さえ小さければ、今頃「嵐」とかの一人やったんやけどな〜w。
いえ、独り言です。



イソバナテング
イメージ 4

いかにも、冷たい海にいるっぽい雰囲気ですな。


さてさて、こないだから、新しいPCに振り回されているだけでなく、もう一つは、ボランティア道楽でやっているバリアフリー旅行のNPOのことが、まあちょっとタイヘンでね。
とりわけ、全国組織をつくるという段階に入った上に、先週末は伊勢志摩バリアフリーツアーセンターの年に一回の総会やったものだから。

さらに、そんなときに、もう気が滅入るようなトンチンカンな連中が、このNPO活動を邪魔しようと次から次へと現れたりして……。
こっちはさー、自分には一銭にもならんことを、社会のために役立つんやったらやっとこーとか思ってやってんのに、アホな邪魔ばっかさらすなー!
とまあ、そんなことへの処理はもちろんのこと、トンチンカン連中のせいで気が滅入るから、暑い仕事場の中で心頭滅却するパワーがダウンしてしまい、それで、ブログの更新も滞っておったのです。

今日はようやく、「アホは相手にせんとこ」と思うことができるようになったのと、風が幾分涼しいので、やっとブログ更新する気持ちになりました。
でも、まだ文章に、ちょっと荒んだ感じが表れてますねえ。
ごめんなさい。


ホッカイエビ
イメージ 5

チビのくせに、キリリと凛々しいやつ。

カンチョは、基本的に、甲殻類はあまり好物ではないので、ホッカイエビがどの程度の味なのかは知らない。
でも、エビもカニも、姿はかなり好きなのですよ。
写真を撮っていても、こいつらは飽きない。
子どもの頃に、戦車のプラモを組み立てて、いろんな角度から見たのを思い出す。

それと、水族館の写真を始めようというみなさんに、エビとカニはお勧めです。
・まず、動かないから、ピントも合わせやすいしブレにくい。
・魚みたいに細長くないし、薄っぺらくないので、アングルが自由。
・魚よりも立体感があるので、動きやポーズを気にしなくてもそれなりに撮れる。

水族館で、どうも写真がうまく決められないという方は、ぜひ甲殻類から入ってみて下さい。
けっこう簡単に、思ったような写真が撮れますよ。


……というわけで、今回もまた、とりとめのない記事になってしまいました。
今週はまた、バリアフリー旅行の全国組織のために、官庁に行ったり、九州に出かけたりしなくてはならないので、それが終わったらまた、ちゃんとブログ水族館らしい記事に戻ります。
少々、お待ち下さいませ〜。


●おたる水族館の、これまでの記事と写真はコチラ ⇒北海道の水族館記事リスト


恥ずかしながらTwitter始めてみました…。
□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド

今年の2月、友人から連絡があり。
「なあなあ、ハジメちゃんの水族館ガイド、買おうと思ってAMAZONみたら5千円もしてるやん!」

はあ?
慌てて、AMAZONを見てみたら、なんと売り切れていて、プレミアが付いてるらしく5250円もの値が!

今年受けた取材では、ボクと打ち合わせするために、そのプレミア値段で買ってきてくれた人もいたりしてね。
どうしても必要な方には、プレミア付いててもけっこう売れたりしてるわけです。

今も、3655円〜5250円の中古品新古品が出品されてる。(新品で1900円+消費税やったのに…)
言っとくけど、それに出品してるのがカンチョというようなことはありませんからね。


しかし!
みなさん、そんなバカ高いガイドを買うことはありませんぞ!

ついに今週、改訂版が出版されることになりました。

『中村元の全国水族館ガイド112』
イメージ 1



うおっ!
なんと、改訂版になって、『中村元の…』と冠が付いた!
名前が本の題名になるのは、初めてです。

ちょっと、さらし首っぽいです。
ていうか、ぜんぜん有名人でもないのに名前がついちゃって、
誰じゃこれ?と、全国各地で笑われてるという夢を見てしまいました…(T_T)


でも、まあ、水族館のパンフレットやHPを見て書いたのではなく、
もちろん、水族館からの提供写真で埋めたのでもなく、
「全てを自分の足で訪れ、自分の目で見たことを、自分の感性と写真で紹介する」
というポリシーを認めてもらえた上での、この題名なのだと感激してます。

おかげで大赤字やけど…。かめへんかめへん!そんな些末なこと!
水族館文化が大盛り上がりになれば、巡り巡って、きっといつかいいことあるさ!


ところで、上記の表紙写真は、帯付きのカバー写真だけど、帯を外すと、ブログ水族館でみなさんおなじみの顔たちが勢ぞろい。

表表紙の下
イメージ 2


裏表紙の下
イメージ 3


というわけで、『中村元の全国水族館ガイド112』は、あくまで『決定版!!全国水族館ガイド』および『全国水族館ガイド2006-2007』の改訂版という体裁なのだけど、
著者のワガママで、利用者の多い水族館のほとんどは、新たな写真に入れ替えさせてもらいました。
大きく変更があった水族館などについては、文章も総入れ替えをしています。
それと、初版と1回目改訂版のときには98館だったのを、112館の紹介に増やしてもいます。

そんなこんなで、結局中のデザインも変更することになり、なのに売価を上げるのはイヤだとボクがだだをこね、出版社の方も、ボクに負けず劣らず大赤字覚悟の大奮発!
今までと同じく、ちゃんと売れてくれるといいんやけどなあ。

書店などでは、すでに並んでいるところもあるかも…とのこと。
見かけたら、とりあえずは立ち読みでけっこうですから、ご覧下さい。
そして、一番目立つ平積みの本の上に、戻して置いて下さいw。


改訂版が出て、今のプレミアがどんな風に急暴落するのかに、ちょっと興味あり。
最新情報でなくていい…という方は、それが正価の半額くらいになるのを待って買うというのもアリですぞw。


恥ずかしながらTwitter始めてみました…。
□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事