ブログ水族館/中村 元

次回『中村元の超水族館ナイト』は2019年2月24日(日)の開催。前売り発売は1/24です

裏版!!全国水族館ガイド

[ リスト | 詳細 ]

全国水族館の最新情報と最新写真。全国水族館ガイドのブログ版
記事検索
検索
あっ!超水族館ナイトまであと1週間やん!

今回は、イルカです!いるか!
イメージ 1

はい、いました!
名古屋港水族館のシロイルカ母子です。

いや、そうやなくて、名古屋港水族館館長がゲストなんでしたね。
先日名古屋港に立ち寄ったのは、祖一館長と打合せをするためでした。

さすが鴨シー開業時から水族館人だった業界の大先輩、ボクも知らない話がいっぱい出てくる出てくる。
さらに、今まで知らなかったのだけど、祖一館長って写真もお上手なのです。
かなり昔に撮られた、もう二度とお目にかかれないであろうレアなイルカたちの写真がいっぱい。

ガンジスカワイルカにコマッコウ! 見たことある?
カンチョは初めて見ましたよ。
おかげで、軽い打合せのはずがついつい、観客のいない超水族館ナイトを3時間やってしまっていたのでしたw。


はいはい、ぐぐいっと身を乗り出してきてくれましたね。
イメージ 2

そんなアナタ! そうです!子連れでも親連れでも、ぜひお越しいただくことお勧めですよ。

祖一館長とのトークでは、

・日本で飼育されていた、ガンジスカワイルカとアマゾンカワイルカ。
・東京湾に入ってきたシャチのポッドの大捕物。
・超レア!コマッコウのパフォーマンス?
・日本初の水中イルカショー。
・日本初のシャチの出産。

など、ディープで興味深い話題を、当時の貴重な写真とともにご紹介します。

…って、あれ?シロイルカのこと入ってなかったりして。
いえいえ、名古屋港水族館でのシロイルカの誕生直後の写真も届いておりますよ。


さあ、トーク展示が始まるよ〜!
イメージ 3

水族館ナイト改め「超水族館ナイト」は、トークライブそのものをホンマモンの水族館と同じく、水中の世界や生き物を通じてさまざまなことを伝え考える場にします。

つまりなんというか、「東京カルカル水族館」とでも呼ぶべきトーク水族館を開館するというようなこと。
ついに、トークによる展示が始まるというワケですな。

もちろん、それらの展示物を通じて、命やヒトの存在と言った話題に繋げるのはボクのお仕事。
展示のプロとして、みなさんを水族館の水槽から見える、広くて深いアニマな世界へと引きずり込もうと手ぐすね引いて待ってます。


……すんません、今回はPRでした。 でも来てねw。

●名古屋港水族館のこれまでの記事はコチラ→東海の水族館の記事リスト

■東京カルカルにてトークライブ今年も全開!⇒中村元の超水族館ナイト2010 〜イルカを知れば人間がわかる…かも〜

□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド

二見シーパラの次の日、超水族館ナイトの打合せに訪れた名古屋港水族館からは、まず、コウテイペンギンですぞ。

ペ: ようこそだがね。やっとかめや〜なも?(でた!カンチョのいい加減方言)
イメージ 1

名古屋港水族館の南館のテーマ…というか本来のテーマは「南極への旅」
そんなバリバリ南極を謳ってるくらいだから、ペンギンだって南極ペンギン。
日本の水族館動物園で、コウテイペンギンと会えるたった2施設のうちの一つだ。


でも、おみゃ〜さん、ず〜とプカプカ浮いて、えらいおーちゃくいんでにゃ〜か?(う〜〜〜ますますエエ加減の名古屋弁w)

ペ: そんなことあらすか。ちょびっと潜ったろーやにゃ〜の。
イメージ 2

名古屋港水族館のペンギン水槽は、日本で初めて−2℃の気温に、人工雪を降らせた極地ペンギン仕様。
南極の気候に合わせて日照時間も調節しているから、南半球の夏に当たるこの季節が、水槽内の明るい時間が一番長くて写真が撮りやすい。

しかし……。肝心のコウテイペンギンはみんな水中にいた。
とはいうものの、水中のコウテイペンギンは、これがまたなかなかの迫力なのである。


ぺ: すーい、すいっと。
イメージ 3

ペ:で〜りゃぁ気持ちええでかんわ。

近代潜水艦の姿を彷彿させるこの太さ!これこそがコウテイペンギンのコウテイペンギンたるところ。
他のどのペンギンよりも紡錘型で、しかもこんなに胴回りが太くてもメタボ体型には見えない。


ペ: 軽〜くはばたくだけで、えりゃあスピード出るでよ。
イメージ 4

格好よろしいですな。

コウテイペンギンは陸上(氷上)では、他のどのペンギンよりも長い距離を歩くけど、海中でも、他のどのペンギンよりも深く潜ることができる。
手元にある「ペンギン大百科」では、潜水の最高深度は450mやって!
東京タワーの高さ333mの深さを軽〜く超えてるけど、これだって記録にすぎず、ヒトの知らないところではもっと潜ってるやつもいるに違いない。
スカイツリーの640mくらいの深さだって、ちょちょいのちょいと潜ってるのではないだろうか。
タワーの高さをを楽々越えていくと考えると、なんかやっぱり鳥なんだなーと妙に納得w。


はいはい!おみゃーさんら、どきゃ〜よ!
イメージ 5

おっと、遊び好きのジェンツーペンギンがやってきた。
端っこの方で、バチバチ写真撮ってるカンチョに気付いて、持ち前の好奇心が吹き出したのでしょうなあw。
それにしても、他の水族館ではかなり大型に思えるジェンツーペンギンが、ここではずいぶん小型のペンギンに思える。
やっぱコウテイペンギン、皇帝ですわー。


●名古屋港水族館のその他の記事はコチラ→東海の水族館の記事リスト

■東京カルカルにてトークライブ今年も全開!⇒中村元の超水族館ナイト2010 〜イルカを知れば人間がわかる…かも〜

□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド

二見シーパラダイスで、やっと会えたのがこの子!
ツメナシカワウソ。
イメージ 1

う〜〜〜〜ラブリー!
カンチョは断言する!
ツメナシカワウソは、他のどのカワウソよりも可愛いいんやぞ〜!

ツメナシカワウソが狭い小屋から、新しい展示小屋に移られてから、ボクは一度も二見シーパラダイスに訪れたことがなかったんよね。
もといた場所は、館の裏手みたいなところにあった、大型犬の檻みたいな箱。
それが、セイウチの子とかがいたプールに引っ越したのだから大出世だ。

……とは言ってもしょせん、カワウソはカワウソ、ラッコやプードルや、ましてやセイウチにはなれない〜♪
とか中嶋みゆきは歌ったりするでしょうよ。

しかし!この子に関しては違う。
ぜ〜んぜん違うのだ。のだ、のだ、のだ!

この子の魅力をラッコやワンコ以上にしているのが、コレだ〜!
イメージ 2

う〜〜〜〜ラブリ〜!

いや、そうじゃなくて、ガラス窓に筒が一本。
ツメナシくんは、どうやら穴に手をつっこんでいるしい。

そして…手が…出てきた〜!
イメージ 3

う〜〜〜〜ラブリ〜! 
ラブリ〜しつこい? だってこの子は何をしてても可愛いいんやもん。ええんさ!

でも、あまりの可愛らしさにまた主題を忘れてた。
そう、この水槽は、日本で唯一(たぶん世界でも唯一)、カワウソと握手ができる水槽なのだ。
ツメナシカワウソ、爪が無いカワウソだから、ちびっ子の柔らかい手でもぜんぜん大丈夫。
プニプニとした肉球がますます可愛いのだ。

これは、ツメナシカワウソが、穴や石の間に手を突っ込んで、カニや魚など小動物を捕まえる習性を利用した展示で、ホントはこの子、観客と遊ぼうとしてるわけではなく、お腹減ったから飼育担当者がエサでも持ってこないかと思って手を出してきてるのらしい。
でも、顔があんまり可愛いもんだから、お客さんはすっかり遊んでくれているものだと大感激なのですな。


だって、ほら、窓越しにでもこんなコトだってしてくれるんやもん。
イメージ 4

う〜〜〜〜ラブリ〜! 
誰だってカワウソが遊んでくれてるって思いたくなっちゃいます。

世界で初めてセイウチやゾウアザラシの大接近ふれあいをやったことで、その後のうみたまごや、八景島ふれあいラグーンの新しい触れあいショーブームを作った二見シーパラダイス。
その二見シーパラダイスが、カワウソ触れあいをこんな形でやってくれたのは嬉しいです。

そしてスゴイです。
なんと言っても、セイウチやゾウアザラシの時から、このコツメカワウソ握手まで、ぜんぜんお金を掛けてないのがスゴイです。
そして、そういった展示を現場のスタッフが工夫して開発したというのが、もうめちゃくちゃスゴイです。
これってね、予算を取ってこれて、園長たちの強力なリーダーシップがあった旭山動物園よりも、ある意味スゴイことですよ。

生き物の進化は、強くて豊かな者がするのではなく、弱くて困っている者だけが成し得てきました。
この二見シーパラダイスこそ、そのいい見本ですね。

しかし……。
こういう水族館ばかりだったら、ボクの水族館プロデューサーの仕事は成り立ちませんな…(^^;w。


最後にもう一回、握手〜。
イメージ 5

う〜〜〜〜、やっぱりラブリ〜! 

ツメナシカワウソは、アフリカのカワウソで、よく見かけるコツメカワウソよりも大きい。そして可愛いw!
ちょっと前までは二見シーパラダイスだけにしかいなかったけど、今はけっこういろんなところにいますね。


■東京カルカルにて水族館トークライブ今年も全開!⇒中村元の超水族館ナイト2010 〜イルカを知れば人間がわかる…かも〜

□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド

海響館の新展示「ペンギン村」の3月1日オープンに先がけて、2月1日にプレス公開がされた!

右の建物がその外観。
イメージ 1

残念ながらカンチョには、プレス公開だからと言って、ホイホイ出かけられるほどの余裕がなかったので、
昨年にお邪魔したとき、撮らせてもらった写真をいくつか紹介したい。

ただその時には、全容が判る写真はまだご遠慮下さい……と言われていたので、今回はペンギンアップばかりです。


亜南極の水槽のジェンツーペンギン
イメージ 2

亜南極のペンギン水槽の深さはナント6m!(水量700トン)
ええ〜!ペンギンにこだわった長崎ペンギン水族館の大水槽を超えちゃったよ〜!

カンチョが知る限り、ペンギン水槽としては世界一の規模と深さ。
ペンギン展示に大激震!なのでありますよ。


バブルリングのお遊びも。(写真がイマイチですんません)
イメージ 3

プカプカ浮き上がってくるバブルリング。
遊び好きのジェンツーペンギンとかなら、このリングの中をくぐってくれたりするのでは?との思惑で設置したのだけど、今のところあんまり興味持ってもらえてない……とのことでした。


温帯ゾーンの見所は、広〜い飼育場もあるけれど、実は水槽の波がすごい!
イメージ 4

最新の造波装置によって、けっこう荒い波がランダムに起こっているので、波打ち際の波の荒くれ様は水族館の水槽とは思えない。
その波打ち際に、飛びこんで行ったり、バシャバシャバシャー!と上陸してきたりするペンギンたちの様子は、自然の海岸でみかける光景そのもので、ちょっと玄人的に感心感動した。。


つんのめって転けたり、脚を滑らせたりしながら、海の世界と陸の世界を行き来する野生のペンギンたち。
そんなペンギンたちの展示としてこの場面の良さについては、みなさんご自分の目でぜひ確かめて欲しいものですねえ。


亜南極の水槽に戻って、ペンギン上昇中!
イメージ 5

深さ6mの水槽の中にはトンネルもあって、正面から見えるギャラリーもあるから、こんな風に水底から一気に水面まで駆け上るペンギンも見える。 この光景も、今まではなかなか見ることのできなかった光景よね。
オープン後の人気もこんな風に、ギューンと上昇するといいですねえ。


カンチョは、今月末の週に事前取材予定日を入れてます。
いい写真をたくさん撮って来る予定なので、お楽しみに。
とりあえず今のところはこのくらいで……。



■東京カルカルにてトークライブ今年も全開!⇒中村元の超水族館ナイト2010 〜イルカを知れば人間がわかる…かも〜

□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド

久々の二見シーパラ

金曜から2泊3日で、伊勢志摩でやってるNPOの仕事と会議と宴会をやってきました。

めちゃくちゃ仕事が手一杯で手詰まり状態というのに、毎晩ひどく飲んでしまい…(T_T)
でも、そもそもNPOが一番の道楽やって自分で自覚してんのやから、いい息抜きやったんかもしれません。

で、途中でちょこっと時間ができたので……。
イメージ 1

そうです!久々の二見シーパラダイス。 (とりあえず1枚だけね)

すっごい久々やのに、チケット売り場の可愛い女の子とか、若いトレーナーさんたちとかが、顔見ただけで知っててくれて、すごく嬉しかった〜w。
やっぱり、伊勢志摩は今もまだ地元なんやなあ…。


さらに帰りには、超水族館ナイトの打合せに、名古屋港水族館にも半日。
まだ、いおワールドかごしまの紹介をちゃんとしてないというのに、写真はたまる一方ですなあ。

そして実は明日、海響館のペンギン村がマスコミ公開されるのですよ。
さすがにボクは違う日に行こうと思ってるのやけど、昨年撮らせてもらったペンギン村の写真がある。
明日にはそれをチラッと紹介するつもりでいます。

しかし、寝られるやろか…。
二見シーパラダイスの写真紹介は、今しばらくお待ち下さい。


■東京カルカルにてトークライブ今年も全開!⇒中村元の超水族館ナイト2010 〜イルカを知れば人間がわかる…かも〜

□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事