ブログ水族館/中村 元

次回『中村元の超水族館ナイト』は2019年2月24日(日)の開催。前売り発売は1/24です

裏版!!全国水族館ガイド

[ リスト | 詳細 ]

全国水族館の最新情報と最新写真。全国水族館ガイドのブログ版
記事検索
検索
東京に帰ってきたら、なんかすごい暑いんやけど、今夜は七夕なんやそうですね。
織り姫、彦星がわざわざこんな暑い時に会うのは、きっと天の川で水着デートしてんのや!…と、真相を発見したカンチョです。

七夕にちなんだ鴨シーの話題を、無理やくたいに。

アカエイの向こうにいるのはシロエイ?
イメージ 1

鴨川シーワールドで、真っ白なエイを発見!
赤エイと白エイで紅白! こりゃめでたい!
……ってぜんぜん七夕にちなんでないしw。

ところがこのシロエイ、うす〜く浮かぶ模様を見れば、どうやらホシエイらしいのだ。
イメージ 2

星エイ……というところで、七夕にちなんだことにしとくのである。
こりゃめでたい!

小さい頃、水族館でいきなり目の前に現れたエイのお腹に、「一反木綿(いったんもめん)がケタケタ笑って目の前を通り過ぎていく」と、卒倒しそうになって見ていたのはカンチョなのだけど、この白いエイは背中まで全身で一反木綿なのであった。

このシロホシエイ、2尾もいた。
イメージ 3

写真にすると、ちょっとだけ不気味さを感じるけれど、動いてるのを見てる分にはとても優雅で妖精っぽく感じる。

なお、シロホシエイなどというエイはいないし、シロエイもいない。
これはやっぱりきっと、ホシエイでしょうなw。
もちろん、一反木綿ではありません。

●鴨川シーワールドのその他の記事はコチラ→北関東の水族館書庫

◆7/11:中日文化センターで特別講座!まだ間に合います。→名古屋の文化センターで特別講座!

◆トークライブ「中村元の水族館ナイト3」今回も楽しいライブでした。→報告です
◆水族館ナイト3にお越しいただいたみなさんのレポートです。
まんじまるさん→まんじまる流
もんくしーるさんのレポート→もんくしーるの日記
べる〜が君のレポート→イルカと水族
けーいちいわしくん→どこでもいきます!〜日本全国の水族館〜
カナーさん→御前加那子のチムグクル「水族館ナイト3に出没 」
fuchakaさん→動物園へ行こう
TCA→ECOブログ
ミストラルさん→ミストラルの水族館ブログ
しろねこさん→ねこの食べあるき
ピン子さん→モテモテヒルズ買い物日記

他にもレポート書いてくださった方々はお知らせ下さい。


□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド

東北出張3泊目。
1泊目には、GAOの館長の転勤送別会で、秋田のお酒をしこたま飲み…。
2泊目は、仙台で見つけたお気に入りのお店で、宮城のお酒をしこたま飲み…。
3泊目は、またまた同じお店で、宮城のお酒をしこたま飲み…。
毎晩、いつもは飲まない日本酒をいっぱいいただいている日々です。

さてさて、鴨川シーワールドと言えばシャチ
イメージ 1

今回は、すごい数のお客さんの中、あわただしく撮影してきたので、なんかふつーの写真しかないな〜…と思ったりしたのだけど、よく考えると、今回だけでなくシャチの写真はいつもふつーやんか。

なんちゅうかね、シャチのショーが始まったとたんに、どんな写真を撮ろうとかあんまり考えられなくなってしまう。
それほどに、鴨川シーのシャチパフォーマンスは、どきどきわくわくするんだよな〜。


熱中夜話水族館ナイト出演トレーナー発見!
イメージ 2

カッコイイです。海の男です。
もしカンチョがこれをやったら、前頭部が薄くなってきてるのがバレバレになりますw。

いやそんなことよりもシャチ。
イルカトレーナーにはどちらかと言えば女性が似合うのだけど、シャチの場合、相手が女性でも男性でもお構いなし。
ていうか、男性トレーナーだからこそ、なおのことシャチの圧倒的な存在感とパワーを感じたりもする。


トークライブ水族館ナイト常連トレーナー発見!
イメージ 3

彼女はやっぱりこのウエットスーツ姿が似合うよな〜。凛々しい!

さてところで、シャチのヒレのところ見て下さい。
腕輪をしてる!
この腕輪、今まで撮ってきた写真を見てると、オスシャチがジャンプするときによく付けてる。
体から海水が切れていくときに出来る現象なんでしょうね。
写真でなくても見えるのかどうかは不明です。だって、この瞬間にシャッター切ってないことって、今までにないんやもんw。

ところで、前記事のシロイルカのお兄さんも、トークライブ水族館ナイトに来てくれてたトレーナーだったとのこと。
「どうだ!」ポーズは、きっとカンチョが見てるだろうと思ってやってくれたパフォーマンスだったんだそうです。
あれ、格好よかったから、これからぜひ続けて下さいw。

●鴨川シーワールドのその他の記事はコチラ→北関東の水族館書庫

●シャチのことを知りたければ→シャチ(水族館動物写真図鑑)

◆トークライブ「中村元の水族館ナイト3」今回も楽しいライブでした。→報告です
◆水族館ナイト3にお越しいただいたみなさんのレポートです。
まんじまるさん→まんじまる流
もんくしーるさんのレポート→もんくしーるの日記
べる〜が君のレポート→イルカと水族
けーいちいわしくん→どこでもいきます!〜日本全国の水族館〜
カナーさん→御前加那子のチムグクル「水族館ナイト3に出没 」
fuchakaさん→動物園へ行こう
TCA→ECOブログ
ミストラルさん→ミストラルの水族館ブログ
しろねこさん→ねこの食べあるき
ピン子さん→モテモテヒルズ買い物日記

他にもレポート書いてくださった方々はお知らせ下さい。


□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド

開く トラックバック(1)

土曜日は、久々に鴨川シーワールドへおじゃまして来た。
前回おじゃましたのは、「The水族館」の取材でだったから、もう1年半ぶりになる。
で、その時に、今練習中……と聞いていたのが、シロイルカのバブルリング。

さあ、それはどうなったんだ?というのが今回はとても楽しみな一つだった。
ジャ、ジャ〜ン!
イメージ 1

土曜日のあまりの混雑に、一番後ろから望遠レンズ越しにしか見えなかったのだけど、確かに◎が!
関東では、初めてのバブルリングに、観客からも大きなどよめきと拍手だ〜!

得意げな顔のシロイルカくん。
トレーナーのお兄さんも、両手で満面の「どうだ!」ポーズ。
そして、関係ないネズミイルカくんまで、リングを見ながら宙返りで喜んでるっぽい。かわいーねw。


最終回のシロイルカパフォーマンスには、早めに出かけて前方の席で観覧。
はいっ!
イメージ 2

どうですか〜!
うほ〜!完璧なリングになってる。しかもリング、でっかい!
自分でつくったバブルリングを、いかにも満足そうに見つめるのは、イルカたちの全国共通の顔なのが、なんだか可愛いですねw。


それにつけても、やっぱり鴨シーの鯨類ショーは技術が高い。
特にシロイルカのこのパフォーマンス。
イメージ 3

右のシロイルカは目隠しをしていて、トレーナーの合図が見えないのだけど、目隠ししてない左のシロイルカがトレーナーからの合図を視認して、それを目隠ししている方にも伝えたので、2頭とも同じことをやる。
というパフォーマンスだ。

これによって、イルカたちが、エコーロケーションでお互いに話をしていることを観客に示しているのだけど、観客にはなによりも「シロイルカたちが、そんな複雑な伝言ゲームをちゃんと理解している」という事実に驚いて「うわ〜!」と歓声を上げるのである。

いや、ホントに素晴らしかった。
もしバブルリングがなかったとしても、やっぱりスゴイぞ!鴨シーのシロイルカショー!なのである。


それと、カンチョ的に好きなのがコレねw。
イメージ 4

ちっちゃいネズミイルカくんが、巨体なシロイルカのしかもでっかい方にいつもまとわりついている。
以前のシロイルカとネズミイルカの記事もご参考に→シロイルカとネズミイルカ
異種でしかも大きさのまるで違う2種類が、こんな風にしてるのを見てるだけで、カンチョの心はなんだか平和な気持ちになっちゃうのだ。


ところで鴨川シーワールドは、日本で初めてシロイルカの飼育展示に成功し、日本で初めて水中ショーを開発した水族館です。これはぜひ憶えておいてね〜。→水族館動物写真図鑑「シロイルカ」

●鴨川シーワールドのその他の記事はコチラ→北関東の水族館書庫


◆トークライブ「中村元の水族館ナイト3」今回も楽しいライブでした。→報告です
◆水族館ナイト3にお越しいただいたみなさんのレポートです。
まんじまるさん→まんじまる流
もんくしーるさんのレポート→もんくしーるの日記
べる〜が君のレポート→イルカと水族
けーいちいわしくん→どこでもいきます!〜日本全国の水族館〜
カナーさん→御前加那子のチムグクル「水族館ナイト3に出没 」
fuchakaさん→動物園へ行こう
TCA→ECOブログ
ミストラルさん→ミストラルの水族館ブログ
しろねこさん→ねこの食べあるき
ピン子さん→モテモテヒルズ買い物日記

他にもレポート書いてくださった方々はお知らせ下さい。


□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド

ケロロ……。
梅雨ですね……。
イメージ 1

梅雨の気配を感じた風なモリアオガエル。

水族館ナイト明けの日曜日、カンチョはコンデジLX3をバッグに放り込んで、井の頭公園に出かけた。
ワケあって、都内の2水族館を見て回らねばならなかったのです。
いや〜蒸し暑かった!

ケロリ……。
いかにも、梅雨ですな……。
イメージ 2


蒸し暑さは梅雨の始まり。
井の頭自然文化園 水生物館では、恒例のカエル展をやっていた。
一番の人気者はコイツ。

ブホー!
来たのー!梅雨じゃのー。
イメージ 3

アメリカ系日本蛙。ウシガエル。
いつもよくこんなデッカイのを用意できるな〜……。


ゲコゲコ、ゲロゲロ、グァッグァッ!
梅雨じゃ!梅雨じゃ!喧嘩祭りじゃ〜!
イメージ 4

アズマヒキガエルの一団が、今にも岩陰一家にカチコミかけそうな気配でした。
カエルたちは梅雨になると、今をモーレツに生きるのです。(COJI-COJIより)

梅雨と言えばカエル。
カエルと言えば田んぼ。
田んぼのカエルと言えば、近ごろのカンチョは、COJI-COJI(コジコジ)。
COJI-COJI「カエルの生き方」という章は、最高傑作の一つです。
ボクはもう何十回と読んでるけど、いまだに大笑いして、毎度考えさせられる。

さくらももこさん、COJI-COJIの復活を心よりお願いします。

●井の頭自然文化園 水生物館のその他の記事はコチラ→東京の水族館書庫

◆トークライブ中村元の水族館ナイト3のお礼とレポート→ 水族館ナイト3:報告

□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド

開く トラックバック(1)

このところ、忙しかったりお誕生日イベントがあったりで、更新が遅れてごめんなさい。
九州&下関紀行を再開します。

この風船みたいなのはだ〜れだ!
イメージ 1

これは足を水面に上げてぷわぷわ休んでいるところ。


めちゃくちゃぶっといぞ〜!
イメージ 2

まるでフットボールが飛んでくみたい。
これはどうやら、アザラシですね。

でも、チューブを通る時には細くなる。
イメージ 3

このアザラシのプールには、アザラシジャングルジムがあってね、時折こんなふうにチューブを通る。
アザラシは、こういう狭い通路を平気で通る。しかもかなり遊び好きのようでもある。
特にこのアザラシは、分厚い氷が張る湖に住んでいて、冬になると、氷の穴から出入りしているから、狭い通路とか平気なんでしょうね。

では、お顔を見てみましょう。
イメージ 4

まん丸体に、まん丸お顔に、でっかいまん丸目、カワイイー!
マリンワールド海の中道バイカルアザラシです。

今回は、時間があったのでゆっくり撮影していたからか、スナメリもバイカルアザラシも、すごくフレンドリーに遊びに来てくれました。
※海の中道のスナメリはこちら→カワイすぎるスナメリ
海獣たちと遊ぶ……これ、動物園にはない水族館の魅力ですね。

●マリンワールド海の中道のその他の記事はコチラ→九州・沖縄の水族館書庫

□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事