ブログ水族館/中村 元

次回『中村元の超水族館ナイト』は2019年2月24日(日)の開催。前売り発売は1/24です

裏版!!全国水族館ガイド

[ リスト | 詳細 ]

全国水族館の最新情報と最新写真。全国水族館ガイドのブログ版
記事検索
検索
青マダラ、赤マダラ、黄まらだ ……ちがった。
青マダラ、赤マダラ、黄だまら んんっ、なんでキーボードで間違えるんや?

マダラエイです。
イメージ 1

でっかいエイです。直径2メートルくらいあったかな?
でっかい上に、マダラ斑点とザラザラっぽい肌が大迫力。

しまね海洋館アクアスで会いました。
アクアスは、島根のおじさんのバブルリングよりも以前から、因幡の白兎のワニにかけたサメ展示が充実してるのだけど、そのサメの大水槽にいたのです。

エイはサメの仲間なので、サメ水槽にいるのは、ぜんぜん違和感ないですね。
ボクはどちらかといえば、サメよりもでっかいエイの方に惹かれるので、マダラエイはかなり好きです。

エイは、泳ぎ方が実に優雅
イメージ 2

泳ぎ方はヒラメとかが、左右のヒレを波打たせているのを大柄にした感じなのだけど、ぶわわ〜んという雰囲気がエイの魅力ですね。
尚、ヒラメには体の側面にヒレが付いているように見えるけど、実は元々縦の魚が、目だけ移動させたので、あれって背ビレと腹ビレ?が両側に付いてるってことよね。


ヒトと比べると大きさが分かります。
イメージ 3

でかっ!
でも、お腹の側からだけしか見えないので、これもマダラエイなのかどうかは、神のみぞ知る、しまね海遊館の方は気付いておられるでしょうがw。

青マダラ、赤マダラ、黄マダラ。
言えた〜〜〜〜!www


●しまね海洋館アクアスのその他の記事はコチラ→近畿中部の水族館書庫


◆トークライブ中村元の水族館ナイト3のご案内→ 東京カルチャーカルチャー
 ブログ水族館でのご案内→ 水族館ナイト3!もう来た〜!

◆水族館ナイト2のレポートもたくさん↓コチラに。
東京カルチャーカルチャー(主催者)→満員御礼「水族館ナイト」レポート(by クロスケ。)
カンチョ→トークライブ水族館ナイト満員御礼!
まんじまる氏→まんじまる流Z&A
もんくしーるさん→もんくしーるの日記
なごやんくん→大学生の水族館日記
べる〜がくん→イルカと水族
ずぅさん→気ままなZOO
カナーさん→御前加那子のチムグクル(hが打てないそうなのがまたいい味w)
しろねこさん→ねこの食べあるき
タマちゃん→タマちゃん
TCA→ECOブログ
迷える羊さん→生存確認:迷える羊の漂流記
ホリウチさん→TYPFACE SQUARE
し猫さん→モテモテヒルズの買い物日記

□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド

八景島シーパラダイスの新展示、もういっこ発見!

先日、八景島の新展示イワシの超大群「群と輝きの魚たち」を見に行った時、イルカの恋人福田さんにバッタリと出会い、「おーっ!今日はすんごいラッキーですよ。初日です!」と言われた。

ナ、ナニが初日?
これです。
イメージ 1

およよ!ドルフィンファンタジーのシロイルカプールに、なんかちっちゃくて素早いヤツがいる!

おおっ!あれはなんとアザラシではないか!
まだ子どものアザラシ。聞いたら、これ一昨年に生まれたハイイロアザラシの子ども『いろは』なのだそうだ。
ずいぶん育ったな〜。→生まれたばっかりのいろは

シロイルカの名前は『ゲンマ』。
ゲンマもいろはも女の子。
ゲンマ、いろはのことをじっと見てますね。


イメージ 2

いろはは、初めての巨大空間に興奮しているのか、上へ下へとビュービュー泳ぎ回っている。
初めて会ったはずの巨体のゲンマには、それほど怯えてはないような雰囲気。
ゲンマは、時々それを、なんじゃこのちっちゃいのは?というような目で見ている。
お互いに、言葉が通じ合わないから、まだ観察中なんでしょうね。

でも、トレーナーが入って、シロイルカのゲンマにエサやりパフォーマンスを始めると……。
イメージ 3

「あ〜、エサ。ウチも欲しいやんか〜」みたいな顔で、近くにやってきたいろは。
シロイルカもアザラシも、トレーナーという共通の相棒がいると安心できるのかも。

バンドウイルカとアシカだと、最初は遊び好きなアシカが臆病なイルカにちょっかいかけて驚かせ、そのうちイルカが慣れてくると、俊敏で口の大きなイルカが、泳ぎの遅いアシカをいじめると聞いたことがある。
その点、シロイルカとアザラシはいい組み合わせだと思う。
アザラシはアシカみたいに他人のヒレをカジカジしにいったりしないし、シロイルカはやさしくておっとりしてる上に歯もほとんどないから。
以前、鴨川シーワールドでシロイルカがちっちゃなネズミイルカを、子どものように連れていたものね。→ シロイルカとネズミイルカ


大接近!
イメージ 4

この日撮れた、ゲンマといろはが最も接近した時。
まだまだ距離がありますねー。

なんでも、この日のこの混泳が初日で、夜はまた引き離し、これから何度か一緒にする試験を続け、ゴールデンウィーク前には、常設展示にするのだそうな。
ゲンマも長い間一頭だけで暮らしていたから、きっとすぐに仲良くなるんやないかな。

ゲンマといろは、お互いに慣れてきたら、どんな行動をするのか、カンチョはもう興味津々。
接近しはじめたら、すぐに連絡くれー!と依頼してあります。
こういうことがあると、遠い水族館も近く感じますね。

イメージ 5

イワシの超大群といい、シロイルカとアザラシの同居といい、ゴールデンウィークの八景島シーパラダイスは、ちょっと楽しげです。

ところで、トークライブ中村元の水族館ナイト3の事前告知が、東京カルカルのサイトで公開されました。→ 東京カルチャーカルチャー 中村元の水族館ナイト
チケット発売は、4月6日からだそうです。

●八景島シーパラダイスのその他の記事はコチラ→神奈川県の水族館書庫


◆トークライブ中村元の水族館ナイト3のご案内→ 東京カルチャーカルチャー
 ブログ水族館でのご案内→ 水族館ナイト3!もう来た〜!

◆水族館ナイト2のレポートもたくさん↓コチラに。
東京カルチャーカルチャー(主催者)→満員御礼「水族館ナイト」レポート(by クロスケ。)
カンチョ→トークライブ水族館ナイト満員御礼!
まんじまる氏→まんじまる流Z&A
もんくしーるさん→もんくしーるの日記
なごやんくん→大学生の水族館日記
べる〜がくん→イルカと水族
ずぅさん→気ままなZOO
カナーさん→御前加那子のチムグクル(hが打てないそうなのがまたいい味w)
しろねこさん→ねこの食べあるき
タマちゃん→タマちゃん
TCA→ECOブログ
迷える羊さん→生存確認:迷える羊の漂流記
ホリウチさん→TYPFACE SQUARE
し猫さん→モテモテヒルズの買い物日記

□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド

昨日、すっごい頑張って、八景島シーパラダイスに行ってきた。
新展示「群と輝きの魚たち」を見たくて、仕事の隙を見てダッシュで行ってきたのですよ。

でで〜ん!
イメージ 1

そう、この水槽は、あの水中エスカレーターがついているシーパラ最大の水槽。かつての名前は「パノラマ・海洋の魚たち」だった。
そこが、マイワシの超大群水槽に大変身したのだ。
なんと、総勢5万尾! これは国内最多のイワシの数になるらしい。


イワシの巨大な塊に、傍若無人なエイが突っ込んでいくと、観客席からは大歓声。
イメージ 2

なんだかこれ、大昔のテレビ番組「タイムトンネル」のシーンに似てる。
突っ込んでいくと群が凹んで最後に穴が空き、視界がスーッと広がる。エイが群に突っ込みたくなる気持ち分かるよな〜。めちゃ気持ちええんやろな〜。
潜らせてもらって、エイの気持ちを味わってみよかしら?と一瞬考えたカンチョなのでした。

イワシの群は、シーパラでは近ごろ急速な発展を遂げている。
最初の頃はこんなの→シロワニが海底、マイワシが水面
去年から名古屋港方式を取り入れた→イワシイリュージョン3枚目の写真

で、ついに今回、大水槽にイワシたちが引っ越ししたというわけ。
最近のマイワシ大群人気はすごいからねー。さすが機を見るに敏な八景島シーパラです。


もちろん、シロワニたちも引っ越してきた。
上からみたら、すごいことに!
イメージ 3

マイワシのミルキーウェイです。
マイワシが固まって移動するのは、近ごろの水族館では見慣れてきたけれど、帯状になって、流れているかのように見えるのはめったにない。これは壮観!


面白いことに、今までは、シロワニたちが海底だったのが、こちらでは水面近くにシロワニが陣取っていた。
ノリノリで突入遊びをしていたエイと違って、シロワニたちはすっかりマイワシとは顔なじみなせいか、突然増えた群に、マイッタな…というような顔で大人しく泳いでいたのでした。

そしてもちろん、アオリイカたちも引っ越してきていた。
イメージ 4

アオリイカは、以前の水槽では、しょっちゅうマイワシを捕食していたらしいのだけど、今回のあまりにすごい大群は、アオリイカなど敵ともみなしてないような迫力。
アオリイカを時折渦の中に巻き込んでしまったりして……。
アオリイカたちは、シロワニ以上に、マイッタな…という顔でしたw。

イメージ 5

実は、この水槽、面白いのはこれだけではない。
以前のシロワニ水槽でやっていたイワシイリュージョンを、さらグレードアップしてやってるのだ。その名も『スーパー イワシ イリュージョン!』
すごいですね、超大群がやるから、スーパーなんですね。

今回は、時間がなかった上に、もういっこ、シーパラの新しい展示を発見してしまったので(それに社長にバッタリ会ってお茶してたしな…w)、スーパー イワシ イリュージョンは見られなかった。再度行かなくちゃね。

尚、もういっこの新しい展示の紹介は、また後ほど!お楽しみに。

●八景島シーパラダイスのその他の記事はコチラ→神奈川県の水族館書庫


◆中村元のトークライブ水族館ナイト3のご案内→水族館ナイト3!もう来た〜!
◆水族館ナイト2のレポートもたくさん↓コチラに。
東京カルチャーカルチャー(主催者)→満員御礼「水族館ナイト」レポート(by クロスケ。)
カンチョ→トークライブ水族館ナイト満員御礼!
まんじまる氏→まんじまる流Z&A
もんくしーるさん→もんくしーるの日記
なごやんくん→大学生の水族館日記
べる〜がくん→イルカと水族
ずぅさん→気ままなZOO
カナーさん→御前加那子のチムグクル(hが打てないそうなのがまたいい味w)
しろねこさん→ねこの食べあるき
タマちゃん→タマちゃん
TCA→ECOブログ
迷える羊さん→生存確認:迷える羊の漂流記
ホリウチさん→TYPFACE SQUARE
し猫さん→モテモテヒルズの買い物日記

□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド

すっかり間延びしてしまったのだけど……。
バナナワニ園は、ワニ水槽だけでなく、大型淡水魚水槽も新設されてました。

でっかくって元気なコロソーマ。
イメージ 1

コロソーマって、でっかいだけじゃなく横幅がすごい。 アンコがてんこ盛りの鯛焼きみたいだ。
形は巨大なピラニアのようにも見えるけれど、植物系を食べるのが好きな雑食性。
でも、硬い木の実とかバリバリ割って食べるんやって。
さすが、アマゾンのジャングルに生きている巨大魚なのである。

それにしてもバナナワニ園、アマゾンマナティーに、水中ワニ水槽、それに大型淡水魚水槽と、もうすっかり水族館ではないか。
これからの時代、旭山動物園にならって、動物園やら植物園やら博物館やらが、次々と水族館化してくる気配である。


ピラルクーもかなりでっかい。
イメージ 2


バコンッ!

イメージ 3


この迫力ある「バコンッ!」は、巨大魚ピラルクーの魅力の一つ。
別にお腹をへらして、空バコンをやってるわけではないよ。
ピラルクーはこれで空気を取り込んで、ウキブクロに張り巡らされた血管を使い、空気呼吸をしているのだ。
つまり、ウキブクロが肺の代わりになってるってことね。
あ、もちろんエラ呼吸もしてますよ。

古代魚と言われながら、エラ呼吸に肺呼吸とは。
ピラルクー、魚類としてはすごく先進的な魚なのである。

…なんだか、更新が遅れてる上に、ずいぶん昔の話で、さらにちょこちょこ記事しか書けずにごめんなさい。
ホント、時間がなくて、肩も目も重いのです。 今日、やっとのことで青色申告出した〜w。

●熱川バナナワニ園のその他の記事はコチラ→東海・北信越の水族館書庫

◆中村元のトークライブ水族館ナイト3のご案内→水族館ナイト3!もう来た〜!
◆水族館ナイト2のレポートもたくさん↓コチラに。
東京カルチャーカルチャー(主催者)→満員御礼「水族館ナイト」レポート(by クロスケ。)
カンチョ→トークライブ水族館ナイト満員御礼!
まんじまる氏→まんじまる流Z&A
もんくしーるさん→もんくしーるの日記
なごやんくん→大学生の水族館日記
べる〜がくん→イルカと水族
ずぅさん→気ままなZOO
カナーさん→御前加那子のチムグクル(hが打てないそうなのがまたいい味w)
しろねこさん→ねこの食べあるき
タマちゃん→タマちゃん
TCA→ECOブログ
迷える羊さん→生存確認:迷える羊の漂流記
ホリウチさん→TYPFACE SQUARE
し猫さん→モテモテヒルズの買い物日記

□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド

近ごろ、全国各地で、ヒトと勝手に遊んでくれる海獣たちが増えてきているように思う。
水族館ガイドを書くために全国の水族館を行脚した2004年から今にいたる急激な感覚なので、もしかしたら、100匹目のサル現象みたいなもの?
しかももっと妄想を働かせれば、もしかしてカンチョがその現象を伝える媒体になっていたとか?(だったら楽しいんやけどねw)

さて、マリンピア松島水族館のイロワケイルカも遊んでくれるイルカだ。

ねぇねぇ、あそぼーよ!
イメージ 1

セーラちゃん♀。
このさぁ、小首を傾げて覗き込んでくる顔が、もう胸キュンやない?
ていうか、セーラちゃん、自分の可愛らしさを知り尽くしてるね、この仕草。

セーラちゃんは水族館生まれの18歳。
そして掲示してあるキャラクター解説によれば、セーラちゃんのアイドル性は★4つ。
でも、パワーが★5つ、かしこさが★2つ、っていったい……w?

あぁつまり、可愛くて、パワーがあって、天然ドジ。
絵に描いたようなモテキャラですな。 少年マンガのヒロインによくいるタイプ。
こういう女の子に、振り回されて痛い目にあった、淡くもほろ苦い思い出を持っている男性諸氏もたくさんおられるでしょう。
はい、ワタシです。。。


はい、そんな危険なムスメは遠くから眺めることにしておいて!
こっちは、輪投げの輪を持ってきてくれたクルスくん♂。
イメージ 2

クルスくんが最近お気に入りなのが、輪投げの輪でヒトの注目を集めること。
頭いい!でも、例のキャラクター解説では、かしこさ★3つだから、セーラちゃんより一つ多いだけやな…。
あ、度胸の良さが★5つか。
なるほど、考えるよりも行動が先!これもまた典型的な、少年マンガの主人公ですな。
そして、クルスは、きっとこう教えてくれてるのです。

 いっしょうけんめい考えても、正しい答えはわからないよね。
 そんなときには、まず前に一歩踏み出すんだ。
 にんげんだもの。 くるを

マリンピア松島では、イロワケイルカがそんなことまで教えてくれるのですね。
あぁ水族館って、ホントに奥が深いですね。
人生の指針になりますね。
(注:詩は、みつを大先生の盗作ではなくカンチョの妄作です。分かってるやろけどw)


『ほい、ここに置いとくから、取りたきゃ取ってみ〜』
イメージ 3

クルスくん、真剣にボクと遊ぼうとしてるw。
やさしいカンチョは、いちおう手を伸ばして奪い取る仕草をしてあげたんやけど、クルスは言ったのでした『アホっちゃうか〜、取れるわけないやん』
あー、悔し! さっきの「にんげんだもの。くるを」はどこへいったんやぁー?

このクルスくん、実はマゼラン海峡からやってきた野生のイロワケイルカです。
1987年って書いてあったから、もうあれから22年になるんやな〜。
その時の話は2年前の記事に詳しく→イロワケイルカとマゼラン海峡


えっと、ここで、イロワケイルカ繋がりでいつものPR。
カンチョの携帯サイト、水族館ワールドの今週の特集画像はマリンピア松島。
イメージ 4

今までの特集はそろそろネタが尽きてきたので、今週からは「水族館photo特集」を始めることにしました。
その最初がマリンピア松島水族館なのですよ。もちろん、こんな↑イロワケくんの写真をはじめ、今までこのブログで紹介したような写真を掲載してます。

だいたい2週間毎に、次の水族館に変わります。(次は、しまね海洋館アクアス)
お気に入り水族館の動物を待ち受けにしたい方は、ぜひチェックして下さいな〜!


●マリンピア松島のその他の記事はこちら→東北の水族館書庫

◆トークライブ水族館ナイトのレポート続々!……増えてます◆
まんじまる氏→まんじまる流Z&A
もんくしーるさん→もんくしーるの日記
なごやんくん→大学生の水族館日記
べる〜がくん→イルカと水族
ずぅさん→気ままなZOO
カナーさん→御前加那子のチムグクル(hが打てないそうなのがまたいい味w)
しろねこさん→ねこの食べあるき
タマちゃん→タマちゃん
TCA→ECOブログ
迷える羊さん→生存確認:迷える羊の漂流記
ホリウチさん→TYPFACE SQUARE

□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事