ブログ水族館/中村 元

次回『中村元の超水族館ナイト』は2019年2月24日(日)の開催。前売り発売は1/24です

裏版!!全国水族館ガイド

[ リスト | 詳細 ]

全国水族館の最新情報と最新写真。全国水族館ガイドのブログ版
記事検索
検索
最近人並みに、昼間の会議とかが多かったりするカンチョ、自動的に夜に仕事が溜まって、更新が遅れ気味でゴメンなさい。
2週間ほど前に出した、「たこ焼き」記事の子どもハコフグ
ホントは、この後すぐに大人のハコフグを登場させようと準備してたのだけど、すっかり忘れてました……。


ブゥ〜〜ン
イメージ 1

ハコフグを被ったさかなクンは、ギョギョギョ〜!と言って出てくるけど、ホンモンのハコフグは、ブゥ〜ンと言って泳いでる雰囲気。
胸ビレを、アラレちゃんが手を広げてるみたいに広げてる姿、それになんたって、口が確かにブゥ〜ンって言ってるもんw。

この↑成魚のハコフグは、たこ焼きハコフグがそのまま大人になった感じで、黄色に黒の水玉模様が鮮やか。
そこに登場した、もう一尾↓。


ブィ〜〜ン
イメージ 2

こっちは、水色が入ってちょっとサイケね。
横腹のあたりには、水色の線で六角形のハチの巣模様が描かれてる。
ハコフグは、箱の形の堅い骨格と、この六角形が合わさった板状骨格で、全身を装甲してるのですね。
子どもの頃に、ヤスでハコフグを突いたことがあるんやけどね、何度当ててもヤスは刺さらず、ハコフグはポーンと跳んでくだけやった。
そりゃもうめちゃ強い。まあ言ったら、カメの甲羅のようなもん。

カメが甲羅のせいで、早く走ったり、体を丸めたり、できなくなったのと同じように、ハコフグも堅い体をほとんどうごかせない。
さらに箱形になったせいで、しっかり水の抵抗も受けるのだけど、それを小さなヒレだけをスクリューみたいに動かして進む。
見てるとまるで水中の飛行船やね。


ブゥ〜〜〜ン!
ブィ〜〜〜ン!
イメージ 3

その2尾が、そろってアラレちゃんゴッコ。
キイィー〜〜ン!
意味もなく楽しそうです。

ちなみにウンチは持ってません。

写真は全て、宍道湖自然観ゴビウスにて撮影


◆トークライブ水族館ナイトのレポート続々◆
まんじまる氏→まんじまる流Z&A
もんくしーるさん→もんくしーるの日記
なごやんくん→大学生の水族館日記
べる〜がくん→イルカと水族
ずぅさん→気ままなZOO
カナーさん→御前加那子のチムグクル(hが打てないそうなのがまたいい味w)
しろねこさん→ねこの食べあるき
タマちゃん→タマちゃん
TCA→ECOブログ
迷える羊さん→生存確認:迷える羊の漂流記
ホリウチさん→TYPFACE SQUARE

□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド

海響館と言えば……!

おりょりょ!仙台松島の氷点下世界に凍えながら2泊してるうちに、なんと明日が水族館トークライブ2の日ではないか!

今回はライブの後半に、海響館の和田部長が参加してくれるのですよ。
というワケで、景気づけに海響館!
イメージ 1

海響館と言えば!の名物、渦潮が現れる水槽のシノノメサカタザメである〜!
実はね、去年おじゃましたときに初めて会ったの。
最近全国の水族館で、シノノメ遭遇率がわりと高くなりましたね。


つづけて海響館と言えば、近ごろではスナメリ!
イメージ 2

これはたぶんサラちゃんではないかと……。(間違ってたらごめん)

スナメリが有名になったのは、もちろんバブルリングのおかげですね。
 →スナメリのバブルリング
 →スナメリのバブルリングが進化
もしかしたらこの「スナメリのバブルリング」で騒いでるの、カンチョだけやったりして……w。
でも、海響館のスナメリは、これから必ず全国ネットで大スターになるはず。
ていうか、みんなでスターに育てましょうぜ!


さあさあさあ、でもホントに海響館と言えば…、トラフグに決まってるやん!
イメージ 3

活き、よろしーなー。
もちろん、下関がフグの集積地だからですな。

大阪の河豚料理店の水槽に泳いでるよりも、はるかに美味しそうに見えるトラフグって、全国の水族館全部回っても、海響館のトラフグだけよ。
そもそもトラフグに、でっかい水槽をいくつも与えてる水族館なんて世界中に海響館だけでっせ。
水族館ガイドの著者が言ってるんやから、まちがいなし!


マンボウかって、フグの仲間じゃい!
イメージ 4

マンボウは地味に人気がある魚。
動物園で言えば、カバみたいな人気度?
美味しそうなトラフグには、携帯写メとか撮ってなかった人たちも、マンボウには撮影意欲が湧くらしい。

まあ、有名なわりには、そうそう見られる魚やないもんね。
ていうか、思わず頭の中で「ヘン!」て思ってしまう魚やからな〜。


そして、もういっちょ!海響館と言えば!(海響館と言えば!が多いのに感心!)
イルカとアシカの共演パフォーマンス。
イメージ 5

いっしょにジャジャ、ジャ〜ンプ〜!

いや、まあね、このショーの凄さは、水族館業界人とか、せいぜい水族館フリークの皆さんにしか理解できえへんのやけどね。
ここまでのトレーニングはたいへんなことなんですわ。なにしろ、他の水族館ではやってないんやから。
※驚異の共演シーン→イルカとアシカの共演

さてでも、明日の水族館トークライブ2は、海響館の和田さんとトレーニングもなんにもなしで、いっしょジャジャジャ〜ンプ〜!をすることになります。

ドキドキしますね、ワクワクしますね。

あっ!そういえば!
明日は、去年放送したNHK「水族館夜話」出演者のその後、みたいなことの撮影で、テレビカメラが入るそうです。水族館夜話に出演してもらったみなさんには、二重に楽しみなことですねw。

あっ!もうひとつそういえば!
トークライブが終わった後に、懇親会というか二次会のようなものが、お隣のビーナスフォートの中であります。
時間の許す方は、ぜひお流れ下さい。
まんじまる氏の設営なので、かなりリーズナブルなお値段のはずですw。

それではみなさん、明日お台場でお会いしましょう!




□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド

さっき、テレビの洋画劇場で、湿地帯の湖に人喰いザメが現れる!みたいなのをやってました。
内容的にあまりに面白くなさそうだったので、途中で見るのを止めたのだけど、画面に出てきたサメの種類はお腹の白い模様があきらかにホホジロザメ。コイツですね→シャークミュージアムのホホジロザメ
しかーし!淡水の川に上ってくるのは、オオメジロザメなのである!

ということで、オオメジロザメ。
イメージ 1

オオメジロザメは、ホホジロザメやイタチザメほどには大きくならないけれど、人を襲うことが多いサメとして知られている。
そして、水族館で会うことのできる最も大きな危険ザメというのが、このオオメジロザメでもありますね。
その大きさ3m超!ぶっとい胴回りといい、能面みたいな表情のない顔といい、いかにも武闘派系。

顔はいかついけれど、実はあんまし危険ではないシロワニさんに比べると、いかにもホンマモンのアブナイ人な顔をしてる。

歌にするとこんな感じ……。(白ヤギさんの歌で)

  シロワニさんからお手紙着いた♪
  オオメジロさんたら、シロワニ食べた〜♪

……怖いです。

はい、今日はそんなオオメジロザメさんの、超驚愕のシーンです。

オオメジロザメが、なんか食ってる!
イメージ 2

あまりに急なことだったので、ピントも露出もダメダメ写真で申し訳ないけれど、コレすごく貴重なカットなので許してね。

アップしたら、食ってるのハンバーグ? すんません、続けてピンぼけ写真。
イメージ 3

なんかでっかい肉片を、左右にブンブンふりまわしながら泳いでるのですね。

そして、やっとピントを合わせることできたら……。
イメージ 4

ウガッと口を開いて、赤黒い塊が一瞬出て、すいっと引き込まれていった。
なんや?なんや?なに食ったんや? 魚やないぞ?

で、ふと、カエルの胃洗浄のことを思い出して、もしやサメも胃洗浄するのか?と思ったのです。
それで後から、美ら海の飼育部長さんに写真を送り、尋ねてみました。
すると……。
館長から連絡があり、「お〜い、スゴイの撮ったじゃねーか!今までに目撃したスタッフはいるんだけど、写真は初めてだよ!」とのこと。

やっぱし、胃洗浄やったんですね。
胃洗浄というのは、いろんな動物であって、カエルなんかは、良くないモノを食べたりすると、胃をひっくり返して口の外に出し、手でぬぐったりするのです。
サメにだってそういうことはきっとあるでしょう。
でもね、どうにも解せないのが、あの鋭利な歯がいっぱいの口で、自分の胃をこんなに左右に振ったりして、胃に穴があいたりしないのかしら?

写真で見る限りでは、歯は寝かしてるみたいだけど……。
なんでも、美ら海水族館では、この写真を使って論文書くとかっておっしゃってました。
あー!だったらオートフォーカスにしておけば、とりあえずまともに見える写真が撮れたのに…とちょっと悔やんでるカンチョなのでした。

オオメジロザメの詳しい説明はこちら→WEB水族館動物写真図鑑オオメジロザメ
写真も、お気に入りのオオメジロザメです。



□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド

海と貝のミュージアム

三陸の旅で、陸前高田市で立ち寄ったのが、陸前高田市海と貝のミュージアム。
その名の通り、海と貝殻の博物館なのだけど、なんと水族館のゾーンがあったのですよ。

じゃじゃ〜ん、すいぞっかん!
イメージ 1

いかにも、すいぞっかん!という雰囲気ではないっすか?
「ゆっくりじっくり見てね」という配慮なのか、水槽の前にはイスが並べられているのがいい感じ。
しかも、これけっこう座り心地がよろしいのだ。

この水槽には、わりとでっかいカンパチとかいたりする。
イメージ 2

実は、カンチョ、これがカンパチなのかブリなのかよくわからんのやけど、頭の様子がなんとな〜くカンパチw。


タッチングプールもある!
イメージ 3

これ、かなり凝ってますね。丸い壁が鯨の顔になってるのわかりますか?
とは言っても、カンチョも写真を撮ろうとファインダーに捕らえるまでは、鯨意匠にはまるで気付かなかったんやけどねw。


さて、この子は誰でしょう?
イメージ 4

すみません、カンチョもうぜんぜんわからんです。魚の名前。
他にも、ダンゴウオがいたり、南の海でしか採集されないオウムガイがいたりして、並みの小型水族館よりも、よっぽどバラエティーに富んだ水族館。


こちらは、貝が水管を出している展示。
イメージ 5

いや〜、面白いですね〜。
さすが貝の博物館の面目躍如といったところ。

でも、これは生体展示ではなく、偽物というか、等身大フィギュアというか、まぁ作り物なんやけどねw。

貝殻の展示と、この地域にはとても多いという縄文時代の集落から発掘された、鹿の角を削った釣り針、イノシシの牙から作った銛の先とかも、詳しく展示されていました。
カンチョ的には、けっこう興味深い博物館だったです。



□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド

気仙沼リアスシャークミュージアムはミュージアム(博物館)ではあるけれど、かろうじてアクアリウム(水族館)でもあります。

水槽にいたドチザメ
イメージ 1

先のホホジロザメとはまるで趣が違うけどねw。
こーれもサメ♪、あれもサメ、それもサメ、みんなサメ♪

それにしても、おとなしいサメは顔もおだやかで、危険ザメは顔もアブナイ顔なのはなぜなんでしょうかね?
さらに、ヒト以外の動物も、同じように他の動物を顔で判断してるのかしら?…そういうこと考え始めると夜も寝られなくなっちゃうカンチョです。

ジンベエザメのレプリカの前には、トラザメの赤ちゃんがいっぱい!
イメージ 2

繁殖もさせてるのですね。
しかもこれ、タッチングプールですがな。

こちらはおそらくトラザメの卵
イメージ 3

いわゆる「人魚の財布」やけど、ちっちゃいから「人魚の小銭入れ」か「子ども人魚の財布」みたいな感じ。
もちろん、生きてる卵やからね、やっぱり水族館なのですよ。


そして、いかにも水族館なのがコレ!
イメージ 4

なんと!サメとはなんの関係もない、ハリセンボンがいた〜!
こーれもサメ♪、あれもサメ、それはフグ、それでもシャーク♪
スゴイです、気仙沼リアスシャークミュージアム。「気仙沼のある三陸海岸はリアス式海岸で、そこにはサメがいっぱいいて、フカヒレで有名だからサメの博物館をつくりました」という名称なのに、ハリセンボンまでいちゃう!
つまり、「気仙沼のある三陸海岸はリアス式海岸で、そこにはサメがいっぱいいて、フカヒレで有名だからサメの博物館をつくったんだけど、ハリセンボンも展示して水族館になっちゃいました〜」な施設やったんですねw。


◆◆中村元トークライブのお知らせ→
東京カルチャーカルチャー予告
まんじまる流次回予告

□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事