ブログ水族館/中村 元

次回『中村元の超水族館ナイト』は2019年2月24日(日)の開催。前売り発売は1/24です

裏版!!全国水族館ガイド

[ リスト | 詳細 ]

全国水族館の最新情報と最新写真。全国水族館ガイドのブログ版
記事検索
検索
このところ、お仕事がちょっと忙しくて更新遅れがちですみません。
まぁ忙しいと言っても、そこはカンチョのこと、水族館のペンギンほどは暇じゃないという程度で、イルカショーのイルカほどにもは忙しくはないんですけどねw。

さてさて、ずっとほったらかしにしていた、三陸一人旅の時に訪れた水族館、そろそろ紹介しましょう。
まずは、気仙沼リアスシャークミュージアム。

じゃじゃーん、ホホジロザメ。
イメージ 1

もちろん実物大レプリカなのだけど、これほど激しく迫力あるレプリカに出会ったのは初めてでした。
宇宙戦艦ヤマトのデフォルメ模型を思わせます。波動砲発射!

このレプリカの台座には、本物の骨とかがいっぱい並べられています。
ホホジロザメのお腹の中から出てきた牛骨とかウミガメの甲羅とか……。
さすが、食物連鎖では魚類の頂点に立つホホジロザメ、なんでもいっちゃうようです。
すっごく前に読んだ本では、7m超えのホホジロザメのお腹から、スナメリが何頭か出てきたとか書いてあったもんね。


ホホジロザメものは多いです。
こちらは、ホホジロザメのアゴ。(これは本物)
イメージ 2

つまり、ジョーズですな。
鏡の前に置かれていて、裏側も見えるというよりも、前に立つ自分がアゴの中にすっぽり収まってるのがなかなかシュールです。
カンチョも、カメラを構えながら呑み込んでいただきました。


サメの歯というのは、見た目が鋭いだけでなく、カッターナイフのようによく切れます。
というのも、こんな風になってるから。
イメージ 3

歯のエッジにさらに微小な歯が並んでますね。
この細かいギザギザが、ノコギリとなって、肉をスウーっと切り裂いちゃうのです。
なので、死んだサメの口を開こうとして、歯に触ってしまい大怪我したという残念な人が、毎年かなりいらっしゃいます。その数、生きてるサメに襲われた人よりもはるかに多いでしょうなw。

さらに、ご存知の方も多いだろうけれど、サメの歯は、欠けたり抜けたりしても、新しい歯がどんどん生えてきます。
ていうか、すでに後ろに準備されてるのです。
準備されてる次の歯も歯茎の表に出てるから、深剃りの2枚刃3枚刃みたいなもんですね。でも「う〜ん切れてな〜い!」やなくて「うわっぷ!切れてる〜!」


こちらは、ホホジロザメ撮影用の檻。
イメージ 4

向こうにでっかいホホジロザメがいてます。ヤバイです。

カンチョも十数年ほど前に、南アフリカのオットセイの島で、これと同じような撮影用の檻に入ってホホジロザメを待ってたことあります。
でも、3日間の滞在中、一度も会うことができなかったので、武勇伝は無しです。

さて、リアスシャークミュージアムってなんじゃらほい?と思ってた方も
このホホジロザメで、意味が分かったでしょう。シャークミュージアム(サメ博物館)なのですね。
気仙沼はフカヒレの一大産地で、とりわけ高級品が多いことで有名です。

つまり、気仙沼リアスシャークミュージアムとは、
気仙沼のある三陸海岸はリアス式海岸で、そこにはサメがいっぱいいて、フカヒレで有名だからサメの博物館をつくりました。
という意味なのです。
まぁ、いただきます系博物館ですね。

あ、気付いたら、ぜんぜん水族館らしくない写真ばっかやった!
水族館らしさは、次の記事で紹介します。

◆◆中村元トークライブのお知らせ→
東京カルチャーカルチャー予告
まんじまる流次回予告

□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド

以前にブログ水族館でエプソン品川アクアスタジアムを紹介したのは真夏でした。今回行ったのは真冬(イブの日)。
いずれも、写真撮ったのは夕方だったのだけど、やっぱり冬は陽が落ちるのが早いね〜。

関東唯一のマンタ(オニイトマキエイ)。
イメージ 1

佐藤可士和さんとの対談前に、ツーショット写真を撮られている時には、天井からの太陽も差し込んで、その光がドームトンネルのアクリルや床に反射するので、マンタたちのお腹は真っ白で、色もよく出てたんやけど……。

対談が終わって、ゆっくり見学したときには、ずいぶん暗くなってましたわ。ぐすん(T_T)
夏の夕方はこんなんやったのに。→涼な穴場もう一つ(08年8月

ヒョウモンオトメエイ
イメージ 2

普通だと艶やかなヒョウモンオトメエイも、このムーディーな暗さではこの通り。
ヒョウモンオトメエイというよりも、豹柄夜の娘みたいな……。
エプソン品川は、昼間でもかなりムーディーな雰囲気なのだけど、陽が沈むとアダルトムーディーな雰囲気になるのですね。

ヒメツバメウオ
イメージ 3

他の水槽の照明もかなり暗いです。(ストロボは不可)
高感度だけではとても間に合わず、思い切り流し撮り。
写真を撮りたい皆さんには、あまりお勧めできない水族館ですね。
少なくとも、冬は少しでも陽光の射す昼に行くことをオススメします。

ところで、"最も有用との評判の高い"ニャハハw「全国水族館ガイド」では、「オトナの時間の水族館」と紹介したのだけど、この暗さ、ちょっとアダルトすぎるようにも思えます。

顧客起点の水族館プロデューサーとしては、とりあえずもう少し照明を明るくすれば、カップル客ももっと多くなるのではないかしら?と思うのですね。
水族館はとてもカップル向きな施設ではあるのだけど、多くのカップルユーザーたちは「明るい気分でデートできる場所」と考えているからw。

さて、このムーディーすぎる雰囲気に合うのは……。
妖艶という形容詞の似合う、ムラサキハナギンチャク。
イメージ 4

というわけで、アダルトな気分でデートしたい方々には、昼でも充分使える水族館ですw。
……つっても、まさかガイドブックに『昼下がりの情事にピッタリの水族館』なんて書けないもんね〜。だから「大人の時間の水族館」なのです。
ちびっ子は、しながわ水族館の方へ連れて行きましょう。


◆◆中村元トークライブのお知らせ→
東京カルチャーカルチャー予告
まんじまる流次回予告

□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド

仙台から帰ってきました。
仙台の昨夜はめちゃくちゃ寒かったんだけど、雪が降ってきて、思わず「雪じゃ雪じゃ〜!」とはね回ってしまいました。ほとんど犬なカンチョですw。

さてさて、つい最近、エプソン品川アクアスタジアムに行ってきました。

イルカショーが以前より、グンとグレードアップ。
イメージ 1

円形コロシアム風の作りの、日本で他にない形のショースタジアム。
東京都内で本格的なイルカショーを見ることができるのは、エプソン品川を除いてないわけなのだけど、訪れるたびにグレードが上がってきています。


360度全てが正面だから、トレーナーもイルカも気が抜けない。
早く人間になりたい〜。
イメージ 2

地面の中からズボボボと出てきたゾンビっぽいすごいのが撮れましたw。
トレーナーさん、ごめんなさい。


シャー!!!
はいよー!!
イメージ 3

向こうにいるお兄さん、このポーズを保ってイルカサーフィンしてました。
まるで意味不明やけど、なんだか格好いいですね。
女子フィギュアで股割みたいに片足上げる、ビミョーに格好悪いけどすごそうな演技がありますね、あの格好良さに似てます。
こういうポーズをてらい無くできるトレーナーって、ボクはかなり好きやな〜。


イルカ、グルル〜ン!
イメージ 4

ボクはイルカのジャンプそのものよりも、その時に観覧席から『うぉ〜!』というざわめきが聞こえるのが好きです。
お客さんの反応で、思わず感涙しちゃったりもw。
やっぱり、ショーしてる側になって見てしまってるんでしょうね。


ところで、突然エプソン品川に行ったりしたのは、集英社の『UOMO』という雑誌で、近ごろ大活躍のデザイナー佐藤可士和さんの対談に呼ばれたからです。
この雑誌、今月の24日に発行なのだそうなので、ぜひ立ち読みとかでもして下さいw。




□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド

開く トラックバック(1)

丑年やしね、今年はでっかくいこー!
ということで、八景島のでっかくて縁起のいい子たちから開運をいただきましょう。

八景の一番でっかいと言えば…、
コビレゴンドウ=牛頭大王
イメージ 1

以前はショースタジアムで、ぶっといお兄さんを空中高く放り投げていた力持ち。
今はふれあいラグーンで、お客さんと水中ダンス踊ったりしてます。

そして、ちびっこたちにはこの笑顔。
ホントにニコニコ笑ってます。
でっかくて強い奴は、優しい笑顔が一番素敵。 朝青龍も笑ってる時には可愛いんやけどね。

それにしても頭でっかい……。
実は「巨頭」と書いて「ゴンドウ」と読むんですね。
「巨頭」は「ゴズ」とも読みます。そうそう、あの牛頭天王。…おっと、牛に繋がった!
牛頭天王は、八坂神社の祭神で疫病除けの神さま。 このでっかい頭、ありがたやありがたや。


頭がでっかいと言えば、こっちもでっかい
オタリア=空飛ぶ獅子
イメージ 2

ふれあいラグーンのオタリアたちは、みんな若いオスなので、出会うたびに大きくなってる。特に頭と首回りがどんどん大きくなってきた。
アシカの仲間を英語ではシーライオン(海のライオン)って言うけれど、どうやらそのモデルなのがオタリアだという説がある。 というのも、オスのオタリアは成長すると、頭が大きくなって、首が太くなり、さらに首にはタテガミが伸びてくるから。

というわけで、オタリアは獅子なのです。
獅子舞の獅子ですな。これはまた縁起のいい動物です。 ていうか、こじつけがうまく流れてますなw。


さてさて最後は、さらに縁起のいいでっかい奴。
シロワニさん=和爾と螺旋。
イメージ 3

正月らしい歌がありますね。『白ワニさんから、年賀状ついた〜♪』
いや、そんなんやなくて、あの山幸彦のお嫁さん豊玉姫(トヨタマビメ)は、実は和爾(ワニ=鮫)の化身だったですね。
お産のときだったかに、和爾の姿を山幸彦に見られてしまい、竜宮へと帰ってしまわれたのです。
でも、今はこうやって、水族館にもどってきてくれてます。おめでたいことです。

さらに、豊玉姫を祝するように舞う、マイワシたちの螺旋。
螺旋は、無限と永遠の運動の象徴なり。 この写真、なんと縁起のいい写真なんでしょ。

そんなわけで、丑年だから、牛歩だの牛尾だのモー勘弁だの言ってちゃダメよ。
牛はでっかい。だから今年はでっかいことがいいことなの!
さあ、いっしょに、でっかく飛びましょう! ギュ〜〜!(出たw!)



◆◆中村元トークライブのお知らせ→
東京カルチャーカルチャー予告
まんじまる流次回予告

□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド

開く トラックバック(1)

今年も残すところ364日となったこの頃、水族館始めは、あのバナナワニ園から〜。
なぜなら、ここにはホンマモンの牛がいるから。

モ〜!
あちがった、こっちはギュ〜。
イメージ 1

海牛類アマゾンマナティーの、チコ・ホルスタくん。
丑年に他の海牛類ではなく、特別にアマゾンマナティーなのはなぜかと言えば、このホルスタイン模様。
なんせ愛称がチコ・ホルスタくんやもんね。
……って、この愛称はカンチョが勝手に付けたんやけど→「チコ・ホルスタの勝手に命名由来」


空飛ぶ牛、ギュ〜!
イメージ 2

天高く、牛肥える新春。
もうホントにね、このブログでは空飛ぶ子たちが多いの。

だからブログ水族館をご覧のみなさんだけは、飛べます、飛べます!ぶっ飛べます!!


そんなワケで、チコ・ホルスタくんからのご挨拶。
おめでとうございます。ギュー!
イメージ 3

チコ・ホルスタくん、こんな風に挨拶してくれることは稀です。
でも、水槽前に15分もずっといると、ちゃんとヒトを見分けてるのか、「あんた何モン?」というような感じで覗き込んできてくれる。
水族館の動物たちと仲良くなるには、ねばり強くずっと水槽前にいて、心の中で呼びかけ続けることが大切なのですよ。


さぁ最後に、しまねシロイルカの「幸せのバブルリング」に対抗したチコ・ホルスタくんの大技。
幸せのバブルチェーン、ブ〜。。。
イメージ 4

この「幸せのバブルチェーン」を見た人は、丑年にめちゃくちゃ幸運に恵まれると言われてます。
泡が7つなので、別名「幸せの北斗七星」とも……。
はい、どちらも、カンチョ説ですけどw。

※携帯サイト【水族館ワールド】の今月の待ち受け画面特集、前半は海牛類4種です。→携帯QRコードへ

◆◆中村元トークライブのお知らせ→
東京カルチャーカルチャー予告
まんじまる流次回予告

□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事