ブログ水族館/中村 元

次回『中村元の超水族館ナイト』は2019年2月24日(日)の開催。前売り発売は1/24です

裏版!!全国水族館ガイド

[ リスト | 詳細 ]

全国水族館の最新情報と最新写真。全国水族館ガイドのブログ版
記事検索
検索

沼津港深海水族館

おんねゆ温泉・山の水族館は、ついになんと1日5千人もの入館者を記録した!
たぶんさ、単位面積当たりで日本一の収容人数なのは間違いないと思うよw。

だから、山の水族館その3を書かなくちゃ…と思いつつ、そういやうっかり忘れてる水族館がいくつもあるなあと思い出した。
突然ながら、山の反対は深海! というわけで……。

沼津港深海水族館

イメージ 1


このヘンな子は、沼津港深海水族館の目玉でもあるメンダコ。
他の水族館でも時々展示されるのだけど、短期しか生きないので、ほぼ会えることはない。
しかしここは深海水族館。

沼津港は、日本最深の湾である駿河湾の深海漁業の基地でもあるから、次々にメンダコが上がってくる。
そのため、メンダコと会える率が、非常に高いのだ。
この時も、2匹のメンダコがちゃんと生きて待っていてくれた。


そんなわけで、もう1匹のメンダコ。

イメージ 2

ホントはメンダコの水槽は、撮影も禁止になってるんやけど、『中村元の全国水族館ガイド115』に載せるからってことで、特別に撮影許可をもらったのだ。

そうそう、さらにさ『中村元の超水族館ナイト2012春』でもレポートしたので、ガイドの原稿書いたのとそれとで、すっかりブログにも載せた気持ちでいたんや。
メンダコさん、せっかく撮影までさせてもらったのに、失礼してました〜。


こちらは、ヒメカンテンナマコというらしい。

イメージ 3

この水族館、水塊度はほとんど無いに等しいのだが、さすがに深海系の生き物たちは、なかなか見応えがある。
まあどちらかと言えば、さかなクンとかのタイプな生き物マニアのみなさんには、かなりグッとくる展示やろね。


こっちのは、オキナエビ。

イメージ 4

沖縄エビやなくて、翁エビね。

背中が曲がってるから翁というのではない。そんならエビはみんなオキナエビや。
たぶん、全身が白髪みたいなのに覆われているからやないかしら。

あと、目もなんか見えないっぽい。
ていうか、目は無いみたいやぞ!
これは相当深いところに棲んでるんやろなあ。

ほらさ、ゴエモンコシオリエビとかが、身体に生えた毛の中にバクテリアを養殖していて、それを食べているとかって話をしたことがあったよね、このオキナエビの白髪もそんなことなんかもしれん。
ただし、そういった解説はぜんぜんないw。


ダイオウグソクムシも、わさわさいる。

イメージ 5

まあ、ダイオウグソクムシは相模湾で獲れたりはしないはずなんやけどね。

殻がぐにょぐにょとなってるのは、水槽のガラスの表面に水が流されているからだ。
これは、深海は水温が低いので、深海生物の水槽は温度差によって結露しちゃうため、どうやらその結露を防ぐためになされている工夫らしい。
水滴を流し落としちゃうという大胆な手やねw。
確かに、写真を撮るのでなければ、そんなに気にならないかもしれない。


さて、こちらは、沼津港内を再現した水槽のようである。

イメージ 6


壊れた自転車や車のタイヤとかが放棄されててね、港の海底はかなり汚いらしいぞ…ていうか、沼津市民これはあかんやろ!…みたいな(^^;
実はこの水槽が、沼津港深海水族館で最も大きな水槽なのである。
この水族館、市民への環境問題の警鐘に関しては、もしかしてかなり頑張ってるのかもしれないなあと感じたのだった。

深海生物だけでなく、他にもわりと面白い生物が展示されてるんやけど、とりあえず今日のところはこのくらいで。
また気が向いたらその2を書くけど、まあそれよりですな、とりあえず『中村元の全国水族館ガイド115』を買って読んどきましょうぜ。
ちゃんと載ってるからw。


■サンシャイン水族館にて8月29,30,31日夜トークライブやります。⇒『中村元のサンシャイン水族館ナイト』

●産経新聞『話の肖像画』インタビュー記事に3日連載で載せてもらいました。
『話の肖像画』水の演出家 水族館プロデューサー・中村元


■前回の『超水族館ナイト』のカルカル公式レポートはコチラです↓。
 ⇒12回『中村元の超水族館ナイト2012年年春 〜いまどきの水塊に溺れろ!〜』
 ⇒USTREAMでもご覧になれます。⇒USTREAM配信

Twitterfacebook始めてみました…。
□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本

開く コメント(11)


あのねえ、おんね湯・北の大地の水族館(おんねゆ温泉・山の水族館)、もうえらいことになってるよ。
ついに、一日3700人の入館者数を記録した。
オープン後10日間で、1万7千人(有料入館者は1万4千人)。
旧館の年間入館者が2万人くらいやったんやからね、おそらく2週間で1年分を集客しちゃう。

そして、"水塊"と"大人の大衆文化"をウリとする水族館プロデューサーとして嬉しいのが、旧水族館では子どもしか来てなかったに近かったのに、有料1万4千人のうちなんと87%が大人やって言うこと。
これはもう、完璧に北海道の文化として認知されとりますな。やったー!

というわけで、北の大地の水族館(山の水族館)の第2弾!
熱帯淡水魚のゾーンですぞ。


まずは、7月14日オープン後のちょうど1週間後に急逝してしまった、日本最大の巨大肺魚プロトプテルス・エチオピクス。

イメージ 1

ホントに残念です。
巨大イトウの群と並ぶ、ピンでの大スターだったのに……。

なぜ亡くなった肺魚を一番最初にしたかと言うと、この熱帯淡水魚のゾーンが温根湯温泉の再生に深く繋がる『魔法の温泉水』のゾーンであり、この肺魚こそが、それを最も如実に語る、美しく巨大に育った巨魚だったからです。
この巨大肺魚に関しては、後ほど追悼写真集として紹介するつもりです。


さてしかし、巨大肺魚が亡くなっても、熱帯巨魚の層は厚い。
先日も、フジTV系『とくダネ!』で、肺魚に代わって「魔法の温泉水」のすごさをアピールしてくれたのがピラルクー。

イメージ 2

ピラルクーとしてはまだ小さくて1.5mほど。
しかしこの子、2年前は10cm程度の大きさだったのだ。
2年でこの大きさ。さらに、この美しさ。

そう、山の水族館で使ってるのは、温泉と冷泉をほどよくブレンドした『魔法の温泉水』。
この魔法の温泉水で飼育されていると、あ〜ら不思議。
魚たちは急速に成長し、しかも病気にはならない、怪我はすぐに完治する…という奇跡の結果になったのだ。

まちづくりが道楽なカンチョが、そういうことを見のがすワケがない。
この魔法の温泉水で育てられた、美しくも巨大な魚たちを発信源に、さびれた温根湯温泉を再生するアイテムにしようと考えたのだ。


コロソマもでっかいよ!

イメージ 3

実は、これより一回りも大きな、おそらく日本で最大のコロソマもいたのだ。
しかしその巨大コロソマは、工事による震動の影響で、オープンを待たずに急逝した。

ちょっとねえ、この水族館には山も谷もありすぎる。
まずは、日本最大のコロソマが死亡、そして巨大で美しかったオオウナギが死亡、さらにやっぱり日本最大級のマタマタが死亡(いずれも工事の振動のためと思われる)、工事が終わったと思ったら巨大肺魚の番やもんね。どうしたん?これ。


まあ、気を取り直して、ガーもでっか太い!

イメージ 4


他にも、南米と言えばナマズ。
レッドテールキャットは大勢いて、その中のボスみたいなのがピラルクーに体当たりくれたりしてるし、タイガーシャベルキャットもうろうろと、口に入りそうな魚を探してるし、とにかくみんな元気なのだ。


そしてひときわ美しい、アジアアロワナ。

イメージ 5

水族館で、こんな風に観賞魚っぽく光り輝くアジアアロワナはおらんよ。
もちろん、これも『魔法の温泉水』のおかげなのは確か。
一緒に入っているシルバーバブルも、驚くほどの金色で光っているのだ。

スタッフの展示センスはなかなかよくて、金色アロワナの水槽では金銀色の魚たちが集い、オレンジ色のアロワナの水槽では、オレンジ色の魚たちに統一されている。
どちらも美しい!

どうだ!この温根湯温泉『魔法の温泉水』
山の水族館に来たら、ぜひ温泉にも入っていこうではないか〜!
なんか聞いたところによれば、すでに近所の温泉旅館に立ち寄る人も多いのだとか、さらに温泉に泊まって水族館へという人も増えているという。
この流行に、遅れてはなりませんぞ!w。


さてさて、こんな風な、六本木スカイアクアリウムっぽい水槽もあるよ。

イメージ 6

他にも、万華鏡みたいな金魚を見る水槽とか、写真撮り用のアーチ型水槽とか、ユニークな水槽がけっこう多いのがこの水族館の特徴。

これらのユニーク水槽を考案したのは、たった一人で旧山の水族館を支えてきた佐藤主任だ。
実はカンチョの方では、これらのユニーク水槽には、ほんの少しのアドバイス以外は、まったく携わっていない。
だって、ボランティアプロデューサーやしさ、なかなか現地に行けないから一つ一つに関わってる時間なんかほとんどなかったんやもん。「うん、まあ頑張ってな」みたいな。

でも、さすが佐藤主任、工業高校で学んできただけのことはある、どれも実に完成度が高くて楽しい水槽を完成させたのだ。スゴイよ彼の能力。
水産大や海洋系大学などで学んできた魚類学の専門家が中心の水族館では、展示係は名ばかりで飼育係に終わってしまってるけど、このようにそうでないスタッフが中心の水族館では、ちゃんと「展示」の面白さを追求できるんよね。

まあ、そんなわけで、北の大地の水族館の集客力はうなぎ登り。(ウナギはおらんようになったけどね)
わずか3億5千万円の建設費で、一日入館者数が4千人近いなんていうのは、すでに日本一のコストパフォーマンス。
もしこのまま年間20万人を超えたら、年間を通しても、首都の真ん中にあるサンシャイン水族館のリニューアルと同等のコストパフォーマンスを発揮することになる。
正直言ってね、これは、水族館業界に激震を与えるほどのニュースやと思うんやけど、なんせ日本動物園水族館業界には加盟してないからねえ、なかなか伝わらんやろなあ。


◎NHK「おはようニッポン」山の水族館のアーカイブ⇒アイデア勝負 水族館リニューアル −北海道 北見市−

●山の水族館の、これまでの記事と写真のリストはコチラ ⇒おんねゆ温泉・山の水族館記事リスト


●産経新聞『話の肖像画』インタビュー記事に3日連載で載せてもらいました。
『話の肖像画』水の演出家 水族館プロデューサー・中村元



■前回の『超水族館ナイト』のカルカル公式レポートはコチラです↓。
 ⇒12回『中村元の超水族館ナイト2012年年春 〜いまどきの水塊に溺れろ!〜』
 ⇒USTREAMでもご覧になれます。⇒USTREAM配信

Twitterfacebook始めてみました…。
□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド

開く コメント(10)

おまたせ〜!
帰ってきましたぞ、東京へ。
そして、やっと、やっと、やっと、おんねゆ温泉・山の水族館の記事を載せられる。
まずは、オープンその1『魅力の水塊』編す。

7月7日のオープンセレモニー、200人以上が開館を待って並んでくれてる朝9時。
ドヤ顔でプロデューサーとしての挨拶をするカンチョです。

イメージ 1

この時のビンボー発言連発挨拶、ElpasoさんがFBに上げてくれてます(^^;。
オープンセレモニー中村のスピーチ

でも、しっかり言ってます。
この水族館は、「山の水族館」ではなく、北海道を代表する「北の大地の水族館」なのだと。
「おんね湯・北の大地の水族館」であれば、どれだけ全国ネットでPRできたか、どれだけここ温根湯が有名になったか、そういう悔しさを押し殺して、健気にも元気にスピーチしたのでした。


そして、その北の大地を感じる最初の『水塊』がコチラ。
●生命がきらめく滝つぼ

イメージ 2

以前に写真載せたときよりも、オショロコマの数がはるかに多くなり躍動感が増した。

日本初(おそらく世界初)の、滝壺の底から見上げる水槽。
水族館を訪れる人たちは、特定の生き物を見に来るのではなく、非日常感覚の『水塊』の中にいることを喜ぶ。
ボクが考えた『水塊』理論を、如実に現した水族館がここであり、この滝壺は水族館の新たな『水塊』でもあるのだ。

子どもはもちろん喜ぶ。
でも、大人の方がはるかに時間をつかって見てくれている。
一人のお客さんが、「こんなに小さな魚なのに、こんなに見応えのある水槽ができるんだ」と言ってくれていたのが、カンチョ的にはとても嬉しかった。


そして、その小さな魚たちも、よく見ればとても美しく躍動感あふれる動きをしている。

イメージ 3

瀑布の泡の真下で、水流に翻弄されながらも元気に動き回るオショロコマたち。

ときおり泡につっこんで、あわてて飛び出したりしてくるのが、可愛くも力強くもある。

川で育ったボクは、水の落ち込みのところに潜って、こんな風に泳いでいる魚たちを見ていた。
その光景を目の前に再現できたことを、自分でやったことながら奇跡を見る思いで、夢中になって写真を撮った。よっぽど嬉しかったんやねオデw。



「北の大地の小さな生命」のコーナーはまた後ほど。
今日は、日本一と世界初の水槽ばかりを紹介しよう。


そして、思いっきり世界初水槽がこちら。
●北の大地の四季

イメージ 4

この水槽には、日本初と世界初の2つの楽しみがある。
一つは春から秋、渓流の激流を再現した、日本初(もしかしたらこれも世界初)の水槽であること。

激流がうねる『水塊』に子どもよりも大人がすごく喜んでいる。
特に、川に入ったことのある人や、釣りをする人には大人気だったのが面白かった。

元々は、超ビンボー予算の水族館ゆえ、外に穴を掘って水槽を造るということから考えた水槽なんやけどね、ドイツ製の新兵器ハイドロウィザードという起流ポンプを、日本で一番最初に導入を決めたことで、すごい水塊水槽に変身した。
水塊とは、水を感じることだから、こうやって水の存在感が躍動感となって伝わると、気持ちがいいだけではなく、本当の川に入った気分になれるのだ。


そしてもちろん、この水槽が世界初なのは、冬になれば凍る水槽であること。


温根湯のある北見市留辺蘂町あたりは、北海道でも指折りの寒冷地。
冬になるとマイナス20℃は当たり前、昼の最高気温がマイナス10℃を下回る日もざらにある。
そんな驚きの気候を利用した。

超ビンボー予算という弱点と極寒という弱点、二つの弱点を逆手にとって武器にしたのがこの水槽なのだ。

これを思いついたのは、真冬の露天風呂で髪の毛がパリパリと凍った経験による。
そんなロシア的露天風呂体験、誰もが体験してみたいだろう。
この水族館で、温根湯温泉の冬の魅力を伝えることができれば、この水族館は誇りあるまちづくりにも観光産業の発展にも大いに役立つと考えた。

冬の北海道を楽しむ旅をこの温根湯に呼び込み、寒さがまちの誇りになることを目指したシンボル的な展示でもあるのだ。


さらに、シンボルと言えば、山の水族館の古くからの自慢である巨大イトウの群。
●天然イトウの棲む大河

イメージ 6

他の水族館では見ることのできない、1m級のしかも顔も身体も美しいイトウがなんと40尾も!群をなして流れに逆らいながら泳いでいる。

井戸が濁ってしまってイマイチ水塊度が落ちているのだけど、この水槽は日本の淡水魚水槽としては、全国一奥行き感を感じる大水槽を実現した。
最大の『水塊』を、巨大イトウの群に託したのだ。

それに対するお客さんたちの反応は、美ら海水族館の大水槽並みによかったよ。
拍手まで出たものねw。
実のところ今までは全国のどこにも、淡水魚で『水塊』を感じる水槽はなかった。
(一つだけ例外が、琵琶湖博物館のビワコオオナマズの水槽)
つまり山の水族館は、淡水水族館では、日本一の水塊水族館を実現した水族館でもあるのだ。


そして、スピーチでも言及している、「スタッフが自ら底に敷き詰める石を探して、自ら敷き詰めた」という話題の多くはこの水槽だ。
日本一の水槽だけど、実はスタッフの手作り感も満載の水槽なのである。
奥の木だって、山からのいただきもの。うん、そこはちょっと山の水族館ではある。


イメージ 7

どうだこれ! こんな光景どこでも見られないよ〜!


たった3億5千万円の建設費は、大規模水族館のわずか20分の1の予算。
にもかかわらず、初日の入館者数が1500人、2日目には1800人、3日目は月曜日だったにもかかわらず1000人のみなさんにお越しいただいた。
これは大規模水族館のオープン時の数の10分の1よりも多い。
カンチョ目標の年間17万人の集客の可能性も、ちょっと見えてきた!


それにつけても、何度も言うけど、ホントに書く度に悲しくなる「山の水族館」の名称。
名称次第では、年間20万人超えも簡単だったのに…。
せっかく北海道を代表し温根湯再生に寄与できる水族館を苦労して作ったのに、産業経済常任委員会という産業のことを考えるべき委員会の中で、「地元になじんだ名前を消すのか!」とかいう屁理屈が通ってしまったのだ。
まったく新しく生まれ変わったにもかかわらず、旧水族館の名前を言い張った議員にはいったいどんな理由があったのか。
このことは、また改めて詳しく述べていこうと思います。


●本サイトWEB水族館おんねゆ温泉・山の水族館

●山の水族館の、これまでの記事と写真のリストはコチラ ⇒おんねゆ温泉・山の水族館記事リスト

●産経新聞『話の肖像画』インタビュー記事に3日連載で載せてもらいました。
『話の肖像画』水の演出家 水族館プロデューサー・中村元



■前回の『超水族館ナイト』のカルカル公式レポートはコチラです↓。
 ⇒12回『中村元の超水族館ナイト2012年年春 〜いまどきの水塊に溺れろ!〜』
 ⇒USTREAMでもご覧になれます。⇒USTREAM配信

Twitterfacebook始めてみました…。
□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド

開く コメント(21)

ごぶさた〜!
超忙しモードが続いてはや1ヵ月。こんなに無休で働いてるんて生まれて初めてやわ。
しかし! 忙中閑つくれ!やもんね。久々にアップします。

こないだ千歳サケのふるさと館に行ったとき、千歳川観察窓がえらいことになっていた。
色鮮やかなウグイたちで埋め尽くされていたのだ。

イメージ 1

ウグイじゃ、ウグイじゃ! ウグイ祭りじゃ〜!

千歳川の川底が、ウグイの動く絨毯に。
この躍動感は、サケの遡上のとき以上の迫力がある。

そして、ウグイといっても、この中には3種類のウグイがいるんやってよ。


まず一番鮮やかなウグイ。

イメージ 2

これが、いわゆるウグイ。…のはず。

毒々しいほどの鮮やかな婚姻色。
河口に集まってるときの、どぶ臭そうな姿とはぜんぜん違うなあ。

しかも心なしか、精力有り余ってるっていう感じ。
もう、ビンビンやんな〜!


すると、
ビンビンがなんぼのもんじゃい! おっきい方が勝ちじゃ! と超大型ウグイ。

イメージ 3

こちは、マルタウグイというらしい。

大きさからして、丸太ウグイという意味なんやろねえ。

30センチほどもある威圧的な大きさのわりには、あんまりウグイ祭りにも参加せず、ちょっと紳士的な雰囲気やった。


そして、鼻面がツンと上向いたこちらが、エゾウグイ。…のはず。

イメージ 4

やっぱり北海道やしさ、蝦夷ナントカて名前があると、千歳川見てるんやなあと思ったりできていい。

まあ種名と雰囲気の問題なんで、どれがエゾウグイだとかではなく、エゾウグイがいるというだけでカンチョ的には十分なのやけどね、それでも学芸員さんに教えてもらうと、とにかく3種類がいるってことだけは覚えておこうと思ったのでした。
(マルタウグイの名前は、あと2ヵ月くらいで忘れそうやけど…w)


さあ、そして、ウグイ祭りの最高潮!
産卵!

イメージ 5

右の方に、どわーと押し寄せてるのがオスたち。
あの下で、メスのウグイが産卵してるらしいんよ。

すごいね、命の営みやね。
そんで「命の営み」って「夜の営み」ていう言葉とぜんぜん違うね。
やってることは一緒やのに……。


そしてみなさん、千歳サケのふるさと館からのメーリングリストによれば、
このウグイ祭りの最高潮たる「夜の営み」やなくて「命の営み」は、今が最盛期なのやそうですぞ!

踊る阿呆に見る阿呆ってことで、このウグイ祭り、サケのふるさと館に見に行きましょう。
年中同じ料金なんやからね、これを見のがしたら損。お見逃しなく!

ウグイの産卵情報は、サケのふるさと館のスタッフブログ⇒サケぶろで。
ライブカメラもあるよ。


●千歳サケのふるさと館の、これまでの記事と写真のリストはコチラ ⇒北海道の水族館記事リスト

●産経新聞『話の肖像画』インタビュー記事に3日連載で載せてもらいました。
『話の肖像画』水の演出家 水族館プロデューサー・中村元


Twitterfacebook始めてみました…。
□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド

開く コメント(11)

この数週間のカンチョ、仕事(一部道楽)に追いまくられていて、ブログを更新する余裕がまるでありませんでした。失礼しました!

しかし、急ぎのご案内があります!
来月、7月7日にオープンする北海道は北見市、温根湯・山の水族館。

イメージ 1


この超田舎、超ビンボー水族館のオープン初日に東京から行っちゃうぞ!ツアーが、めでたく催行されることになったのですよ。

近頃、スカイツリーの開業だ、AKBの総選挙だ、と長いものには巻かれろ方式の流行に踊っている世の中。
そんな嘆かわしい世の中にそっぽを向き、世間様に踊らされるのはまっぴらだ!とおっしゃるアナタ!

この温根湯・山の水族館オープン初日に行っちゃうぞ!ツアーこそ、アナタのためのツアーですぞ。
なんせ、アナタの参加が、新たな流行を起こす(かもしれない)のだから!

ボランティアの道楽心でこの水族館をプロデュースしたカンチョは今、道楽だからこそ燃えている。
わずか3億5千万円で建てた水族館に、初年度15万人の入館者に来てもらい、温根湯温泉の宿泊客の2割アップを成し遂げるという、実現不可能としか思えない壮大な目標を立てて、絶対に実現してやろうと闘志を燃やしておるのです。

その計画の、導火線となるのがこのツアー。
わずか10名が定員のツアーだけど、こんな田舎の小さな水族館に東京から水族館好き団体が来てくれちゃった!というのは、メディアにとっても北海道民にとっても大きなインパクトになるはず。

その力強いお調子者になるために、どうかみなさんふるってご参加下さい。
イメージ 2

JTBの旅行企画書pdf版はコチラからダウンロード

1泊2日で7万8千円は、確かにおいそれと出せる金額ではないかもしれません。
でも、北海道は今が最高の季節、土日の旅行としてはこれでもけっこう格安なのだそうです。
そして、2日目は観光バスによる、けっこう魅力的なオホーツクの旅が付いています。

さらに、この旅行にはマニアなら喜んでくれるはずの極上オマケが付いています。

オマケその1: オープン初日閉館後の水族館内で『中村元の温根湯水族館ナイト』を開催して、参加者のみなさんをご招待!(山の水族館スタッフも出演します)

オマケその2: 水族館ナイト終了後には、ツアー参加者のみなさんだけと「中村元と楽しむ温根湯湯けむり宴会!」を開催。(カンチョも泊まっちゃいます…自動的に二次会もw)

オマケその3:水族館の運営をしている果夢林の館から、参加者全員になんかステキなプレゼントがあります。(おそらく木彫りのナンカでしょうな)

尚、これらオマケの水族館ナイト開催費やボクの宴会参加費宿泊費などは、みなさんの旅費にはけっして入っていません。それどころかうちの奥さまと二人で自腹参加の温泉宿泊予定です。
カンチョ、そこまでしてもなんとかこの超ビンボー水族館をメジャーにしたいと、なんかわけわからんけどもうがむしゃらに頑張りまくっとるのですよ。
「山の水族館」の名称変更を阻止するばかりに頑張るちっちゃい連中とはちゃうで〜!…まだ言うとるw。

だから、ぜひ、みなさまの暖かいご声援とともに、ツアーご参加のほどをよろしくお願いします。
自分は行けないという方も、水族館好きのみなさんにお知らせ下さい。


温根湯の健康美肌の湯のおかげで、見事に育った(なんと1.7m!)日本一の巨大肺魚プロトプテルス・エチオピクスや、やっぱり日本一でっかいイトウの群が、みなさんをお待ちしておりますぞ〜!

イメージ 3


尚、北海道内の方も、宿泊のご予約さえいただけば、「水族館ナイト」や「湯けむり宴会」への参加は可能にできるようです。

■予約、お問い合わせはコチラまで。
JTB北海道 担当者:鈴木
TEL:0157-69-8282 FAX:0157-61-8834 




●産経新聞『話の肖像画』インタビュー記事に3日連載で載せてもらいました。
『話の肖像画』水の演出家 水族館プロデューサー・中村元



Twitterfacebook始めてみました…。
□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド

開く コメント(22)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事