jh4ouhのブログ

アマチュア無線とBCLのページ
イメージ 1

イメージ 2

50MHZスクエアロー復活
昭和50年当時の説明書を元にスクエアローアンテナを製作しました。予想外に上手くできたので公開します。
今回作成にあたって、できるだけコストをかけないことと、移動運用にも使用できることを主眼に、私の当時の記憶と組立説明書を下に再現しました。(製作費はパイプ代など500円程度)
①構造
正規物はアルミパイプを使用し、同軸は直付けでしたが、移動用に組み立てや解体が簡単にできるよう、本体とマストはホームセンターで安値で入手できる水道パイプを使用しました。エレメントには、家電製品についていたアース用のリード線を流用。給電部は、ヘンテナ作成でノウハウのあったバズーカ・マッチを採用しました。
②製作にあたって
エレメント長は、DPと同じ1/4λに短縮率95%とし、50.3MHZを中心周波数とした場合一辺が約1.42mで2本作成。
給電部は5m程度の5D2Vの切れ端がありそれを使用し、先端の1m程度をカットしバズーカ・マッチを作成、給電点はギボシ端子を使用し取り外しが簡単にできるようにしました。
ヘアピンは、バズーカ・マッチ作成時に不要となった同軸ケーブルの芯線10㎝を切断し半田付け。エレメントはパイプにビニールテープで止めるだけ。参考書では、エレメント間は10センチとありましたが、20センチ程度にした方がSWRの値が良好でした。
③動作テスト
実際の交信には使用していませんが、アナライザーでの値は、50.1〜50.3MではSWR1.1以内、50.5M付近で2.0、51.0Mでは3.0と帯域はやや狭いと感じました。実用範囲は、50.0〜50.5までです。組み立て解体には工具不要で5分程度で完成です。とても軽いので片手で持てます。試作のため防水処理をしていないので、固定での使用はできません。
【参考図書】CQ出版社「実践アマチュア無線製作・ベランダバルコニーアンテナ専科」

この記事に

開く コメント(0)

貫山711m【九州百名山】
オールコンテストで嘉麻市に移動するも、コンディションが悪くあまりQSOできませんでしたが、せっかくなので翌日は近くで九州百名山の貫山に登ることに。朝は、放射冷却で相当冷え込み、一面霜で真っ白でした。おかげで、日中は山歩きとしては最高の天気になりました。
登山口は、山登りの本に紹介されている、メジャーな茶ヶ床園地登山口を目指します。ここは、平尾台の真ん中で、広い駐車場と水洗トイレ、東屋などがあります。ここに車を置いて、北東方向に延びる舗装路を歩きます。10分も歩くと、標識があり細い山道に入ります。平尾台には、高い樹木がないので、登山道のどこからでも自分のいる位置が分かり、迷うことはありません。(霧が出れば要注意) 中峠、四方台を過ぎると急登となりますが、ほどなく山頂に。山頂からは、周防灘〜国東半島〜英彦山、山口県内は下関市内〜宇部・山陽小野田〜遠く祝島まで見渡せました。また、国東半島方面は、姫島〜鶴見岳〜由布岳〜久住まで良く見えました。
早速、いつものハンディー機で144Mを運用。福岡、山口県内の局が良く聞こえていましたが、福岡市・佐賀・熊本方面には良くないようです。短時間の滞在でしたが6局とQSO。気温7度と肌寒いので早々に下山。下山後、小春日和の中、茶ヶ床園地でお弁当を。ここで車の無線機で144/430Mを聞いてみましたが、全く聞こえません。
貫山は、手軽に絶景を出会える絶好のポイントではないでしょうか。
この日は一日中好天で、帰りの2号線(小月〜埴生)からも由布岳が確認できました。
登り:登山口〜45分山頂(休憩時間・写真撮影時間を含む)
下り:山頂〜30分茶ヶ床園地登山口
画像1枚目は山頂から見えた由布岳、鶴見岳、2枚目は山頂付近
イメージ 1

イメージ 2



この記事に

開く コメント(0)

50MHZヘンテナ復活
昭和50年代後半に大ブームだったヘンテナの残骸が出てきたことで、復活してみました。当時、軽くてよく飛ぶ、安価で誰でも簡単に作成できるとのことで、私も担ぎ上げの移動運用専用に作成し、これを担いで山口県内、広島県内の山岳移動をしていました。今回は、当時自作したものを再現をするため、エレメントなどはそのまま使用しました。給電部はなかったことから、当時の製作記事を参考に、古い同軸ケーブルでバズーカ・マッチを自作しました。
完成後、早速近所の公園で動作テスト。公園は、海抜0mですが、海岸に面しておりアンテナテストには良い環境です。駐車場に地上高1mに設置。アナライザーでSWRを確認すると、50.1Mで1.5、50.5Mで2.0、51.0Mで3.0と若干の調整が必要な値でした。無線機につないでの受信確認ですが、この時期運用している局は皆無でしたが、驚くことに宮崎のビーコンが539で良好に受信できました。想像以上のゲインがあることが確認できました。
イメージ 1


参考記事】昭和58年9月号ラジオの製作「ヘンテナのすべて」

この記事に

開く コメント(0)

11/8〜11/10に鹿児島に遊びに行きました。
これまで、薩摩半島方面には何度も出かけたのですが、大隅半島方面には行ったことがなかったことで出かけました。自宅から垂水市道の駅まで7時間半もかかりました。おかげで初日はほとんど移動の時間に費やしたため、無線はできず、夕方までの時間は桜島観光を。天気にも恵まれ、開聞岳までよく見えました。翌日は、佐多岬まで絶景街道をドライブ。途中、神川大滝、雄川の滝など立ち寄り目的地の佐多岬に。本土最南端からの絶景は圧巻でした。遠く種子島まで見渡せました。3日目は、曽於市、曽於郡〜最終目的地はJR嘉例川駅を見学。今回は、九州百名山はなし。
JCC4615垂水市道の駅】運用時間85分:7MHZ=92局
朝食後0820〜7MHZを運用。短いCQにいきなり応答があり、その後55分間の短い運用でしたが、呼ばれ続けました。気をよくし、11/10の朝も少しだけ運用しました。
【JCG46008K肝属郡南大隅町】運用時間55分:7MHZ=70局
せっかくここまで来たので、少しだけのつもりでQRV、55分間の短い運用にも関わらず呼ばれ続けました。錦江湾越しの開聞岳の絶景を見ながらの運用です。
【JCC4618曾於市】 7MHZ=29局
道の駅「おおすみ弥五郎伝説の里」に立ち寄り、ここから運用。かなり広い道の駅でワイヤーアンテナでも張れそうでした。これまでの運用とは一変し悪コンディションに。余り呼ばれないま消防署の職質に遭いました。
【JCG46011D曽於郡】 10MHZ=28局
本当は、曽於弥五郎ICから北上する予定が、間違えて下りに乗ったため、次のIC野方あらさとに。せっかくなので、曽於郡からも運用。7MHZはコンディションが悪く使えないため10MHZを運用。
【今回の運用結果】
全219QSO
アンテナは、いつものRHM7350です。(興味のある方は以前のブログ記事を)
このアンテナでこの成果は、大満足です。
無線機は、IC706mrkⅡGM(今回初めて移動に使用)
QSO頂いた各局ありがとうございました。
①写真1枚目佐多岬から見た開聞岳
②写真2枚目は垂水市から見える桜島
イメージ 1

イメージ 2



この記事に

開く コメント(2)

2018 ALL JAコンテスト
全国1位!!






2018年4月開催のALL JAコンテストの賞状が届きました。驚いたことに、全国1位の表記が!!JARL HPで結果を見ると、14M電信電話QRP部門でエントリーしていたのは、私を含め2局だけでした。
コンテストは、萩市の固定局からIC703の出力を5Wに設定、アンテナはダイポールととても貧弱な設備です。しかも運用したのは、実質4時間余り。ひたすら聞こえた局を呼びに回るだけです。聞こえていても、応答があるのは6割程度でした。結構、ストレスとの戦いですね。
X14シングルオペ14MHzバンドP
(1)JH4OUH42×20840
P
イメージ 1


この記事に

開く コメント(3)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事