三國志の日々

AIONやってます。鯖はジケル 所属:天族 キャラ名:伏儀 携帯ゲームのグリーもやってます @x@

全体表示

[ リスト ]

久しぶりの更新です。 (; ・`д・´)

今回は、諸葛亮篇をお送りします。

<第五次北伐(五丈原の戦い)>
231年の第4次北伐において、蜀の諸葛亮は魏の司馬懿と対戦し勝利したが、大雨により李厳が食糧輸送に
失敗して食糧が尽きたため、撤退せざるをえなくなった。
3年後の234年2月春、諸葛亮は魏への遠征を開始します。このときは、長安を目指す構えを見せています。
一方、魏の司馬懿も諸葛亮を迎え撃つために、軍を率いて出撃し、人口が集中している渭水の南に砦を築き、
防備を固めます。諸葛亮は渭水南岸の五丈原に布陣。そこで諸葛亮は屯田を行います。
司馬懿率いる魏軍は、渭水を背にして五丈原を望む形で対陣し、柵を築いて砦の防備を固めます。
諸葛亮は陽動作戦を用いて魏軍を攻撃したが、作戦を見破られて防がれた。さらに諸葛亮はさまざまな手を
使って司馬懿を挑発して魏軍の出陣を誘ったが、司馬懿は挑発に乗らなかった。
一方、蜀に呼応して呉が魏に出撃。しかし、呉軍は苦しめられ、魏皇帝・曹叡が自ら援軍に向かったので
呉軍は撤退します。

<諸葛亮、死す>
蜀軍と魏軍の対陣は100日余りに及んだが、234年秋8月、諸葛亮は病死し蜀軍は撤退。
魏軍は撤退した蜀軍を追撃しようとしたが、蜀軍は反撃の形勢を示し、司馬懿は慌てて軍を退きます。
諸葛亮の死後、蒋エン・費イが蜀の実権を掌握します。

追記
諸葛亮の死後、魏が蜀の反撃にあい、人々は「死せる諸葛、生ける仲達を走らす」と揶揄し、これを聞いた
司馬懿は「私は生者を相手にする事は得意だが、死者を相手にするのは不得手だ」と答えています。
また、司馬懿は撤退後の諸葛亮の陣営を視察し、「天下の奇才」という感想を漏らしています。

「演義」で諸葛亮は、寿命を延ばす祈祷を行いますが、唐突に幕内に入ってきた魏延がこの祭壇を
壊してしまったために祈祷に失敗し、死を悟ります。

諸葛亮の死後、蜀の実権を握った蒋エンは、諸葛亮の遺志を継ぎ、魏の討伐を計画していたが、
自身の病気と他の重臣たちの反対により計画は実行されませんでした。

引き続き、諸葛亮に変わり、姜維篇になります。
つまり、蜀篇って事です @x@b

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事