ここから本文です
ブログ始めました!
1週間ほど前になるが、飛鳥山の紫陽花が線路に沿って咲き誇っていた。
夏祭りのような感じで、線路沿いの小道が賑わっていた。
王子駅のホームから撮るには、少し遠くて花が小さくなってしまう。
先ずは京浜東北線大宮行きの最後尾を、南口から。
イメージ 1


もうちょっと気が利いたアングルがあったはずだが、つい花だけに目が行ってしまった。飛鳥山の紫陽花だかどこの紫陽花だか分からない写真になっていた。
イメージ 2



鉄道コム

湘南新宿ラインが出来てから埼京線とはほとんど縁がなくなってしまった。
板橋駅で下車するのもいったいいつ以来になるのか。
そんなこともあって板橋駅のホームから埼京線の電車を。
イメージ 1
正面から見ると烏山線のEV-E301 系と似た感じがする。
写真で並べると違いが目立ってしまうが。
イメージ 2
(烏山線大金駅で。)

板橋駅の東口を出ると正面に新撰組の供養塔がある。
イメージ 3
新撰組で生き残った永倉新八が奔走して建立したものだ。
側面には隊士の名が刻まれている。
奥の方に紫陽花が咲いていた。
鉄道コム

宇都宮線の日常風景と言ってもいい。
毎日繰り返される光景。
年号は変わっても、線路を行き来するE233系の営みに変わりはない。
当たり前のように走るその姿に、何か安心感のようなものをが湧いてくる。
イメージ 1
鉄道コム

線路沿いの田の田植えも終わり、水鏡の時期も過ぎてしまった。
緑一色の風景の中に、ハンドル訓練の機関車が顔を出す。
イメージ 1

6月らしい風景の中を訓練の列車が通り過ぎていく。
イメージ 2
鉄道コム

中山道から万世橋・秋葉原電気街方向を見たアングル。
イメージ 1
御茶ノ水ホテルジュラク前の坂道から。
もう少し左で総武線と並ぶ。
イメージ 2
坂を登りきると御茶ノ水駅がある。
鉄道コム

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事