銃身の汚れ

いつもながらご無沙汰しています

昨日おとといと すごく暖かかったですね

うちのハチ寄せのために育てている原種のラン 金陵辺 の第1陣が咲きました


イメージ 1

しかし 

ハチさんは全く来てくれませんでした


こっちは1週間くらい前の写真なんですが
ヤジオ様に送っていただいた
行者ニンニク

イメージ 2

多分今頃はもう白い花が咲いていると思います

シェフ様の所もうまく育ってないようでしたが
家でも花は咲くのですが
種子が完熟しません
なので増える気配は一向にないんですよね〜


木の陰に植えたのですが
日当たりのいい方が大きくなっているようですね!

家は田舎なので
割と寒い方なのですが
やはり南限を超えているんでしょうかね〜?




ところで
ここんところ出てこなかったのには理由がありまして

以前作った 6mmBR の銃身
これにつけかえようと
ホークアイ ボアスコープで覗いてみたらですね

まあ なんと
汚いこと 汚いこと


ホンマに掃除してるんかいな?
てきな汚さ


お掃除してから付け替えることにしたんですが

これがいくらやっても取れないんですよ

本日でもう 6日目
時間のある時にしかできませんから
日にちばかりが過ぎていきます

まあ 
5種類くらいのソルベントに
カッパーリムーバー
コンパウンドと試すんですが
いくらやっても
パッチは真っ黒

熱湯を流し込んで温めても効果なし

ボアスコープで覗いても
やっぱり汚いまんま

なんで 頭来たんで
今日はこれ

イメージ 3
まずは M-Pro 7
(これは結構効果あるみたい?)
これをパッチにつけて数分放置


そして
台所用クレンザーに 水垢落としのクレンザー
平野レミさんもおすすめしてますよ


これを混合して
金属ブラシと パッチでゴシゴシ

銃身摩耗せんかな?
と心配にはなりますが

汚れが落ちないくらいですから
摩耗の心配はいらないでしょう

台所用の洗剤の効果が割と大きいのかもしれません
アワアワになりますが
パッチが真っ黒にならなくなりました


でも覗いてみると
まだ銃身は汚いです


あと2回くらい
同じことを繰り返せばきれいになりそうですね〜


アクションに銃身つけたままやらない方がいいですよ

クレンザーなんで
研磨剤が落ち切らないで
要らないところに入り込んでえらいことになりますよ!


僕は水道で流しながら
ブラシですすぎましたから




この銃身
データを見返してみると 初撃ちが 2014年になっているので
もうすでに3年経ってるんですね

はやっ!

シエラのマッチキングとバーンズ85gr のデータどりをして
本ちゃんで数発撃って
どこ飛んでったのかわからんのが
数発出たため
放り出していました
なのでこいつで獲物を撃ったことないんですね!



不思議なことに
マッチキングだろうが バーンズだろうが
ベンチマークだろうが IMR4064 だろうが
みんな 30gr あたりにいいところがあるみたいです

もうちょっと押して
3400ft/s あたりでもまとまりそうな雰囲気ですね



おっと
その前に
ウインデージアジャスタブルのスコープリングを発注しなきゃ!

308の銃身 と 6mmBRの銃身は 
やっぱり着弾点が違うんです
BRのほうが左に行きます
どっちがまっすぐに近いのかは定かではありませんが…

銃身軸がずれるということは
スコープの軸も調整してあげなければならないんですよね
シムでも調整できなくはないんですが
めんどくさいです


ブローネルズさん
送料無料ばっかやってないで
値引きセールやってくださいよ〜









.


みんなの更新記事