ここから本文です
名古屋市 緑区 天白区 日進市 空手 虎徹 ブログ
大志貫徹 虎口の空手道=実戦空手道虎徹 http://www.karate-kotetsu.com/

国際交流空手体験会❗

国際交流空手体験会❗

今期3回目、そして最終回となりましたが、皆さん最後まで頑張ってやり抜きましたね👊

今日は最終回に相応しく
MMA、サイ、棒術まで練習している女性がおられ💦
場の空気変わりましたね(笑)

他にも蹴りがとにかく強い方や
突きにこだわりを、持ってる方
空手にどっぷりハマってしまった方。
最後まで楽しんで頂けたようで何よりです😊

また来年もお待ちしておりますので
是非ともお越しください❗

最後になりますがツアーガイドの野澤さん、池田さん、塚本さん❗
ありがとうこざいました😸

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

この記事に

本日は地元あま市にて誠優会さん主催の「型」大会に参加させて頂きました

来賓として錬空武館の高久館長も遠路遥々お越しくださり大会に花を添えてくださいましたね

イメージ 1

イメージ 2



型試合に出場すると決めて、3カ月ほど徹底的に型の練習をした結果、とても良い動きになり皆の意識も変わりましたね

幼年さんから中学生までお世辞抜きに頑張りました。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6


やはり人前で型を打つ前に、組手同様に自分との戦いがあります。

そこに打ち勝つ精神力、それは稽古で養い、自信に変えていかなければなりません。

今回も、同門対決や友達との対決など、いろいろなドラマがありましたね

イメージ 7

イメージ 8


あれだけ練習したのに…
違う方向いたりとか
間違えたりとか…

でも、それって今の実力なんですよね

それが悪いとか一切責めたりは致しませんが、それを今後どのように活かすか。
それがポイントですね

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11


組手試合でも型試合でも
勝敗を決めるのは第三者です。(KO負け以外で)

微妙な判定で、ああでもない…こうでもない…と言うよりは、どこがどうダメだったか?という自分の弱点を克服して満場一致の勝利を収めたいですね

他団体が、どうであれ虎徹はそこだけは貫きたいところです。

個人的には黄色帯の2人の努力に感動すら覚えた。
毎回指摘し何回も注意⇨叱り⇨怒り(笑)
意識改革も行い、自分での努力が形として見えた。
ホントに頑張ってきたな…と胸が熱くなった。

勝ち敗けなんてどうでもいい
とは言わないけど
まだ可能性を秘めた彼らがこの経過と結果を忘れずに進んでくれたら末恐ろしい存在になることは間違いない。
その楽しみが出来たし私自身も更に磨いていこうと思いました。

大会の最後には、大河内先生の優しさ溢れるお楽しみ会

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15


虎徹杯パクったかと思いましたね(笑)
缶バッジは…記念になりますが
使うか?って聞かれると困りますね

そんな冗談も気軽に言える間柄なので(表面的ですが(笑))
バッジは…なかった事にしときます

イメージ 16


さぁ〜 また新しい虎徹が始まるぞ

ガッツリ楽しみながら進んで行こう

最後になりますが誠優会の大河内先生、スタッフの皆様、素晴らしい大会運営お疲れ様でした。
また来年も宜しくお願い致します


ちなみに私事ですが
最近、髪形のせいでイメージ変わったとか
言われますが、薄毛が気になり短髪にしました(笑)
白髪も多くて白髪染めも頑張ってましたが、毛染めも止めます。
今の所、照れ隠しでヒゲも生やしていますので今後さらにイメチェンする可能性が大です

二度見とかハゲ探しなどお控え頂けると有難いです(笑)

ハゲたら坊主にすればいいとか 
豪語してたあの頃が懐かしいです
髪って、少なくなると大切にするもんですね・・・

先輩方の気持ちがよく分かりました。
これからはカッパとかUFOとかバーコードとか、眩しいとかいろいろ禁句が増えますが
禁句の前に「この」をつけたらマジで飛び掛かりますので
そこだけはご注意ねがいます(笑)

この記事に

明日の型試合の持ち物

これといって特に無いのですが

冷房が効く施設でも絶対暑いので

熱中症対策として アイスノンとか 枕みたいな保冷剤とか

持ってくると良いと思います

ウチワとかも スポーツドリンクもOK

通常の稽古でもOKですので

体調管理はしっかりと行ってください

空手着 (上下)、帯、忘れずに

この記事に

8月5日 型大会について

第1回中部友好道場 武道「型」空手道選手権大会

【大会概要】

9:30会場(二階 講堂兼体育場)
10:15開会式
10:45試合開始
12:00〜13:00昼休憩
(昼食は各自ご用意下さい)
13:00演武
13:15試合再開
14:15試合終了予定
終わり次第

表彰式
くじ引き大会
写真撮影

15:00解散予定となります。

◆二階会議室は、控え室や休憩室としてご自由にお使いください。

尚、会場内のご飲食は、基本的に禁止されていますので、見学の方の熱中症対策や、選手の水分補給を除き、会場内のご飲食は、お控え下さいますようご協力宜しくお願い致します🙇

大会会場(二階)の開場は、9:30に行います。美和公民館は9:00に開場しておりますが、一階のフロアでの待機は、他の利用者のご迷惑になりますので、お控えいただき、開場時間まで、館外での待機を宜しくお願い致します。

会場は、エアコンをつけますが、たくさんの方々が来場され、室内の温度もそこそこ上がるかと思います。くれぐれも各自で熱中症対策を宜しくお願い致します。

との連絡を頂きましたm(__)m

この記事に

実際

型大会に向けて熱心なご意見を頂戴した

とても有難いことで

正直どこまで話せば良いかと思った。

ちょっと頭をまとめてみたので同じ気持ちの親御さんへ、参考になればと思い、個人的意見を書かせてもらいます。

「型」とひとくくりに云っても、流派派閥によって同じ型の名でも動きや内容が違う。

動きが違えば解釈も変わってくるし

人によって伝え方も違ってくる。

それは理解し難いことで、空手や身体操作を少しでも学んだことがある方なら頭では理解できるかも知れないが実証という部分で疑問が出てくる。

感覚の持ち方でも変わってくるし、見えない部分を操作することも必要になってくるので・・・何とも説明しづらい。

それこそ個人レベルで明らかに違いが出てくるので

型の順番を覚えることのみでもキチンとした覚え方をしないと

変なクセがついてしまう。

大人なんかそうだが、このクセを取るのに大変苦労する・・・。

例えば

こちら

私も大尊敬する藏岡さんの動画ですが

観て解りますでしょうか?


わかったら凄いし、出来たらホント尊敬いたします。

私は意外と欲しがりな性格で(笑)

実際、自分が納得しないと全くやらない

以前、藏岡さんをご紹介していただいた

Uさんのストライク(打撃)を名駅の駐車場の一角で

をボディーにもらったのですが・・・。

ウン十年ぶりにマジで腹・・・効きましたね

しかも焼肉食った後に(笑)


その後、藏岡さんの動きを目の当たりにして

軽く技をもらいましたが尋常じゃない

動きは猫科動物のようにしなやかで俊敏で

打撃は5〜60キロくらいの金属バットでブン殴られたように重く

さらに体内で内臓をこねくり回される爆発力・・・

(実際、金属バットの60キロとかないけど(笑))

意味わかんないと思うけど・・・

秘孔突かれて腹が爆発するイメージでしょうか

話を戻すけど

身体操作という部分では今やってる事の、真逆のアプローチで形がない。

しかしこれを何のバックボーンもない人が理解しようとしても

なかなか難しい・・・

それを解りやすく行うのが空手の型であって(他にも意味はあるけど)

その中にいろいろな身体操作法が含まれてて

攻撃や受けの仕方によっても身体操作は全く違ってくる。

その辺りを私や指導員の先生方がフィルターとして

解りやすく指導するので

一概にこれ見て勉強してくださいとか言えないんです

動きを見て、ココをこうしたほうがイイよとか

さっきの動きと、今の動きとの違いを検証したりしながら進めるので

例えるなら

英文を丸暗記するのか 実際に話せるようにするのか

の違いでしょうか。


あと動画を鵜呑みにしないこと

人間て、見た目から情報を仕入れるけど

眼力っつーか 見抜く力がないと 騙されるんだよね(笑)

観てても、うまく隠してんな〜とか ホント解るし

あ〜 そうそう手品みたいなもので

からくり が、あるんだ。

以前も書いたけど

人間の骨って大体200個ほどあって

さらに筋肉がついてて さらに皮膚、感覚があって

感情に左右されて 体も大小あって

それらをどうコントロールするかで

スピードや質量、破壊力がまるで違ってくる。

対峙した人間の圧力とか見えないプレッシャーとか(優勝しなきゃいけないとかね)


それを克服するように しないといけないし・・・

教材としての動画って ある意味 有り難い反面 そうじゃない。



ちょっと作ってみたけど

S がスタートで   H が当たった所
イメージ 1

SとHの間は骨と筋肉があると思ってください。

力の源と、経路、到達地点 体をどのように使って

どうスピードや質量を伝えるかなんですが

とくに最後の図・・・

線の書き始めがスタートじゃなくて

山の中腹からスタートしてます。

しかし線は同様に左端からスタートしてます。

Sから始まり Hで終わる

の図式は崩れますが

線は繋がっている。これが体の繋がりで力の発生地点が変わってくる。

先の200個ほどの骨をどう使うか

力をどう増幅させるか? 

(力といっても筋肉量とかじゃなくて爆発力ね。)

ロープをムチのようにすると解るかな

ムチも最後にスナップ効かせて引くでしょ

もっと言うと 当たってから力をどう浸透させるか

入射角と反射角での方向性とか

いろいろ複雑なんだよね(笑)

それが出来たら強いか?って言われるとそうじゃないし

やった気になる では なく。

実際にやってみる。 やっぱ、これですね


百聞は一見にしかず 

かわいい子には旅をさせろ

って言うじゃないですか


最後に

「動かさずして、動く」そんなことが多々あるんです。

この意味が知りたければ私のところに来てください。

体験していただければ分かりますので(チョトイタイカモ)



散々、体の繋がりとか書いたくせに

全然、文章つながってね〜じゃん

てのは言いっこなしよ



では









この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事