『辛くできますか?』激辛・旨辛カレー

ご連絡は、suzuki-kjb@i.softbank.jpまで。マスコミ登場履歴は左サイド中段のゲストブックをご覧ください。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

銀座きひろ
中央区銀座8-3-1第3秀和ビルB2
03-3573-7123
11:00〜20:00(夕方の不定時に閉店するとの情報あり)
定休日 土日祝

それは不思議なランチタイムであった。
虎ノ門・新橋間のランチカレーには相当詳しくなったので、新橋駅のガードを越えて、コリドー通りや外堀通りのランチ事情を偵察に行った。

この三角地帯の中には「地雷也」というランチにカレーを出す有名店があったが、2006年の夏に移転のため閉店した。もう少し銀座方面に行けばデリー銀座店の誘惑に負けることとなる。

ぐるっと回ったが目ぼしいカレーは無く、コリドー通りから新橋方面に引き返すとき、交番の一つ手前の路地の小さな1つのカレーのレプリカを見逃さなかった。

近寄って見ると、「銀座きひろ」と高級和食店のような筆文字をもじったロゴがあり、シェフの顔写真もある。
一瞬、銀座の有名店かと思ったが、「カレーしかできませんけど」とあるぞ。
あっ、ランチはカレーしか出してないのか。
いやいや、お店の看板にも、「カレーしかできませんけど」とある。カレー専門店のようだ。

しかし、「カレーしかできませんけど」とは、感動的キャッチだ!
高級ホテルのランチのみのカレーとか、中国料理店のメニューにないカレーなど、いつも「カレーしか食べませんけど」と断りたい気分だが、いかにも歓迎された気分である。

店は地下2階のようだ。
路上からはどんな店なのかは想像出来ないが、間口が非常に狭く、テナントが入らず取り壊し予定があってもおかしくないビルだ。大丈夫なのか?

階段を下りると、ここにも「カレーしかできませんけど」と。
2006年5月9日にオープンとあるが、土日は頻繁にここを通っていたが、平日のみ営業のため知りえなかったようだ。

店は、5席と7席がL字型になったカウンターのみ。
壁は良く言えばモダンなイタリア酒場のように白く塗り変えられ、カウンターも木目で新しいが、イスだけ古臭いバーから借りて来たような感じだ。
シェフはきちんと白い正装姿で、帽子も被っており、丁寧だが貫禄がある。
身長もあり、恰幅がいいが、初老のご年齢に見受けられる。

壁に貼られたメニューは以下のとおり。
カレー 580円
カレー大盛り 680円
お野菜 100円
ビール(小) 400円(夕方からのみ)

カレーしかできないのみならず、新橋と虎ノ門にある「スマトラ」のようなシンプルさだ。

辛くできますか?(しまった、あまりの不思議さにセリフ忘れた。まあ、どうせできないだろう)

大盛りを注文して待つこと5分ちょっとか?
レプリカでは濃褐色なので、平凡なスタンドのビーフカレーを想像したが、何と、黒に近いサラサラのカレーだ。
福神漬けが大サービスで盛ってあるね。

具は全く無く、「カレーしかできませんけど」は、ルーしかできないという意味か(まさか)。
タマネギなどの野菜のみじん切りが沢山見えるが、トロミは全くと無いと言っていい。

食べて見ると、重厚なスパイシーさと野菜の甘味のあるルーだ。
クミン、カルダモンなどの清涼感を感じるタイプではなく、胡椒、ショウガ、ガーリック、うーん。
不思議な味なのだが、とにかく食欲が増して、ライスとの相性も良く、大盛りがあっと言う間なのだ。
辛さは普通の辛口より辛く、発汗作用のあるスパイスのため、ジワジワと汗ばんで来る。

この説明だと、良くあるデリーのカシミールを模倣した店を連想しそうだが、こちらはちょっと違い、また酸っぱさが強い。
あえて分かり易く例えると、SB食品のスパイスソースのウスターソースである(変な例え?)。

12時少し過ぎだが、次々と慣れた感じのお客が入店して来る。
新橋ともコリドー通りとも異色の、30代の制服姿の電気工事業などのお客が多い印象だ。

早速ググって見ると、新しい店なのに出るわ出るわ。
値段も手頃なためか、評判が抜群であった。
「シェフは、フランス料理店で長く働いた人だ」、「100時間かけて作っている」、「某湯名企業が運営している」、「女性客も多い(今日はいませんでした)」などの情報(または噂)がある。

フレンチの元シェフが作るなら、やはり、ソースの作り方と共通点がある可能性があるだろう。
インドよりはヨーロッパのスパイスやハーブを用い、ビネガーを加えたものをイメージして頂くのが良いと思う。
珍しいカレーなので、カレー好きが一度食べて損のないもの。
一回では分からないのかも知れず、また食べて見たい。

インド風に分類しましたが、オリジナルにも分類出来そうです。

味(5段階)★★★☆(一回での判定は難しいですが)
辛さ(10段階)(X-X)(X-X)(X-X)(X-X)(X-X)
旨辛度(辛党偏見5段階)(*O*)(*O*)(*O*)(*O*)(自分としてはハマる味です)

この記事に

閉じる コメント(10)

顔アイコン

メニューが一品しかないのは「...しかできません」という言葉とは逆に、自信がなければできないこと。いやはや、たいしたものです、ここは行ってみたいな。

2007/1/11(木) 午後 11:58 [ 老児 ] 返信する

顔アイコン

「カレーしか出来ませんけど」。 なんてステキな響きなんでしょうか。 めちゃめちゃ行ってみたいですね。 ただ、平日営業のみというのがネックですね・・・。 削除

2007/1/12(金) 午後 9:41 [ samurai ] 返信する

顔アイコン

老児さん、そのようですね。実は相当自信を持っているようで、儲かってもいるようです。自分ももう一度行きたいですが、平日のみで、夕方に閉店するという情報があるんですよねえ。

2007/1/13(土) 午前 11:57 [ 辛党 ] 返信する

顔アイコン

samuraiさん、このセリフ、早くもネットで騒がれているようですねえ。こちら、閉店時間も謎なんですよねえ。こういう平日の昼のみの店には、新橋のザカリなどもですが、もっとカレー好きのために門戸を広げてくれと言いたいですね。

2007/1/13(土) 午後 0:01 [ 辛党 ] 返信する

顔アイコン

ほんと安くて美味いところでした。こういったコクがあるのにスープ状のカレーって私にとっては新鮮でびっくりでした。 削除

2007/2/15(木) 午後 10:57 [ curryvader ] 返信する

顔アイコン

ベイダーさん、ついに行かれましたかああ。コクは、やはり元フレンチシェフという噂を裏付けるものでしょうねえ。余分な甘さがなくスッキリしてますねえ。TBありがとうございます。

2007/2/15(木) 午後 11:31 [ 辛党 ] 返信する

顔アイコン

今日のお昼にきひろにいってきました。 おいしかったです。これははまりますね。100円のすっぱいキャベツも美味しかったです。福神漬けもよかった。 カレーは中身は殆どすべて溶けてるタイプ。そのタイプでは値段がもっと高いラ・ソース古賀やサンラインより好みです。いいお店ですね。ありがとうございました。

2007/2/19(月) 午後 4:10 [ ter*to*et* ] 返信する

顔アイコン

teruさん 今日、行かれたんですかああ。この辺りで昼間のお仕事もあるんですね。そうですよね、福神漬けが多めで好きです。気に入って頂けて何よりです。場所代なども計算に入れて低コストで提供できるようにしてるんでしょうね。コストパフォーマンスの点でも優れていますね。

2007/2/20(火) 午前 0:28 [ 辛党 ] 返信する

顔アイコン

初めまして。みうみうと申します。駆け出しの「カレーッ喰い」です。 たあぼうさんの所で、貴殿のコメントを拝見させて頂き、お邪魔した次第です。 ≪銀座きひろ≫ 全てが独特でした。シンプルでありながら、深い味わい。そしてそれ以上に味わい深い、店主の雰囲気。いや〜、良いお店ですね。 移転後の営業再開まで、少々時間が掛かるのが残念です。 でもそれ以上に、新店での営業に期待大です。 P.S リンク貼らせて頂きました。今後も宜しくお願いします。 削除

2007/3/1(木) 午後 10:28 [ みうみう ] 返信する

顔アイコン

みうみうさん、初めまして。たあぼうさんのコメントとリンク拝見しておりましたー。京橋屋カレーを発見したとは素晴らしいですね。次に行く候補です。銀座きひろは、自分が見つけたときには、すでにエスニカンさんの手により(いつも一歩お早いです)、情報が旺盛でした(笑)。美味しいですよね。こちらこそ、今後ともよろしくお願いします。

2007/3/2(金) 午前 0:30 [ 辛党 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(3)


.


みんなの更新記事