『辛くできますか?』激辛・旨辛カレー

ご連絡は、suzuki-kjb@i.softbank.jpまで。マスコミ登場履歴は左サイド中段のゲストブックをご覧ください。

全体表示

[ リスト ]

陳麻婆豆腐 赤坂東急プラザ店
http://www.chenmapo.jp/
千代田区永田町2-14-3赤坂東急プラザB1
03-3539-5058
平日 11:30〜14:30、17:00〜23:30
土日祝 17:00〜23:30

イメージ 1

中国同様、中国料理も4000年の歴史を持つわけだが、麻婆豆腐はさほど古い料理ではない。
辛党必食のこの料理の根底には、コロンブスの偉業による唐辛子の世界への普及と、湿気の多い四川省の辛い料理に対する欲求の出会いがある。

麻婆豆腐の起源は、140年ほど前の、四川省は成都の「陳」という名のあばた(麻)のあるお婆さんのが振舞っていたというのが有力説だ。

イメージ 2

イメージ 3

陳婆さんの店は、今なお本場四川で「陳麻婆豆腐」の看板を掲げており、その日本店とも言えるのが、今日の「陳麻婆豆腐」なのだ。
(ホームページによれば、四川省成都市飲食公司との正式調印を行ったとのこと。)

かつて、日本の麻婆豆腐が辛くなかったのは、四川料理を日本に広めた陳健民による日本人向けの麻婆豆腐と、圧倒的に日本に多く出店していた広東料理屋による普及だ。
(陳健民は、陳婆さんとは無関係)
日本の恒常的に高まる激辛趣向とともに、本場四川省の麻婆豆腐も平気になって来ている。

辛くできますか?
四川料理の店は、日本人向けに辛さを控えているだけなので、頼めば喜んで辛くしてくれる。

陳麻婆豆腐(1,280円)を辛くして、ライス(230円)を付けてお願いします。
ランチだと、ライス、杏仁豆腐とのセットで1,280円だが、夜はちょっと値がはる。
その分、行列で回転率が早くせわしいランチに比し、ゆったり出来る。

イメージ 4

麻婆豆腐は調理スピードが重要であり5分程度で完成だ。
初体験で誰もが感嘆する衝撃の辛さは、かつて一緒に行った者が、「人生で一番辛い」と言った。
黒い色と深いコクは、長年熟成させる四川省のピーシェン豆板醤によるもの。
辛さとコクに、一度食べるとハマってしまいリピーターが後を絶たない。

イメージ 5

辛い麻婆豆腐を出す四川料理屋は増加の一途を辿るが、どの店も花椒(ホワジャオ)は本場より全く少ない。
この店は、花椒のミルを出してくれるので、自分で挽ける(他店では見たことが無い)。
好みの量に調節できるだけでなく、花椒は煮込んでしまうと風味が落ちるため、食べる直前にかけると良い点もある。
写真は、20回挽いたもので、黒い斑点が見える。

おおっ、辛くしない場合よりも3〜4割り増し辛いぞ!
これが、店員さんは本場四川省の辛さだと言うが、本場でも辛い部類なんじゃないだろうか。

さらに花椒のミルを20回挽くと、良い「麻辣(マーラー)」になったぞ。

麻婆豆腐は本場では「麻辛豆腐」とも呼ばれるごとく、麻(花椒の舌の痺れ)と辣(唐辛子の辛さ)が特徴だ。

原宿の「トンポー」は、サディストの中国マフィアのような調理人が、花椒を60回位振っていたから、麻が凄かった。
後は、神戸中華街の南京町の「長江」ぐらで、他は全て花椒は控えめだった。

イメージ 6

原宿のトンポー以外は、辛さが足りないと思っいたが、こちらも頑張っているなあ。
トンポーよりは、量も少ないし、完食出来る人は多いと思うが、自分の辛さレベル7ということで「超激辛挑戦編」になります。

この店は、一緒に行った人が辛いものに目覚めてしまうことが多く、日本の辛党増加に一役買っていると思う。
店舗も、ここ数年で急激に拡大している。
赤坂東急プラザ店、デックス東京ビーチ店、新宿アイランドタワー店、横浜ルミネ店、横浜クイーンズスクエア店、たまプラーザ東急店、ラゾーナ川崎プラザ店、名古屋三越ラシック店がある。

台場小本館のデックス・東京ビーチ店では、終日、他店のランチと同じセットが1,280円で味わえる。

ちなみに、中国料理屋のメニューで「陳麻婆豆腐」という文字を見るが、「四川麻婆豆腐」(中国でも各省に広まったため、区別してこう呼ばれる)の代名詞であり同義語である。

味(5段階)★★★★
辛さ(10段階)(X-X)(X-X)(X-X)(X-X)(X-X)(X-X)(X-X)
旨辛度(辛党偏見5段階)(*O*)(*O*)(*O*)(*O*)

閉じる コメント(10)

アバター

陳健一系の総本山「赤坂四川飯店」で食べたことがあるのですが、辛さが物足りませんでした。そうか〜辛くできるのか〜!しかも喜んで辛くしてくれるとは目ウロコでした!

2007/2/21(水) 午前 2:22 ARAPRO 返信する

顔アイコン

ARAPROさん、遅くなりました。(1000コメ近かったため、コメせず待ってましたがなかなか達しません。)赤坂四川飯店は、確か、陳健民の頃からの普通のと、少し辛い「陳健一麻婆豆腐」がありましたよね。頼めば辛くしてくれると思いますが、銀座の数々の有名店と同様、古くからのお馴染みさん相手のためか、あまり冒険的辛さにしないかも知れませんね。横浜中華街の景徳鎮は結構辛くしてくれると思います。

2007/2/24(土) 午前 7:21 [ 辛党 ] 返信する

顔アイコン

私も先日べつの陳さんのお店(麻婆豆腐専門店ではないところ)で、まねっこして「辛くできますか?」ってやってきたところでした…美味しかったです♪

2007/3/3(土) 午前 2:54 くろーば 返信する

顔アイコン

おっ、辛くしてもらったんですね。陳さんのお店というのは、陳健一のお店ですか。麻婆豆腐専門店でないとすると、六本木か永田町か渋谷セルリアンタワーなどでしょうか。それも、記事を書いて欲しいなあ。

2007/3/3(土) 午前 11:55 [ 辛党 ] 返信する

顔アイコン

初めまして。最近ブログ始めました。
陳健一氏の麻婆豆腐、生協で298円で購入して「おうち」で食べました(千円以上っていうのは、場所代や輸入コスト、人件費や設備費で殆どが料理そのものには関係のない経費なんでしょうね)。
例によって、八角orシナモンの本場の匂いはしましたが、中国で食べていた麻婆とは、やっぱり違います。日本人に売る為にやっていることだから、仕方ないですね。

2007/11/9(金) 午後 8:52 [ - ] 返信する

顔アイコン

doukyounosusumeさん、いらっしゃいませ。
陳健一氏の麻婆豆腐、いいですね♪
ええ、まあ、日本人向けのマーボーには私もうんざりしてますので、お気持ちはよーく分かります。
自分で作ったりも散々しましたし。
自分で調理するのは、もとは麻婆豆腐が一番多いです。今は、カレーの食べ歩きが多いですが。

2007/11/10(土) 午前 2:00 [ 辛党 ] 返信する

顔アイコン

僕もこの麻婆豆腐、今年の8月に激辛でお願いして食べましたが、辛いには辛いのですが、それ以上にショッパくないですか? こんなにショッパいと、そっちの理由で食べるのツラい!と感じました。

2008/10/8(水) 午後 10:59 サボテン 返信する

顔アイコン

サボテンさん
自分は昔から塩辛いものも好きなので気になりませんでした。
と言いますか、塩辛いものを避けるため、唐辛子や胡椒の辛さを意図的に採るようになりました。
やはり、塩辛いという話は良く聞きますね。
四川のピーシェン豆板醤という熟成されたものを使っている麻婆豆腐の感想に多く、色が黒っぽいのが特徴です。
ラー油で辛くしているタイプは、油っこいという感想が多いですし、難しいですね。

2008/10/9(木) 午前 0:55 [ 辛党 ] 返信する

顔アイコン

陳麻婆豆腐!!大大大大好きです!!
私のお気には近所の玉川東急店です。
あの辛さよりももっと辛くできるんですか・・・。
もう、明日早速行ってきます!!

2009/11/11(水) 午後 11:22 [ - ] 返信する

顔アイコン

tama030303さん、
陳麻婆豆腐は大好物です!
お店により辛さも違うかも知れませんが、
是非、辛めでお願いしますw

2009/11/13(金) 午前 0:05 [ 辛党 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(3)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事