『辛くできますか?』激辛・旨辛カレー

ご連絡は、suzuki-kjb@i.softbank.jpまで。マスコミ登場履歴は左サイド中段のゲストブックをご覧ください。

全体表示

[ リスト ]

Soup Curry Dining SHATi原宿店
渋谷区神宮前3-26-11ホノラリー原宿ビル2F
03-5772-6424
11:30〜25:00
* 作り置きが出来ない為、誠に勝手ながら、スープが無くなった場合上記の時間に関係なく閉店させていただく事があります。
定休日 年末年始のみ

最近、周辺の激辛好きのみなさんの間で、原宿店と今年オープンした池袋店を有する「シャンティ」が話題だ。
その第一の原因は、夢民や、その転身の炒伽哩(チャオカリー)が辛さ無限を止めてしまったため。

いつしか、「シャンティを制する者が超激辛を制す」とう空気が出来つつある。
知る限り、きっかけは激辛道の中で、著者の清水氏が、2006年の発刊当時シャンティで最高記録であった200ボーガに挑戦し完食した記事である。
さらに、とおりすがりさんによれば、2007年初旬のシャンティのHPによれば、300ボーガ達成者が出たと言う。
イメージ 1

この日は、自分、とおりすがりさんdokataさんの、3人の激辛マニア(?)がシャンティに挑戦する運びとなった。

とおりすがりさんはランチに行くというので、自分とdokataさんで夕方待ち合わせをし、先日のトンポー以来、またしても中年男2人で夜の竹下通りを闊歩する。
イメージ 2

トンポーの目と鼻の先にシャンティはある。
先駆者の「銀座ガネーシャ」のように、全てのテーブルがカーテンで個室風に仕切られている。
入り口近くの席に座ったときは空いているのかと思いきや、奥の方はGALやヤンキーがスープカレーを貪っており、やはり原宿ならではだ。

店長らしき人が来て、「今日はオリジナルスープが切れちゃったんですよ」と。
シャンティのスープはオリジナルとサイゴンに2種類あり、サイゴンの方は辛さは5段階あるが超激辛というほどでもないのだ。

しかし、「30分待って頂ければ出来ます」とのことで、二つ返事で待つことに。
イメージ 3

待つ間、ちょっと珍しいサイゴンビールを堪能しつつ(dokataさんはテラの帰路の傷の抜糸前のため1本のみ)、店長と話しをした。

我々「今日の昼間、100ボーガに挑戦した人いましたか?」
店長さん「ええ、居ましたよ。眼鏡の方が、角煮カレーを完食されました。お友達ですか?」
我々「(とおりすがりさんに間違いない)ええ、ちょっとした知り合いで(笑)。我々も、対抗して挑戦しに来ました(笑)。」

店長さんは、一日に100ボーガなどに何人も挑戦者が来ることに驚いた様子だが、それ以上にひっかかるものがある様子。
店長さん「あのー、先日、TVチャンピオンの人と「激辛道」の作者の方が、「激辛通選手権」の取材に来ました。また、明日にの日曜も来るんですよ」
(なるほど、同じ週に超激辛通が集中したのでは、よほど不可解だったのだろう)
自分「ハハ、2008年1月放映予定の「激辛通選手権」ですよね。自分もエントリーされてます(笑)。単なる出演者で、今日来たのも偶然ですが。むろん「激辛道」は読みました。」
(やはり、「激辛道」の著者の清水氏は5人の選手の1人のようだ。いや、取材に来たということは企画協力だろうか。自分はTV東京には、トンポーを世界一辛い麻婆豆腐と推薦しておいたのだが、ここで口には出せない)。
イメージ 4

さて、もう15分で完成となり、オーダーをすることに。
dokataさんは、お目当ての表メニューの最辛の40ボーガを、「ハンバーグと野菜」で。
自分は、迷った挙句、とおりすがりさんへは後出し的選択で申し訳ないですが、120ボーガを同じ「ハンバーグと野菜」で。
「激辛道」の200ボーガもずっと意識はしていたが、著者自身が味の限界を否定的に書いている点が気になってもおり、今回はパスで。
イメージ 5

入店からすると小一時間、待ちに待ってハラペコだ。
店長さんが「凄いトロミが付いてます(笑)」と運んでくれた。

写真で見るより、スープカレーらしさはなく、トロリとしたルーになっている。
辛ーーーーーい!
しかし、コクとスパイシーさが凄い!!
コク味とスパイスも増量してるんじゃないだろうか。
dokataさんも感じたと思うが、ハンバーグと目玉焼きのソースとしても合うコクだ。
それに入店と同時に感じた、本格インド料理屋のようなスパイスの芳香は確実に活きている。

ただし、最初から予想した通り、夢民の70ホットの倍以上に舌が焼け、大沢食堂の極辛カレーをはるかに凌ぐ喉のダメージが襲う!

ナス、ピーマン、ニンジンは香味がありまだいいが、レンコンに至っては硬く無機質な物体にしか感じない。
イメージ 6

ラストスパートは、水を何倍も店員さんらに頼んでしまうという失態だ。
完食まで、超激辛挑戦編第37弾にして最長の16〜17分。

超激辛挑戦編第35弾のピッチーファーは、ライスがこの倍はあった。
今日は、ライスが250g程度なので、スープ(と言うかトロリのルー)を、2口に一回はライス無しで食べ進む必要があり大変だった。

dokataさんが「辛党さんも人間だったんですね」と。
それに、「こ、これは、レベル10ですよ!」と返すのが精一杯の自分。

ただ、食事中も翌日にかけても腹が痛くなることは皆無だった。それが、さらに挑戦したい気分を起こさせる。
ただでも、あの前半の旨辛は、思い出しただけでも素敵過ぎる。
舌や喉のダメージは凡人かも知れないが、俺には腹の強さがある!と翌日に独り言をつぶやいた(恥)。

と言うわけで、当ブログ一周年記念に相応しい、初のレベル10の辛さになります。

我激辛好きの方々のシャンティの記事は以下のとおりです。
とおりすがりさんの100ボーガ
かりんさんの50ボーガ
dokataさんの40ボーガ

味(5段階)★★★★
辛さ(10段階)(X-X)(X-X)(X-X)(X-X)(X-X)(X-X)(X-X)(X-X)(X-X)(X-X)(120ボーガの場合)
旨辛度(辛党偏見5段階)(*O*)(*O*)(*O*)(*O*)

閉じる コメント(30)

顔アイコン

とおりすがりさん、おおっ、そうでした。とおりすがりさん情報で聞いた記憶あります。
記憶力ガタ落ちの同世代として許しておくんなさいw
しばらくすると、もっと辛く挑戦したい魅力がシャンティにはあるとは感じました(大分、しばらくしてでいいですがw)

2007/10/23(火) 午前 0:49 [ 辛党 ] 返信する

顔アイコン

さきちゃん、ご無沙汰です。
えーっと、みな200ボーガまで行けますが、馬鹿な自分とは違い挑戦しないだけではないでしょうか(笑)。

2007/10/23(火) 午前 0:51 [ 辛党 ] 返信する

顔アイコン

私はアルコールもそれなりに強いですが、酒を飲んだ後に辛いものは極端に弱いです。
辛党さんの体質は分かりませんが、30分ビールで待ったことが辛耐性に影響したかもしれませんよ?!
次の挑戦は150ボーガあたりですかね? がんばって下さいねー!!
私も自分の体と相談しながら、マイペースで200を目指します(笑)。 削除

2007/10/23(火) 午前 2:07 [ とおりすがり ] 返信する

顔アイコン

おおおっ・・・・。
すごい!!この日を待っていました。スープカレーの中でも辛くなっても美味しさが変わらない(私てきには・・・)シャンティの120というのはどういう味わいか気になります。このゾーンにはまりつつあるとはさすが辛党さんです。私も200の時には1滴でも食べてみたいです。ご一緒させてください♪ 削除

2007/10/23(火) 午後 0:26 [ かりん☆ ] 返信する

顔アイコン

追記で・・・
おっしゃるように、ここシャンティはライス1に対してスープ2の割合になるんです。お腹がいっぱいにはなりますが、辛さがマックスになっていくころにはスープだけで飲まなくてはいけないという点が厳しいと思います。 削除

2007/10/23(火) 午後 0:35 [ かりん☆ ] 返信する

顔アイコン

素朴な疑問があるのですが・・・。
120ボーガでレベル10だと、150、200を完食したとき、それらのレベルをどう整理していかれるのでしょうか?(レベル11?) そして、その場合120ボーガの記録は超激辛挑戦編からは除かれちゃうのでしょうか? 削除

2007/10/23(火) 午後 2:40 [ とおりすがり ] 返信する

顔アイコン

とおりすがりさん、おおっ、それはあり得ますね。
確かに、酒を飲みながらだと舌が焼けることは多い気がします。
これは我ながら希望が持てます。と、調子に乗りすぎないようにはしたいと思いますが(笑)。

2007/10/23(火) 午後 11:12 [ 辛党 ] 返信する

顔アイコン

かりんさん、まさに、辛くしても美味しいスープカレーですね。
マジスパのアクエリアスよりコクとスパイシーさが明らかに上です。
一口目から非常に美味いですが、ライスが少ないんですw

2007/10/23(火) 午後 11:20 [ 辛党 ] 返信する

顔アイコン

かりんさん
ただでも、ライス1にスープ2ですか!?
といいますか、かりんさんの感覚ではスープでしょうけど、120はトロリのルーです(爆)。激辛の塊のようなルー2に対しライス1(爆)。

2007/10/23(火) 午後 11:23 [ 辛党 ] 返信する

顔アイコン

とおりすがりさん
自分も疑問でしたw
あの感じだと、少なくとも200では想定外のレベル11にさざるを得ない感じです。
超激辛挑戦編は、一店舗1つの予定はありませんので、消さない予定です。
当初より、中本の北極とヒヤミのように複数の激辛メニューがある店は、訪問店舗数はカウントせず、超激辛挑戦編の数は増やす予定でした。
まなけていたため、過去に該当はありませんが(恥)。

2007/10/23(火) 午後 11:28 [ 辛党 ] 返信する

顔アイコン

早ければ今週末、体調次第では翌週末以降ですが、150ボーガに挑戦しようと決意しました。ずっと風邪気味なので特定できかねますが、成否にかかわらずご報告は致します・・・。 さて、どうなるやら・・・。 削除

2007/11/2(金) 午後 10:14 [ とおりすがり ] 返信する

顔アイコン

とおりすがり、なんと!
いきなり150ボーガですかああ。
もうついて行けないかも知れませんw
著書「激辛道」によれば、200ボーガでもはや味にならないようですので、お気をつけ下さい。
私も、挑戦したい気も少しはありますが。。

2007/11/3(土) 午前 9:39 [ 辛党 ] 返信する

顔アイコン

150ボーガ挑戦してきました・・・。
やっと私は限界を自覚することができましたので、激辛挑戦は今回で終結することにします。
今後は辛党さんの記事が楽しみな一読者に戻ります(笑)。激辛通選手権も頑張ってくださいねー?! 削除

2007/11/4(日) 午後 9:05 [ とおりすがり ] 返信する

顔アイコン

とおりすがりさん、150ボーガ行っちゃいましたか!
激辛挑戦、終結ですか。それは残念過ぎますね。
シャンティは、「激辛道」にも味が否定的に書かれている通り、過去の挑戦者が度を越しているのかも知れません。
オードリーなどから、また挑戦してはいかがでしょうか(笑)。
激辛通選手権頑張ります!ありがとうございます!

2007/11/4(日) 午後 11:21 [ 辛党 ] 返信する

今晩は。 今日職場の仲間たちと行ってきました。 まずは40ボーガをいただきましたが、これで120ボーガがいかに殺人的であるのかよくわかりました。 ついでに東坡の位置確認も出来ました。

2007/11/9(金) 午後 11:04 batayan 返信する

顔アイコン

batayanさん、行っちゃいましたか!
お仲間は激辛好きなのでしょうか、皆で楽しく羨ましいですね。
シャンティは、400ボーガを完食したツワモノが居るという情報があったばかりでしが(笑)。
もう、人間じゃないと思いたいです。バキに登場するピクルのような(笑)。

2007/11/10(土) 午前 2:08 [ 辛党 ] 返信する

ようやくシャンティに行ってきました。40ホーガを完食して喜んでたら辛党さんは120ホーガいっちゃってますね。

今まではナンチャッテ激辛の店への訪問が多かったですが、自信がついたので今後は本物の激辛道を邁進したいと思います!

2008/4/11(金) 午後 10:18 banabana 返信する

顔アイコン

GABYさん、おおっシャンティについに行きましたね〜!
いやー、120ボーガが凄いと思いきや。
激辛通選手権の清水きこり氏は、著書「激辛道」の中で200ボーガ、同じく決勝の白水社のW氏は、決勝進出者のプロフ垢300ボーガ食べてましたからああ。
噂では400ボーガも完食者が出たとか。
それにしても、今後のご活躍を期待してます。また拝見しますね。

2008/4/12(土) 午前 10:20 [ 辛党 ] 返信する

顔アイコン

先週、40ボーガのチキンと野菜のスープカレーを
頂きました。
辛さにチャレンジという感じはなかったですが、サッポロドミニカ銀座店で頂いた7番位の辛さだったような気がします。美味しい辛さでした。

2009/5/31(日) 午後 11:43 サボテン 返信する

顔アイコン

サボテンさん、
なるほど、40ボーガではドミニカでは7番というのも納得です。
やはりドミニカは相当な辛さのようですね。

2009/6/4(木) 午前 1:18 [ 辛党 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(3)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事