『辛くできますか?』激辛・旨辛カレー

ご連絡は、suzuki-kjb@i.softbank.jpまで。マスコミ登場履歴は左サイド中段のゲストブックをご覧ください。

全体表示

[ リスト ]

20辛 ザ・カリ≪新橋≫ ケータイ投稿記事

イメージ 1

イメージ 2

The KALI(ザ・カリ)
http://r.tabelog.com/tokyo/rstdtl/13007129/
港区新橋5-31-7中村ビル1F
03-3437-2526
11:30〜14:30
定休日:土日祝日

平日はライチタイムのみの営業で、土曜も日曜も祝日も定休日というお店は、近隣のサラリーマンか近所の主婦しか、なかなか食べるチャンスがない。
そんなお店が、書物やインターネットで美味しいと評判だったら、どうにかして一度は食べてみたいと思ってしまう。

チャンスを逃すまいと前から決めていたのが、茅場町の『パルフェタムール』と、今日の『ザ・カリ』だ。
強烈な辛さとスパイシーさの『ビーフカレー(辛口)』 が有名だ。

本格的インドカレーにして、牛肉が入っていて、最初からカレーをライスと一緒に盛って提供される。
そんなカレーを想像してみて頂きたい。嫌いな人もいれば、興味を持つ人もいると思う。

新橋駅から、ニュー新橋ビルの裏の通りをしばらく行くと、新橋の飲食店街は、安売りの雑貨屋や衣料店などが立ち並ぶ下町の商店街の風情に一変する。
そして、さらに歩くと、お店は途絶えて何もなくなる。新橋、御成門、大門の中間地点だ。
どうやら道を間違えたか、通り過ぎてしまったに違いないと思い始める頃、左手に瀟洒な喫茶店風の看板と店構えが見える。
同じ新橋五丁目には、スープカレーの『ガネー舎』 がある。

10人程度のL字型のカウンターのみのお店。中では、店主とご家族らしき女性2名。
開店直後に入店したのに、すでに先客がおり、その後も続々と入店して来る。

辛くできますか?

おっと、カウンターには、白い小壷の中に朱色鮮やかなカイエンペッパーがあるぞ。また、薬味は青唐辛子のピクルスのみだが、これも辛いので注意するように貼り紙がしてある。

ビーフカレー(辛口)をお願いします(890円)。
奥さんが、相当辛いと注意する。昨日のセデルハナ、日曜の紅花別館と全く同じだなあ。

その他、チキンカレー(やや辛口)780円や、きのこのカレー、季節のカレーなどもある。

スタンドカレーそのもののスピードで、1分程度でカレーが置かれる。

幾度も写真で見たカレーが、今、目の前にある。
写真では一瞬欧風にも見えるのだが、サラサラだ。色は思ったほど濃くはなく、ターメリックの色も含まれているように見える。

まずは、そのまま食べてみよう。評判通り、辛さに慣れない人には厳しいレベルの辛口だ。
だが、辛さの質はとても心地よい。
言葉では表現が困難なほど素晴らしいスパイシーさのルーが、臭覚を包み込むと同時に、辛さが舌に伝わる。
唐辛子による辛さであることを忘れさせるように、20種類ものスパイスが、チリさえをも突出させないカレーにしているのだ。
そして、辛い中にもハッキリと感じる爽やかさは、クミンやフェンネルが醸し出す甘さを含んだ風味だろう。
カルダモンやシナモンを多く含んだルーは、チリの辛さとはどうにも相性が悪いと普段から感じている。

具は、ゴロゴロと入っているサイコロ状の牛肉のみだ。ランチとしては、まあ普通の柔らかさとジューシーさだ。
ただ、カレーと一緒に食べても、いまひとつ引き立て合うものを感じないのは、牛肉の入ったインドカレーを食べなれていないからだろうか。

折角だから、カイエンペッパーをかけてみよう。だが、このカレーには絶対にかけ過ぎは禁物だ。
辛くしてなお美味しさを保つには、唐辛子だけ加えては駄目である。少し使用することを想定して置いてあるんだろう。
小さじ一杯程度をかけたが、うーん、やはりカイエンペッパーは辛いから、微妙に風味が変わってしまったぞ。このカレーは、それだけ絶妙のスパイス配合ということなのかも知れない。

じゃがいものサブジは、粉吹イモのように柔らかく、ターメリックの色と沢山のクミンシードがついている。これも、このカレーにぴったりの優しい味なのだ。

最後は、サブジもカレーに混ぜ、さらに青唐辛子を使って食べた、味に変化があり、これまた美味であった。

平日のランチ営業に全ての努力を傾けたこのカレーの人気は、スパイスにひたすらこだわった結果だと思う。
そのこだわりの結果が、この普通の辛口を越えた辛さであったのだとすると、辛党としては何か嬉しい。
ただ、辛いものが好きでない人も、食べられてしまうスパイス感である。
そう言えば、カウンター内で声を出しているのは女性達だが、寡黙に作業を続けるご主人が一番いい表情でお客を迎えてくれていると感じるのは自分だけだろうか。

このカレーは、本格インドカレーであるが、近隣のサラリーマンに親しまれ易いように、牛肉を入れ、日本米を使用し、最初からカレーをお皿にかけて提供しているという事情ではないだろうか。

味(5段階)★★★★
辛さ(10段階)(X-X)(X-X)(X-X)(X-X)(X-X)〜∞
旨辛度(辛党偏見5段階)(*O*)(*O*)(*O*)(*O*)

閉じる コメント(4)

顔アイコン

ご機嫌いかがかしら? 先日はコメント頂きサンキューソーマッチ。 ブログ、リンクさせて頂いたので宜しくよ! 削除

2006/11/8(水) 午前 10:23 [ 華麗狂子 ] 返信する

顔アイコン

狂子様、ようこそいらっしゃいました。幣ブログにお越しいただくなど、願ってもない光栄でございます。どうか、ドレスをお汚しになりませぬよう、足元にご注意下さいませ。しかもリンクを貼っていただけるとは、想像を絶する嬉しさでございます。狂子様のお言い付け、しかと受け止め、辛くて美味いカレーを食べてまいりたいと思います。今後とも、どうかお手柔らかによろしくお願いします。

2006/11/8(水) 午後 8:33 [ 辛党 ] 返信する

顔アイコン

ここは、随分前に行ったきり、行ってないっす。土日祝が休みだと、ホント行けないんすよね。たまに、平日休みの時は、それこそ、そういう他の店に行ってしまうので(笑)。

2006/11/9(木) 午後 11:14 [ - ] 返信する

顔アイコン

Lakuさん、こんばんわ。ザ・カリの記事、寄らせて見させてもらいました。もう2年も前ですね。ホント、ザ・カリのような店、レビュー記事自体少ないですよね。Lakuさん、ガネー舎とか、Nagufuchiとか、この界隈のポイント押さえてますよね。

2006/11/9(木) 午後 11:52 [ 辛党 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事