『辛くできますか?』激辛・旨辛カレー

ご連絡は、suzuki-kjb@i.softbank.jpまで。マスコミ登場履歴は左サイド中段のゲストブックをご覧ください。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

玄氣カレー
http://legacy.gourmet.livedoor.com/item/400/T17310/
港区新橋2-20-15新橋駅前ビル1号館1F
03-3572-2004
平日11:00〜20:00
土曜11:00〜18:00
定休日:日祝日

新橋駅前ビルという、古くて飲食店の多い雑居ビルに、2年少し前に出来たカレー屋さん。

ビルは、JR、東京メトロ銀座線、都営浅草線をつなぐ地下通路とつながっている。
地下には、いかにも新橋という感じの酒場が軒を連ねている。

地上から見ると、ゆりかもめの大きなエスカレーターの下の待ち合わせ場所から、汐留方面にバスターミナルが見えるが、その真後ろのビルだ。

インターネットでの情報はまだ少ないものの、普通のスタンドカレーだと思うと驚くほど美味しく、
野菜を煮込んで小麦粉を使用せず、フルーティーな甘みがあり、スパイシーかつ健康的であるというが評判だ。
女性客も多いらしい。

メニューの多さも定評で、豊富な野菜類、チーズ、揚げ物の組み合わせによっており、焼きカレーもある。
トッピングも可能だ。
「野菜カレー」 850円がダントツ人気だ。

前菜のキャベツの浅漬と、食後のコーヒーゼリー、白米と五穀米が選べる点も人気で、ランチはいつも混雑するとのこと。
(自分は、夕方にしか行ったことがないです。)

厨房に面した7人掛けのカウンター、その背後に向かい合わせの14人掛けのカウンター、4掛け席が壁側に3つと入り口付近に1つ。

入店すると、食券を買わなければならない。
メニューが多すぎて、頻繁に通わないと迷うな。

辛くできますか?
おっと、卓上の白ゴマと黒ゴマの秘伝の自家製ペーストで辛さを調整するのだ。
スプーンにとって見たが、濃厚な甘辛だ。

チーズとろ〜りの焼カレーをお願いします。950円だ
焼くのに10分程度かかるとの店主の丁寧な説明。むろん、異論なし。

カレーが到着。グツグツと煮えたぎっている瞬間を逃さず写真撮影。
シャッター音を聞いた店主が「写真は、お断りしてますので!」と。
笑顔を絶やさない柔らかな物腰ながら、頑固なポリシーを持っていそうだ。
撮ってしまった写真を載せるには問題はないのか。

色は茶褐色で、粘度はややドロリ。
焼けたチーズが真ん中にあり、その下にゴロゴロと野菜類が見える。
焼きカレーとは言っても、グラタンのようなお焦げはない。
ライスは極めて少なめで、ドリアっぽい。

まずは、そのままいただこう。
野菜を煮込んで出したコクだ。
ちょっと甘いな。やや苦手な、赤ワインの香りがする。

だが、欧風カレーとは少し違うスパイス感がある。
それは、甘い芳香や鼻にツンと来るハーブの類とは違う、苦味を含んだものに感じる。

辛くしたいため、秘伝のペーストを投入。
甘ったるい辛さで、チーズのとろーりと合わなくなってしまった。
チーズには、ピザにタバスコをかけた時のような、シャープな辛さが合うと思う。

素揚げした皮付き新ジャガ、ナス、カボチャ、ゴボウは本当に美味しい。

しかし、赤ワインとゴマペーストを好まない自分には不向きだったようだ。
多分、玄氣のカレーは甘いもの好きな人のためのカレーであり、秘伝のペーストも少量使用することを想定しているんだろう。

そうだ、食後にデザートを出すという辛党には出来ない発想といい、店主さんはきっと甘党だ。
そして、店主さんは、きっと下戸だ。そんな匂いをヒシヒシと感じる。
と勝手に想像して、納得した(間違ってたらごめんなさい)。

店主さんは、写真の撮影を拒否することから、マスコミ取材にも消極的と想像される。
お得意さんを大切にするいい方針であり、新橋駅前ビル全体にそういう空気がある。

だが、自分だって新橋は御馴染みなのだ。玄氣は2回しか行っていないが、言わせてもらいたい。
あの甘ったるい秘伝ダレでは、甘いものが苦手な客のリピートは厳しいだろう。
味自体は、唐辛子と合わないはずはないから、カイエンペッパーを卓上に置いて欲しい。
置かないと、持参しちゃうかも知れない。

味(5段階)★★★☆
辛さ(10段階)(X-X)(X-X)(X-X)〜∞
旨辛度(辛党偏見5段階)(*O*)(*O*)(*O*)

閉じる コメント(8)

顔アイコン

お早うございますー!ココ初めて知りました!美味しそうですね!是非!カレー食べてみたいです!

2006/11/11(土) 午前 8:44 りま

顔アイコン

おはようございます。赤坂離宮行かれたんですね。自分、赤坂離宮でもカレー頼んじゃうんです。カレーも是非、食べて下さいませ。

2006/11/11(土) 午前 10:02 [ 辛党 ]

この野菜カレーというのはどこかで見たような。でも写真お断りならテレビにもでてませんよね〜??見たかったな〜!煮えたぎってる系大好きです。熱々でカラカラ・・・いいなあ。

2006/11/11(土) 午後 0:22 [ - ]

あゆちゃん、見たことあるの。雑誌やウェブ上なら出ているかも知れないよ。写真アップしました。さっきは準備中だったのです。少し辛さが足りなかったです。あゆちゃんがお願いしてくれれば、絶対辛いメニュー作ってくれるのにな。

2006/11/11(土) 午後 1:11 [ 辛党 ]

きゃ〜〜・・・ブクブクしてますね。美味しそう!!私以前池袋のインドカリーの食べ放題のお店でそれやった事あります。日本人向けの辛さだけど、頼めば辛く出来るというので・・。「これ、インド人が汗かく位辛くして下さい。」って言ったら(アホです)インド人のおじさんがニコニコして「は〜い!!」。半分食べたけど、さすがに残しました。

2006/11/11(土) 午後 6:06 [ - ]

あはは、あゆちゃん、流石ですね。食べ方藍のお店で、辛くしてもらうなんて、すごい。でも、残っちゃうなんて、相当辛かったんですねー。池袋のどこだろう。池袋は、あまり行かないけど、そのお店気になりなあ。

2006/11/12(日) 午後 3:10 [ 辛党 ]

顔アイコン

おそらく、こちらのカレーは和風の中のカレーを目指しているんでしょうね。 ゴマのペーストは、最初は甘いかな?と感じましたが、 スプーン2杯ほどでかなり辛くなりました。 結構改良されてるかもしれません。

2007/5/11(金) 午前 0:26 [ samurai ]

顔アイコン

samuraiさん、そうですね!「和」の感じ。ゴマペーストは改良されて甘ったるさが無くなったのかも知れませんね。場所的には頻繁に通りますので、次回試してみます!

2007/5/12(土) 午後 9:39 [ 辛党 ]

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事