『辛くできますか?』激辛・旨辛カレー

ご連絡は、suzuki-kjb@i.softbank.jpまで。マスコミ登場履歴は左サイド中段のゲストブックをご覧ください。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
イメージ 1

すっかり辛いつけ麺マイブームになってしまいました。
繁忙期のため、土曜日も出勤でランチは新橋SL広場前の「野郎ラーメン」へ。
イメージ 2

「煮干しつけ麺」(850円)に、一味を使って勝手に辛つけ麺の完成です。
イメージ 3

独特の縮れてコシの強い中太麺です。
煮干しと一味の組み合わせは、ここから御成門方面の「月と鼈」でも感じましたがベストマッチではないような気が。
イメージ 4

次は、「スタミナつけ野郎」にしたいと思います。
というか、野郎ラーメンの券売機がいまいち使い慣れておらず、「スタミナつけ野郎」のボタンを見つけられなかったんですが。
イメージ 5

イメージ 1

すっかり、辛いつけ麺がマイブームとなっていまして、大崎勤務の今週は六厘舎に行きました。
イメージ 2

羽田空港国際線ターミナルのイミグレ後のフードコートの店に行ったのが、2014年11月でした。
イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

このチャーシューの大きさと言い、羽田空港の店よりも美味く感じます。
イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

特製の黒七味を試してみました。
ゴマが入っている点であくまで和風の七味ですが、山椒のピリリとした辛さはあります。
イメージ 10

イメージ 1

札幌出張から帰った翌日は、木曜日であり、朝早くから大崎へ。
監査繁忙期だけに、息つけぬ多忙さです。
大崎近辺での仕事はめったにないため、ランチには1人で抜け出し、品川の品達まで足を延ばしました。
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

札幌旨辛ディナー

イメージ 1

初日は大人しくしてましたが、2日目は監査チームですすきのに繰り出しました。
食べログ高い評価の山小屋というジンギスカンの店へ。
昨日ご紹介のランチの店を含め全て食べログ3.5点以上の高得点です。
イメージ 2

[エゾシカ・生ラムセット」1人前(1,000円)です。
これを、4人分オーダーしました。
イメージ 3

北海道は、魚、肉、野菜、ラーメン、そば、などなど。
何でも美味しいですが、辛党にとっても唐辛子常備の店の多さに驚きます。
ジンギスカンもそもそも辛いモノ好きのための料理でもないのに、タレにかける一味が常備されています。
辛いスープカレーと同様にこれも寒さ凌ぎの知恵でしょうか。
イメージ 4

イメージ 5

キムチ。
イメージ 6

行者ニンニク。
初めて食べましたが、ニンニクの芽のような感じかな。
イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

こちらは変わって、3日目の帰京便の前に新千歳空港で、監査チーム4人で「ラーメン道場」へ。
私自身、9年前の超激辛挑戦となった味の時計台以来の、新千歳空港の「ラーメン道場」です。
イメージ 10

辛いモノ好きのI君のためにも、評判が良く、かつ美味い辛いラーメンもある店を探したらけやきという、これまた食べログ3.5点以上の店へ。
北海道の定番かとも思ってしまう、昨日の「山小屋」の一味と非常に良く似た一味も常備。
イメージ 11

偶然ですが、かつて「味の時計台」があったスペースに「けやき」がありました。
イメージ 12

一番人気の「味噌拉麺」の次に人気という「ニラ豆板拉麺」(980円)です。
イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

札幌旨辛ランチ

イメージ 1

札幌出張2週目に、A川さんより宿泊先のグランドホテルのすぐ近くにホテルユニゾがOPENしたとコメントを頂き、早速見に行きました。
イメージ 2

グランドホテルからは本当に徒歩1〜2分です。
イメージ 3

都会的で1つ上を行くユニゾらしい外観です。
イメージ 4

ただ、今回はチーム行動のため、残念ですがA川さんおすすめの、「アリーズニューヨーク」や「SAMURAI さくら店」には足を運べませんでした。
初日のランチはメディスンマンという、食べログ高評価のスープカレーの店へ。
イメージ 5

「ポーク」の「8番」(5番から追加料金の裏メニュー)にしましたが、ほどよい辛さで食べやすいです。
スープがダシが効いて、かつ豊かなスパイスの香もあり、かなりレベルが高いです。
イメージ 6

2日目のランチは、養源郷という、これも食べログ高評価の中華料理屋へ。
イメージ 7

四川料理屋ではありませんが、ランチに1品だけ、名物の辛い料理「土鍋白身魚四川風煮込み」(900円)を出しています。
チームのI君と共に「辛くできますか?」と言ったら、唐辛子てんこ盛りに。
イメージ 8

所謂「沸騰魚」とも呼ばれる四川料理の定番の1つですが、花椒が入っていない点で四川風ではなかったです。
イメージ 9

しかし、ご飯がすすむ旨辛です。
今回は、I君という辛いもの好きの公認会計士がメンバーに居たため辛いものがある店にランチ選択がされ易く、私とI君で一緒のメニューをオーダーしていました。
イメージ 10

3日目のランチは、先週のガッツリハンバーグの店にリピートを試みましたが定休日のため、近くのカフェに。
ブログには書きませんでしたが、先週の1日目にカレーを食べました。
この日は、「焼きそば風スパゲティ」(700円)なるものをオーダー。
イメージ 11

スパゲティということでタバスコをかけつつ食べましたが、味は焼きそばでした。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事