ここから本文です
イメージ 1

レン耐です。

今回は持ち込み車両おっけーってなことで、小林さんと佐藤さんと2016ポンイチグロムにて参戦です。
イメージ 2


でも…持ち込み車両はマフラーもタイヤも違うので、ハンディキャップが−2周じゃ少ないんじゃないですかねー?
レン耐はみんな同じ条件だから面白いと思うのですが……きっと色んな事情があるのでしょう。
ライダーの合計体重によりピットインの回数が決まり、うちは3時間耐久中に10回🔃
じゃ、単純に18分に一回交代?ラクだわぁ🎵
スタートはオーナー小林さん
イメージ 3

飛ばします💨

イメージ 4

飛ばします💨

イメージ 5

飛ばします💨

ぶっちぎりですw

そして佐藤さんに交代🔃
イメージ 6


ぶっちぎりですw

さて、40分経過してワタスの出番。
イメージ 20






あれ…?

燃料が…え!?

すでに半分じゃねーか

ちょっと待ってクダサイ?
今、まだ一時間経ってないですヨw

………燃費運転ですな
おそらくこれまでのソレイユで一番の強風の中、追い風のホームストレートでは4速70キロ出た時点でクラッチを切る。
5000回転以上は上げない❗
あとは…ゼロマップに切り替えてみるかー…追い風だから上体起こしてた方がいいのかなぁ?
なんて考えながら、一回目走行終わり。

そしてレン耐のお題は❗
3人目の時にお題 って言ってたから、じゃおれがやればいいかって思ってたら、やるのはライダーじゃないのねw
佐藤さんが一所懸命おもちゃの玉移動してましたwww

交代時には残り燃料2メモリ。
これ、完全にアウトだわ って思っていたら、なんでもグロムは3時間持たないから途中で2リッターは入れてもらえると💡おっしゃー!でも燃費運転はしないとね。残り時間半分で2番手に4周差。もう飛ばさなくていいからゆっくりツーリングで…


って佐藤さん!
イメージ 7

燃費運転して〰️

二回目交代時もひたすら燃費運転。
後ろとのラップを計りながら、のんびりツーリング。
そして二回目のお題
イメージ 8

知恵の輪。
ここは何故か魁クンが来てくれて瞬殺でクリア✨

さてさて、2番手とは同一周回に。
燃費メモリは2つ。
これは飛ばしても行けるであろう。
小林さんにボードでペースアップ⤴️を促す。

で、無事にガス欠にもならず、転倒もなくゆーしょー🏁✨
イメージ 9

持ち込みでも転倒したら罰金らしいw





イメージ 19






午後からのスプリント
イメージ 12

…………NSFはなんですか?この歳の差は。
年寄りいじめかい?w
若いコがいるのはいいことだけど…萎えるわぁ。


前日、前週の筑波選手権JP250で優勝した魁クンから「ソレイユってNSFのファイナルいくつですか?」
とメールが。
…お?来てくれるんだ?台数少ないから助かる〜 ってくらいにしか思ってなかった。
だって!もう小熊?子熊のでかさじゃないし!
ソレイユ来てた何年か前より倍は伸びたぞw
イメージ 10

めっちゃモデル体型…何等身なんだよ?


NSF100なんかもうしばらく乗ってないだろうし!








……………………………………。。。。












イメージ 11








はい、負けましたw
しかも当たり負けして。
魁と走るとお互いどっちか転ぶわ(笑)
イメージ 13

で、なんでそんなにびしょ濡れなんだい?(笑)嬉し泣き?

まー、敗因は分かってるけど!自分のせいだから言うまい。。。
くっそー次は負けね〰️。



優勝は
10歳の塚本クン。ぶっちぎり。

去年まではまだまだだなって思ってたら、今回は手打つことも出来ず⤵️
「エンジン、矢崎さん真似てyueに出したんですよ。そしたら速いんですよ!」とパパ談。
さー、レースでラクに勝ちたければyueに今すぐエンジンを❗↓(笑)
https://www.yueracing.net/

グロム
予選ポール。
ウォーマーを巻いておいたところ、「予選結果で凹んでて余裕もないから貸してもらってもいい?」と。まぁ…20周もあるし、のんびりタイヤを温めながらスタートすればいいやって。だいたい小林さんのだしねw

なので、ウォーマーがなかった時代を思い出しながら、サイティングとウォームアップをこなし、序盤は落ち着いてライディング💨後半はタイムをどこまで削れるかアタックし、無事勝てました🎵
イメージ 14

考える人w

イメージ 15
画像ありがとうございます


さて…筑波にもコーナーリング中に下を向いている方がいますが…あの人はレベルが違うけどw
イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

前を向きましょう(笑)
なんでしょうかね、下向いてもなにもないのに

強風の中、ちょいと寒く長丁場なソレイユの方々、お疲れ様でした❕

この記事に

イメージ 1

なかなか休めない最近…

ダメ元、休める保証がなくエントリー代を捨てる覚悟で第2戦にエントリー🏁
しかし、シーズンオフにようやく❗ようやくケースを黒ケースから新品交換した関係で一回くらいは練習に行きたい! と前週に筑波へ💨


7ヶ月振りにツナギを着るw
慣らしして、さー全開に🎵
……なんかおかしい。
ピットに戻り、カウルを覗きこむと
イメージ 2

あう


まさかの汁漏れ。
おまけにラジエーターからもポタポタ

まともに一本も走れず早々に退散。
久々にオール下道で凹みながら帰宅。

そして修正出していたマルケの連絡が
「骨格から逝ってるよ」


もー❗どんだけだよ。。。

まぁこの時点でもレース自体に出れるか分からないけーども…どーにかしないと出れても出れないw
困った時のV3に相談すると、マルケもシリンダーも貸してもらえるとのこと。


なんだかんだで、どうにかレース日だけは行けることになったので、金曜仕事終わり次第、向かい1時頃?到着💨
そこから一人寂しく積み降ろしをし、V3が置いておいてくれた腰上を組み始めると、小川さんとどんちゃん登場
だらだら飲みながら談笑しながらやってたら結局4時に…😅
「明るくなってきたから寝ようか」🌄


朝、ホイールをお借りし
イメージ 3

黒のイメージは…。やっぱ白かな
金はないなぁw



予選
ずっと単独13ラップして13周目にベストタイム。
いつも出せるなら早く出せよって言われるけど、なんしろ人間の慣らしも兼ねてるんで…
でも3番手になったんで久しぶりにしては上出来でしょう
イメージ 4


そして恒例のウィダーイン早飲み選手権!
イメージ 5

レコード更新ならずw



決勝
3番手スタートからバッチリのスタートでホールショット💨
我ながら決まったと思った
もちろん逃げることは出来ず、一時4番手まで後退…。作戦を練り始め、とにかく前に!とトップに返り咲きしたホームストレートで赤旗。
誰…?



もうレース終了でいいんだけど。すでに久しぶりのレースで疲れちゃって…
と、再開周は8周…長っ❗
サイティングに出ていくと赤旗の原因箇所のcx、オイル処理のおがくずが舞い上がり、目に
路面の様子を見たいから、トップ走行はやだな と思っていたけど、このおがくず攻撃は頂けない
再スタートグリッドは赤旗中断の順位だったのでポール✨
再スタートもバッチリ決まり、
イメージ 6


無事、オイル箇所にビビりながらもおがくず攻撃を受けずに先頭で一周を終える。が、#16開幕戦優勝のイッチー4ストが仕上がってる

そして!V3はいつもにも増してバイクが走っていないwww


けど、抜かれる時は「ロケットかよっ!」って思うくらい突っ込みすごいんだよなぁ。それで曲げれるからなぁ
ともかく自力でイッチーはけっこう厳しい。ならば!行ってもらいましょう、V3に

「漁夫の利作戦」を決行だ❗

思惑通り、最終ラップの2ヘヤ、目の前でV3がイッチーを撃つ‼️


「よし、いった❗❗漁夫った


完全に想定通り二人が失速したところをベストラインで立ち上がり、裏ストレートで2台かわす………

はずだった。。
想定外だったのはイッチー4ストの速さ
完全にコーナー車速死んでたのに4ストは立ち上がりが速く、パス出来ず

そしてV3にはシリンダーとホイールを貸してくれた恩をで返すっていうねw
だってあまりにも…直線遅かったんだもん。。。
イメージ 7

イメージ 8



これでイッチーが2連勝。
厳しいね。。
しかし、久しぶりのレースはやっぱり楽しかった🎵サイコー。
今回も色々とバタバタだったけど、出て良かった
筑波の皆様、お疲れ様でしたm(_ _)m

この記事に

今回も当日入りだったので、前回同様に小川さんにタイヤをお願いしておいたんですがね…
ガレージに着いた瞬間に人影が走って逃げていったと思ったら……

イメージ 1



スリックタイヤがレインタイヤに…w
確かに天気予報は怪しい雲行きだけど……
しかも❗片側しか溝切って(書いて)ないし!

イメージ 2

しかも❗履かせたら溝パターン逆だし!w
消えないように履かせるのに疲れた😰

一緒のガレージ内のJP250レースでは確実に降られるであろう和尚が
「レインタイヤどうしよ?💦」
なんて言ってるもんだから、譲ってあげるよ って言ったのに

イメージ 3

履かねーのかよ!(笑)


夜中にタイヤ交換、朝の車検に向けて準備万端にして3時に就寝💤


よし!予報は昼には終わるうちらのクラスは雨はなさそうだ🎵

予選
イメージ 8


タイヤを十分に温めてからアタック開始!と、パラパラと小雨が……ええい、このくらいの雨は関係ないわ!
全然タイム出ない
確かに似たような天候だった前日の公式練習じゃ誰もタイムが出なかったようだし、朝イチのキャブセットの時には湿気が多くて乳化してたけど…みんな同じ条件だろ。。。リーダーボードには5番手
はて?No.33??誰だ?
関西から遠征のリアライズのツバサ君か! まいったな、参戦一年目で越されちゃったよ。。。

イメージ 4


天候が悪くなることを見越して15周から12周に減算された決勝。
得意のスタートを活かせず、5番手でバックストレート。後ろにはいつも通り出遅れたNo.27。

イメージ 11


最終コーナー進入すると…いつもならチャタなのに、今回は「タイヤのエアー抜けた⁉」ばりのヨーイングが
は、半端なくこえ〰❗
収まりが効かず、ぐわんぐわんなっているところをアウトからNo.27に抜かれる といか、もう抜いてってーって感じw
最終コーナーだけライン一本に絞れば問題はないんだけど…まいったな。前を走るツバサ君を捕らえたいところだけど、最終コーナーがこんなんじゃ1コーナーまで届かないし…チビッ子だから直線も届かない

イメージ 9


3周ほど抜きあぐねていると、1コーナーでツバサ君オーバーラン!ラッキー🎵
さぁさぁ前向きが開いて周回数が少ないからガンガンいかないと❗

何が何でもすでにトップを走っているあの人に追い付かないと後で何言われるか…
そう💡第二戦を共にリタイヤしている為、自力チャンピオンはない。昨年、チャンピオンに導いてもらったので、チャンピオンに返り咲いてもらうため、援護に。ゴール時にランクトップの藤崎さんとの間に二人はいないとまずい。

ラスト2周で藤崎さんの後ろに。バックストレートで「まぁ待て、後ろに付いてこい」とジェスチャーをもらいましたが…ごめんなさい!こっちも必死ですw

イメージ 5

珍しくちぎれず?遊んでた?レース作ってた?後ろの順位の確認?No.27が何回も振り返る👀
安心して下さい!後ろにいますから!

問題はおれの後ろだ…リーダーボードはやはり藤崎さん。このままだとおれが2番手の意味を成さない。じゃー…アタックかけてもいっか🎵なんて考えもラスト周ではどうにもならず、仕掛けることもなくチェッカー🏁

イメージ 6

イメージ 7


それでもこれまで10秒20秒離されてゴールしていたことを考えれば、間近で背中を見れてゴール出来たことは少しは進歩…したのか?

そしてアグリンは正座
イメージ 10


まぁー…今年はある意味アグリンが主役のシーズンだったかとw

ともかくアクシデントのあった第二戦以外は(アクシデントなければおそらく第二戦もそうだったはず) yue仕様で1-2フィニッシュ❗


シリーズランキングは…昨年、チャンピオンナンバー「#1」より陥落し、来年は「#3」に⤵⤵定位置かw
痛い目にもあったシーズンでしたが、まだまだ楽しんで出来ているので


また来年❗

この記事に

今年はもてぎ20周年記念大会ということで、いつもの7時間耐久から11時間にスケールアップ

まぁ、やってしまえばあっという間でした。
前哨戦の4時間耐久のメンバーに追加ライダーとして第4ライダー登録だったので、土曜日の予選には出走出来ず、77台中、41番手からゴールを目指します🏁
イメージ 1
今回よりspeedHeart様で作成したチームウェア

イメージ 3
あと4番手上だったら前半スタート組だった!おしい

15時スタート、自分が担当時間の17時半頃には20番手付近をkeep
今回は予選決勝、各周回で20位だと賞金がこれは20位狙いでイケるんじゃないか?と思って走行開始

一年振りに乗るぶっつけCBR…感覚がなかなか掴めず、一向にタイムアップならずw交代直前にタイヤの減りを見てしまったのが、敗因
毎周こんなんだっけ??となかなかCBRと仲良く出来ず、26秒〜28秒をいったりきたり。そうこうしているうちに暗くなってき始め、夜間走行時間帯に入っても逆にペースは下がることもなく…(´-ω-`)
イメージ 8


「去年と全然ペースが遅すぎて…まぢ凹むわ〜」と思いながら終盤、走行中にツリーを見ると、な、なんと総合6位まで✨
あ、あれ?作戦当たり?
まるでいいとこなかった走行でしたが、淡々と走り、一日目ラストライダーの小林さんにチェンジ。
イメージ 2

イメージ 9




無事に一日目、11番手で終了❗


ブリーフィングで「翌日もあるので、夜のお酒は控えて下さいね」
と言われていましたが…そんなことが出来るはずもなく(笑)

車両は19時に一旦ゴールから翌日朝まで触れないので、スペアマシンでのタイヤ交換とブレーキパッド交換の練習をこなし、その後1時頃まで宴会🍻✨
寝る前にトイレに行くと個室から誰かのいびき声がしていましたが、その方は無事に目覚めたのでしょうか?


さて、翌日日曜日。抜けのないレギュレーションのため、朝イチで出来ることは…ない。。。8:15に車両解除、8:30にスタートライダーでレース再開
イメージ 4


土曜日の中断順に隊列を整えられ、人生初のローリングスタート💨
セーフティーカー、何周で引っ込むかなぁ?と走りながらいると、わりと賭けでピットインするチームもいたりw
ペナルティ食らうのも嫌だったので、慎重に見極めたのですが…慎重に行き過ぎたw

そしてこの担当時間でもペースは上がらず
次の小林さんにバトンタッチしてタイヤ交換に備えます。
練習では早くて2分かぁ?と思っていたタイヤ交換ブレーキパッド交換もすんなり出来、給油含め3分ほどで浩志を送り出すことに成功✨
その後、小南さんに交代。

乗ってきた浩志
「タイヤを交換したからいい」と💡
これを聞いて一安心
その後の日曜日二回目の走行でようやくCBR君と仲良くなれてペースが戻り、単独でも23秒をキープ。
ただ…誰にも知り合いに合わなかった(てっちゃんにはすごい勢いで抜かれるし…つっちーさんにおそらく一回くらいかな?)ので、走行中のテンションはイマイチだった

無事に15時ゴールには総合8位クラス5位(のち繰り上がりで総合7位🎉クラス4位✨)
イメージ 5

イメージ 6


旧CBRじゃ上位はかなり厳しいと思っていましたが、燃費とピットストップ時間(クラスによって変わる)、ノートラブルにより、想像以上の結果となりました(総合優勝も旧CBR)

speedHeart製、新商品チェーンルブ💡
11時間走行後も飛び散ることもなく、潤滑を保っていました✨これはまじいい🎵

イメージ 10




悔やまれるは想像以下の自分のタイム…(´-ω-`)一発もなければ、タイム出し始めたのも遅くなってしまい、不甲斐ない

イメージ 7



長丁場11時間、筑波で仲良くしてもらっている小川さん(国際ライセンスのため諸々の条件に合わなく乗れず)、西川さん、どんちゃん、暑い中、ヘルパーありがとうございましたm(__)m
また上野さん、小野寺さんとクリさんもお疲れ様でした


初の二日間に渡っての11時間耐久レース、参加の皆様お疲れ様でした✨
来年は7時間に戻るのかな・・・?

この記事に

そんなに仕事を休むことも出来ないので、金曜日の夜中に圏央道をぶっ飛ばして0時半に19番ガレージにチェックイン💨
そこには小川さんにお願いしてあったタイヤが…

イメージ 1

ジャイアン………w


早速、荷物を下ろして夜中にタイヤ交換を。
が、やはりこのタイヤ…ビートが上がらない。。。
そしてリアタイヤを組み換え、チェーンラインを確かめると…ステムがあらぬ方向に向いている
結局、フロント周りをあれこれやって3時ジャストに
「パーン❗」
と盛大なビート音を轟かせ、汗だくになったのでシャワーに入り3時半に就寝…も、4時に五味の声がw
なんかまったく寝れなかった

おかげで準備は万端になったが、人間が絶不調過ぎる。
左肩も相変わらず…何に刺されたんだ?

イメージ 2


イメージ 9

恒例のウイダーイン早飲み選手権w
レコード樹立にはなりませんでした(笑)


予選
後ろから出発💨
毬花ちゃんとたつおクンの後ろでタイヤを入念に暖め、さー行こう❗と仕切り直しするも…あれ?抜けない
さぞかしいいペースかと思ったら、10秒台wこれはいかん❗先週の練習ペースなら余裕なのに〰!と結果5.9wおいおい
ガレージに戻って早くツナギ…
暑くて早く脱ぎたいのに、肩が痛くて自力で脱げない
暑い上に寝不足がたたり、完全に放心状態。。。

イメージ 3

ブリーフィングのVIPルームが天国だった🎵
決勝までに腰上チェックして、こりゃ具合悪くてダメだ と、ちょっと休もうと車に引きこもると爆睡…。
リアハッチを開けられて起こされるとすでにスタ前直前w

イメージ 4

ミスト扇風機✨ここも天国🎵

決勝
予選7番手からそこそこのスタートを切るものの、1コーナーアウトまくりが裏目に。そのままの順位で通過💨
前回は準備していたボードの数字が減ることなく終了だったが、今回はボードを出せたようでw

イメージ 5

さて…徐々に上げていくしかないか と頭を切り替える二周目。ブラックボードが掲示され一緒に出された番号は「#2」。
あら❗一番やりづらい人が脱落おかげですんなり二番手まで上がれた🎵と思ったら…赤旗中断。

ピットに帰ってきて、再開は何周?できれば8周とか、なんなら5周とかの超スプリントでもいいんですけど?w

イメージ 6




11周…www



この暑いのに。。。
赤旗時点で二番手だったので、再開グリッドはフロントロー✨
スタートはそこそこ。
アグリンに幅寄せられて二番手、すぐに想定内の1ヘヤでV3に入られるが、隊列が整うまで我慢我慢。
が、タイムが遅いwこれじゃ、後ろから突っつかれてしまう
とりあえずアグリンを抜きたいが…なんかピヨってる?🐤不安定過ぎるだろ❗
V3は難なく抜いていったが…こちらも置いていかれるワケには。2ヘヤ入り口で交わし、タイムを上げるべくV3を追いかけるが、4秒入らず。V3は明らかに余裕がある感じ
ある一定の距離を保たれ、そのままラストラップに💨
と、赤旗…。
「また⁉」
「でもまぁ、これで終わりだな」
とペースを落とし、2ヘヤまで来ると赤いバイクが…
あ、あれ?
振り返ると藤崎さんしかいない。
………
二人とも腕は動いてきたので、一安心。

なので

イメージ 7

4,5位は不在でしたw

イメージ 8


第2戦でやらかした二人が返り咲き出来ました🎵
いやな事が払拭出来て良かった。


くっそ暑い中、2ヒートのS8だった方々、お疲れ様でした。

イメージ 10

画像、ありがとうございますm(__)m

https://m.youtube.com/watch?v=FS35VqGAwEA
動画お借りしますm(__)m

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事