kariokaの「極楽鳥シネマ」

ご無沙汰してますm(__)mツイッターの方で感想つぶやいてます。。。http://twitter.com/kariokaaaaa

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

オスカー受賞作の「スラムドッグ$ミリオネア」を最終上映週に、映画館で鑑賞することができました。

インドが舞台なことと、ダニー・ボイル監督作ということで、是非観たい!と待ち望んでいた映画です。

期待以上に面白かった!!!ダニー・ボイル監督らしく疾走感があり、インドの過酷な現実を描きながら、へこたれないで生きる逞しさを観ることができました!

そして、ジャマール青年の、この一途な初恋に涙してしまいました!

ジャマールの「ラティカ!!!」という叫びが、いつまでも心に響いています!

「トレインスポッティング」「28日後...」のダニー・ボイル監督が、インドを舞台に撮り上げたバイタリティに満ちあふれた社会派エンタテインメント大河ラブ・ロマンス。原作はヴィカス・スワラップの『ぼくと1ルピーの神様』。日本でもお馴染みのクイズ番組で史上最高額まであと1問と迫ったスラム育ちの青年が語る過酷にして波瀾万丈の生い立ちが、多彩な要素を巧みに織り込みつつスリリングかつ躍動感いっぱいに描かれてゆく。世界中で数々の映画賞を獲得し、ついにはアカデミー賞で作品賞を含む最多8部門を受賞する快挙を成し遂げた。

インドの国民的人気番組“クイズ$ミリオネア”。この日、ムンバイ出身の青年ジャマールが、次々と難問をクリアし、ついにいまだかつて誰も辿り着けなかった残り1問までやって来た。ところが、1日目の収録が終わりスタジオを後にしようとしたジャマールは、イカサマの容疑で警察に逮捕されてしまう。スラム育ちの孤児でまともな教育を受けたこともないジャマールがクイズを勝ち抜けるわけがないと決めつけ、執拗な尋問と拷問を繰り返す警察。ジャマールは自らの無実を証明するため、これまでに出された問題の答えは、すべてストリートで生きながら学んだと、その過酷な過去を語り始めるのだったが…。
(allcinema ONLINEより)

混沌としたインドでのロケは大変だったはず。それを疾走感溢れる、イキイキとした映画にしたのは、ダニー・ボイル監督の天才的な手腕なんだと思いました。お見事でした!

インドの子ども達の現実を描いた映画で、以前「サラーム・ボンベイ」という映画を観ましたが、あまりの悲惨さに呆然とさせられ、嫌な後味を心に残したままになっていました。ストリート・チルドレンになってしまった子ども達に、助けるどころか、更に過酷な現実を見せる大人たち。自分の生活や利益のために、痛めつけられた子ども達を更にいたぶる。胸が張り裂けそうになりました。

この映画も観ていくと、その頃からほとんど好転していない社会情勢のように見えます。この兄弟も、宗教の対立により孤児になってしまって・・・。

無一文で生き延びるために兄弟は知恵を働かせて助け合って生き延びていく。

そんな子ども達に救いの手を差し伸べるどころか、利用し働かせ搾取する大人たちはここにも存在していました。「サラーム・ボンベイ」と変わらないようですが、この兄弟は途方にくれたりはせず、なんとか自分たちで知恵を絞り、危機を回避し、逞しく生き延びていきます。そこに光が見えるストーリーでした。

いろいろ問題はあるけれど、暗く落ち込んでいる暇はない。行動力と賢さで生きていく彼らの様子がとても力強かったです。酷い目にあっても、そこで落ち込みすぎず、生き延びていくパワーが、インドにはあるようにも見えました。

テレビ番組クイズミリオネアで勝ち進めたのも、運だけじゃなく、やはりジャマールがとても賢い子だったからでしょうね。ちょっとしたことにも注意が行き届き、よく記憶している。自分で仕事も持って真面目に働いている。スラム出身だからと、番組に出演時にも司会者に馬鹿にされ、警察官に拷問される理不尽さには腹が立ちましたが、そんな扱いを受けても、ジャマールのへこたれないまっすぐな正直さ、純粋さに感動しました。

そして、そこには、初恋の女の子ラティカへの一途な思いがあって・・・。ラティカに対して、なんてまっすぐな気持ちなんだろう!!!って感動で、涙がいつのまにかこぼれてしまいました。愛する彼女が、どんな状況に陥ったとしても、愛し続ける彼の強さが眩しく感動させられました。若いって素晴らしいーーー。

兄も賢い少年だったけれど、自分の有利になるためには手段を選ばないしたたかさがあって、でも、本当の危機が迫ると、弟思いのところも見え、上昇志向だけれど、優しさが最終的に邪魔をする・・・という人物でした。「スカーフェイス」の主人公のような、気持ちはわかるけれど、どうしてあげられることもできないような、見ててたまらないものがありました。

いろいろ難しく混沌とした世の中だけれど、一途な思いを爽やかに貫いたジャマールのまっすぐさに希望が見えていたようにも思えます。過酷な社会だからって、暗いだけの描き方ではなく、ユーモアもあり、よく出来た(出来すぎのところはあるけれど、それもまたいいんですよねー。)ストーリー展開でした。
ハラハラドキドキもさせられて・・・。

ラストはインド映画のように、みんなで音楽に合わせてダンス!!!

ホント、「社会派エンタテインメント大河ラブ・ロマンス」でしたね☆面白かったです。

閉じる コメント(16)

お、間に合いましたね〜^^
そうそう、監督らしい疾走感が詰まってましたね。
インドのパワーを感じさせてくれた作品でした^^
3つの要素を巧みにあわせたストーリー展開も良かったですね〜
ラストの兄のサリムにもなんかぐっときちゃいました。
そそ、ラストの群舞がこれまたパワー全開でしたね〜
トラバさせてくださいね♪

2009/6/17(水) 午後 0:33 じゅり

顔アイコン

ご無沙汰です。インドを中心にした映画がアカデミーを撮ったということが画期的でしたね。

2009/6/17(水) 午後 8:09 mossan

お久しぶりで〜す!
思っていたより、活気のある力強い映画だったので、
ヘヴィーな部分もあったけど、後味は悪くなかったですね!
子供たちがこんなに逞しいのに、大人もしっかりしなくちゃー!ですよねw
TB、させて下さい♪

2009/6/17(水) 午後 11:29 R*alph

出来すぎと言う節もありますが、この映画のストーリー構成が特に面白かったです!クイズが彼の今までに人生とリンクしていて、彼の半生の記録映画といってもいいくらい!そしてインドの現状もきちんと描かれた上でのお話だったので、ちゃんとインドを楽しめた映画でした☆

2009/6/18(木) 午前 0:47 anemone*DDR

映画館でギリギリ観に行くことができました!じゅりさん。
ダニー・ボイル監督の疾走感を映画館で体感できて良かったです。
ストーリーも飽きさせず面白かったし、人物がイキイキと描かれてて見応えありました。さすがオスカー受賞作でした。
サリムはアメリカンニューシネマの主人公のようなところがあって、ぐっときましたね〜。運命の初恋も描かれて、王道の映画という感じもありました。パワー貰った気がします。
TBありがとうございました!

2009/6/20(土) 午後 4:04 かりおか

インドの貧困や混沌を描きながらも、若い純粋な思いも描かれていて、爽やかさと希望もありました。ジャマールのキャラクターによるところも大きかったです。ラティカも美しい!
逆境にもへこたれない姿が、誰にも感動を与えてくれたんでしょうね。いい映画でした。もっさんさん、TBありがとうございました。

2009/6/20(土) 午後 4:10 かりおか

ラルフさん、活気ありましたね!面白かったです。
子ども達のシーンも、ダニー・ボイル監督は撮るのが巧いですね!
辛い境遇でも、活き活きと頑張って生きてましたね。
くよくよ悩んでる暇はない!って言われてるみたいでした。
TBありがとうございました。

2009/6/20(土) 午後 4:13 かりおか

出来すぎてるかもしれないけれど、そこがかえっていいなーと思えるような面白い映画でしたね、anemoneさん。
そして、ジャマール青年が、どんどんかっこよく見えて、感動してしまいました〜。クイズといままでの人生と恋の行方と、ハラハラドキドキさせられました。ラストのダンスも、いろいろあったけど踊ってしまおう!と、インドらしくてスカっとしました。
とても切ないところもあったけれど、そこを受け入れ強く生きる彼らの未来にたくさん幸せがあるように!って思わずにはいられないラストでした。

2009/6/20(土) 午後 4:23 かりおか

クイズを1問答えるたび、彼の人生が明らかになっていく見事な構成だったと思います。ライフラインがまた効果的でしたね。
そうですよね、ジャマールはいろんなこと記憶していて真面目で、賢いんですよね。インドの情勢も織り込まれてほんと、「社会派エンタテインメント大河ラブ・ロマンス」納得です(^^)ダイニーボイルらしい疾走感が感じられました。TBしますね

2009/6/21(日) 午後 9:14 LAGUNA

まさにダニー・ボイル監督の天才的手腕、ですよね♪
公開されると、こういうのもあったのか、と思うのですけど、誰も考え付かなかった、というところがやっぱり素晴らしい ^^
テンションとても高くなりました^^;
トラバさせて下さいませ。

2009/6/21(日) 午後 9:58 恋

顔アイコン

とてもインドのパワーを感じる作品でした。
悲惨なのかもしれませんが、渇いた明るさを感じるのはお国柄でしょうか?
ダニー・ボイルも映像的にもうまかったと思います。
途中挟まれるオペラのシーンも印象的でした。
お兄さんの役もとてもよかったと思います。
TBさせてくださいね。

2009/6/23(火) 午前 2:19 [ miskatonic_mgs_b ]

ジャマールがラティカがどんなに傷つけられていても彼女を丸ごと愛し救うんだ!という強い思いがだんだんわかり、彼の賢さとともに、その純粋さにも感動してしまいました、らぐなさん。
お兄さんも、その純粋さへの嫉妬もあり、そんな弟を誇りにも思い・・・と複雑でしたね。
クイズ・ミリオネアがどんな話になっているのかと思ったら、社会派でもあり純愛でもありといろんな要素で面白く観れました!
TBありがとうございます。らぐなさん。

2009/6/23(火) 午後 4:49 かりおか

「トレインスポッティング」を初めて観た時に、淀川長治さんが監督をベタ誉めしていたのを思い出します。この監督は天才的なところがあるとおっしゃっていたような・・・。さすが先見の明がおありになったんですね〜。たけしのことも誉めてましたよね!どちらも大きな映画賞をその後受賞しましたね。
さすがオスカー受賞作!面白かったです。
TBありがとうございました、恋さん。

2009/6/23(火) 午後 4:57 かりおか

一時期、インド関連の本をたくさん読んでいたのですが、惹かれるところがインドにはあります。実際に行くと、そのパワーにあてられて自分はおかしくなってしまいそうですが、過酷な現実もあり、寓話的神話的なところもあり、あらゆるものが多面的に存在し、混沌としているインドが舞台というのも興味深かったです。
オペラは全く詳しくないのですが、miskaさんの解説でわかりました。(ミルクでもです♪)ありがとうございました!
意味があったのですね〜。
細かい映像も隙がなく、飽きるところが全くありませんでしたね。
TBありがとうございました!

2009/6/23(火) 午後 5:04 かりおか

私はかりおかさんとは逆にダニー・ボイル監督なんで疑問視してましたけど完全に土俵下まで吹っ飛ばされました。
出来すぎの話ですけどこれがないとこの作品は成立しないですからね。
ラストもお見事でしたね。
TBさせて下さいね♪

2009/6/23(火) 午後 10:50 marr

ダニー・ボイル監督に「ミリオンズ」という子どもの兄弟を描いた作品がありますが、その子ども達の描き方も素晴らしかったので、この映画でも素晴らしいなーと思いました。主人公が走る!走る!感じは「トレインスポッティング」や「28週後」にもありましたし。
評判のいまひとつ?の「ザ・ビーチ」と「普通じゃない」は観てないんですよね〜。どうなんでしょう?観たかったんですけどね。
「スラムドッグ$ミリオネア」はいままでの監督のいいところが結集した映画だったのかもしれないですね、marrさん。
TBありがとうございました。

2009/6/24(水) 午前 1:10 かりおか

開く トラックバック(7)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事