kariokaの「極楽鳥シネマ」

ご無沙汰してますm(__)mツイッターの方で感想つぶやいてます。。。http://twitter.com/kariokaaaaa

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全133ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

新年明けて随分経ちましたが、毎年恒例なので、昨年のお気に入り映画を記録しておこうかと思います。

昨年は、DVDや旧作も合わせてですが、意外にも100本あまりの映画を観ることが出来ました。いつもは70から80本くらいですが、かえってそれ以上になると、映画の印象が薄くなるのか、年齢と共に記憶力が衰えるのか、観たい映画が多くなるのか、お気に入り映画を選ぶ感覚がぼやけてきているような…。


邦画
散歩する侵略者
万引き家族
花筐
パンク侍、斬られて候
カメラを止めるな!
幼な子われらに生まれ
プラネティスト

昨年のベストテンを参考にしながら今年は観たので、一昨年の映画も…。昨年は、毎日映画コンクールの授賞式を観に行くことが出来たのですが、そこで表彰された映画は、いい映画ばかりで、好みに近いかなーと思いました。今年もいろんな映画のベストテンが楽しみです。

気になっていて観れなかった「菊とギロチン」「寝ても覚めても」「来る、」「きみの鳥はうたえる」を早めに観たいです。


外国映画は、洋画はあまり観なかったかも。もっといろいろあったような気がしますが、時間も限られた中で観ているので、どうしても好みに偏りがち…。

パターソン(一昨年のですが、いつ観てもたぶん1位。センスが堪らなく好き)
犬ヶ島
マザー!
50年後のボクたちは
婚約者の友人
希望のかなた
Happy end
顔たち、ところどころ

ボヘミアンラプソディー
(観たのは今年始めだけど、昨年にいれちゃおう!会う人、会う人からいいと聞いたので観ました。号泣だった!)

台北ストーリー
台北暮色
停車
星空
私の少女時代

恋するシェフの最強レシピ
閃光少女
(横浜中華街映画祭で鑑賞。面白かった!こういうの日本映画でも作れればなーと思いました。日本のコメディ映画、昨年観たので何本かはガッカリしたので。)

悪女
コインロッカーの女

正しい日、間違った日
クレアのカメラ
夜の浜辺で一人
川辺のホテル
(ホンサンス&キムミニ作品、まとめて観れました。「それから」「草の葉」は今年観たいです。)

10月観た映画。

10月映画鑑賞。

韓国映画「僕の妻のすべて」「時間離脱者」「ビューティーインサイド」
イムスジョンとハンヒョジュ、ヒロインが可憐。どちらも大好きな韓国の女優さん。純粋さが際立つ。

横浜中華街映画祭で上映の香港映画「恋するシェフの最強レシピ」と中国映画「閃光少女」どちらも相当の面白さ!滅茶苦茶な行動のヒロインだけど、凄く逞しくて面白い!ロードショーで観たい🎵日本のヒロインだと「のだめカンタービレ」?金城武、久し振りに観たけど、相変わらず緩く面白くてかっこいい。

小林薫、綾野剛、村上虹郎が、剣と死に取り付かれた男たちを演じる「武曲」。凄まじい人生だ。

樹木希林とオカンが重なりすぎて怖いくらい。作品選びの凄みに今更ながら圧倒される「東京タワー〜オカンとボクと、ときどきオトン」

マイベストワン作品のアンダーグラウンドのエミールクストリッツァ監督作「オンザミルキーロード」生涯に渡る同じテーマを、今回は監督自ら演じた。

世界に目をむけたい気持ちにさせられる、フィンランドのアキカウリスマキ監督の「希望のかなた」。厳しい現実はあるけれど、あたたかさもある。

相変わらず全然ハッピーじゃないミヒャエルハネケの「Happy end」イザベルユペールの姿に少し自分を重ねて、老親、子供たち、リアルな日常をより感じ、客観的に頑張らなきゃと思う。現実的な映画。反面教師的でもある。

ストップモーションアニメ「犬ヶ島」は、ウェスアンダーソン監督作品が大好きで観たが、実写以上に残酷なところが描かれていて、かなりいい!反骨心がいつもグッとくる。日本の描きかたも、独特だけど細部がかっこいい。

もうひとつストップモーションアニメ「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」アメリカ作品だけど、中世日本が舞台。日本昔話と伝統芸能の世界を壮大なファンタジーで描く。主人公は過酷な運命だが、小さな幸せを喜び、日々を乗り越えていく善良な子供で、感動があった。

あとは、横浜ジャック&ベティで、若松孝二監督の若松プロを描いた「止められるか、俺たちを」

1969年から若松孝二監督の元に居た吉積めぐみ役の門脇麦を主演に、若松監督の弟子の白石和彌監督が、若松プロの先輩たちの青春群像を描いていた。熱い映画かと思いきや、意外と暑苦しくない。この世界が白石監督にとっても日常だったからかな。しかし、若松監督初期の映画が、このように作られていたと垣間見れて面白い。「ゆけゆけ二度目の処女」は大傑作で、主演の秋山道男の再現度高いと思ったら、浅間山荘の映画での少年役が演じていて驚いた。後期に出演の俳優が、初期の周辺人物を演ずる絆の深さ。井浦新の若松監督役!

しかし、オバケこと秋山道男さんが9月に亡くなっていて驚いた。若松監督の映画で気になり、経歴を調べて益々気になる方だった。連合赤軍の事件で亡くなった遠山さん、門脇麦さん演じた吉積めぐみさん、若松孝二監督…、今は亡き人々の熱い青春を観ていて、センチメンタルになった。

他に、久し振りの横浜ジャック&ベティで、更にドキュメンタリー3本。
「太陽の塔」「毎日がアルツハイマーファイナル」「顔たち、ところどころ」
どれも興味深く、心に残った。

「停車」

2009年にアジアン大阪映画祭で一度上映されただけの台湾映画「停車」

日本で観れる作品なら全部観たいと思っている、台湾を代表する二人の俳優、チャン・チェンとグイ・ルンメイの共演作品ということで、是非観たい!と思い続けていたら、なんと台湾文化センターの台湾映画のいまの特集上映で上映されるのを知り、やっと観てきました!10年あまりの想いが叶いました。

無料上映ですが、限定100名のため、チケット申込みは瞬殺!なんとか申込み出来ましたが、台風で延期になり、ヒヤヒヤしましたが、無事、観に行くことが出来ました。

面白かった!キャストが他にも好きな俳優が出ていてびっくり。チャップマン・トー、ガオ・ジエ、ダイ・リーレンも、とてもいい!全体的にオフビート感覚もあり、台湾映画らしい情感もあり、可笑しみもあり。それぞれ人生に重いものを背負って生きている人々が描かれているので、その暗さが、映画賞は多数受賞したものの、本国でのヒットに繋がらなかったのかもですが、私は好きでした。

チョン・モンホン監督作品は、他は東京国際映画祭でしか公開されてないみたいだけど、特集上映して欲しいです。香港のパン・ホーチョン監督も面白いのに映画祭公開だけ。同じような感じ?もったいない!

上映後のトークイベントも、台湾映画好きとしては、とても興味深いものでした♪夏に台湾で公開されるアウトサイダー闘魚の予告も見せていただきました。台湾映画、日本公開が、なかなかないのが残念です。
ダイ・リーレンの監督作品、台北電影奨で作品賞を受賞したのに、全く観れないのも残念です。

下のアジアンパラダイスの記事に、トークイベントの内容全部(この映画のこと、今年の台北電影奨のこと)詳しくレポートしてあります。

http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/45833/45427/89789638

『停車』(2008年)

気持ちのすれ違いで妻との危機を迎えている陳莫は、この関係を修復しようと仕事帰りにケーキを買って家へ向かう途中、二重駐車で車を出せなくなってしまう。邪魔になっている車の持ち主を捜すうちに、目の不自由な母親から息子に間違えられ一緒に食事をする羽目になったり、チンピラから袋だたきに遭ったり次々とトラブルに見舞われる…。



監督:鐘孟宏(チョン・モンホン)

出演:張震(チャン・チェン)、桂綸?(グイ・ルンメイ)、戴立忍(ダイ・リーレン)、杜?澤(チャップマン・トー)、高捷(ガオ・ジエ)
明けましておめでとうございます。

昨年のお気に入り映画、振り返ってみました。

映画館、DVD合わせて80数本観ていました。本来なら映画館で新作だけでベストテンを決めるのでしょうが、毎年恒例の私的なものだし、その年はどんな映画が好みだったのかという備忘録にもなるので、相変わらずの感じになりますが…。映画を観る時間も、年々限られてきているので、観る前から好みよりの選択で観ている中からの片寄ったベストではあります。

順不同

[外国映画]

エンドレスポエトリー
はじまりへの旅
シングストリート
グッバイ、サマー
メッセージ
沈黙
新感染ファイナルエクスプレス
哭声コクソン
お嬢さん
アシュラ
クーリンチェ少年殺人事件

洋画は、最近は、ほとんど好みよりのものしか観なくなりました。今年は、人生の困難に直面しても、そこに前向きな要素があるものが琴線に触れました。「悲しみのなかの喜び」(byシングストリート)を大事にしたいと思えるような。

「沈黙」は、マーティン・スコセッシ監督作品ということで、とても楽しみにしていて、日本の俳優達の監督に応えようとする渾身の演技が素晴らしかったです。観たあとに、日常ではあまり考えないような神や信仰について思索したりもしました。

外国映画といっても、韓国映画は、久し振りにワクワクゾクゾクする作品の公開が続いて、たとえバッドエンドだとしても、そこに至るまでの混沌と、人々の感情の幅の大きさと熱量に、逆に元気貰えた感じになりました。コクソンに驚愕し、お嬢さんに爽快感を覚え、アシュラに無情を、新感染の人間ドラマに号泣(ゾンビ映画なのに!)

クーリンチェ少年殺人事件は、台湾映画を好きになったきっかけのエドワードヤン監督作品の久し振りの上映で、主役のチャンチェンの舞台挨拶付きの上映をわざわざ観に行きました。長い作品ですが、何度観ても、また観たくなるような深い映画でした。

他に、観ているときは、自分の気持ちがザワザワし過ぎて嫌だと思いましたが、不思議と時間が経つに連れ、忘れ難い印象の「たかが世界の終わり」とか、なんとなく近しい気持ちを感じた「ヤングアダルトニューヨーク」、ドキュメンタリーの「セルゲイポルーニン 世界一優雅な野獣」、香港映画からは久し振りのチャウシンチー「人魚姫」も面白かったです。



[日本映画]

彼女がその名を知らない鳥たち
牝猫たち
あゝ、荒野
ヒメアノール
団地

一昨年の邦画が観たい作品が多すぎて、その消化をするのに追われるほど。特に1位2位を争った「シンゴジラ」と「その世界の片隅に」は評判通りで、自分もかなり気に入ったのですが、1月に観たし、今更かなと昨年のお気に入りには敢えて入れませんでした。

昨年は、一昨年に較べて、観たい映画が少なくなったような気がします。今年観た映画の中から5本選んでみました。「ヒメアノール」と「団地」は一昨年公開ですが、観たのが昨年なので入れました。観たあとに鬱になりそうな映画ではないかと思われるけれど絶対に今に観る作品のいくつかが一昨年何作もあり、そのうちの「ヒメアノール」は、凄惨だけれども、ラスト心に刺さりすぎて、忘れ難い一本に。「団地」は異色作でしたが、阪本順二監督作品では、昨年の「エルンスト」より好きでした。

他には、7年前の邦画のベストワン作品「ヘヴンズストーリー」も、とても観たかった作品で、毎年新宿での上映に年末で都合が悪く行けなかったのですが、昨年DVD化されたので観ることが出来ました。ただ、長い作品ですが、きっと映画館で観た方が良かっただろうとも思いました。山崎ハコ、凄かった。

邦画だと、切実に胸に迫ってくる作品を観る傾向にあり、観たあと引きずることも多いのですが、地方アイドルのオムニバス映画「LOCO DD」は、私の好みでは自主的に観ない映画と思っていました。勧められて観たのですが、若い女の子たちの頑張る姿を見て、眩しいような応援したくなるような、その元気さに勇気を貰えた気分になれました。観れて良かったです。特に大画面でのライブシーンは素敵でした。

思っていたよりも印象に残った「淵に立つ」、若さが眩しい少女漫画の切ない世界「溺れるナイフ」、キャストの力を感じた「怒り」、何気なさが凄くいい「セトウツミ」等も面白かったです。

見逃した映画もたくさんあって、ジムジャームッシュ監督の「パターソン」と「ギミーデンジャー」は、公開から毎週毎週タイムスケジュールをチェックして、毎週行きたかったのですが、映画ばかり観てもいられない生活というものがあり、観れなかったのが悔やまれます…。多分、観てたら、昨年のお気に入り映画に入ったはず。

9月に入ってから、「バンコクナイツ」と「潜行一千里」、「散歩する侵略者」、「三度めの殺人」、「50年後のボクたちは」、「オンザミルキーロード」、「パーティーで女の子に話しかけるには」、「Mr.ロン」等を映画館で観るには…とスケジュール確認を毎週するのですが、どれも見逃してしまいました。これらも観ていたら、ベストも変わったかも。映画館やDVDで、今年こそ観る予定です。

1月には「星空」「花筐」「デヴィッド・リンチアートライフ」、2月には「悪女」観たいな。

でも、新年最初の映画は、家族でスターウォーズです!
昨年は、夏から秋にかけて、予想外の入院手術をしたため、あまり映画を観ていなかったと思っていたら、DVD鑑賞や旧作再見を含めると、75本位は観ていました。本当に映画好きは年間300位は観ているのかもですが…。

ブログは更新しなくなりましたが、毎年年間ベストテン(ベストテンつけられるほど観てないけど。)というか、お気に入り映画をここに記すことで、備忘録になっているので、2016年も書いておこうかと。キネマ旬報のベストテンも発表されたことだし。

でも、毎年のことながら、キネマ旬報ベストテンは、次の年の参考にするような感じの後追いになってしまってます💦

全然違うテイストの映画秘宝ベストテンも面白いけど、1月下旬の発表かな?(ところで、テレビだと、やたらに日本アカデミー賞受賞のって肩書きで俳優を紹介するけど、あれは?と思ってます。)

では、まずは、キネマ旬報ベストテン。
観た映画に○しましたが、少ない。
これからですね。

2016年 第90回キネマ旬報ベスト・テン
日本映画ベスト・テン
1位「この世界の片隅に」
2位「シン・ゴジラ」
3位「淵に立つ」
○4位「ディストラクション・ベイビーズ」
5位「永い言い訳」
○6位「リップヴァンウィンクルの花嫁」
7位「湯を沸かすほどの熱い愛」
8位「クリーピー 偽りの隣人」
○9位「オーバー・フェンス」
10位「怒り」

外国映画ベスト・テン
1位「ハドソン川の奇跡」
○2位「キャロル」
3位「ブリッジ・オブ・スパイ」
4位「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」
○5位「山河ノスタルジア」
6位「サウルの息子」
7位「スポットライト 世紀のスクープ」
8位「イレブン・ミニッツ」
9位「ブルックリン」
10位「ルーム」

個人賞
主演女優賞:宮沢りえ
主演男優賞:柳楽優弥
助演女優賞:杉咲花
助演男優賞:竹原ピストル
新人女優賞:小松菜奈
新人男優賞:村上虹郎
監督賞:片渕須直
脚本賞:庵野秀明
外国映画監督賞:クリント・イーストウッド

キネマ旬報のベストテンって、日本映画は好きな映画や観たい映画が多いのですが、外国映画は私の好みと違うのかも。私が凄くいい!と思っている映画は、とても順位が低いことがよくあるし…。

今回も、邦画はどれも観たかったのや観た映画ですが、外国映画は、観たのは、「キャロル」と「山河ノスタルジア」だけでした。でも、どちらもお気に入り映画ではあります。(山河ノスタルジアは、東京フィルメックスで鑑賞したので、前年度のお気に入りです。)
観たかったミシェルゴンドリー、ノアバームバッグ、リチャードリンクレーター監督の新作映画、観れなくて残念でした。

2016年は、邦画が観たい作品が多かったような気がしました。
このベストテン以外でも、「64」、「海よりもまだ深く」、「葛城事件」、「ヒメアノール」、「ふきげんな過去」、「アズミハルコは行方不明」、「TOO YOUNG TO DIE!」、「団地」、「日本で一番悪い奴ら」、「ちはやふる」、「溺れるナイフ」、「断食芸人」等も観たかったけど、実際は、観たら、どんな感じだったのでしょうね。期待して観ると…なことも邦画だと多いけど、2016年は良さそう?

観てどんよりしそうな「葛城事件」とか「ヒメアノール」とか「日本で一番悪い奴ら」は、ベストテンに入りにくいのかな。結局、私は観ると思いますが。「ディストラクションベイビーズ」は観たけど…。演技賞受賞は納得です。

「この世界の片隅に」は、年末から行こうと思っていたのですが、いろいろあってまだ行けず。でも、今年最初の映画館鑑賞の予定です。

「シンゴジラ」は、激しそうで、退院直後で観る自信がなく、パスしました。賛否両論みたいだけど、観た方がいいかな。DVDだけど、退院してまだ調子が良くないときに激しめの「太陽」を観たら、具合が悪くなりました。(「太陽」は蜷川演出の舞台が観たかったけど、チケットとれませんでした。)今ならシンゴジラも観れるかな?

「オーバーフェンス」、函館三部作の最後なので、凄く期待していました。退院後に一番始めに映画館で観ましたが、思ったよりもリアルな感じで辛さがあった。もう一度観れば好きな映画かもしれません。

私の2016年のお気に入り映画

リップヴァンウィンクルの花嫁
若葉のころ
スノーピアサー
お母さん、いい加減あなたの顔は忘れてしまいました
野のなななのか
エンターザボイド
キャロル
岸辺の旅
ONCE ダブリンの街角で
クリムゾンピーク

過去作品のDVD化で観たものや再見作品で良かった映画。

全身小説家
冬々の夏休み
ドラッグストアカウボーイ
GONIN
ジプシーのとき

番外
新海誠監督作品(「秒速5センチメートル」、「雲の向こう、約束の場所」、「言の葉の庭」、「君の名は。」)以前から何となく気になった新海誠映画。「君の名は。」の大ヒットでよくわからなくなりましたが、以前の作品をDVD鑑賞。何々っぽいのは気になりましたが、それ以上の良さもあるような…。「君の名は。」を映画館で年末に観てしまいました。
誠実さあると思ったけど。空が綺麗。
また観たくなる感じがわかるような。
思っていた感じと違い良かったです。

韓国、台湾、日本、ベトナムの四か国で作られた「怪しい彼女」にはそれぞれの良さがあり、楽しませてもらいました。どの国の作品も、親子の情愛に泣けた。日本のヒロインは多部未華子ちゃんで、コメディ演技が最高でした!「ピースオブケイク」でも良かった。

今年2017年は、外国映画に観たい作品が年明けから多いみたい。
「沈黙」や「たかが世界の終わり」とか。
チャウシンチー、キムギドク、ロウイエ、パクチャヌクの映画も観ることが出来るでしょうか。DVDかもしれません…。

2015年お気に入り映画
http://blogs.yahoo.co.jp/kariokaaa/55684469.html
2014年お気に入り映画
http://blogs.yahoo.co.jp/kariokaaa/55098242.html
[http://blogs.yahoo.co.jp/kariokaaa/54376983.html/ 2013年ベスト映画記事]
[http://blogs.yahoo.co.jp/kariokaaa/53598509.html/ 2012年ベスト映画記事]
[http://blogs.yahoo.co.jp/kariokaaa/52794086.html/ 2011年ベスト映画記事]
[http://blogs.yahoo.co.jp/kariokaaa/51629832.html/ 2010年ベスト映画記事]
[http://blogs.yahoo.co.jp/kariokaaa/49957294.html/ 2009年ベスト映画記事]
[http://blogs.yahoo.co.jp/kariokaaa/46136379.html/ 2008年ベスト映画記事]
[http://blogs.yahoo.co.jp/kariokaaa/38949462.html/ 2007年ベスト映画記事]
[http://blogs.yahoo.co.jp/kariokaaa/25988673.html/ 2006年ベスト映画記事]

全133ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事