19

こっちもたまに更新しようかなぁ

全体表示

[ リスト ]

琵琶湖

もう当分は行けなくなるだろうから、自転車に乗って琵琶湖を見に行ってきました
物心つく前から、私は琵琶湖で色んな遊びをして育ってきました。

イメージ 1
滋賀県民で、自然大好きな私T19にとって、琵琶湖は恩師であり、旧友のような感覚です。

科学的に見たらデカい水溜まりなんでしょうけど、何でもすぐに擬人化したがるのが、私の癖なので(笑)。

いざここを離れるとなると、やり残したことが頭の中に次々浮かんできて、名残惜しい気分ですね。


滋賀には着実に春が来ていて、日向ぼっこ中のカメが多数。中には早速♀に求愛してる♂も。
大学で、明けても暮れても恋愛の話、エロい話しかしない連中を毛嫌いしていた私ですが、成熟すれば繁殖に集中するってのは、動物の正しい姿なんですよね。

繁殖期にも拘わらず繁殖を意識せず、魚類を追い回す毎日を送っている私の方が、遙かに異常(笑)。
思えば、魚達には本当に御世話になりました

今まで私は、数え切れない程の魚を傷付けてきた。
私は、魚が日本語を話せないのを好いことに、彼等を勝手に「友達」と呼んで釣り上げ、「楽しかったぜまた遊んでくれよ」等と陽気なことを言ってリリースしてきましたが、私が魚の立場だったら・・・

・・・自分よりずっとデカい大男に路地裏へ引き摺り込まれ、ボコボコにされた挙げ句、「楽しかったぜまた遊んでくれよ」なんて言われたら・・・私なら狂っちゃうかな。

魚達は私T19のことを、「できることなら殺してやりたい」と、きっと憎んでいるでしょう。
けれど私は、釣りを辞めることはできません。釣りの御陰で、笑顔を保つことができるからです。
これからも魚類の皆様には、怯え、苦しんで頂かねばならない俺の笑顔の犠牲になってもらわねば・・・。

この日も、スピニングタックルにゲーリーグラブという獲る気満々なセッティングで、釣り開始。
時折ギル君のコココン!という可愛いバイトがあるのみで、バスは来ません。

南湖をぐるりと1周する形で、良さげなポイントを数箇所攻めたんですが、結果は出せず。
腹が減ってきたんで、湖岸に座り込み、コンビニで買ったお握りを食べることに。

イメージ 2

鶏唐揚げマヨネーズ』なる字面を見て、ふと仕事のことが頭を過ぎりました。

仕事をするのは何のためか?
人間に近付くためだ!

私の身の回りにある物は、全てどこかの誰かが作ってくれた、整えてくれた物。
服も、釣具も、自転車も、道路も・・・。

多くの人々の御陰で、私はこれだけ生意気言えるようになりました。
私は世界1の幸せ者なのかもしれません。

じゃあ、俺は誰かの役に立ったことがあるか?誰かを幸せにしたことが1度でもあるか?
無い今のところ、俺に存在価値は1つも無いんだ!

だから働くのだ今の俺は、到底人間とは呼べない代物だ
働いて、誰かの役に立って、いつか本物の、正真正銘の人間になりたい!

さて、この鶏唐揚げマヨネーズ味の美味しいお握りもまた、死んでくれた鶏と、鶏を殺してくれた方が居るからこそ、ここに在るのです。

私はこれまで、誰かが殺してくれた牛や豚や鶏の肉を頬張りながら、「命はみんな大事命はみんな平等」などと謳ってきましたが、来月からは本格的に、その命と向き合うことになります

琵琶湖を眺めつつ、「期待は、しないに限るよな・・・」と呟いて、休憩を終えました。
そして立ち上がった時、波に乗って何かが漂って来ているのが見えたんです。
その正体に気付いた私は驚愕して、ロッドの穂先でそれを引っ掛け、手繰り寄せます。

イメージ 3

私は思わず、正面の幼馴染みに向かって尋ねました。

T19これはどういう意味?
琵琶湖は、何も言いませんでした。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事