19

こっちもたまに更新しようかなぁ

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

3月21日。とうとうこの日が来てしまいました。
朝4時半に目を覚ました私は、前日買っておいた大量のお菓子を、リビングにこっそり置きました。

イメージ 1

これだけあったら1週間は持つだろうから、弟2人と婆ちゃんも、ちょっとは喜んでくれるかな。

振り返ってみれば私は、史上最悪の兄貴でした。
学校で苛められたストレスから、いつも弟に当たり散らし、威張り散らしてきた私T19。

そんな嫌な兄に対しても、弟2人はずっと「お兄ちゃんお兄ちゃん」と言って付いて来てくれました。

一生掛けても返せない程の恩なのに、それをお菓子で埋め合わせしようなんて、浅慮と言うか軽率と言うか・・・。
でも今は、こんなこと位しか思い付かないんです。

ここ数年、呆けが酷くなってきた婆ちゃんは、1日中コタツに入ってテレビを凝視してますが、ドラマを見てもバラエティを見てもニュースを見ても、その内容は全く覚えていません。

そんなだから、私が滋賀を離れることも、ハッキリ解ってないだろうと思ってました。
が、先日突然「就職おめでとうございます」と言って5万円を手渡してきて、少し泣きそうになったのでした。

身支度を済ませた私は仏壇の前に座り、死の直前まで私を可愛がってくれた爺ちゃん、生まれてすぐに亡くなってしまった姉さんに手を合わせ、「頑張ってきます」と一言。

婆ちゃんと弟にも挨拶しておきたかったけど、まだ薄暗い早朝。起こすのも悪いし、止めときました。
5時半頃、車に父、母、私の3人が乗り込み、出発。22年暮らしたこの家とも、当分お別れです。


いよいよ引っ越し
父の快適な運転で少し眠くなってしまい、うとうとしてたら滋賀はとうに離れ、あっと言う間に兵庫県
高速を降りてしばらく走ると、ビルや住宅がどんどん無くなって、山と川と田んぼばかりの風景になってきます。

イメージ 2
母が、「コンビニ無いし、道は細いし、こんな所で住めるか?」と心配して、父が「まぁ自分で選びよったんやから、ええやんか」と返しました。

後部座席から両親の後ろ姿を見ていると、今までの想い出がたくさん頭に浮かんできます。

私のは、職場では結構なお偉いさんなので、毎日夜遅くまで働いてます。

それでも忙しい時間の合間を縫って、私達子供を色んな所に連れてってくれました。


今回もまた、翌日仕事があると言うのに、私の引っ越しを手伝いに来てくれてます。
激務をこなしつつ家庭も大事にするなんて、簡単なことではありません。

こうして考えると、うちの家族は立派な人間ばかりです。
どうしてその中に1匹、私のような心身共に醜いカス男が紛れてるのか、自分でもよく解りません・・・。

アパートに到着した我々は、手分けして家具を運び込み、搬入作業はたった1時間で終了
車は私が使わなきゃいけないのでコチラに残し、父と母は電車で滋賀へ帰ります

私は両親を駅前まで送り、電車が来るまでの間、しばし一緒に居ました。
これからしばらく、2人には会えない目の前に2人が居る今の内に、育ててくれた御礼を言わないと・・・。

けれど、急に改まって「今までありがとうございました」なんて言うのは、結構気恥ずかしい。
何度か深呼吸して、遂に・・・

「・・・父ちゃん母ちゃん
どうしたん?
「・・・電車なかなか来んなぁ・・・」
田舎やからな
「・・・・・・」

私がグズグズしてる内に電車の時刻が迫り、両親は「ほな、行くからな」、「先輩の言うことちゃんと聞いて、頑張るんやで」と言って、駅のホームに入って行きました。

御礼・・・全然言えなかったな・・・駄目な男だ俺は・・・。
間も無く電車が駅に停まり、ベルが鳴り響いて発車。動き出した電車の中に、両親の姿が一瞬だけ見えました。

私は衝動的に、「父ちゃーん!!母ちゃーん!!ありがとうー!!!頑張るからなー!!!」と手を振って叫びました。

電車はすぐに遠ざかって、見えなくなってしまいました。
しばらく駅前のベンチに黙ってうずくまった私ですが、意を決して立ち上がり、入居先のアパートへ戻ります。

イメージ 3

13静かな所だな
T19「・・・・・・」
13寂しいか?
T19いいや!まだ始まったばかりなんだから、今から寂しがってどうすんだ!
13そうか・・・
T19明日から毎日忙しくなるぞ!急いで準備しないと!
13「・・・よし!じゃあ何から始める?
T19取り敢えず・・・晩飯買いに行こう!
13変な物買うんじゃないぞ〜
T19大丈夫大丈夫!


お知らせ
6年と2ヶ月に渡って書き続けたこのブログですが、当記事を持ちまして、一応最終回と致します。
長い間、色んな方々の色んな御言葉を頂けて、ノートに書く日記では得られない、充実感溢れる日々でした。
このブログは私の青春であり、財産であると、自信を持って言えます。

私も何か面白いこと、役立つことの1つでも書けたら良かったんですが、作文の苦手な私にはそれができず、乏しい知識、低俗な言葉遣い、生意気な文章のオンパレードだったと思います。

特に、昨年夏に内定を貰った時点で「入社前にブログを閉めよう」と決めて、それ以降は自分の心をよりストレートに表すことが増え、不快な物言いが多かったはずです。
それでもなお、こんな私のこんなブログを読んで下さる方が居て、嬉しいやら申し訳無いやらです・・・。

いよいよ独り暮らしそして入社
何から何まで新しいことだらけで、今後の私はどうなってしまうのか、自分でも全く想像できません。

ブログの更新を辞めるのは辛いですが、今はとにかく、環境への適応に専念しようと思います。
もしかすると、何十年後かにひょっこり再開するかもしれないし、永遠に更新しないかもしれません。

今まで読んで下さった皆様、応援して下さった皆様、幸せな時間を本当にありがとうございました
いつまでもお元気で、良い釣りして下さいね♪

開く コメント(35)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事