笠間しげじのひとりごと

皆様のご意見ご要望をお待ちしております

後援会旅行

昨日恒例の笠間しげじ後援会旅行が開催されました。
 
行程は後援会旅行実行委員会の皆様にご検討頂き、楽しい旅行が企画されました。
 
行き先は東京方面。
 
一路都立の庭園「六義園」に向かいました。
 
六義園は造園当時から小石川後楽園とともに江戸の二大庭園に数えられておりました。元禄8年(1695年)、五代将軍・徳川綱吉より下屋敷として与えられた駒込の地に、柳沢吉保自ら設計、指揮し、平坦な武蔵野の一隅に池を掘り、山を築き、7年の歳月をかけて「回遊式築山泉水庭園」を造り上げました。
とその前にちょうどバスが大和市に差し掛かったころ、車窓から金環日食がばっちり見えました
 
イメージ 1
 
六義園から。巣鴨のとげぬき地蔵、そして昼食は東京ドームホテルランチと充実した午前中を過ごしました。
 
午後はまず旧古河庭園へ
武蔵野台地の斜面と低地という地形を活かし、北側の小高い丘には洋館を建て、斜面には洋風庭園、そして低地には日本庭園を配したのが特徴です。
 この庭園はもと明治の元勲・陸奥宗光の別邸でしたが、次男が古河財閥の養子になった時、古河家の所有となりました。尚、この当時の建物は現存していません。
 現在の洋館と洋風庭園の設計者は、英国人ジョサイア コンドル博士(1852〜1920)です。
 
趣のある洋館を囲むバラ園がとてもきれいでした!
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
私は個々で綾瀬市に戻らなければならない事情のため、やむなく皆さんとお別れ。電車で戻ることとなりました。ごめんなさい・・・
 
その後行程は、葛飾柴又の帝釈天
イメージ 5
そして出来たばかりの東京ゲートブリッジを渡り・・・
イメージ 6
そして綾瀬への帰路につきました・・・
 
皆さんご参加頂き本当にありがとうございました。またのご参加を心よりお待ちしています!!

.


みんなの更新記事