銘酒万歳、温泉万歳

大阪生活も丸三年目前。関東に復帰しました。鉄道関連はhttp://kashaneko252.blog89.fc2.com/

全体表示

[ リスト ]

奥塩原温泉(新湯)

イメージ 1

イメージ 2

私が会津行くときに良く通りかかる温泉街に塩原温泉があります。温泉街から離れ、日塩もみじラインを通った途中の山中に突如、小さめな温泉街と噴火口があり、硫黄の香りが漂います。
それが奥塩原温泉新湯です。他の塩原の温泉はアルカリ単純系のさっぱり湯ですが、ここはヘビーな酸性硫黄系。奥会津の辺りもこの泉質無いのでバラエティーを楽しむには格好な湯です。
そこには3軒の共同浴場ありますが、その中の中の湯です。
シンプルな建物の入り口の箱に¥300投入。男女別の木造湯船と水道蛇口のみ。シンプルです。
源泉が79.2℃と高いので、適時水道の水で冷まさないと入れない時もあります。とっても熱く酸性のため、キシキシ感を充分感じます。ただ、草津ほど強烈さは無くていい塩梅といいますか・・・
泉質 単純酸性硫黄温泉(硫化水素型) 湯温79.2℃ ph2.6
入浴時間 午前7時〜午後6時・・・時間外は鍵かかってます。
ここの難点は駐車場。くれぐれも迷惑駐車とならぬよう留意ください。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事