ここから本文です
香椎うっちゃんのブログ
ホームページ 「香椎浪漫」(検索)も時々覗いて下さい。

書庫全体表示

雫(しずく)の中の小さな世界
 
うっちゃんも奥さんも花が好きですから、庭で色んな花木(うっちゃんちの花と植物)を育てています。 季節ごとに咲く花々を縁側から観賞して楽しんでいるのですが・・・その庭の花々をアートとして楽しんでいる方々も多いようです。

                ● 三姉妹 
イメージ 1
 
上は、うっちゃんの知人・村上 公一さんのフォト作品です。 会社退職後は「」の写真を撮りに、全国を歩き回っていると聞いていたのですが・・・アートにも手を伸ばしたようです。 でも素晴らしい趣味です。
 
庭に咲く植物の花や葉っぱに付いた「(しずく)」はあまりにも小さくて、普段は近くに寄って見ることもありません。 肉眼でも見えにくい「」を、こうして覗くと宝石のように輝いて、そしてその宝石の中に映る不思議な世界に驚かされます。

                 ● 赤とんぼ 
イメージ 2
 
10月の上旬でしたか、村上さんから連絡がありました。20日発売の「フォトコン」(カメラ情報月刊誌)のコンテスト(ネイチャーの部)で金賞を取ったので見てほしい、とのこと。当日、さっそく香椎浜のイオンに入っている書店へ。 驚いたことに、カメラ情報月刊誌というのは10種類以上発刊されているんですね。「フォトコン」が公募する月例コンテストには毎月6000点もの作品が集まるようです。幾つかのジャンルに分かれたコンテストの入賞作品が掲載されています。 村上さんの金賞作品が載ってました。

  ● フォトコン表紙        ● 村上さん 金賞作品「恋ごころ
イメージ 3
イメージ 4



















 
なんと二つの「」が「ハート」を造っています。 プロカメラマンによる総評が書き加えられていましたが「大変めずらしい」とのことです。 5月下旬、雨上がりの自宅の庭で菖蒲の葉に付いていた「」を撮ったそうです。このまま宝石にして残したくなるような美しさです。
金賞!おめでとうございます。
 
村上さんの作品アルバム(別サイト)の中から、了解を得て幾つか紹介したいと思います。

                  ● 黒真珠
イメージ 5

「雫」が魚眼レンズの働きをして、「雫」の中に後ろの風景が映り込むのでしょう。それで雫の中の景色(対象物)が上下逆さまになっているのですね。 光輝いているのは太陽なのでしょうか。 
 
                 ● 雨だれのオブジェ 
イメージ 6

後ろの黄色い花が輝いています。 小雨の中、この「雫」は数秒後には落ちて無くなってしまったのでしょう。 惜しいなあ〜。
 
ブログ文を「パソコン」で書いていて分かったのですが・・「shizuku」と打って変換すると「」と「」の2字が出てくるんです。 調べてみると、意味は同じなんですが細かく分けると、「」は雨がしたたり落ちる自然現象、「」は水滴と表すように物理的な状態を言うそうです。
 
                ● 雫に咲くバラ 
イメージ 7

うっちゃんちの庭にもバラが咲いていますが、「雫」の中で見るバラは初めてです。
 
                ● 雫のジュエリー 
イメージ 8

神秘的な美しさです。 黄と青のコントラストがジュエリーの輝きを盛り立てています。
 
                ● 水玉乱れ咲き  
イメージ 9

これは凄い! 何だろう? 蜘蛛の巣? 小さな水晶珠がたくさん。
 
                ● 水中花 
イメージ 10

大小すべての「雫」にピンク色の花が映っています。 美しいですね。

話は変わりますが、「」の文字は「雨」と「下」で組み立てられています。これは「雨がしたたる」意味の日本国字、つまり「和製漢字」のようです。日本で作られて、中国に逆輸入された漢字が結構あるのです。「峠」、「榊」、「畑」・・・などなど。 それから、12歳以上で「雫(しずく)」の名前を持つ人はいない筈です。人名用漢字に採用されたのが2004年とのことですから・・・。
 
                 ● 雨あがり 
イメージ 11

雨があがって、花の蕾から落ちないように「雫」が懸命にしがみ付いて頑張っています。 たかが「雫」と言ってしまえば、それまでですが・・・可憐な「雫」を応援したくなります。
 
                ● 作品117740041
イメージ 12

柳川の「さげもん」のように見えます。繊細で不思議な世界が「雫」の一滴に凝縮されています。
 
アートには縁が無くて、美術館にも入ったことがないのですが、今日は素晴らしいものを見せていただきました。 地球は太陽系の一部、太陽系は銀河系の一部、銀河系は宇宙の一部・・・「」の中は小さな世界ではなく、宇宙ではないのか、とも思ったりしたのでした。
 
村上さんの作品の一部を紹介しました。他の作品も観賞してみたい、という方は
添田カメラフォトギャラリー 村上公一「雫の中の小さな世界」を覗いて下さい。作品には著作権があります。無断での使用は禁じられています。
 
参考:村上さんの使用カメラは キャノンEOS 70 D 、それとマクロレンズ
 
 
 
 

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事