ここから本文です
香椎うっちゃんのブログ
ホームページ 「香椎浪漫」(検索)も時々覗いて下さい。

書庫全体表示

望年会とクリスマス

望年会とクリスマス

師走も残すところ、1週間となりました。 「1年が過ぎるのは速い」と良くいいますが、12月は特にそれを感じます。 会社勤めの頃の12月と言えば、社内行事(接待や義理含む)の忘年会で疲れきっていましたが、今はそれはありません。今年は友人・知人との忘年会は4回で既に終わっています。 昨日(12月24日)は母が介護入居しているグループホーム「トリニテ松崎館」の「望年会です。奥さんと二人で参加して来ました。

    トリニテ松崎館グループホームの「クリスマス&望年会」
イメージ 1
近年、「望年会」の名称で忘年会を開く幹事さんが増えています。1年の苦労を忘れることなく、その経験をどの様に活かすかを考えて、来年に望む宴会・・・前向きで良いと思います。 母が仲間と暮らす9人のグループホームでは少し意味合いが違うのかもしれません・・・93歳で認知症の母が、今年の自分の苦労を、はたして分かっているのか・・・この「望年会」は介護スタッフや家族が「1年でも多く長生きしてほしい」との想いが込められた「会」なのでしょう。 クリスマス会も兼ね、他の利用者さんご家族との歓談も出来て、楽しいひと時が流れます。

イメージ 2

施設のリーダーが、サンタに扮して母にプレゼントです。
イメージ 3

来年の「クリスマス&望年会」にも、今日の9人の入居者とそのご家族と、全員でお会い出来るよう祈っております。 トリニテ松崎館グループホームのスタッフの皆様には、心から感謝申し上げます。

グループホーム入居者が作った貼り絵です。玄関の壁に架かっていて、タイトルは「2017年酉年へ 不死鳥&希望」です。 眺めながら母を想うと、目頭が熱くなります。

イメージ 4

午後は「歴史勉強会」の打ち合わせで天神の「ドトール」へ。 仲間と別れた後は、昨年と同じように天神〜博多駅のクリスマス・イルミネーション巡りです。うっちゃんは一人で賑やかな街並を歩くのが好きなのです。変な性格だと自分でも思います。

              新天町メルヘン時計
イメージ 5

午後6時ちょうど、チャイムが鳴り始めると上から雪が降ってきたのですが、この雪の演出には感心しました。普段、午後6時は「黒田節」が鳴るのですが、今日は「赤いお鼻のトナカイさん」でした。

             岩田屋前のクリスマスツリー
イメージ 6

土曜日のクリスマスイブ。県外からも来ているのでしょう。凄い人出です。流石にカップルが多いです。 イブはクリスマスの前夜なのですが、本来は違うのですよ。イブはEVENING(夕刻)のイブで、旧ユダヤ暦では、夕刻が一日の始まりですから、「クリスマスの始まり」の意味です。 24日の夕刻から25日の夕刻までがクリスマスなので、前夜は無いのです。 こんな理屈を捏ねる人間は嫌われます。世界中の人々が「イブは前夜」と言っているのですから、それが正解です。とにかく楽しめることが一番ばい。

              警固公園のイルミネーション
イメージ 7

公園内のスケートリンクが人気でした。 ソラリア以前に建っていたスポーツセンターで、小学生の頃はよく滑ったなあ。
イメージ 20

列が出来ていたのがこの場所。 カップルで写真が撮れます。
イメージ 8

一人で来たうっちゃんでも、これはチョッピリ羨ましいなあ。

三越の向かい側です。韓国の若い女性二人(観光?)に道を尋ねられました。「イムジー、イムジー」と言っているのですが???・・・「イムジン川」???、と思ったら「イムズ」でした。 「おもてなしの福岡市」ですから、丁寧に笑顔で教えてあげました。
イメージ 9

エルガーラのクリスマスツリー。 サンタがいました。 普通の人のようですが、天草エアーラインに搭乗するのかな? サンタの衣装で乗ると片道3,000円だから。
イメージ 10

市役所前ふれあい広場では「クリスマス マーケット」が開かれていて、多くの人で賑わっています。ステージの音楽を聴きながら飲んだり、食べたり。 ヨーロッパの各都市では冬の風物詩です。福岡市内では、ここ「TENJIN CHRISTMAS MARKET」と博多駅の「クリスマス マーケット in 光の街・博多」の2箇所で開かれています。 ホットワインの店の前です。長い列が・・・。うっちゃんは列に並ぶのがダメなんです。
イメージ 13

中州のネオンの誘惑を押し切って、キャナルシティ到着。
イメージ 11

午後7時のアトラクションに合わせて来ました。 噴水・照明・音響を組み合わせたプロジェクション・マッピング「ONE PIECE ワンピース」です。特に音響は迫力ありました。
イメージ 12

博多駅到着。「クリスマス マーケット in 光の街・博多」の賑わいが、信号を待っているところまで聞こえてきます。
イメージ 14

KITTE」はビルそのものがイルミネーションです。
イメージ 15

クリスマスの色は? と聞かれると、昔であれば「緑と赤」と答えたでしょう。緑色は常緑樹です。長い冬の季節を乗り越える生命力。 赤色はキリストが十字架で流した血の色を表しています・・・ところが、近年は青と白の世界です。LED照明が開発されたことによるのでしょう。 でも美しいですよね。
イメージ 16

美しい照明は人々の心も美しくします。そして、温かく包み込んでくれます。
イメージ 17

あ〜キレイだなあ。
イメージ 18

クリスマス マーケット in 光の街・博多」でも多くの店が開いています。ここでも、ホットワインが人気です。
イメージ 19

ヨーロッパでは家庭で作って飲むのです。赤ワインにレモンを足して温め、シナモンなどの香辛料を加えます。 列が数人になった店に並び、1杯飲みました。何か甘ったるく感じました。蜂蜜が入っているようです。でも、女性にとっては美容や健康に良いようです。それから、ホットワインは和製英語ですから、本来は米国やヨーロッパで通じません・・・英語では「MULLED WINE モルドワイン」と言うようですが・・・でも、うっちゃんはニューヨークに行った時、「ホットワイン プリーズ」で注文できましたヨ。

身体が温まったところで、帰宅の途へ。勿論、阪急地下で奥さんへのショートケーキを買うことは忘れていません。長〜い列に並びましたけど・・・忘れたときの奥さんの怒った顔を想像すると、これ位はガマン出来ます。

天神、キャナル、博多駅の賑わいの中に身を置くと、日本は平和だなあ、と感じました。 明日から大掃除など正月の準備です。今年のブログはこれで終わります。 ご訪問ありがとうございました。来年もよろしくお願いします。 酉年が皆さんにとって良い年でありますようお祈りします。





この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事