ここから本文です
香椎うっちゃんのブログ
ホームページ 「香椎浪漫」(検索)も時々覗いて下さい。

書庫全体表示

ありがとう! プレミオ、 よろしく! アクア。

1月最後の31日。朝から奥さんと愛車「プレミオ(PREMIO)」を洗車しました。今日でお別れなのです。 「プレミオ(PREMIO)」を新車で購入したのが、10年前で息子が大学生の時でした。 大学生と言えば既に大人ですから、親と遊ぶことはあまりありませんでしたが・・・それでも3人で志賀島や糸島などにドライブに行ったりはしました。

            プレミオ(PREMIO)運転席   
イメージ 1

「プレミオ(PREMIO)」でドライブ中に聴くオリジナルCD・「Premio Music」も作ったりしました。 海辺の道路を「サザン」や「オールデイズ」を聞きながら走ったことを懐かしく思い出します。

          オリジナルCD「Premio Music 
イメージ 2

この車の中で、親子3人、或いは夫婦で、おしゃべりしながら過ごした時間はどれほどなのでしょう。 車内はある意味、居住空間ですから、リビングルームと同じように多くの語らいがあって、そして多くの思い出が詰まっています。 「プレミオ」はしゃべりませんが、うっちゃん達の会話をじっと聞いていたでしょう。なぜか、愛着が生まれているのです。 買い替えで別れるのは寂しい。

新しい車を購入する販売店までの最後の運転です。 今まで乗った車のことが思い出されます。うっちゃんが免許証を取得したのは、東京勤務の埼玉県川口にすんでいた32歳のときです。 埼玉県は「ホンダ」の工場があって、住民も「ホンダ車」に乗っている人が多かったようです。 うっちゃんも最初の車は中古の「アコード ACCORD)」でした。 当時、スタイルについて言えば「ホンダ車」がカッコ良かった気がします。2台目も中古のホンダ車「インテグラ (INTEGRA)」。スポーツカータイプで車高が低く、ヘッドランプは収納式で、OO7ボンドカーのようにパカッと開くんです。
この時、息子が生まれたので、奥さんの強い要望により、ファミリーカーに切り替えさせられました。 再び中古車ですがニッサンの「サニー (SUNNY)」です。これらの中古車3台で十数年をつなぎ、初めて新車を購入したのが46歳の時。トヨタの「カムリ (CAMRY)」で、11年間大切にして乗り潰しました。 親子3人で一番お世話になったのは、この「カムリ」でしょう。そして5台目が今日でお別れの「プレミオ」です。初めの頃の中古車と違って、10年一緒に過ごすと、車と言えども本当に愛着が生まれています。

ネッツ トヨタ西日本 松島店に着きました。

             ネッツ トヨタ西日本 松島店
イメージ 3

買い替えの車選びは、奥さんに任せました。 ただし、ハイブリッドのコンパクトカーの中から選ぶようには伝えました。 奥さんは3社の3車種に絞って検討していたようですが、最終的に報告を受けたのは、トヨタの「アクア (AQUA)」でした。

店内のデスクで、旧「プレミオ」と新「アクア」の手続きです。 ドアの先の駐車場に新しい「アクア」が見えました。

              店内の手続きデスク
イメージ 4

プレミオ(PREMIO)と最後のお別れです。
            
             プレミオと記念写真
イメージ 5
 
走行距離は9万kmを越えていますが、1回の故障も無く、状態が良いので再び市場に回されるのでしょう。 ハンドルに触って話しかけました。
「プレミオよ! ありがとう! 元気でね。 新しいご主人のもとでも安全運転で頑張ってね」 


そして、新しい「アクア(AQUA)」とご対面。
「こんにちは!よろしく」。

              アクアと記念写真
イメージ 8

今回は料金がかかりましたが、希望の車ナンバー「○○88」を取りました。

「プレミオ」を見ると悲しくなるので、振り返らずに販売店を出て帰宅しました。

近年は「アクア(AQUA)」タイプの各社コンパクトカーが多くなったように感じます。その中でも「アクア」は、昨年2月で100万台を達成したようで・・・確かに町の中を走っていても多く見かけます。 最近、YAHOOのトップページやTVで「特 プリウス 特 アクア  あなたの街の安全のために」の広告を見ませんか? 今回のうっちゃんちの新車は「アクア 特別仕様車 S スタイル」で、広告の中の「特 アクア」なのです。 三つの先進安全機能をうたっているのですが、我々高齢者には大変安心する機能です。

1、自動ブレーキ・・・衝突の危険回避がサポートされてます
2、車線逸脱アラート・・・車線逸脱の事故を未然に防止
3、自動ハイビーム・・・夜間の歩行者の早期発見

最近、高齢者の事故が多いですから・・・勿論、完全防止が担保されている訳ではありません。 ドライバー自身の安全運転への心構えが一番大切です。

「カムリ」から「プレミオ」への買い替え時は、そんなに感じなかったのですが、今回の「プレミオ」から「アクア」までの10年間の技術進歩は凄いですね。 ほとんどがアナログからデジタルに変わった、と言うか・・・「プレミオ」に乗っていた10年間は”浦島太郎”ですね。 知っている皆さんには当たり前でしょうが、今回びっくりしたのが鍵(キー)です。 ギザギザの鍵とか鍵穴なんて、もう無いのですね。

          スマートエントリー&スタートシステム
イメージ 6

ドアに触るだけで解錠・施錠ができて、エンジン起動も指で押すだけ・・・。

それから、燃費について。 説明によると、JC08(ジェイシーゼロハチ)モードではリッター当たり37km/Lとなっています。 JC08とは国土交通省審査値であって、実走行での燃費はこの数値から20%〜30%は減少します。 ユーザーの殆どはこのことを知っているのですが・・・某有名自動車メーカーが違法な数値で報告したことは遺憾です。競争が厳しいと言うことですかね? でも、もう少し実態に近い数値で表せるようになってほしいですね。 アクアの場合・・・JC08モードでは37km/L、オプションを装着して重量が重くなると33.8km/Lと記されています。そして、販売担当の方からは「町の中の走行では20〜23km/Lになるでしょう」と聞いています。それでも「プレミオ」に比べると嬉しい限りの数値です。 うっちゃん夫婦はエコドライブを心がけていますから、これ以上で走れると思います。
国交省に提案ですが・・・測定基準の幅を広げて、燃費の最高値と最低値を表したら如何でしょう。例えば ○○km/L〜○○km/L のような。

               アクア(AQUA)運転席
イメージ 7

計器類もデジタル表記になって・・・飛行機の操縦席のような・・・説明書で主要装備を確認したのですが、この車はもうロボットですね。
次世代の車はドライバーと会話ができるのかも・・・。

次世代のことは置いといて・・・我が家に来た”アクアさん”! 宜しくね!
ここが貴方の部屋(車庫)ですよ。今晩はゆっくり寝て下さい。

イメージ 9


*スマートキーの画像は「AQUA S-Style」のパンフレットからお借りしました。




この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事