ここから本文です
香椎うっちゃんのブログ
ホームページ 「香椎浪漫」(検索)も時々覗いて下さい。

書庫全体表示

香椎まちなか猫アート

香椎まちなか猫アート
 
一昨年の犬の飼育数は991万匹、猫は987万匹でした。 近年の猫人気によって、昨年(平成28年度)は猫が犬をオーバーしたのではないかと言われています。 時代の変化、生活環境の変化とともに、「猫の方が手がかからない」と言うことのようですが・・・理由は色々とあるのでしょう。 おっとりした可愛らしさもその一つ。 
さて、都市整備事業がすすむ香椎の町に「猫ベンチ」が増えつつあります。

イメージ 1
イメージ 2











                

イメージ 3イメージ 4














今や、バス停前などを中心に香椎の町のあちこちに設置されています。

イメージ 5イメージ 6












                

イメージ 7イメージ 8














東京では「猫カフェ」が流行っているそうですが、「犬カフェ」は聞きません。 犬はご主人様に対してのみ従順であり、他人に寄ってくることはありません。でも、猫は誰にでもスリスリ寄ってきて、人なつっこいですよね。 猫ブーム=猫人気とはそんな「スリスリ寄りの癒し」なんでしょう。  香椎のベンチ猫ちゃんも、何とも可愛くて癒しを感じます。
                
イメージ 9イメージ 10













 
近年、「猫島」として人気が出て来たのが、隣町・新宮町の相ノ島(あいのしま)です。 渡船で17分、周り6kmの小さな島に100匹以上の猫が住みついています。 漁師や釣り人が捕った魚を食して生活しているようですが、今や癒しを求めた全国の猫ファンの間で有名になりました。先日のTVニュースによると、中国からも猫ファンが訪問したそうです。 香椎のベンチ猫ちゃんは、生きた猫ではありませんが、それぞれが個性的な顔をした、親しみやすい猫です。 香椎の猫ちゃんも、きっと、訪れた人々を癒してくれるでしょう。

イメージ 11イメージ 12












 

イメージ 13イメージ 14













                
これらのベンチ猫ちゃん達をうっちゃんは「香椎まちなか猫アート」と呼びたいと思います。 良〜く見て下さい。 ベンチの絵や猫ちゃんが、それぞれ丁寧に描かれ、作られています。ベンチに留められていたカードから、これらが九州産業大学 芸術学部 デザイン科 三枝教授のゼミの学生さんによる作だと分かりました。

イメージ 15

香椎の町では、秋10月になると「香椎まちなか美術館」が開かれます。 JR香椎駅や濱男会館など、町中に分散した会場に小学生から大学生までの見応えある作品が展示されます。 特に九州産業大学芸術学部九州造形短期大学は、毎年素晴らしい作品を発表しているのです。そんな中、香椎の町なかに猫ちゃんアートが増えたら、もっと楽しいなあ、と思います。

イメージ 16イメージ 17













 
                  
プリーズ・リクエスト  作者:黒川晃彦
イメージ 18 
福岡市役所ふれあい広場に「プリーズ・リクエスト」と言うタイトル名の彫刻像が置かれています。作者の黒川晃彦は「この作品は隣に人が座った時が完成」と言っています。つまり、ベンチも含めた作品なのです。 
香椎の猫ちゃんベンチもそうですね。 買い物帰りやバスを待っている間に、ホッと座って和やかで幸せな気持ちになる。 おそらく同じ主旨で九州産業大学・三枝ゼミの学生さんが制作したのでしょう。 
ある本に「アートは人を幸せにする力を持っている」と書かれていました。 これはまさしく「まちなか猫アート」です。

イメージ 19 イメージ 20











                 
                 

香椎浜イオンや土井ミスターマックスのペットショップでは、猫ちゃんスペースが広くなって行くのでしょう。 確かに散歩の事とか便の事とかを考えると、猫ちゃんの方が飼いやすいのかもしれませんが・・・大切なのは猫ちゃんでもワンちゃんでも、家族の一員として彼らの一生が終わるまで愛情を持ち、責任を持って育てることです。
ちなみに、うっちゃんちはワンコです。

 
最後に、非常に残念に思う写真を紹介します。
JR香椎駅前に置かれている猫ちゃんベンチです。 うっちゃんはこのベンチが好きだったのですが、惜しくも、心無い者によって壊されてしまいました。

イメージ 27
                 
猫ちゃんは親子で、母親のお腹の上から子猫が顔を出しているところでしょうが、子猫が壊されています。 ベンチ全体が猫ちゃんの顔で、目が描かれ、両側に耳が付けられていました・・・ところが、ベンチの右側の耳が壊されています。
壊した人間は、ムシャクシャしていたのかもしれない・・・酒を飲んだ勢いで壊したのかもしれない。 でも許されることではありませんよ! 許しません!
 

香椎の町の都市区画整備事業は決して順調だとは言えません。活気が戻るのは先になるのかもしれません。
JR駅前交差点  昭和33年頃             平成25年
イメージ 21イメージ 22










            JR駅前交差点   平成29年3月
イメージ 23


浜男通り
イメージ 24イメージ 25










                浜男通り 平成29年3月
イメージ 26

それでも近隣地区を含め、住民は一歩づつ前に進んでいます。 地元の大学が、こうして猫アートで応援してくれていることに感謝です。

カードで確認できた九州産業大学 三枝ゼミの猫アート作者を紹介します。
上戸 夏海さん、小桝 由聖さん、野田 詩織さん、秋山 文音さん、枦山 鈴加さん、藤松 愛香さん。
 
きっと5〜6年後には、美しい香椎の町並みが完成するはずです。
 
 
 
 

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事