ここから本文です
香椎うっちゃんのブログ
ホームページ 「香椎浪漫」(検索)も時々覗いて下さい。

書庫全体表示

博多座大歌舞伎 船乗り込み 2017
 
博多の初夏、風物詩の一つが「船乗り込み」です。 「船乗り込み」とは、歌舞伎役者が「ご当地到着」を船に乗ってお披露目する、江戸時代から続く伝統的な行事。 今では、大阪の道頓堀川か福岡の博多川でしか見ることが出来ません。 平成29年度(2017年)も博多座で開かれる「六月博多座大歌舞伎(6月2日〜26日)」の恒例行事として、5月29日(月)、役者さんが9隻の船に分乗して博多川の800mを下りました。
今年は 中村橋之助 改め、八代目 中村芝翫(しかん) 襲名披露 と 三人の息子達の襲名披露が行われました。

           中村橋之助、中村福之助、中村歌之助の三兄弟 (3号船)    
イメージ 1
 
うっちゃんは正直言うと、歌舞伎という日本の伝統芸能を良くは理解していません。 六代目市川染五郎が「野バラ咲く路」を唄ったことにより、何とか歌舞伎の一歩を知った程度でした。 近年は、映画俳優として好きになった中村 獅童の歌舞伎舞台をテレビで見たことから、理解を深めたところです。 船乗り込み」を直に見るのは初めてのことで・・・特に中村 獅童も参加するとのことだったので、楽しみにしていたのですが・・・。 肺腺ガンのために休演するとのこと・・・でも、初期発見で良かった。 早く復帰できるよう祈っています。
 
うっちゃんんも、アイドル追っかけの如く、キャナルシティから博多リバレインまでの博多川沿いを駆け回って来ました。
 
午後1時、キャナルシティで行われた乗船式典からスタートです。
                  乗船式典   
イメージ 2
  
船に乗り込む19名の前で、船乗り込み実行委員長として挨拶するのは、明太子”ふくや”の会長・川原正孝。 呼び捨てにしてスミマセン。 うっちゃんの親友です。
 
午後1時25分、乗船・出発。
                  乗船・出発  
イメージ 3

博多川の先端・清流公園に架かる夢回廊橋清流橋の間の船乗場から出発です。
 
橋の名前と場所が分からない方は、「中洲に架かる橋 ② 」を覗いて下さい。
 
                 南新橋を通過  
イメージ 4

先頭の船(1号船)は太鼓・笛の”鳴り物”船です。 
 
              中州新橋(国体道路)を通過  
イメージ 5

国体道路に架かる中州新橋には多くのファンがつめかけています。
3号船の中村三兄弟(長男四代目・中村橋之助、次男三代目・中村福之助、三男四代目・中村歌之助)が通過する時は、ひときわ大きな歓声が・・・女性ファンが多いのですね。
 
              水車橋と博多橋の間を通過中 
イメージ 6
 
 
         中村三兄弟の船を上川端商店街の三味線演奏がお迎え  
イメージ 7
 
                   博多橋を通過  
イメージ 8

3号船が通過する時に「成駒屋(なるこまや)〜!」の掛け声が飛びました。中村三兄弟とお父さん・中村芝翫(しかん)の屋号ですね。 屋号で応援する風潮は江戸時代に出来上がりました。 江戸時代、両国隅田川で行われた花火競演会での「たまや〜!」、「かぎや〜!」がそうです。 「玉屋」、「鍵屋」と言う花火業者の屋号で応援しているのです。 今日は2号船、3号線の乗船俳優への屋号応援が多かったですね。
 
午後1時45分、飾り山笠が常設されている”川端ぜんざい広場”前に9隻が揃い、「口上」を述べます。
             ”川端ぜんざい広場”前で口上  
イメージ 9
 
口上を終えて、明治橋を通過、博多大橋(明治通り)に向かいます。
                明治橋を通過    
イメージ 10
 
              リバレイン前を通過する2号船 
イメージ 11

2号船の先頭に座っているのは、襲名披露した八代目 中村芝翫(しかん)です。 2列目に座っているのは、人間国宝・尾上菊五郎中村梅玉のお二人です。  この船が通過する時は、「成駒屋(なるこまや)〜!」は勿論ですが、尾上菊五郎の「音羽屋(おとわや)〜!」と中村梅玉の「高砂屋(たかさごや)〜!」の掛け声も飛びます。           
 
          リバレイン前を通過中の2号船と3号船 
イメージ 12
 
      成駒屋(なるこまや)〜!の掛け声 と 紙吹雪  
イメージ 13
 
博多ことぶき橋の下を過ぎると、鏡天満宮前の下船場到着です。
                 ホテル オークラ横の下船場に到着  
イメージ 14
 
                鏡天満宮 参拝  
イメージ 15

鏡天満宮の横に設営された式典会場にて終了でした。
 
毎年、雨が多かったようですが、今年は31度の夏日・・・暑かった。 しかしながら、若い歌舞伎ファン(女性)が多いのには驚きましたよ。 中村三兄弟はアイドル並みでした・・・うっちゃんも手を振りましたけどネ。 

この場に中村獅童が居れば最高!だったのにな〜。 「萬屋(よろずや)〜!」と叫んでみたかった。 萬屋(中村)錦之助は叔父です・・・と言っても、若い人は知らないか・・・大川橋蔵、東千代之助、大友柳太郎の時代です。
 

 
 

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事