良い家をつくるパートナー

常陸鹿島ハウジング社長 五月女正のブログ

芋名月、栗名月

日本の名月  お月見 十五夜というのは、旧暦8月15日、今の暦では9月中旬に、満月を愛でる行事です。 中秋の時期は、空気が澄んでいて、最も美しい満月が見られます。 今年は9月14日です。 十五夜にはススキを飾り、団子や里芋など、その時期にできるものをお供えをして 感謝の気持ちを表します。 里芋を供えることから「芋名月」とも言われます。 このあたりでは、さつま芋を供えます。 十五夜からひと月後の旧暦9月13日っは十三夜といい、十五夜に月見をしたら、 必ず十三夜も月見をする習わしでした。 こちらは「栗名月」といわれ、栗が供えられます。 今年は10月11日です。

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


みんなの更新記事