鹿島土手クラブ

J開始以来鹿島アントラーズを応援している地元のおっちゃんの何でもありのブログです。

全体表示

[ リスト ]

だんだん負け方さえも悪くなって行く我が鹿島アントラーズ。

1失点目は鹿島CKからカウンターを受けての失点。カウンターを受けて懸命に戻る選手とテレンコテレンコ戻る選手がいる。右サイドから運ばれてCB陣は懸命に中央から戻っていくが左サイドは遅れていく。しかし、右サイドから打たれたシュートを何とか弾いたスンテではあるが、後は帰陣した選手がクリアしてくれないとどうにもならないが、弾いた左サイドに赤いユニはおらず、余裕で無人のゴールへ押し込まれてしまった。

CKの場合、背の高い選手がゴールエリア内に入るので、MFが最後尾を守る。今日はアツもその役割である。しかし、右サイドを攻められていると思ってか、帰陣はとてもゆっくりだ。スンテが弾いて左側に来たからと慌てても遅い。全く係ることなく簡単に決められた。

2失点目は最悪の時間帯だ。前半の終了間際。ゲンのミスと云ってもいいのではないか。相手のクサビのボールを後ろから獲ろうとしたが、フリックで交わされてGKと1対1の場面を作ってしまった。今度もスンテが素晴らしい反応で左足一本で防いだが、跳ね返ったボールの下にいたのはフリーの川崎の選手。空から落ちて来るボールをしっかり待ってボレーシュートでネットに突き刺した。

またまた0−2のハンデ戦。早い時間に1点を返せば、まだ勝機はある・・・な〜んて思いながら見ていたがムウが出るまではなかなかチャンスにならず、ムウが出たあともチャンスは作れども、そのまま完封されてしまった。しかも1点を追加されて・・・。

不甲斐ないと云えばそうであるが、満身創痍で必死に戦う選手達を目の当たりに見ていると罵声を飛ばす気にはなれない。

町田がケガで前半早々に交代し、アツも後半の頭から交代を余儀なくされる状況では攻めのカードは金森をムウに代えるだけ。ミツオを始め疲労や痛みをこらえながら戦う選手達をただ見守るしかなかった。オレは勝手に思っている。まあ、いいさ。この苦しい時期を乗り越えればまたいつかチャンスは来る。

帰りのチャリでなんとなく口を突いて出る歌はオフコースの「さよなら」  意識した訳でもないのに「♪もう、おわりだ〜ね」なんて歌っていた。縁起でもない!

写真を少し(今日は設定がズレているのに気づかずにいつにも増してボケボケです)
イメージ 1
試合前の集合写真   まだワクワク状態だったんです。

イメージ 2
大きな声で指示を出すゲン   ゲームキャプティンで結果が出ず苦しい局面

イメージ 3
右足の膝あたりをひねったか? 結構ダメージが大きく町田はこのままブエノと交代

イメージ 4
敗戦後、何を思うかゲン(隣はショーマ)

イメージ 5
ブーイングが鳴る中を挨拶に回る   心を鬼にしてのブーイングでもあろう・・・

終わり


この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事