鹿島土手クラブ

J開始以来鹿島アントラーズを応援している地元のおっちゃんの何でもありのブログです。

全体表示

[ リスト ]

京都での紅葉狩りをこの日の午前まで楽しんでいた。いま、西郷どんで鶴瓶が怪演中の岩倉具視ゆかりの地まで足を伸ばして、昼は四条河原町で昼食。そして新幹線で東京駅。東京駅からのバスが多分、大混みだと思っていたが、意外に少なく拍子抜けして帰宅し、チャリに乗ってスタジアムへ。

試合開始と同時にスタンドへ飛び込んだ。アジアを制し、来期のACLへの挑戦権も獲得した。今日は21冠目への序章でもある。鳥栖戦に先発しなかった休養十分の選手達が今日は頑張ってくれるだろう・・・
と、思っていたらボランチにダイゴが入っていた。

レオシルバもケントもダメなんだ!

それでも試合の方は格別劣勢という訳でもなく、アツトが気合の高速クロスで合わせれば1点をいう場面を作ったりしていた(ダイゴが合わせたが、合わせきれず枠を外した)。でも、攻撃の活性化がなかなか出来ない。ヒロキが良く動き左サイドで攻撃の糸口を作ろうとするが、どうもシュートの技術が追いつかず、ボールロストになってしまう。

セルジーニョやユウマも厳しいマークに会い、なかなかチャンスを作れない中で数少ないCKを与えてしまったのが前半の25分過ぎ。これがコントロールされたキックになり、ファーから入ったマウリシオにピタリ。スンヒョンが付いていたが僅かにその頭を超えてしまった。

まだまだ前半。十分、勝つチャンスはあると思っていたが、ジリジリ時間は過ぎていく。また、従来の日本の審判の基準であれば、ファール判定の筈のものがどんどん流されて、倒れ込んだあとに慌てる場面もしばしば。これも違和感を増幅した。

そしてビッグチャンスが来た。ペナルティエリア内の右サイドでボールを確保したユウマがじっくり中を見て丁寧に上げたクロス。ややファーサイドで待っていたセルジーニョにピタリ・・・と、思ったら中央から飛び込んだコウキが無理やり(頑張って)ヘディングしてそらしてしまった。ああ、そこはセルジに任せて欲しかった。

その後も、ショーマがちょっと触るだけでゴールというシーンがあったが、それも僅かにズレてなかなか同点に追いつけないままアディッショナルタイムの5分が終わった。浦和サポを静かにさせることが楽しみだったはずが、意気揚々と謳わせる羽目になってしまった。

それにしてもゲン。ヘンな感じだったなぁ。余裕こいてボールをキープしようとするが奪われてしまうケースが印象に残った。最もひどいのはボールを奪われてもすぐに追わなかったシーン。この試合にかける気持ちは無いのか!?そう思ったしまった瞬間でもあった・・・  終盤、頑張ったと思うけど。

試合に敗れて印象に残ったのは去年の終盤の不甲斐なさ。そして選手起用のチグハグさ。でも、台所事情があったんだろうね。本職ボランチの不在(ミツオもケガか)。レアンドロが起用されなかった理由・・・など。でも、どうかCWCまでにはこの雰囲気を一掃して欲しい。もう一度戦うアントラーズになって欲しい。そう願ってます。頑張れ!アントラーッズ!!
イメージ 1
終盤、お尻の下当りを抑えて倒れ込んだユウマ   ハムストリングスの肉離れとか・・・ それでよくピッチに戻ったなぁ

イメージ 2
コウロキと競り合うスンヒョン

イメージ 3
CKで攻めるが僅かに合わず

イメージ 4
ボールを足元に置くユウマ

イメージ 5
終盤での猛攻も実らず   アツトがゴール前まで行き意欲を見せていたが・・・

イメージ 6
懸命に守りに入るレッズを攻略できず。ユウマは立ち上がってピッチに戻ろうとしているが・・・

終わり


この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事